新型SX4 S-CROSS(Sクロス) 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

SX4 S-CROSS

新型SX4 S-CROSS(Sクロス)の価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型SX4 S-CROSS(Sクロス)の価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

price_01

引用:http://cobby.jp/sx4scross-modelchange.html







新型SX4 S-CROSS、マイナーチェンジ

スズキの逆輸入車「SX4 S-CROSS」がマイナーチェンジし、7月6日から日本での発売が始まりました。

1.スズキにしてはゴツすぎる!?

2.スズキにしてはカッコよすぎる!?

3.スズキにしてはヤンチャすぎる!?

そんなキャッチコピーにワクワクさせられる「SX4 S-CROSS」

フェイスリフトによってスマートになり、バンパー・グリルのデザイン変更で確かにヤンチャになりました。

ヘッドライト、リアコンビライトのLED化によって存在感がより一層デカくなっていますね。

price_02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/styling/index.html

マイナーチェンジ前とくらべるとフロントグリルのタテの開口部が大きく目立っているのがわかります。

下がマイナーチェンジ前のX4 S-CROSSです。

くらべてみるとぜんぜん印象が変わっています。

 

price_04

引用:http://cobby.jp/sx4scross-modelchange.html

そして大きな変更点としてトランスミッションがCVTから6速ATに。

これによって低速域の加速力を、高速域での静粛性を得ましたが燃費は2WD、4WD共に2.0km/L低下することになります。

●2WD車:18.2km/L→16.2km/L

●4WD車:17.2km/L→15.2km/L

燃費を落としてでも走り味と力強さを手に入れたことになりますが、このあたりが一番スズキらしくないのかも、と思ってしまいます。

ワールドワイドに展開するスズキは日本国内とは明らかに違ったクルマづくりをしているのですね。

インテリアでは、特に目立った変化はないのですが、ガーニッシュにサテンメッキ、ピアノブラック塗装が加飾され、ややスポーティさを高めました。

price_03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/interior/index.html

また効率化を見直すことで広い室内空間を実現しています。

ゆったり座れるように前席シートの形状を工夫、膝周りのゆとりを優先しました。

price_05

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/interior/index.html

新型SX4 S-CROSS 価格

マイナーチェンジ前の価格は

2WD……2,041,200円

4WD……2,257,200円

新型ではそれぞれ21,600円アップすることになります。

2WD……2,062,800円

4WD……2,278,800円

price_06

http://cobby.jp/sx4scross-modelchange.html

新型SX4 S-CROSS 価格の口コミ

さて、SX4 S-CROSSの価格について、世間一般ではいったいどのように評価されているのでしょうか。

ライバルSUV車ともくらべてみたいと思います。

最初に見積りみた瞬間は競合他社に比べて安いね~と思ったのですが、装備的には絶対に付けられないものがあるし、冷静に考えたら安いというわけでもありませんが、逆輸入車扱いですが盛ってる感じもなく、普通の値段設定だと思います。

不満は今のところ無いのでこの価格なら総じてコストパフォーマンスのいい車です。
使い倒すのが似合う実用車ですが、私には長く乗ろうとと思える車ではないのが正直なところです。
色んな部分で品質が自分基準に合わないんです。

price_07

引用:http://autoc-one.jp/suzuki/sx4_s-cross/special-3290861/

価格相応の装備と内容かと思いました。
四駆の性能重視だったので、しょうがないかな、、、
海外で出している仕様のまま、日本に入れて欲しかったですね。
でもそんな事するとエスクードが売れなくなりますねぇ~。

SX4 Sクロスの価格は2WD車で200万円強の設定。

クロスオーバーSUVとしてまずまずリーズナブルな設定である。

そう考えると、年間600台というのはあまりにも少ない。売り方次第でもっと良く売れるクルマになるのは間違いない。

price_08

引用:http://autoc-one.jp/suzuki/sx4_s-cross/special-3290861/photo/0007.html

必要なオプションはカーナビくらいで、納得のいく価格です。

他社の車と比較する際には、この価格も評価すべきでしょう。

この性能でこの価格は割安だと思います。

TopGear※でも「番組認定元祖リーズナブルカーのスズキだけあって、クロスオーバーSUV特有のセミプレミアムをつけない良心価格設定である」と評されていましたし、私もよくこの値段でこのレベルのものを作り上げた物だと感心しました。

※TopGear…..イギリスの国営放送で放映されている自動車番組。

日本でもBSで放送されている。

price_09

引用:http://s11239951.sj-nishisaitama.jp/hotnews/new-car/2568/

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000746309/

スズキを強くするSX4 S-CROSS

スズキといえばダイハツとならぶ軽自動車のメーカーとして長く親しまれてきました。

S-エネチャージや軽量衝撃吸収ボディTECT(テクト)などの技術で驚くほどの低燃費を実現。

廉価なモデルなどは商用車としても日本中を走り回っています。

そして全新車台数の売り上げの約40%が軽自動車だという時代を迎えて、ますます勢いに乗っていました。

ですが、軽自動車税の値上げもあって、軽自動車の売り上げはここへ来てやや失速を始めています。

ところがスズキはすでに軽自動車でなく普通車へとシフトを始めていたのです。

そもそも利益率の低い軽自動車だけでは軽自動車の開発自体も維持できなくなる懸念をすでに持っていたのです。

そして今となっては何年も連続して売り上げのトップを走る軽自動車はホンダNシリーズなのですから・・・。

皆さんがご存知のようにスズキの普通車、スイフト、イグニス、ソリオはスズキの計画通りよく売れるようになりました、

もうスズキの敵はダイハツだけではないのです。

スズキの市場は世界にわたっています。

なかでもインドではスズキがシェアトップ、ブースターエンジンを積んだ「バレーノ」が売れに売れています。

price_10

引用:https://response.jp/article/2016/08/03/279554.html

そして世界的な流行を見せるSUVでどれだけの戦力を発揮できるかが社運までも左右するのです。

エスクードはまだまだローカリゼーションな考え方の中でつくられたSUVだったといえるでしょう。

ところがSX4 S-CROSSは世界戦略車として日本的な発想を一切持たないクルマなのです。

国内ではスイフト、イグニス、ソリオなどの普通車の売り上げを10万台とする目標を掲げています。

そして海外市場に遅れて投入されたのが決め手となるSX4 S-CROSSです。

SX4 S-CROSSはすでに海外で高い評価を受けています。

間違いなく、スズキの普通車売り上げに貢献するでしょう。

世界的なブランドとしてはトヨタに並ぶべくもありませんが、ブランドという色眼鏡を取り払ってSX4 S-CROSSをジャッジされた時、スズキは強大な基盤を築き、強い企業に発展するのです。

price_11

引用:http://www.carbuyer.co.uk/suzuki-sx4-s-cross-suv-2017-pictures

新型SX4 S-CROSS 価格・値段まとめ

スズキ側にたってみれば、SUVを世に送り出すライバルとなるメーカーは強大です。

メルセデスベンツ、BMW、ポルシェ、トヨタ、ニッサンとどこをとっても、とても勝ち目がないように思います。

ところが、メルセデスなどの側にたってSX4 S-CROSSを見た時、その価格は脅威以外の何物でもありません。

自動車へのブランド志向、装備充実感覚を抜きにして新しい物差しでSUVを選ぶとき、人の判断基準ははその価格となるでしょう。

SX4 S-CROSSの価格についての口コミを見ていて、日本人もクルマについてよく見ているなと感じました。

このメーカーだからこう、あのメーカーはどう、といった先入観はもはやナンセンスなのかも知れませんね。

それにしても206万円(2WD)、228万円(4WD)でこんなクルマがつくれるのはスズキ以外には考えられません。

新型SX-4 S-CROSSの値引きの方法については、

「新型SX-4 S-CROSS 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にSX-4 S-CROSSを購入して下さい。