新型フォルクスワーゲン ティグアン 色・カラー紹介!人気カラーは?

ティグアン

新型フォルクスワーゲン ティグアンの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型フォルクスワーゲン ティグアンの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。







新型ティグアン  カラーバリエーション

2017年1月より販売が開始された2代目ティグアン。

1.4リッターガソリン、6速DSG、FFモデルのみが日本で発売され、ディーゼルや4WDの設定はありません。

グレードは3種類「TSI コンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」で構成され価格は360万円~463万2000円です。

ボディカラーは全6色が用意されています。


・ピュアホワイト

・ディープブラックパールエフェクト

・カリビアンブルーメタリック

・タングステンシルバーメタリック

・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト

・ナッツシェルブラウンメタリック

※このうち「ナッツシェルブラウンメタリック 」は公式サイトでは現在、紹介されていません。


では1色ずつ見ていきたいと思います。

■ピュアホワイト

color_01

引用:http://app.volkswagen.co.jp

すっきりとしたソリッドホワイト。

国産車では商用車っぽくなってしまうところ、輸入車ではよく似合います。

本当はパールホワイトが希望のボディカラーだったという人も、納期の関係でピュアホワイトを選ぶケースがあるようです。

雨だれのような水垢が目立ってしまうことが難点ですが、車体が大きく見えていいカラーだといえるでしょう。

■ディープブラックパールエフェクト

color_02

引用:http://app.volkswagen.co.jp

ハッとするほど美しいブラックパールのティグアンです。

フロントグリルが強調されて中々いい感じに締まっています。

ブラックだとハイラインとRラインの違いが分かりにくくなりますね。

サイドのラインがキラリと光ってシャープさが際立ちます。

color_03

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/2749395/blog/39346492/

■カリビアンブルーメタリック

color_04

引用:http://app.volkswagen.co.jp/

フォルクスワーゲンには

「ハドソンベイブルーメタリック」

「ハーバードブルーメタリック」

「パシフィックブルーメタリック」

「アトランティックブルーメタリック」

と様々なブルーメタリックがありますが、中でも一番明るい青が「カリビアンブルーメタリック」です。

そのため若々しくスポーティなイメージとなっています。

陽気なカリブを連想します。

color_05

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/896699/blog/39180356/

■タングステンシルバーメタリック

color_06

引用:http://app.volkswagen.co.jp/

輸入車はこういった中間色の配合が絶妙にうまいです。

無機質なシルバーにほんの少しゴールドがかかったような色合いはSUVに合っているのかも知れません。

ワイルドだけど品があって、と相反するイメージを融合したようなカラーです。

color_07

引用:http://www.xn--28jzbq48apb4467a27tt52dd11a.jp/522

■オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト

color_08

引用:http://app.volkswagen.co.jp

オリックスとはアフリカやアラビア半島の砂漠や草原に生息するウシ科の哺乳類です。

背中のオフホワイトがカラーネーミングの理由でしょうか。

color_09

引用:http://www.pz-garden.stardust31.com/guutei-moku/usi-ka/siro-orix.html

オリックスホワイトのティグアンはとても高級感があります。

唯一、有償カラーとなっていて、オプション価格は64,800円です。

color_10

引用:http://www.carscoops.com/2015/09/2017-vw-tiguan-is-bigger-more-mature.html

新型ティグアン  人気カラー

最近の人気カラーは多くのクルマで「ホワイト」「ブラック」となっています。

ティグアンについても同様ですが、ホワイト系はソリッドとパールの2色があり、ひとつはメーカーオプション64,800円です。

そしてその有償カラーが一番の人気なのです。


1位:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト……24%

2位:ピュアホワイト ……21%

3位:ディープブラックパールエフェクト……20%


ほとんど僅差ですが、有償でも選びたくなるカラーが「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」ということでした。

余程、魅力的なボディカラーなのでしょう。

color_11

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/tiguan/color.asp

新型ティグアン  シートカラー

ティグアンにはグレードに応じて選べるシートカラーが用意されています。

ボディカラーとの組み合わせによっては納期に時間がかかるものもありますので、確認が必要です。

ではグレードごとのシートカラーを見ていきたいと思います。

■TSIコンフォートライン専用シート

<チタンブラック/ファブリック>

color_12

引用:http://www.volkswagen.co.jp/

オーソドックスなベーシックシートです。

シートの形状によってホールド力が確保されています。

■TSIハイライン専用シート

<チタンブラック/マイクロフリース>

color_13

引用:http://www.volkswagen.co.jp

マイクロフリースを使用することで上質感をアップさせています。

肌触りが優しく触り心地はスエードのようなイメージです。

<チタンブラック/レザー>

color_14

引用:http://www.volkswagen.co.jp

側面と背面は合成皮革になっていますが、高級感があふれています。

「レザー&パノラマルーフパッケージ」オプションで選択可能となります。

<サフラノオレンジ/レザー>

color_15

引用:http://www.volkswagen.co.jp

新色で設定された「サフラノオレンジ」

車内がファッショナブルな装いとなります。

こちらも「レザー&パノラマルーフパッケージ」オプションです。

■TSI Rライン専用シート

<チタンブラック/ファブリック>

color_16

引用:http://www.volkswagen.co.jp

Rラインのみの専用シートですので、一目でグレードがわかります。

Rライン専用レザーマルチファンクションステアリングホイールと相まってスポーティさが際立っています。

新型ティグアン  スペック

■全長×全幅×全高……4500×1840×1675

■車両重量……1540kg

■総排気量……1394cc

■エンジン……直列4気筒DOHCインタークーラーターボ

■最高出力…….110kW(150ps)/5000~6000rpm

■最大トルク……250Nm(25.5kgfm)/1500~3500rpm

■トランスミッション……自動6段

■JC08モード燃費……16.3km/L

新型ティグアン  グレード別価格

■Tiguan TSI Comfortline……360万円

■Tiguan TSI Highline……433万2000円

■Tiguan TSI R-Line……463万2000円

color_17

引用:https://www.netcarshow.com/volkswagen/2017-tiguan/

新型ティグアン 色・カラー紹介!まとめ

ティグアンに設定されたカラーは数多くはありませんが、「カリビアンブルーメタリック」「タングステンシルバーメタリック」など魅力的なボディカラーがありますね。

エクステリアデザインの美しいクルマですので、どのカラーでも引き立つでしょう。

フルモデルチェンジを経て、燃費は14.6km/Lから16.3km/Lへ。

ラゲッジスペースは1510Lから1655Lへ。

そして最小回転半径も5.7mから5.4mと増々使い勝手がよくなったティグアン。

どうぞ楽しいカーライフをお過ごしください。

新型フォルクスワーゲン ティグアンの値引きの方法については、

「新型フォルクスワーゲン ティグアン 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にフォルクスワーゲン ティグアンを購入して下さい。