輸入車(外車)のクーペの燃費を比較!おすすめ人気ランキング【2018年度版】

クーペ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



輸入車(外車)のクーペは燃費より走り、燃費よりスタイリング?確かにサーキット走行を目的とするクーペもありますが、市街地を颯爽と走るクーペには、ダウンサイジングされたエンジン搭載の低燃費車が少なくありません。

ポルシェやルノーのスポーツカーも、実は財布に優しい車種がラインナップしています!!

この記事に書かれている内容は...


スポンサーリンク

10位

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

引用:https://www.gooworld.jp/magazine/impression/12771.html

引用:https://touchstone.xsrv.jp/メルセデス-ベンツ-eクラス-クーペ-購入-bmwから乗換え/

引用:http://syachiraku.com/archives/20161214/mercedes-benz-e-class-coupe-overview.html

855万円(E300 クーペスポーツ)

燃費:14.0km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,855×1,860×1,430
最小回転半径(m):5.3
車両重量(kg):1,760
総排気量(cc):1,991
駆動方式:FR
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):180[245]/5,500
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):370[37.7]/1,300
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):66


スポンサーリンク

8位

ポルシェ  718 ケイマン

引用:https://www.webcg.net/articles/-/35615

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/35615#image-10

673〜720万円

燃費:14.1km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,385×1,800×1,295
最小回転半径(m):5.2
車両重量(kg):1,360~90
総排気量(cc):1,987
駆動方式:MR
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):220[300]/6,500
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):380[38.7]/1,950
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):54

ルノー アルピーヌ A110

引用:https://autoc-one.jp/renault/alpine/report-5002589/

引用:https://clicccar.com/2018/09/22/631707/

引用:https://clicccar.com/2018/09/22/631707/a110_2-2/

引用:https://alpinecars.com/ja/page-modele-a110/

790〜829万円

燃費:14.1km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,205×1,800×1,250
最小回転半径(m):5.8
車両重量(kg):1,110~30
総排気量(cc):1,798
駆動方式:FR
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):185[252]/6,000
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):320[32.6]/2,000
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):45

1973年のWRCでチャンピオンとなったアルピーヌA110。その後はイタリアのランチア・デルタがチャンピオンの座を射止め、アルピーヌが再び1位の座に座ることはありませんでした。

ですが、この強さを知っているクルマ好きの世代(50代以上)なら、ブルーのA110を記憶にとどめているでしょう。

引用:http://racingcar.ready.jp/?p=2189

2017年デビューの新型A110は旧型と瓜二つのデザイン。クラシカルな丸目4灯と252馬力のエンジン。わずか1.1tという車重はどれだけ軽快に走るのか、わくわくさせるのは間違いないクルマでしょう!


スポンサーリンク

7位

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ(C180)

引用:https://www.goodspress.jp/reports/43047/

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/39550#image-12

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/c-class/coupe/interior/

504万円

燃費:15.7km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,810×1,405
最小回転半径(m):5.2
車両重量(kg):1,570~90
総排気量(cc):1,595
駆動方式:FR
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):115[156]/5,300
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):250[25.5]/1,200
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):66

試乗口コミ(Coupe Sport+)

エンジンは1.6Lの直4ガソリンターボ。最高出力156馬力、最大トルク25.5kg-mと、そのルックスから受けるイメージに対してかなり控え目なスペックですが、7速ATが上手に変速してくれることも手伝って、実用上の力強さは十分。

ダウンサイジングされたパワーユニットらしい、スマートさ、クレバーさを感じさせます。こうしたエンジンをぶん回して走るのはガッツキ過ぎ。クーペらしい艶やかさ、華やかさを台無しにしてしまいます。

ちなみに、車両価格は585万円。5年タイプの残価設定型ローンと初回車検を含むメンテナンス費用があらかじめ組み込まれたファイナンスプログラム「まるごとプラン」を利用すると、月々1万8000円からオーナーになれる道筋が用意されています。

こういったプランを上手に活用して美しいクーペに乗る。そして、乗ったその日から自分を取り巻く世界、いやむしろ、ほかならぬ自分自身が変わるような予感…。そんな感覚を、このCクラス クーペは味わわせてくれる気がします。

(GoodsPress より。なお、発売グレードは試乗年(2016)と現在で変わっています)


スポンサーリンク

6位

BMW 2シリーズクーペ(220i)

引用:https://autoc-one.jp/bmw/2_series_coupe/report-1750314/photo/0003.html

引用:https://news.biglobe.ne.jp/sports/0913/ats_170913_3563460945.html

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/637/175/html/52.jpg.html

515〜537万円

燃費:15.9km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,440×1,775×1,410~20
最小回転半径(m):5.1
車両重量(kg):1,490~1,560
総排気量(cc):1,998
駆動方式:FR
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):135[184]/5,000
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):270[27.5]/1,350
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):52

5位

BMW 4シリーズクーペ

570〜614万円

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17110116

引用:http://openers.jp/gallery/320398/25

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,670×1,825×1,375
最小回転半径(m):5.4
車両重量(kg):1,590
総排気量(cc):1,998
駆動方式:FR
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):135[184]/5,000
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):270[27.5]/1,350
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):60

クルマ解説(モーターマガジン より)

2013年に3シリーズのバリエーションから離れて独立したモデルとなったのが2ドアの4シリーズ。スポーティなモデルゆえラインナップはガソリンエンジンで用意。

2L直4ターボが420i用の184ps仕様と430i用の252ps仕様の2タイプ。440i用の3L直6ターボ、326ps仕様もある。

高性能版のM4はルーフをCFRPとして低重心化を図ったボディに431psの3L直6ツインターボエンジンを搭載する。また、トランスミッションは7速M DCTの他に6速MTも選べる。

注目ポイント:クーペのエレガントな雰囲気を楽しむなら420iモデルで十分。逆に走りを存分に味わいたいのなら440iだろう。M4はサーキットも見据えたピュアスポーツと捉えたい。

4位

アウディ A5

引用:http://catalogue.audi.co.jp/my19_01_a5_coupe_cabriolet_ca/#

引用:https://www.webcg.net/articles/-/36421

686万円

燃費:16.5km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,845×1,365
最小回転半径(m):5.4
車両重量(kg):1,570
総排気量(cc):1,984
駆動方式:4WD
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):185[252]/5,000-6,000
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):370[37.7]/1,600-4,500
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):58

試乗レビュー(webCG より)

なにをやっても絶対タイヤは路面から離れません! という絶大な安心感。オーバーステアとは無論無縁だがアンダーステアすら「ほぼ出せません」。

どんだけハンドルを乱暴に切ってもそっちに曲がっていくので、これに乗ってるとヘタクソになるかもしれないが、そこはエリートの乗り物。クルマの動きは何か別のプリミティブなマシンで会得済みということでいいでしょう。

2リッター4気筒ターボは、相変わらず味わいの薄い性能第一主義で、回しても回さなくてもなにをしててもフィーリングは無味無臭に近いけど、とにかく性能はきっちり出ていて、1570kgの車体を軽々と加速させる。

もはやどんな車体でも2リッターを超える排気量はトゥーマッチというご時世だが、最大トルクが370Nmつまり自然吸気の3.7リッター分あるのだから当然か。

なお、新型A5は先代より全幅を10mm狭めて1845mmになった。これで「全幅1850mmまで」の立体駐車場にも入る。まさにアウディらしからぬ民主化。

安全装備にも抜かりはなく、歩行者検知機能付き自動ブレーキ「アウディプレセンスシティ」を全車標準装備。エリートでありながら国民の気持ちがよくわかる指導者のようで、文句の付けようがない。文句付けるとすれば値段だけ。

3位

アウディ TTクーペ

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20151009-20102631-carview/

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/664583/blog/37147391/

引用:https://www.autocar.jp/article/2015/08/20/134330/

471〜532万円

燃費:16.6km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,180~90×1,830×1,380
最小回転半径(m):4.9
車両重量(kg):1,270
総排気量(cc):1,798
駆動方式:FF
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):132[180]/5,100
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):250[25.5]/1,250
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):50

2位

BMW i8

引用:https://response.jp/article/2015/07/15/255725.html

引用:https://www.pcmag.com/article2/0,2817,2492559,00.asp

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i8-coupe/2017/bmw-i8-coupe.html

◆輸入クーペでは珍しい、ハイブリッド車。ボディはガルウイングが特徴で、2m近い車幅から跳ね上がるドアは圧巻。

2,225〜2,298万円

燃費:19.4km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,940×1,300
最小回転半径(m):5.8
車両重量(kg):1,500~10
総排気量(cc):1,499
駆動方式:4WD
エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):170[231]/5,800
エンジン最大トルク(Nm[kgf]/rpm):320[32.6]/3,700
モーター最高出力(kW[PS]):96[131] モーター最大トルク(Nm[kgf]):250[25.5] 燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):42

試乗レビュー(価格com.プロフェッショナルレビュー より)

3気筒エンジンの基本はミニなどに搭載されいるのと同じものだが、ツインターボの装着などによって強力な動力性能を発揮する。電気モーターによる加速が加わることもあって、アクセルを踏み込めば極めて滑らかかつ強力な加速が味わえる。加速タイムはポルシェ911並みというから、その実力ははんぱではない。

ドアはガルウイングタイプというかハネ上げ式だ。そのためにタワーパーキングなどには駐車できないことがあり、駐車する場所を選ぶクルマになる。

それ以上に問題なのは、ハネ上げ式のドアが大きく開くというのに、低い全高と高いサイドシルによって運転席に乗り込むのも大変なクルマということだった。

肥満体型で体の硬くなった前期高齢者としては、体をよじるようにしてやっと乗り込む感じだった。ロータスなどはもっと乗り降りするのが大変だから、それに比べたらi8はけっこうまともなほうなのだが・・・。

1位

スマート フォーツークーペ turbo

引用:https://response.jp/article/2016/12/06/286550.html

引用:http://www.smart-j.com/fortwo/turbo.html

引用:http/www.smart-j.com/fortwo/brabus_sports/

226/256万円

・256万円は”BRABUS”

燃費:23.1km/L

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):2,755/85(BRABUS)×1,665×1,545
最小回転半径(m):3.3
車両重量(kg):960
総排気量(cc):897
駆動方式:RR
最高出力(kW[PS]/rpm):66[90]/5,500
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):135[13.8]/2,500
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):35

◆車高が高く、乗り降りし易いことから高齢ドライバーにもお勧めのクーペ。ただ、積載量はミニマム。ハイオク燃料ですが、燃費がいいことから人気があります。

まとめ

輸入車はハイオクガソリン、そしてエンジンオイルも指定品。美しいボディを持つクーペは、日頃の維持コストも掛かります。ぜひ諸経費もしっかりキープして、輸入クーペライフを楽しみましょう!

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク