キャンピングカー代わりになる人気軽自動車を比較! おすすめランキング【2017年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



燃費が良い軽自動車の楽しみ方が増えていますね。

今日は、新型軽自動車の中からキャンピングカーの代わりになる人気の軽自動車についてランキング形式で見ていきます。


スポンサーリンク

2017年!キャンピングカーになる人気軽自動車を比較!

キャンプに来たウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

キャンピングカーになる軽自動車ってありそうで、浮かびにくい人もいるかもしれませんね。しかし、意外と使い方ひとつで大胆なキャンプが出来たりする軽自動車ってあるのですよね。

また、キャンピングカーに使えるとしたら、車中泊を想定して考えてみましたので、室内の広さも確認していきたいと思います。これらをキャンピングカーだけでなく、いろんなシーンで思い浮かべて参考にして見てくださいね。


スポンサーリンク

第10位 ムーヴ

アレンジで自由なスペースを作る

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

 第10位になったのは、安定した人気があるダイハツのムーヴです。キャンピングカーというと、室内の広さは欲しいですよね。着替えや睡眠をとることも考えられるし、キャンプの道具を載せるスペースも必要となりますね。

L 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,630mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • 室内高 ➡ 1,280mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長さ ➡ 2,080mm

ムーヴは、安心なスマートアシストⅢを搭載しているので、安全面では問題なしですね。広さは、大人が4人乗っても楽々に座れる広さがあるので、小さな子どもと大人2人程度なら乗れるようですね。

  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 31km/L

シートをフルフラットにして、お布団も敷けそうです。高さもダイハツの軽自動車の中ではタントに次ぐ高さですので、動きが取りやすいですね。

食事の用意や寒くなった時の対策までしっかりと準備が出来る1台が新型ムーヴです。


スポンサーリンク

第9位 スペーシア

フルフラットで赤ちゃんのお世話が出来る

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

 スズキの軽自動車としては、やさしいお姉さんタイプのスペーシアが第9位にランクインしました。スペーシアには、スペーシアカスタムも仲間にいて人気が高い車種です。

Gタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,735mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • 室内高 ➡ 1,375mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長さ ➡ 2,215mm

キャンピングカーとして乗るのなら、スライドドアがあるスペーシアだと乗降が楽ですね。小さな子どもと大人が2人、または仲良し大人3人組なら何とか寝れそうな感じですね。ただ、男性が3人というのは窮屈になるスペースです。

日帰りのキャンプを楽しむ程度なら、キャンプの道具もたくさん載せることが出来るし、十分役立ってくれそうです。

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 32.0km/L

また、人だけでなく車にも作動する衝突被害軽減ブレーキを搭載しているため、木々が多いところでは安全を確保できそうです。デュアルカメラブレーキサポートがあるためキャンプ場での取り回しも楽にできますね。

低燃費なことで、少し気分転換に遠出をするのも良いですね。自然の空気をたくさん吸い込んで元気をチャージしたいものです。


スポンサーリンク

第8位 エブリイワゴン

大人が四人乗ってもカーゴスペースには荷物がたくさん積める

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

 今回はキャンピングカーとして使える軽自動車でしたので、特別出演しているエブリイワゴンです。見た目の通り、テントやキャンプに必要な荷物を長い物から高さのあるものまでしっかりと積むことが出来ます。

PZターボスペシャルの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,895mm
  • 室内高 ➡ 1,240mm
  • 幅 ➡ 1,280mm
  • 長さ ➡ 1,820mm

このエブリイワゴンのおすすめは、指先ひとつで開閉できるワンアクションパワースライドドアです。これには、小さな子どもの事故も防げる挟み込み防止機能まで付いてますので巻き込んだり、はさんでケガをする心配がないので安心ですね。

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,430mm
  • トレッド前/後 ➡ 1300mm/1,280mm
  • 車両重量 ➡ 970㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 16.2km/L

エンジンスタートもスイッチ一つで行われるため、スマートに操作をすることが出来ます。それから当然ながら収納スペースはたくさんあり、軽のキャブワゴンでは初となる衝突被害軽減ブレーキを搭載しているので安全性能も含めてメリットの大きな軽自動車です。

第7位 ムーヴキャンパス

lp01-blk02-img-car_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus

キャンピングカーとして第7位に登場したのは、ムーヴキャンパスです。ムーヴキャンパスは、新型ムーヴの仲間です。

レトロな外観が可愛いキャンパスの場合にはスライドドアがあるのでキャンピングカーとして出入りを頻繁にするようでしたら、このキャンパスを選ぶことも良さそうですね。

Gタイプ

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,655mm
  • 室内高 ➡ 1,285mm
  •   幅 ➡ 1,345mm
  •  長さ ➡ 2,115mm

室内アレンジでは外観とお揃いをすることが出来る可愛いオプションがたくさんあります。パステル調の色が優しく女性に人気が高い軽自動車ですが、大自然の中でも途中でごろんと転がるのを楽しむのはキャンパスが叶えてくれそうです。

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 920㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 28.6km/L

スライドドアは、両側スーパ―スライドドアになっており、どちらから開閉をすることも可能なので、キャンプの道具を出したり閉まったりするのに重宝しそうです。

おしゃれで優しく、寝転がるスペースがあるなんて最高ですね。

第6位 ワゴンR

スチールシルバーメタリック引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

 続いて第6位に登場してきたのは、ワイドな強さが自慢のワゴンRです。おなじみのワゴンRは、軽ハイトワゴンのジャンルを築いたことで歴史にも名を残しているので有名ですね。

FA 2WD CVTの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 室内高 ➡ 1,265mm
  •       幅 ➡ 1,475mm
  •      長さ ➡ 2,450mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,460mm

また、マイルドハイブリッドを採用しているので低燃費です。キャンプ場への移動も助かりますよね。

そして軽ハイトワゴンというだけ背が高いのが特徴なので、車内での圧迫感がないのが喜ばれています。もちろん食材や寝具を積むのも高さがある分、スペースを作ることが出来て休憩も楽々です。

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L

ワゴンRには、ワゴンRスティングレーが仲間にあります。より強さを期待するならスティングレーを選ぶのもアリだと思います。ワイドな存在感ですが、小回りが効くので狭い道に差し掛かっても交差がしやすいので安心です。

第5位 Nワゴン

カーゴアレンジ

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

第5位に上ってきたのは、Nワゴンです。Nワゴンは、形がスタイリッシュになったことでも人気のある車種です。

Cタイプ

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1655mm
  • 室内高 ➡ 1,300mm
  •   幅 ➡ 1,355mm
  •  長さ ➡ 2,055mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

オプションを使えば、画像のように荷物をレイアウトして積むことも出来るので整理がしやすいですね。きれいに片づけられる方が、車中泊をするときにも寝やすいのは一目瞭然です。

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 29.4km/

予防安全性能評価では「ASV+」を獲得しているので、移動中の走行でも安心して走りを楽しめるのも魅力ですよね。他には、カスタムなどもあるので、もう少し力強さが欲しい場合には、カスタムでキャンプに行くという選択肢もありそうです。

第4位 ハスラー

友人たちとキャンプ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

第4位に登場したのは、可愛い4WDのスズキのハスラーです。まさに大自然を楽しむために生まれた軽自動車なので、みんなでワイワイとキャンプをするのに最適です。

Xターボ 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • 室内高 ➡ 1,250mm
  • 室内幅 ➡ 1,295mm
  • 室内長さ ➡ 2,160mm

もし、車中泊をするとしたら、食材に、着替え、寝具、翌日のお化粧道具など運びたいものがいっぱいありますよね。そんな時でも、この小さなボディには載せて大丈夫です。

  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,290mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

Sエネチャージを採用しているので、より低燃費に貢献しているので、万が一道を間違ってもガソリンを気にしすることなく安心して走れます。

ポップな色で選ぶことも、モノトーンでシックに決めるのも楽しそうだし、力強い味方のターボ車もあるので、ちょっとした高原や山など行く先は広がりそうです。

第3位 タント

タント大きなドア

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

第3位には、子育て世代に人気のあるタントが入ってきました。タントは、ダイハツの軽自動車では背が高いことで広い室内空間を作り上げています。

前席と後席の境目がないと本当に楽です。食材だろうと赤ちゃんのミルクだろうと出し入れが楽だと、遊んだ後の疲れも半減しますよね。

Lタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,750mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • 室内高 ➡ 1,365mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,200mm

画像でも分かるように、小さな子どもなら立つことも出来るほどの高さがあります。荷物をたくさん載せることが出来ますね。

みんなの使いやすさに応える

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto

 また、大きく開くスライドドアが両側にあるので、出し入れも簡単に出来ます。フルフラットにすると大人が2人くらいは車中泊をすることが出来そうです。もちろん小さな子どもがいる場合には、年齢や大きさにもよりますが、追加で1~2人くらいなら大丈夫そうです。

  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 920㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 28.0km/L

タントカスタムを使えば、更にパワーアップで大活躍しそうです。しかし、タントカスタムの場合には、キャンプ場で汚す覚悟が必要な感じですよね。

第2位 Nボックス
カスタムツートーン プレミアムホワイト。パールⅡ & ブラック

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

 第2位にはNボックスが登場してきました。Nボックスは、室内空間も燃費も全てが良いバランスで性能が良いので、キャンピングカーとしても申し分ないですね。

静粛性にも優れているので、周囲にも気を使うことが少なくなり、より楽しいキャンプを楽しめそうです。

Gタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,790mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • 室内高 ➡ 1,400mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,240mm

キャンプなど大自然の中を楽しむのなら、太陽の日差しも強くて肌のデリケートな人にとっては、やけどを起こすようなものです。そういう意味でも、360°スーパーUV・IRカットパッケージがあるNボックスだと安心ですね。

pic_interior_03

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 890㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 27.0km/L

シートも前後にスライドするため、シートアレンジが簡単に出来ます。そのため、小さな子どもを連れてキャンプに行った場合には、途中で眠くなった子を先に寝かせておくことも出来ますね。

また男性が後席で足を組んでも楽に座れるほどのスペースがあり、それは2.0Lミニバン並みにシート間隔を実現させています。これで充分な広さを確保できますね。

第1位 ウェイク

キャンプ道具も大丈夫

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

そしてキャンピングカーとして使える軽自動車の第1位に輝いたのは、ダイハツのウェイクです。このウェイクは、みんなでキャンプを楽しむために生まれたような自然に溶け込む爽やかな軽自動車です。

“レジャー エディション SA Ⅱ”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,835mm
  • 室内高 ➡ 1,455mm
  •   幅 ➡ 1,345mm
  •  長さ ➡ 2,215mm

キャンピングカーということは、キャンプや車中泊も考えられますよね。するとどうしても荷物が増えがちです。そういう時に、お役立ちなのが創造空間ウルトラスペースと名付けられた大空間です。

シートアレンジが多彩に出来て、乗員の人数や荷物の大きさなどに応じて変えることが出来ます。最低地上高も14㎝と女性や子どもでも乗降しやすい乗り口が助かりますね。

車内が町みたい

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

  • 幅 ➡ 1,345mm
  • 長さ ➡ 2,215mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 1,020㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L

室内の高さがあることで、着替えも楽々に出来そうです。小さな子どもなら立ったままお着替えが出来そうですね。

キャンピングカーとしての特別編

アトレー海

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai

ここでは、キャンピングカーになる軽自動車を特別編でお伝えします。残念ながら販売数などの関係で人気ランキングには入ってなかったのですが、こういう軽自動車もあるので参考にしてくださいね。

アトレー

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,875mm
  • 室内高 ➡ 1,350mm
  • 全幅 ➡ 1,295mm
  • 長さ ➡ 1,350mm

荷物を載せるのが得意分野のアトレーは、自転車も載せることが出来る広さを持っています。キャンピングカーとして使うなら、このアトレーもお勧めです。

自在に積めるホビオ

引用:http://www.honda.co.jp/VAMOS/

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,450mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 990㎏

色も、大自然の太陽によく似合うトニコオレンジメタリックなど、元気で明るい色から、静かなお月様の色みたいなブライトシルバーメタリックまで揃っています。

バモス

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,755mm
  • 室内高 ➡ 1,270mm
  • 室内幅 ➡ 1,250mm
  • 室内長さ ➡ 1,645mm

このバモスは、色を変えるだけで違う表情をしてきます。荷物もたくさん入るし、何よりお洒落な室内なんですね。イクメンにも似合いそうな軽自動車です。

  • 車両重量 ➡ 1,000㎏
  • 燃費 ➡ 15.0km/L
  • 排気量 ➡ 656cc

こんな感じで、広い室内空間を作ったり荷物を積んだりすることが出来る軽自動車があるのですよね。また、楽しい軽自動車をご紹介出来るのが楽しみです。

キャンピングカー代わりになる人気軽自動車ランキングまとめ

ウェイク グリーン

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

キャンピングカー代わりになる人気の軽自動車ランキングまとめです。

  • キャンピングカーとして向いている ➡ ダイハツのウェイク

これは誰が見ても、ウェイクの優勝ですね。キャンピングカーとしては、荷物の収納と小回りといった項目にパスしているのは、キャッチフレーズの「ドデカクつかおう」の通り、すべてに大きさが必要ですからね。

自分の好きな軽自動車を使って大自然の中へ行き空気が変わると、いつもは話せないことを話せたり、急に大切な人のことを思い浮かべたりと、不思議な気持ちがわいてきます。

忙しい毎日だからこそ、たまには大自然に帰るというのは大切ですね。ストレス解消にもいいからと知人の社長さんもおっしゃってました。忙しいからこそ、都会から故郷に帰ったり、月に一度は大自然の中で釣りをしたり、キャンプをするそうです。

どんな仕事でも家庭でもそうですが、大自然の中で気持ちをリセットできると新しい発想が生まれたり、かえって仕事や家事の効率が良くなることも多くあります。

そういう移動に欠かせないのが、軽自動車ですね。経済的で、フットワークが軽いので、キャンプも気軽に行けそうです。

この中にキャンピングカーとして、自分のマイカーとして、乗りたい軽自動車はあったでしょうか?今日も、安全運転でドライブを楽しんでくださいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク