新型ミニバンの大きさを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

大きさ比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



車を選ぶ基準は、使用用途やその人の好みなど複合的になってくるので人それぞれ異なりますが、特にミニバンを選ぶときには広さや大きさといったことを重視する人が多いようです。

今日は、新型ミニバンたちを大きさで比較していき、人気ランキング形式でおすすめ車種をご紹介をしていきます。


スポンサーリンク

新型ミニバンの大きさを比較!人気ランキング2017

シエンタ 上から2

引用:http://toyota.jp/sienta/

ミニバンとは、バンというタイプの車が大きいのですが、そのバンよりも小さい…つまりミニだということから呼ばれるようになったとの説もあるようです。

そういった意味からも、小さな車を想像してしまいそうですが、現在は国内産の新型ミニバンに関しては決まった定義はないものの「室内の広さがあり、多数が乗れるクルマ」といったことが当てはまるようです。

ミニとはいえ、たいていは6~8人は乗れる車が多いようですので、室内は広いことが分かりますね。そんな大きさ部門でのミニバンで人気があるのはどのミニバンか楽しみです。


スポンサーリンク

第10位 シエンタ

いろんなシエンタ2

引用:http://toyota.jp/sienta/

第10位には、シエンタが登場です。最低地上高が14.5㎝と高齢者や小さな子どもが乗降しやすい高さですよね。これならケガもしないで安全に移動が出来そうです。

  • 全長 ➡ 4,235mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,675mm
  • 室内長 ➡ 2,535mm
  •   幅 ➡ 1,470mm
  •  高さ ➡ 1,280mm
  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M

パッと写真だけを見ると、軽自動車のような雰囲気がして「多数乗りが出来るの?」といった声が聞こえてきそうですが、このシエンタは7人の乗車が出来るミニバンなんです。

多数が乗っても低重心なミニバンなので、安定した走行をすることが出来るのです。

家族なら、パパやママのご両親と一緒にドライブをしても、ゆったりと乗ることが出来るので分乗することがなく楽しい思い出を一緒に作ることが出来ますね。

  • 燃費消費率 ➡ 27.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ワンタッチスイッチ付きスライドドア

燃費に関しては、嬉しいことに27.2km/Lと家計も応援してくれそうです。衝突回避システムがあるので高精度の2つの目でしっかりと見守ってもらえるところが頼もしいですね。

このシエンタは、2017年の販売台数で上半期のナンバー1になっています。そんな広くて経済的な新型ミニバンであるシエンタは、1,689,709円から購入が可能となっています。


スポンサーリンク

第9位 フリード

gallery_cabin_02

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

今度は第9位に登場するホンダのフリードです。フリードは、ハイブリッド車なので「平成32年度燃費基準+50%/+40%」に対応いるのです。これは軽減できるので、利用できるなら利用したいですね。

  • 全長 ➡ 4,265mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,710mm
  • 室内長 ➡ 3,045mm
  •   幅 ➡ 1,455mm
  •  高さ ➡ 1,275mm

フリードは、1列目のシートの下に配置したIPUを4WD車へ最適化することで室内空間を確保することが出来ました。そして、ハイブリッド新型ミニバンにも4WDへと実現をすることが出来たのですね。

その配置のおかげで、広がった室内では、ヒップポイントが後席へ行くほど高くなっており、乗員みんなが同じ景色を見たり感動したりすることが出来るんです。

ミニバンで出かける時の楽しみの一つは、こうした変化する景色にあるといっても良いくらいだと思うので、これって大切なことですよね。

  • 総排気量 ➡ 1,496cc
  • ホイールベース ➡ 2,740mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,360㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ 両側スライドドアがメーカーオプションであり

大きさは、新型シエンタと比較すると同等か少し丸いボディのおかげで若干大きい感じのホンダフリードは、1,880,000円より購入が可能となっています。

第8位 プリウスα

トヨタ ギャラリー1

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

プリウスαが第8位にランクインしてきました。プリウスαはプリウスが進化したような印象を受けますね。実際のプリウスαには乗っていなくても、プリウスの大きさを考えると想像がつきそうですね。

一般的なプリウスも、見た目より乗り込んだ方が大きくて広く快適なんですよね。そんなぷりうすが進化したような新型プリウスαでは、7人も乗車できるんですね。

  • 全長 ➡ 4,645mm
  • 全幅 ➡ 1,775mm
  • 全高 ➡ 1,575mm
  • 室内長 ➡ 2,690mm
  •   幅 ➡ 1,520mm
  •  高さ ➡ 1,220mm

総排気量としては、小型車になるので5ナンバーということから、税金面でもエコカー減税対象車なので優遇されているわけですね。

全体的な大きさは、日産セレナより10㎝程度小柄なだけですので、室内も広いことが分かりますね。

  • 総排気量 ➡ 1,797cc
  • ホイールベース ➡ 2,740mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,360㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.8M
  • 燃費消費率 ➡ 26.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ なし

残念ながら、その形状から分かるように、他の新型ミニバンと比べてもスライドドアではないので乗降は順番に行うことになりそうです。

しかし、7人みんなが乗らない場合には、遊んだり運動するための道具や、美味しいお弁当を作って載せるスペースがたくさんあるのでゆとりがあります。

抜群の売り上げを誇る新型プリウスαは、2,479,091円より購入が可能となっております。

第7位 エスクァイア

エスクァイア ギャラリー1

引用:http://toyota.jp/esquire/

エスクァイアは、第7位に登場です。エレクトロシフトマチックやステアリングヒーターがあったり、本革巻き3本スポーツステアリングホイールなど装備が充実しているのも特徴です。

  • 全長 ➡ 4,965mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  •   幅 ➡ 1,540mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

プリウスαや、フリードなどと比較すると少し大きめです。また、室内の高さが1,400mmあるので小さな子どもがお着替えをすることも立ったまま出来そうです。

お世話をするママにとっても、頑張って自分で挑戦する子どもにとっても室内は広くて天井が高い方が便利ですよね。また、室内高が高いということは、視界においても圧迫感がないので疲労感が変わってきます。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

また、楽しかったけど帰りが暗くなってしまった場合には、Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDコーナリングランプが視界をサポートしてくれます。

それから、せっかくドライブに行ったのに「楽しい思い出より、疲労感の方が強かった」としたら台無しとなってしまいますね。そんなエスクァイアは、2,675,160円より購入が可能となっています。

第6位 ヴォクシー

ヴォクシー室内

引用:http://toyota.jp/voxy/

次にランクインしたのは、第6位となったヴォクシーです。クール系のヴォクシーは、実はほんの少しノアより小柄だったんですね。

アルファードと比較してみると、ちょうど20センチの差があるようです。小柄なぶんだけ活発に動き回れるミニバンなのかもしれませんね。

  • 全長 ➡ 4,710mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  •   幅 ➡ 1,540mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

小柄とはいえ、室内高は1,400mmと小さな子どもが立ったまま、スポーツの道具を取りに行ったり、汗をかいたらお着替えが出来る広さを持っています。

ヴォクシー子ども

引用:http://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーは、ボディーの色によっても表情が違って見えます。知人の場合には、ブラックだったのですが室内はかなり静かで広かったですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。パワースライドドア予約ロック機能付

低重心で静粛性にも優れているので、室内の後席でDVDを観ると音がきれいに聴こえてきます。もちろん友人みんなでの会話も弾みやすいですよね。

そんな友人と遊んだり、親子で自然教室へ行ったりと行動派の人にピッタリのヴォクシーは、2,466,720円から購入が可能となっています。

第5位 ノア

ノア カスタマイズ

引用:http://toyota.jp/noah/

第5位に登場したノアは、家族のために心地いい室内空間を作っているだけあって、その広さにも注目です。ヴォクシーより、柔らかい印象のノアは温かい家族のためのミニバンだといえそうです。

  • 全長 ➡ 4.795mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,810mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  •   幅 ➡ 1,540mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

広さ的には、天井の高さも1,400mmと子どもの慎重にもよりますが、立ったままでも頭を打つことがなさそうな感じです。

また、幅を見ても小柄な人なら大人でも横になれる広さがあるので車中泊が出来そうですね。夏にはキャンプしたり、冬にはスノボーと楽しめそうです。

  • 総排気量 ➡ 1,986cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ありパワースライドドア予約ロック機能付

ハイブリッドの長所である低燃費も見逃せませんね。少し前の軽自動車にも相当する低燃費なので、遠いドライブでもガソリン代を気にすることが減りそうですね。

そんな低燃費と低排出ガスに大きく貢献している新型ノアは、2,466,720円から購入が可能となっています。

第4位 ステップワゴン

pic_car_pc_02

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

続いて第4位には、ホンダのステップワゴンが登場です。ステップワゴンと言ったら大きく2つの特徴が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

  1. ワクワクゲート
  2. ホンダSENSING

代表的な特徴ですよね。特に大きさで見るミニバンの場合には、乗降のしやすさと、荷物の取り出しやすさが気になるところです。

たくさん入るからといっても取り出しにくいドアなら、がっかりしますよね。せっかく楽しいお出かけにしても、荷物の出し入れで大事な時間を使ってしまったら、もったいないですのでね。

  • 室内長 ➡ 3,220mm
  •   幅 ➡ 1,500mm
  •  高さ ➡ 1,405mm
  • 総排気量 ➡ 1.993cc
  • 車両重量 ➡ 1,820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.4M
pic_idea-2

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ワクワクゲートのあるステップワゴンだと、ドアが縦にも横にも開くため荷物の出し入れも簡単だし、ベビーカーの取り出しもしやすいですね。

  • 総排気量 ➡ 1,986cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ありパワースライドドア予約ロック機能付

また、みんなが順番を待たなくても、各ドアから降りることができるため、さらに楽しいお出かけとなりそうです。

スライドドアの予約ロック機能を使うと閉まるまでに次のロックが予約されるので施錠忘れを防ぐことが出来て安心です。

そんな、家族と成長していくホンダのステップワゴンは、2,455,920円から購入が可能となります。

第3位 セレナ

serena_1707_function_005.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

ベスト3にランクインしたのは、第3位の日産のセレナです。セレナは、シンプルなんですが、とても気配りの出来るミニバンですよね。

高さも程よくあり、全長もヴェルファイアやアルファードと16㎝の差です。見た目より、大きくて頼りがいのあるミニバンなんですね。

  • 全長 ➡ 4,770mm
  • 全幅 ➡ 1,740mm
  • 全高 ➡ 1,865mm
  • 室内長 ➡ 3,240mm
  •   幅 ➡ 1,545mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

こちらも、ステップワゴンのように幅があるので、ドライブの途中でも疲れたら横になって仮眠を取ることも出来ます。

2列目をロングスライドさせると、大人でも脚をゆったりと伸ばせるほどのゆとりがあるのも自慢ですね。これだと助手席と交代で運転をするなど、使い方も幅が広がりそうです。

  • 総排気量 ➡ 1.977cc
  • 車両重量 ➡ 1,700㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.7M
  • 燃費消費率 ➡ 16.6km/L
  • 乗員数 ➡ 8人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉 (挟み込み防止機構付)

また、他にはないセレナの魅力として、ハンズフリーオートスライドドアがあります。セレナに触れることなくセンサーで感知してくれるので、両手を遣わずに足の動きだけで、スライドドアを開けることが出来るのですね。

どんどん進化しているミニバンのこれからがもっと楽しみですね。そんな特別な機能を持った日産のセレナは2,435,400円より購入が可能となっています。

第2位 ヴェルファイア

ヴェルファイア 室内1

引用:http://toyota.jp/vellfire/

そして大きさ部門では、2トップに輝いた人気車種ミニバンの1つといえば、第2位になったヴェルファイアです。

全長が5Mにも届きそうなゆとりあるサイズは、見るだけで人を惹きつける魅力がありますね。室内も、クルマの域を超えているような贅沢な仕様が注目をされています。

  • 全長 ➡ 4,930mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  •   幅 ➡ 1,590mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

GOLDEN EYEといった特別仕様車からも分かるように、アルファードより辛口な印象のヴェルファイアですが、とても優しい2つのエコモードがあるのも魅力です。

また、大きさではホイールベースが3Mもあるんですよね。そのおかげで、助手席スーパーロングスライドシートが使えると思うと納得です。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ありワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

この助手席スーパーロングスライドシートは、これまで助手席とセカンドシートで分割されていた可動域を同じレール上に設置したことで大幅に拡大することが出来たのですね。

快適さと広さではナンバー1クラスのヴェルファイアは、3,197,782円より購入が可能となっています。

第1位 アルファード

アルファード7

引用:http://toyota.jp/alphard/

そして堂々の第1位には、アルファードが輝いて登場です。アルファードは、ヴェルファイアでもお伝えをしたように、同じサイズ感でありますがヴェルファイアよりソフトで賢さを感じる人も多いですね。

  • 全長 ➡ 4,915mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  •   幅 ➡ 1,590mm
  •  高さ ➡ 1,400mm

「大空間高級サルーンの時代を高らかに告げる豪華・勇壮なエクステリアデザイン」という文字が表現しているように、第2にのリビングを通り越している感がします。

テレビを見ても、偉い人やアイドルなどを乗せている車種は、アルファードやヴェルファイアであることが多いですよね。

それは、世界初となった助手席スーパースライドシートのある存在であったり、2.5L 2AR-FXEエンジンによる力強さ、そして滑らかな走りと安全性が信頼されているからではないでしょうか。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ありワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

ミリ波レーダー方式のブレーキ制御があるゴージャスなアルファードは、3,197,782円より購入が可能となっています。

新型ミニバンの大きさ人気ランキング2017まとめ

carlineup_noah_interior_space_pic_16

引用:http://toyota.jp/noah/

では、今日の大きさで見る新型ミニバンの人気ランキングまとめです。

大きさで見るとトヨタの中にある兄弟と呼ばれるミニバンは、サイズ的なものは一致しているようです。

  • トヨタのノア
  • トヨタのヴォクシー

優しいノアとクールなヴォクシーの双子のようなミニバンは、可愛さとカッコよさがミックスした雰囲気で若年層に支持されているだけあって構成的な乗り方も、多数派の乗り方も出来そうです。

そして高級サルーンの代名詞を持つタイプのミニバンであるトヨタの代表的なミニバン2台はこちらですよね。

  • トヨタのヴェルファイア
  • トヨタのアルファード

これらは兄弟といった存在ですが、双子に近いようなサイズ感がありますね。ミニバンは、多数で楽しく過ごすセカンドリビングの役割を持つため広さを要求される車種です。

広さだけでなく、こうしてサイズが同等でも性質や特徴が異なる場合もあるので、自分に似合う個性的なミニバンを選んでほしいものです。

広さ、走行性能、安全性能、燃費消費率、スタイルに色など挙げるとたくさんあるのですが、少しでも自分の理想に近い形になるように、いろんな車種があるのは嬉しいことですよね。

どのミニバンを見ても、長所があるので迷ってしまいそうですね。しかし、おすすめをするとしたら、家族で乗るなら日産のセレナやホンダのステップワゴンが元気そうで良い感じです。

  • 家族連れ ➡ ステップワゴン、セレナがおすすめ!
  • アクティブに動きたい人 ➡ シエンタがおすすめ!

ゆとりある空間で過ごしたい人には、アルファードクラスをおすすめしたいですね。人気ランキングとはいっても、結局、自分の中で№1に輝いたミニバンを選ぶことが賢い買い物となりそうですね。

では今日も安全運転で快適なドライブを楽しんでくださいね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう