新型コンパクトSUVを比較! おすすめ人気ランキング! 【2018年度版】

SUV

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



近年の日本の自動車市場ではジャンルを問わず軽自動車やコンパクトカーがよく売れています。

かつては大きな車がもてはやされた時代もありましたが、今や大きな車は税金やガソリン代などの維持費が高いですし、少子高齢化の世の中にあってはそれほど必要とされていないのかもしれません。

SUVも他のジャンルの例に漏れずコンパクトなものが人気を集めており、ここ数年はホンダヴェゼルにトヨタC-HRとコンパクトSUVが最も売れたSUVとなっています。

そこで今回は各社のコンパクトSUVの中から、2018年おすすめのものを5車種ピックアップして紹介します。


スポンサーリンク

【2018年おすすめの新型コンパクトSUV・第5位】スズキイグニス

引用:https://www.webcg.net/articles/-/34318

2018年おすすめの新型コンパクトSUV、第5位はスズキイグニスです。

今の日本のメーカーで最も多くSUVを揃えているのは実はスズキです。2018年10月現在「ハスラー」「ジムニー」「ジムニーシエラ」「イグニス」「クロスビー」「SX4 CROSS」「エスクード」と7車種もあります。

「イグニスはSUVなのか?」という議論はあると思いますが、スズキは「コンパクトカーとSUVを融合させた、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー」と位置付けています。その割にスズキの公式サイト上の車種分類では「SUV/スポーツ」というところにイグニスが入っていないのは疑問ですが、SUV的な要素も入っていると言っていますので、今回はコンパクトSUVとしてランキングの対象としました。

イグニスの魅力はこの「SUVのようでSUVっぽくない」(「SUVじゃないのにSUVっぽい」)というところにあるように思います。

「コンパクトカーが欲しいけどタンクやソリオのようなミニバンは嫌だ」「かと言ってヴィッツやパッソのような丸くてかわいいのも乗りたくない」という層は一定数いると思われますが、このような人にイグニスは向いていると言えます。

あるいは「SUVに乗ってみたいけど”いかにも”という感じの大げさなものは嫌い」という人にも良いかと思います。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/34318#image-3

ちょっとコロンとしたおもちゃっぽく愛嬌のあるスタイルをしつつもタイヤ周りはオーバーフェンダー気味に盛り上げてボリュームを出して筋肉質な肉体を彷彿とさせる雄々しさがあります。スズキの往年の名車・フロンテやセルボのイメージが残っているのも面白いと思います。

エンジンは1.2Lのガソリンエンジン+モーターのハイブリッド仕様のみとなっていますが、燃費は4WDが25.4km/L、2WDが28.0km/Lと経済性もバッチリです。

ちなみにオフロード性能ですが、180mmの地上高が確保されている上にフロントのアプローチアングルは20°、リヤのデパーチャーアングルは38.3°あるので多少荒れた道を走っても車体やバンパーを擦るようなことはありません。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/performance_eco/

4WDは路面状況によって前後輪に最適な駆動力をかけるビスカスカップリング式で、本格的なオフロード走行には向いていないものの、低燃費と悪路走破性を両立させるためのものなので、イグニスの性格を考えるとこれで十分といえます。

ジムニーやジムニーシエラのような本格的なクロスカントリー車のような走りは到底無理ですが、地方の山間部にありがちな舗装されていない荒れた生活道路のような場所であれば安心して走ることができます。


スポンサーリンク

【2018年おすすめの新型コンパクトSUV・第4位】マツダCX-3

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/38791#image-26

2018年おすすめの新型コンパクトSUV、第4位はマツダCX-3です。

マツダのSUVは大きなものから順にCX-8、CX-5、CX-3がありますが、CX-3は最も小さいコンパクトSUVとなります。

登場したのは2015年2月ですが、2018年5月に大幅改良を受けています。外装と内装のデザインを変更した他、クリーンディーゼル仕様のエンジンの排気量が1.5Lから1.8Lと大きくなりました。その他ガソリンは特別仕様車の20S Exective Mode以外の2WD仕様のトランスミッションに6速MTの設定が追加されています。

走りの面については次世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の一部導入や、エンジンでシャシー性能を高める制御技術「G-ベクタリングコントロール」の最適化、電動パワステの設定の見直しなどが行われ、ハンドリングがより一層洗練化されています。

これらの大幅改良は同じコンパクトSUVのカテゴリで独走状態に入りつつあるトヨタC-HRを追撃するために他なりません。

CX-3の魅力は色々ありますが、その1つが「クリーンディーゼルエンジンのパワフルさ」です。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/38791#image-7

クリーンディーゼルエンジンは低回転域からモリモリと湧き出るトルク感が特徴です。CX-3のクリーンディーゼルエンジンはターボがついていることもあって、発進時からその力強さを堪能することができます。都市部での街乗りが多い人はキビキビと走ることができますので非常におすすめです。

ただしその代わり高回転域での伸びはガソリンエンジンには敵わないので、ワインディングで胸のすくような走りを愉しみたい、という人にはあまり向きません。


スポンサーリンク

【2018年おすすめの新型コンパクトSUV・第3位】スズキクロスビー

引用:https://clicccar.com/2018/01/20/552081/

2018年おすすめの新型コンパクトSUV、第3位はスズキクロスビーです。

第5位のイグニスに続いてスズキ車としては2車種目のランクインとなります。

イグニスとクロスビーは同じスズキのAセグメント向けプラットフォームである「HERTECT」を採用しています。ただし全長は60mm、全高は110mmクロスビーの方が大きいです。

エンジンは1.0L+モーターのハイブリッド仕様のみとなっており、イグニスに比べるとエンジンは小さいものを搭載しています。

燃費は4WDが20.6km/L、2WDが22.0km/Lです。つまりイグニスよりも排気量は小さいにも関わらず、燃費はクロスビーの方が悪いということです。これはイグニスの車両重量が850kg~920kgなのに対してクロスビーの車両重量は960kg~1,000kgと重いということが原因だと思います。

またイグニスとクロスビーのボディ形状を考えると、明らかにクロスビーの方が空気抵抗が大きそうに見えます。この辺りも影響しているのかもしれません。

引用:https://clicccar.com/2018/01/20/552081/snapcrab_noname_2018-1-19_18-13-30_no-00/

なおクロスビーの外観はハスラーと非常に似ていますが、ハスラーと共用しているパーツは1つもありません。クロスビーとパーツを共用しているのはイグニス、そしてソリオ/ソリオバンディットとなります。

クロスビーをおすすめしたいのは「ハスラーのスタイルが好きだけど軽自動車であることがネックだ」という人です。クロスビーは大ざっぱに言えば「普通車版ハスラー」なので、ハスラーの雰囲気そのままに大きくなった車体やエンジンの恩恵を受けることができます。

また「SUVに乗ってみたいけど大きな車体のものは嫌だ」という人にも向いていると思います。

トヨタC-HRやホンダヴェゼル、マツダCX-3など人気のコンパクトSUVはたくさんありますが、どれも全幅が1,700mm超の3ナンバーサイズとなっています。幅のある車に乗るのは抵抗があるという人や、そもそも自宅の車庫のサイズの問題で駐車ができない(しにくい)ということもあるでしょう。

その点クロスビーは日本国内専用モデルということもあって、全幅は1,670mmととてもコンパクトです。このくらいのサイズであれば多くの人にとって運転がラクなはずです。


スポンサーリンク

【2018年おすすめの新型コンパクトSUV・第2位】ホンダヴェゼル

引用:https://kakakumag.com/car/?id=11864

2018年おすすめの新型コンパクトSUV、第2位はホンダヴェゼルです。

2013年12月に登場したヴェゼルは2014年から2016年までの3年間、SUV登録販売台数ランキングで1位の座にあり続けました。すべてのSUVの中で1番売れていたのがこのヴェゼルだったわけです。

しかし2016年12月にトヨタC-HRが登場したことによって状況が変わります。打倒ヴェゼルを目指してトヨタが送り込んだこの刺客は、その目論見通りヴェゼルを1位の座から引きずりおろすことに成功します。1位C-HR、2位ヴェゼルという構図になったわけです。

もちろんヴェゼルがこのまま手をこまねいて見ているわけはなく、2018年2月に初のマイナーチェンジを受けています。しかしC-HRを追い越すまでには至らず、2018年もC-HRの2連覇達成が濃厚な情勢となっています。

そんなヴェゼルですが、もちろんC-HRに比べて商品力が極端に劣るということはありません。むしろC-HRが後発なのにも関わらずヴェゼルを超えることができなかった部分というものもあります。

それが後席の居住性と荷室の使い勝手です。

引用:https://kakakumag.com/car/?id=11864

ヴェゼルの後席の居住性が良く荷室の使い勝手が良いのは、ヴェゼルがホンダ独自の技術である「センタータンクレイアウト」を採用しているからです。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

センタータンクレイアウトとはガソリンタンクを従来までの後席後ろから前席の下に配置するという技術です。こうすることによって後席や荷室、トランクを広く取ることができるというわけです。

この「前席下のフロアパネルにくぼみを設けて燃料タンクを配置し」「その燃料タンクを四方のメンバーが囲み、2本のフロアアームが支持する構造(脱着可)」という技術はホンダの特許であり、他メーカーはホンダに特許使用料を払わない限り真似することができません。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/cabin/

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/utility/

後席に人を乗せる機会が多い人や、買い物やレジャーの際に荷室にたくさん荷物を積む機会が多い人はC-HRよりもヴェゼルを買うべきです。

【2018年おすすめの新型コンパクトSUV・第1位】トヨタC-HR

引用:https://www.tokyo-toyopet.co.jp/column/20180607_c-hr

2018年おすすめの新型コンパクトSUV、第1位はトヨタC-HRです。

ヴェゼルのところで触れたように、C-HRは今やヴェゼルに代わって日本で最も良く売れているSUVです。デビュー以来ずっと売れ続けているという事実を見れば、おすすめのコンパクトSUV1位に相応しいのはやはりC-HRということになるでしょう。

C-HRは後席の居住性や荷室の使い勝手という点ではヴェゼルに劣るわけですが、では逆に何が勝っているかと言うと「乗り心地」と「燃費」です。

まず乗り心地ですが、C-HRはリヤサスペンションにダブルウィッシュボーン式を採用しているため乗り心地が良いです。ヴェゼルは2WDで車軸式、4WDでド・ディオン式を採用していますが、これらは単純に機能だけを見た場合ダブルウィッシュボーン式に劣るとされています。

C-HRとヴェゼルを乗り比べてみると、C-HRはしなやかな足回りで路面の衝撃も上手に吸収するのに対してヴェゼルは多少バタつきや突き上げを感じます。運転していて楽しいのも、同乗していて快適なのもC-HRです。

これはサスペンションの構造の違いのみならず、C-HRはダンパーにモータースポーツの世界でも評価の高いドイツ・ザックス社製のものを採用しているせいもあると思います。

引用:https://autoc-one.jp/nenpi/3231327/photo/0038.html

続いて燃費ですが、ヴェゼルのハイブリッド仕様の燃費が21.6km/L~27.0km/Lなのに対して、C-HRは30.2km/Lです。ちなみにエンジンの排気量はヴェゼルが1.5L、C-HRが1.8Lなので、C-HRの方が排気量が大きいにも関わらず低燃費、ということになります。

さすがにハイブリッドのパイオニアであるトヨタ、ということでしょう。

ただしガソリン仕様はヴェゼルが19.6km/L~21.2km/L、C-HRが15.4km/L~16.4km/Lとなっており、逆にヴェゼルの方が低燃費です。これはC-HRのガソリン仕様はターボがついており、ヴェゼルはNAだから、ということだと思います。

C-HRは走って愉しく、その上低燃費はハイブリッド仕様がおすすめです。初期投資を抑えたい人や元気のいいターボエンジンを楽しみたければガソリン仕様の2WDも悪くありません。

新型コンパクトSUVを比較! おすすめ人気ランキング!のまとめ

以上、2018年おすすめの新型コンパクトSUVを5台選び、ランキング形式でご紹介しました。

2017年はC-HRがコンパクトSUV市場を席捲した感がありましたが、2018年はクロスビーの登場が印象的でした。

最近の新車はどれもグローバル市場を意識してボディが大柄になるものですが、クロスビーは今となっては希少な日本市場専用モデルということでそのコンパクトなボディを歓迎した人は少なくなかったでしょう。

また今回のランキングには登場しませんでしたが、スズキのジムニー/ジムニーシエラが20年ぶりにフルモデルチェンジしたのも大きなニュースでした。この2車種はSUVというよりも本格的オフローダー、クロスカントリー車と呼ぶにふさわしい硬派なものですが、居住性も燃費も関係ない、何よりも悪路走破性を重視する、という人はジムニー/ジムニーシエラ一択となります。

今はコンパクトカーが求められる時代な上、ミニバン人気が落ち着いてSUVに流れてきているような動きもありますので、2019年はコンパクトSUV市場が更なる盛り上がりを見せるかもしれません。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク