子育て中のママや女性に人気の軽自動車を比較! おすすめはどれだ?【2018年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



最近は女性でも日常的に車を運転することが珍しくない世の中となりました。特に結婚して子どもを持つママは、普段の買い物から幼稚園や習い事の送り迎えなど、毎日のように運転するという方も少なくないのではないでしょうか。

そんな女性や子育てママにおすすめの車は何と言っても軽自動車です。車体サイズがコンパクトなので運転がしやすい他、女性や子育てママに嬉しい作りや装備が充実しており、使い勝手も高いからです。

そこで今回は女性や子育てママの軽自動車選びのポイントをチェックしつつ、おすすめの軽自動車を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ここが重要!子育て中のママがチェックすべき軽自動車のポイント

まず最初に、子育て中のママが軽自動車を選ぶ際にチェックすべき重要なポイントについて確認しておきたいと思います。

スライドドアは必須!

絶対に欠かせないのは後席スライドドアでしょう。それも電動でなおかつ両側がスライドするものがベターす。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/review.htm

電動スライドドアであれば、子どもを抱きかかえていたり両手に荷物を持っていてもボタン1つでドアを開閉することができます。ヒンジドアだとドアノブを持ってドアを手前に引いて、場合によっては自分も一旦後ろに下がるといった動作が必要になるので、煩わしいことが多いと思います。

また後席にチャイルドシートを設置している場合も、ヒンジドアよりもスライドドアの方が子どもをチャイルドシートに乗せやすいです。

手動スライドドアは車が下り坂に停まっている時はドアを開けるのが、上り坂に停まっている時はドアを閉めるのが大変です。重力に逆らうことになるのでドアが非常に重くなるからです。自宅の駐車場が傾斜している場合などは乗り降りする度に苦労することになるので注意が必要になります。

更に言うならば、電動スライドドアを開けるのはキーのボタンではなく、キーを持っていればドアハンドルのスイッチを押すだけで開くタイプのものにしましょう。言うまでもありませんがわざわざバッグやポケットからキーを取り出す必要がないからです。

ただし、スライドドアはある程度大きくなった子どもは簡単に開けることができてしまう、という点がデメリットです。ママが気づかないうちにドアを開けて外に飛び出してしまう危険性があります。

安全装備が充実している方ががより安心

最近は多くの車にさまざまな安全装備が備わっていますが、軽自動車の安全装備はどれも似たり寄ったりに見えながらも細かく比較をすると割と差がついています。

大事な子どもを乗せるわけですから、より一層安全装備が充実しているものを選びたいところです。

なお安全装備には自動ブレーキなど事故を未然に防ぐための「予防安全装備」と、不運にも事故が起きてしまった場合に乗員を守るための「衝突安全装備」の2つがあります。前者の方ばかりを気にしがちですが、いざとなった時に命綱となるのは後者なので、後者も十分意識するようにしましょう。

ポイントは前席用のサイドエアバッグとサイドカーテンエアバッグの有無です。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/performance/passive-safety/index.html

上記の画像でピンク色の部分がサイドエアバッグ、水色の部分がサイドカーテンエアバッグです。この2つがあれば側面から車に突っ込まれた場合や車自体が横倒しになった場合、より高い確率で乗員を守ってくれます。

室内高は高い方が便利

室内高が高いと何が便利かと言うと、車内で子どもが立ったまま着替えができるという点です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

小さな子どもは出先で洋服を汚してしまって着替える必要があったり、幼稚園や保育園のお迎えの後に家族で出かける、という時に制服から私服に着替えたり、といったように、何かにつけて着替える機会が多かったりします。

そのような時に後席シートに座らせたままで着替えさせるよりも、立たせて着替えさせた方が(特にズボンを履いている男の子の場合は)ラクです。

何だかんだで安い方がいい

子育てママは同時に家計を預かる主婦であることが多いと思いますが、家計を預かる以上は車にかかるお金が少ないに越したことはないと思います。

チェックすべきはもちろん購入費とガソリン代も含めた維持費です。購入前は車両本体価格の比較を行うと思いますが、値引き額の相場のチェックも忘れてはいけません。車種によって値引き額の大きい車種、小さい車種があります。

一般的にフルモデルチェンジが近いモデルや不人気車種は値引き額が大きくなりがちなので、初期投資をできるだけ抑えたい方はあえてこのようなモデルを狙う、というのも1つの方法です。

維持費の中で最も大きな割合を占めるのはガソリン代です。ガソリン代を安く抑えようとするとどうしてもハイブリッド仕様に目が行きがちですが、ハイブリッド仕様は車両本体価格自体が高くなる傾向にあります。何年乗るかによっても変わってきますが、安くなったガソリン代で高い車両本体価格が相殺できないことも多いです。この点はよくよく考える必要があります。

軽自動車は基本的に女性でもラクに運転できる

「子育てママ」という括りよりも大きな「女性」という括りで軽自動車選びを考えた場合、軽自動車はどれもコンパクトなボディサイズとなっていますので、運転自体は運転が苦手な方が多いとされている女性でもラクにできると思います。

各メーカーから内外装に女性向けの工夫を凝らしたモデルが出ていますが、女性でもこのようなものを好まない方もいると思うので、内外装に関しては自分の好みに合うものを選べばよいでしょう。

女性が見るべきところといえば室内装備で、例えばバニティミラーや助手席シート下のシューズケースなど、「あったらいいな」と思うものがあるかどうかをチェックするようにしましょう。

また地味ではありますが、紫外線や赤外線をカットするタイプのウィンドウのものを選んでおくと、お肌の日焼けやシミを防ぐことができるのでおすすめです。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/cabin/

 


スポンサーリンク

【子育てママや女性におすすめの軽自動車・第3位】ダイハツミラトコット

引用:https://gazoo.com/impression/w0000139145.html

子育てママや女性におすすめの軽自動車、第3位はダイハツミラトコットです。

ミラトコットは軽トール(ハイト)ワゴンではなく軽ハッチバックですし、スライドドアも装備していないので小さな子どものいる子育てママには向いていません。

もう少し広い意味で女性におすすめの軽自動車を考えた場合、1車種くらいは軽ハッチバックを入れておきたいと考えて選びました。

軽ハッチバックはかつて軽自動車の主流でしたが、軽トール(ハイト)ワゴンの登場で存在感が薄くなってしまいました。しかし今でも各メーカーに軽ハッチバックは存在し、代表的なものがスズキアルトです。アルトとミラはかつて長年に渡って軽自動車の覇権を争っていました。

引用:https://www.webcg.net/articles/-/32138

また、同じスズキにはアルトをベースにより女性向けに作られたラパンもあります。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20150601-20102467-carview/

ミライースをベースに女性向けに作られているのがミラトコットです。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170614-20103236-carview/photo/34/#contents

この4車種を子育てママや女性におすすめの順に並べると「ミラトコット>>ミライース>>>>>アルト>>ラパン」となります。

ミライースとアルトの間に大きな開きがありますが、これはダイハツの2車種とスズキの2車種の差、と思ってください。これほど大きな差がつく理由は安全装備です。

アルトとラパンは車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール、サイド&カーテンシールドエアバックのどれもが設定されていません。

一方のミライースとミラトコットは主要グレードにおいて車線逸脱警報とオートマチックハイビームは標準装備となり、サイド&カーテンシールドエアバッグはミライースがサイドエアバッグのみ最上位グレードのG”SA Ⅲ”で標準装備、ミラトコットではサイドエアバッグ、カーテンシールドエアバッグも全グレードで標準装備となります。アルト&ラパンよりもミライース&ミラトコットの方が内容が充実しており、ミライースとミラトコットの比較ではミラトコットの方が有利なのがわかると思います。

衝突回避支援システムも差がついています。

アルトとラパンの「レーダーブレーキサポート」はレーザーレーダーのみで構成され、車両(自車5km~30km/h)のみへの対応で歩行者には対応していません。

ミライースとミラトコットの「スマアシⅢ」はソナーセンサーとステレオカメラで構成され、車両(自車4km/h~80km/h)と歩行者(自車4km/h~50km/h)の両方に対応しています。

ミライースとミラトコットの方が車両と歩行者の両方に対応している点、対応できる自車速度も幅広い点で有利です。

以上の理由から、軽ハッチバックの中からあえて子育てママや女性におすすめの1車種を選ぶとしたらミラトコット、ということになります。

ミラトコットは女性が中心となって女性向けに企画された車ということもあり、運転のしやすさやボディの見切りの良さといった点も含めて女性の支持が高い車だと思います。


スポンサーリンク

【子育てママや女性におすすめの軽自動車・第2位】ホンダN-BOX

引用:https://autoc-one.jp/honda/n-box/report-5000182/photo/0024.html

子育てママや女性におすすめの軽自動車、第2位はホンダN-BOXです。

N-BOXは旧型、現行型含めてここ5、6年で最もよく売れている軽自動車です。それだけ多くの人に指示されている車ということですが、「子育てママや女性におすすめの」という視点で考えた場合、あえて2位にしました。

前章で挙げたチェックポイントについて、N-BOXはすべてとは言わないものの多くを満たしています。

まずスライドドアについてですが、最廉価グレードであるG系は左右両方のスライドドアが手動となります。L、EX系が左側のみ電動、右側の電動はオプションとなり、それ以外のグレードは左右両方電動スライドドアが標準装備となります。つまりG系を選択しない限り両側電動スライドドアにできる、ということです。

次に安全装備ですが、N-BOXに搭載されるHonda SENSINGは軽自動車随一と言えるほど充実している上、全車標準装備です。

システムはミリ波レーダーと単眼カメラで構成され、車両(自車5km/h~100km/h)と歩行者(自車5km/h~100km/h)の両方に対応します。しかも車両は昼夜どちらも検知可能です。

その他は車線逸脱装置、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールは全グレード標準装備です。ただしサイド&カーテンシールドエアバッグについてはベンチシート仕様のGとL、スロープ仕様のLでオプション、それ以外のグレードはスロープ仕様のGスロープを除いて標準装備となります。

室内高は1,400mmで、小学校低学年程度までの子どもであれば車内で立ったまま着替えることが可能です。なおスペーシアは1,410mm、ウェイクは1,455mmとN-BOXの室内高をわずかに上回りますが、N-BOXの1,400mmでも数値的には十分な高さが確保されていると言えるでしょう。

問題は価格です。ベーシック系(非カスタム)の人気グレードは約170万円前後となっており、ライバルと比べても10万円~20万円前後プラスの出費を覚悟する必要があります。その分装備は充実している、と考えることはできますが、一家の家計を握る主婦としては悩ましいところです。

N-BOXの良さは内外装のデザインや内装の質感、走りや乗り心地、居住性や積載性などあらゆる点において高い水準でバランスが取れている、ということですので、買って損をするということはないでしょう。

なお、N-BOXは助手席を最大で57cmもスライドすることができます。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/easy-to-use/

これによって後席右側に乗った子どもを助手席に乗ったママが振り向いて面倒を見ることがしやすくなっています。


スポンサーリンク

【子育てママや女性におすすめの軽自動車・第1位】ダイハツタント

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20131101-20101838-carview/

子育てママや女性におすすめの軽自動車、第1位はダイハツタントです。

タントは特に子育てママに自信を持っておすすめできるモデルとなります。

その理由は言うまでもなくミラクルオープンドアの存在でしょう。

引用:https://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_75/_23953.html

ミラクルオープンドアは助手席ドアと左後方スライドドアの間に通常はあるセンターピラーがありません(運転席ドアと右後方スライドドアの間のセンターピラーはあります)。そのため助手席席ドアと左後方スライドドアの両方を開けると1,490mmという大開口幅の出入り口が出現します。

この大開口幅のおかげで、助手席シートをスライドさせれば大き目のA型ベビーカーも畳まずにラクラク積み下ろしができます。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

N-BOXも後席シートをチップアップすればA型ベビーカーを畳まずに積み下ろしすること自体は可能です。しかしタントの方が開口部が広い分、ラクです。

またセンターピラーがないと、小さな子どもは傘を差したまま車に乗り込むことも可能になります。こうすれば子どもの体が雨に濡れることもないので安心です。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

ミラクルオープンドアは小さな子どものいるママにぴったりな一方で、お年寄りを乗せる機会の多い方にもおすすめです。開口部が大きいため、乗り降りする際に自由な姿勢を取りやすいからです。

ただしセンターピラーがないと体を支えるためにつかまる場所に困る場合もあるので、助手席シートを前に出し過ぎないことや、乗り降りの際にそばに付き添うといった注意が必要になるでしょう。いずれにしても高齢の父母や祖父母を乗せて駅や病院へ送り迎えをするような方にはよいかもしれません。

なおN-BOXもタントも助手席と後席がスライドすることによって自在に好みの室内空間を作り出すことができますが、スライド幅の大きさはN-BOXは助手席が57cm、後席が19cm、タントは助手席が38cm、後席が24cmです。

助手席のスライド幅はN-BOXに軍配が上がりますが、後席はタントの方がスライド幅が大きく、後席の足元空間を広く取ることが可能です(下の画像は前席を前に、後席を後ろにそれぞれ最大限にスライドさせています)。

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

ただ、安全装備についてタントに搭載されるスマアシⅢは先ほど紹介したミライースとほぼ同等となり、N-BOXに比べると劣ります。

その分、かどうかは定かではありませんが、N-BOXに比べると価格帯は安いです。

ミラクルオープンドアがなければ高くても安全装備が充実しているN-BOXを1位に推しますが、やはりタントのミラクルオープンドアの利便性は無視できません。安全装備がやや劣るのは気になるところですが、ここは子育てママにとっての使いやすさを第一に考えてタントを1位に推すこととします。

ただし何よりも安全装備を優先したい、という方にはN-BOXがおすすめです。

子育てママや女性におすすめの軽自動車のまとめ

以上、この記事では軽自動車を子育てママや女性にとっての乗りやすさ、使いやすさという視点からおすすめのものをピックアップしてランキング形式で紹介しました。

基本的に軽自動車はどれも女性におすすめできると考えていいと思います。

その中で自分にとっての優先ポイントをよく考えた上で車選びをする必要があると言えます。

ミラクルオープンドアの利便性を重視するならタント、充実した先進安全装備を重視するならN-BOX、という選択になるでしょう。

この記事では主に子育てママにとって優先したいポイントを中心に考えましたので、車選びの参考になれば幸いです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク