人気の新型セダン おすすめ比較ランキング【2017年版】

おすすめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



セダンとはエンジンルーム、人が乗るスペース、そしてトランクの3ボックスで構成されている、基本的に4ドア+トランクのクルマをいいます。

昔はセダンがほとんどでしたが、現在ではハッチバック、ミニバン、ステーションワゴン、SUVとクルマの分類は多岐にわたっています。

ここではセダンについての情報をお届けしたいと思います。

sedan_01

引用:http://car-moby.jp/31599


スポンサーリンク

売れていないセダン

2017年上半期、普通自動車の売り上げランキング見ると30位以内に入っているセダンは、たったの4車種。

人気の主流はSUVやコンパクトハッチとなっています。

セダンは売れないといわれているのですが、セダンは走行安定性が高く、高級感があることから「セダンじゃなきゃイヤ」という根強いユーザーが今でもセダンを購入しています。

売れている順にカローラ、インプレッサ、クラウン、アクセラ。

このうち、クラウン以外はセダン以外のタイプのモデルがありますので、やはりセダンは売れていないのだと実感します。

sedan_02

引用:http://www.webcg.net/articles/-/35030


スポンサーリンク

おすすめセダン

売れていないからこそセダンに乗りたい、ということでおすすめのセダンをご紹介していきます。

ここではプリウスをハッチバックに分類し、セダンには入れないことにしました。

【トヨタクラウン】

sedan_03

引用:http://toyota.jp/crownroyal/

<クラウン価格>

◆クラウンロイヤル……3,812,400円~5,988,600円

◆クラウンアスリート……3,963,600円~6,183,000円

◆クラウンマジェスタ……6,426,000円~7,149,600円

クラウンは長い間、日本を代表する高級セダンでした。

今ではレクサスが台頭しているのですが、クラウンの持つ上質感、控えめで押し出しの強くないデザインは秀逸で誰にとっても乗りやすいクルマです。

V6エンジンに加え、低燃費でパワフルな加速を持つハイブリッドモデルが設定されています。

走ることが楽しいドライバーズカーであるクラウンアスリート、後席に人を乗せることが多い使用ならよりショーファードリブンカーであるクラウンロイヤル、さらに後席をVIP待遇にするクラウンマジェスタの3構成となっています。

sedan_04

引用:http://toyota.jp/crownroyal/gallery/

【トヨタカローラアクシオ】

sedan_05

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/about/?padid=ag341_from_corollaaxio_top_about

<カローラアクシオ価格>

◆カローラガソリン……1,507,680円~2,077,920円

◆カローラハイブリッド……2,073,600円~2,482,920円

カローラは日本の庶民カーとして50年以上の歴史をもつ5ナンバーセダンです。

ガソリン車は1.3L、1.5L、直列4気筒にCVTまたはMTが用意された、まさしく日本の平均点的なクルマとなっています。

2013年にはカローラハイブリッドが追加され、アクアと同じハイブリッドシステムを搭載、1.5Lのみの設定で燃費は34.4km/Lとアクアの廉価版以外のグレードと並びます。

sedan_06

引用:https://toyota.jp/corollaaxio/interior/?padid=ag341_from_corollaaxio_navi_interior

【トヨタプレミオ】

sedan_07

引用:http://toyota.jp/premio/style/

<プレミオ価格>

◆プレミオガソリン……1,908,655円~2,686,255円

プレミオはコロナの後継車種で、アリオンの姉妹車です。

アリオンにくらべてシニアユーザーをターゲットとするため、あまり目立つクルマではありませんが、2016年の年間販売台数は16,290台とトヨタではカローラに次ぐ売り上げを上げています。

1.5L、1.8L、2.0Lのグレードを設定し、いずれもガソリンで、企業や官公庁向けに納入される利用が多いです。

sedan_08

引用:http://toyota.jp/premio/interior/seat/

【ホンダグレイス】

sedan_09

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/webcatalog/styling/design/

<グレイス価格>

◆グレイスガソリン……1,769,040円~1,985,040円

◆グレイスハイブリッド……1,979,640円~2,569,320円

トヨタ車がひしめくセダンの中で、ホンダの唯一の5ナンバーセダン、グレイス。

フィットハイブリッドやヴェゼルハイブリッドにも採用されているEV発進を可能とする1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されていて34.8km/Lという低燃費を実現しています。

ガソリン車は1.5L、直噴DOHC i-VTECエンジンで132psと比較的パワフルなセッティングですが、燃費は22.0km/Lと経済的です。

2017年7月のマイナーチェンジでは安全支援システム「ホンダセンシング」を採用しました。

sedan_10

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/webcatalog/interior/design/

【トヨタアリオン】

sedan_11

引用:http://toyota.jp/allion/style/

<グレイス価格>

◆アリオンガソリン……1,897,855円~2,650,909円

アリオンはカリーナの後継車種でプレミオとはターゲットを別にしていて、アリオンの方がスポーティさを前面に出しています。

エンジンやシャーシはプレミオと共用となっています。

2016年6月のマイナーチェンジでプレミオと同じく衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」を搭載しました。

sedan_12

引用:http://toyota.jp/allion/interior/seat/

【マツダアクセラセダン】

sedan_13

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/?link_id=sbnv#axela-sedan

<アクセラ価格>

◆アクセラガソリン……1,825,200~2,619,000円

◆アクセラディーゼル……2,338,200円~3,310,200円

◆アクセラハイブリッド……2,505,600円~2,879,000円

アクセラは長年愛されてきた「ファミリア」の後継車種です。

日本の自動車教習車の3分の1がアクセラセダンですので乗ったことのある人は多いでしょう。

2017年8月の改良によってマツダ「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備。

・アドバンストSCBS

・AT誤発進抑制制御[前進時][後退時](AT車のみ)

・LDWS(レーンデパーチャーワーニングシステム)

これら3点の安全性能が標準装備となりました。

sedan_14

引用:http://www.ikkyu-land.gr.jp/qa_04/215.html


スポンサーリンク

人気の新型セダン おすすめ比較ランキングまとめ

今回ご紹介したセダンは昨年よく売れていたモデルです。

クラウンとアクセラセダン以外は5ナンバーセダンとなっています。

それにしてもトヨタのセダン、ラインナップの多さには驚かされます。

トヨタ同士が競合車ということもよくあることでしょう。

中大型セダンの売り上げランキングは次の通り。


1位:クラウン

2位:マークX

3位:レクサスGS

4位:ティアナ

5位:カムリ


小型セダンでは下の順になっています。

1位:カローラアクシオ

2位:プレミオ

3位:グレイス

4位:アリオン

5位:アクセラ


ドライバーの高齢化に伴い、今後もセダンの需要はなくなることはありません。

先日、定年退職した知人はスポーツカー、SUV、ミニバンを乗り継いできましたが、最終的に乗り換えたクルマはクラウンでした。

やはり自然に乗れるクルマはセダンだとつくづく感じたそうです。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう