新型SX4 S-CROSS(Sクロス) 色・カラー紹介!人気カラーは?

SX4 S-CROSS

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型SX4 S-CROSS(Sクロス)の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型SX4 S-CROSS(Sクロス)の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

スポンサーリンク

新型SX4 S-CROSS(Sクロス) カラーラインナップ

SX4 S-CROSS(Sクロス)に用意されているボディカラーは全4色。

インテリアもブラック1色なので、もっといろいろ選択できるようにしてほしかったという声もありますが、低コストのためには致し方ないのでしょう。

まずはどんなボディカラーがあるかを見ていきたいと思います。

【スフィアブルーパール】……0円

color_01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/index.html

スフィア(sphere)とは球、球体、球面、天体、星、月といった意味です。

おそらく天体をイメージしてつけられたカラー名でしょうね。

深みのあるブルーはSUVらしくスポーティなイメージです。

【エナジェティックレッドパール】……0円

color_02

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/index.html

スズキのレッドはかわいらしいイメージがありましたが、SX4 S-CROSS(Sクロス)ではがっしりとした雰囲気となります。

フロントグリルと、LEDランプの形状のせいもありますが、さすが3ナンバーなりの存在感が大きいですね。

【コスミックブラックパールメタリック】……0円

color_03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/index.html

海外の映像では圧倒的にブラックをよく見かけます。

その次に見るのが「スフィアブルーパール」ですね。

ホワイトはほとんど見ません。

そのあたりは日本とは事情がちがうようですね。

【クールホワイトパール】……21,600円

color_04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/index.html

クールホワイトというだけあって、スーパーホワイトに近いですね。

フロントグリルとのコントラストが効いていてりりしいイメージです。

以上がSX4 S-CROSS(Sクロス)に設定されている全4色でした。

これだけ少ない設定でも、選ぶとなるとそれなりに悩む人が多いから、ボディカラー選びって不思議です。

color_05

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/detail/index.html

スポンサーリンク

新型SX4 S-CROSS(Sクロス)カラー、エスクードとの違い

SX4 S-CROSS(Sクロス)とエスクードは共に海外で展開されるスズキのSUVクロスカントリー。

この2車種の住み分けは具体的にはいったい何なのでしょう。

そもそもエスクードはジムニーを3ナンバーにした悪路走破を得意とするクロスカントリーで本格的にラダーフレームも採用されていたのです。

それが今となってはSX4 S-CROSS(Sクロス)と同じプラットフォームで特長となる売りの「ALLGRIP」オールグリップも同じく搭載、ということで、両車の境目がなんだかぼやけてきたような印象すらあります。

color_06

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/styling/

エンジンこそ違えど、立ち位置という意味では、まるで競合するようなSX4 S-CROSS(Sクロス)とエスクードです。

そんな2車種ですが、ボディカラーの設定はエスクードの方がやや豊富です。

エスクードには「スフィアブルーパール」の設定がありませんが、シルバー、ターコイズブルー、アイボリーメタリックがあり、さらにレッド、アイボリー、ターコイズはブラックルーフとの2トーンとなっています。

とくにアイボリーとブラックルーフの組み合わせはとてもオシャレですてきです。

【サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ】

color_07

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/detail/

どうですか、ステキなボディカラーだと思いませんか。

SX4 S-CROSS(Sクロス)の方はエスクードのような遊び心はありませんのでちょっと残念です。

スポンサーリンク

新型SX4 S-CROSS(Sクロス)スペック、エスクードとの違い

カラー比較でエスクードが登場しましたので、ついでにスペックなど、その違いを見ておきたいと思います。

比較は新しくラインナップしたエスクード1.4Lターボです。

【全長×全幅×全高】

■SX4 S-CROSS……4300×1785×1595mm

■エスクード1.4L……4175×1775×1610mm


【室内長×室内幅×室内高】

■SX4 S-CROSS……1995×1475×1250mm

■エスクード1.4L……1960×1480×1265mm


【ホイールベース】

■SX4 S-CROSS……2600mm

■エスクード1.4L……2500mm

color_09

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/index.html


【最低地上高】

■SX4 S-CROSS……185mm

■エスクード1.4L……185mm


【車両重量】

(  )内は2WD

■SX4 S-CROSS……(1150kg)1220kg

■エスクード1.4L……1220kg


【車両重量JC08モード燃費】

(  )内は2WD

■SX4 S-CROSS……(16.2km/L)15.2km/L

■エスクード1.4L……16.8km/L


【最小回転半径】

■SX4 S-CROSS……5.4m

■エスクード1.4L……5.2m

color_10

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/


【エンジン種類】

■SX4 S-CROSS……M16A型/水冷4サイクル直列4気筒

■エスクード1.4L……K14C型/水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボ


【総排気量】

■SX4 S-CROSS……1586cc

■エスクード1.4L……1371cc


【最高出力】

■SX4 S-CROSS……86<117PS>/6,000

■エスクード1.4L……100<136PS>/5,500


【最大トルク】

■SX4 S-CROSS……151<15.4kg・m>/4,400

■エスクード1.4L……210<21.4kg・m>/2,100-4,000


【価格】

(  )内は2WD

■SX4 S-CROSS……(206万円)228万円

■エスクード1.4L……259万円


エスクードにはレーダーブレーキサポートⅡ、そしてヒルディセントコントロールとSRSカーテンエアバッグが標準となっています。

またダウンサイジングターボが採用され価格差が31万円、エスクードの方が高い設定です。

こうしてみるとエスクードの方が新しいクルマですね。

ですが立ち位置はますますわからなくなってきます。

ようするにエクステリアデザインの違うSUVでNAかターボかといった解釈にしか落としどころがないようです。

color_08

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/sx4_s-cross/index.html

スポンサーリンク

新型SX4 S-CROSS(Sクロス)カラー紹介まとめ

SX4 S-CROSS(Sクロス)に揃えられているボディカラーは全4色とシンプルな設定でした。

もちろんもっとバリエーションがあった方がうれしいのですが、その分車両価格がおさえられるということなら、それもまたありがたいですね。

海外ではあまり人気のない「クールホワイトパール」ですが日本では、やはり一番人気のようです。

そして次に「コスミックブラックパールメタリック」SUVにはよく似合うカラーです。

少々汚れていてもセダンなどにくらべるとあまり気にならないのもいいですね。

そして「スフィアブルーパール」も出始めていますので、是非、実車のカラーをご確認ください。

最後に「エナジェティックレッドパール」、こちらも海外では男女関係なく選択されているカラーですが、クロカンよりのハードなSX4 S-CROSS(Sクロス)を購入する日本男児には、まだまだレッドは抵抗があるみたいですね。

下取りを気にせずボディカラーを選びたいなら「残価設定型クレジット」がおすすめです。

あらかじめ3年後または5年後の価格(手放す時の価格)が決められているので、ボディカラーの影響を受けることがありません。

スズキでは「かえるプラン」といいますので、詳しくはディーラーでお尋ねください。

新型SX-4 S-CROSSの値引きの方法については、

「新型SX-4 S-CROSS 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にSX-4 S-CROSSを購入して下さい。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク