ハリアー VS ヴェゼル 徹底比較!どっちが買い?燃費・価格・カラーなどを比較!

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



クルマのテレビCMなのに、車が登場しない……トヨタ・ハリアーとホンダ・ヴェゼルはまさに意表を突く宣伝で、いつの間にかSUVで最も売れているクルマとなりました。

中でもハリアーは台数こそヴェゼルには敵いませんが、人気度はナンバーワン。

対するヴェゼルは今やホンダのベンチマークともいえる存在。

かっこいいのは当たり前の2台ですが、どこがそんなにイイのか?徹底比較して参りましょう。


スポンサーリンク

あの佐藤浩市も、マークXからハリアーにチェンジ!

日本一かっこいい部長、のイメージに一役買った俳優、佐藤浩市。

そして言わずと知れたマークX(2009年)……それもこのSUV全盛期では、ハリアーにとって代わられた?

さすがはトヨタ、2013年のフルモデルチェンジではしっかりと”佐藤部長”を招いての新車発表会。

イメージ戦略通りハリアーは売れています。

画像↓ 左=マークXでかっこいい部長を演じた佐藤浩市。

右=今度は新車発表会でハリアーをバックに佇む!

etegh56

引用:http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/photo/000/001/701/507/1701507/p2.jpg

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1544442/010_o.jpg


スポンサーリンク

ヴェゼルは ”Suchimos” のSTAY TUNEで注目度アップ!

サッチモ?といえば、ルイ・アームストロングの愛称。そして彼の名曲”What a Wonderful World”といえば…なんとホンダシビック(3rd)のCMでもおなじみでした。

ヴェゼルのCMで有名なSuchimos……その名は、かのサッチモから取ったとか。

なるほどホンダに縁のあるキャラクターだったんです。

CM曲もジャミロクワイを彷彿とさせ、バブル期を知る50代以上の人にもヴェゼル人気なのは、この曲のおかげ?ホンダ、やってくれますね!!

画像↓ 左=サチモスのメンバー。

自然体の曲作りがヴェゼルにマッチしたのかもしれない

uyfd46

引用:http://sheep-run-away.com/wp-content/uploads/2016/07/スクリーンショット-2016-07-21-0.30.16.png

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2593896/023_o.jpg


スポンサーリンク

人気最強SUV、ハリアーとヴェゼルの価格比較

vwi989

引用:http://carmuse.jp/wp-content/uploads/2016/10/carlineup_harrier_gallery_09_lb-e1476801995746.png

引用:http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/745/532/12_s.png

ハリアー ハイブリッド

■PREMIUM “Advanced Package”
………………………………………………  4,591,963
■PREMIUM…………………………  4,032,000円
■ELEGANCE…………………………3,774,857円
■GRAND………………………………3,713,143円

ハリアー ガソリンエンジン

■PREMIUM“Advanced Package”4WD
………………………………………………3,891,927円
■PREMIUM“Advanced Package”2WD
………………………………………………3,697,527円
■PREMIUM 4WD………………   3,331,543円
■PREMIUM 2WD………………   3,137,143円
■ELEGANCE 4WD……………… 3,074,400円
■ELEGANCE 2WD……………… 2,880,000円
■GRAND 4WD…………………… 2,992,114円
■GRAND 2WD…………………… 2,797,714円
■ELEGANCE“Gʼs” 4WD
………………………………………………3,485,455円
■ELEGANCE“Gʼs” 2WD
………………………………………………3,291,055円

●329万円から459万円…まさに、ファミリーユースからミドルエイジまでドンピシャな価格帯を提示。

ミニバンを買うなら、ハリアーの方がいい…という女性にも支持されるプライスになっています。

sdfg452sdfv

引用:http://toyota.jp/harrier/gallery/

ヴェゼル・ハイブリッド

■HYBRID RS・Honda SENSING 2WD………  2,770,000
■HYBRID Z・Honda SENSING 4WD………… 2,886,000
■HYBRID Z・Honda SENSING 2WD………… 2,670,000円
■HYBRID X・Honda SENSING 4WD…………2,716,000
■HYBRID X・Honda SENSING 2WD…………2,500,000円
■HYBRID 4WD…………………………………………  2,486,000
■HYBRID 2WD…………………………………………  2,270,000円

ヴェゼル

■RS・Honda SENSING 2WD…………………… 2,390,000
■ X・Honda SENSING 4WD……………………   2,336,000
■ X・Honda SENSING 2WD……………………   2,120,000
■G 4WD……………………………… ……………… …   2,136,000
■G 2WD…………………………………………………… 1,920,000

●20代から60代、70代とワイドな支持層があるヴェゼル。

特に、夫婦2人のシルバー層にも人気なのは、様々な車を乗り続けた経験から、インテリアに凝った軽いフットワークのクルマだから…という見方もかなりあります。

ハイブリッドは227~288万円と、371~459万円のハリアーよりも150万円ほど高い≪乗り出し設定≫。

いわば、SUVのフィットvsマークX程度の価格差です。


スポンサーリンク

性能・スペック・大きさを比較

carlineup_harrier_interior_indoor_space_09_pc

ハリアーの宣伝写真。↑後席はフルフラットにはならないが、旅行カバンにチェロを載せるという洒落た設定だ

引用:http://toyota.jp/harrier/interior/indoor_space/

ボディスペック : ハリアー vs ヴェゼル

左がハリアー、右(赤字)がヴェゼル 

■全長(mm)………………………4,720 / 4,295~4,305
■全幅(mm)………………………1,835 / 1,770~90
■全高(mm)………………………1,690 / 1,605
■ホイールベース(mm)……2,660 / 2,610
■トレッド・前(mm)………1,560~1,570 / 1,535
■トレッド・後(mm)………1,560~1,570 / 1,540
■最低地上高(mm)………… 175~190 / 170~185
■室内長(mm)…………………1,965  / 1,930
■室内幅(mm)…………………1,480 / 1,485
■室内高(mm)…………………1,220 / 1,265
■乗員(名)……………………… 5 / 5
■車重(kg)………………………1,560~1,800 / 1,180~1,370
■最小回転半径(m)…………5.3~5.7 / 5.3~5.5

●車両サイズは、ハリアーが4.7m超え、ヴェゼルが4.3m前後。40㎝もの差があることから、5人が長距離乗るならハリアーの方が楽。

室内高で比較すると、実はヴェゼルの方が4.5㎝高い。

ただ、クーペフォルムのヴェゼルは後席の頭上はタイト

sdf432sd

引用:http:/car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/638/003/01_s.png/

エンジン・モーター比較(ハリアーハイブリッド vs ヴェゼルハイブリッド)

左の数値がハリアー、右がヴェゼルです

■種類
・直4-DOHC / 直4-DOHC
■燃料・レギュラー
■総排気量 (cc) 2,493 / 1,496
■内径×行程 (mm)・90.0×98.0 /・73.0×89.4
■圧縮比 12.5 / 11.5
■最大出力 kW(PS)/rpm
・112(152) / 5,700、・97(132) / 6,600
■最大トルク Nm(kgf・m)/rpm
・206(21.0) /4,400~4,800
・156(15.9) / 4,600
■燃料タンク 56L / 40L
■フロントモーター 最大出力 kW(PS)
・105(143) /・22(29.5)
■フロントモーター 最大トルク Nm(kgf・m)
・270(27.5) / ・160(16.3)
■リヤモーター 最大出力 kW(PS)
・50(68) /
■リヤモーター 最大トルク Nm(kgf・m)
・139(14.2) /

◎ハリアーは2モーターハイブリッドでパワーには申し分なしだが、ヴェゼルは400㎏もの軽さで走りはいい。

小型エンジンの特徴であるロングストロークシリンダー、一度走り出すと非常に伸びのある走りが楽しめる。

これに対して、ハリアーは乗用車的なゆったりとした走りがいい。

トルクもそこそこあるので、高速でのダッシュも味わえる。

carlineup_harrier_performance_hv_system_08_pc

引用:http://toyota.jp/harrier/performance/hv_system/

エンジン比較(ハリアー vs ヴェゼル)

左の数値がハリアー、右がヴェゼルです

■種類
・直4-DOHC / 直4-DOHC
■燃料・レギュラー
■総排気量 (cc) 1,986 / 1,496
■内径×行程 (mm)・80.5×97.6 /・73.0×89.4
■圧縮比 10.5 / 11.5
■最大出力 kW(PS)/rpm
・111(151) / 6,100、・96(131) / 6,600
■最大トルク Nm(kgf・m)/rpm
・193(19.7) /3,800
・155(15.8) / 4,600
■燃料タンク 60L / 40L

●ガソリンエンジンでも15㎞/Lほど走るハリアー、ヴェゼルに至っては20㎞/Lのカタログ値となっている。

erf45

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/ecology/

→ 人気車種、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

燃費を比較(ハイブリッド&ガソリン)

引用:http://toyota.jp/harrier/performance/hv_system/

ハリアー

■21.8㎞/L~21.4㎞/L
・ハイブリッドグレード(電気式4WD)
■16.0㎞/L
・ガソリン2WD
■15.2km/L~14.8㎞/L
・ガソリン4WD

ヴェゼル

■27.0㎞/L~21.6㎞/L
・ハイブリッドグレード(2WD/4WD)
■20.6㎞/L~19.0㎞/L
・ガソリン(2WD/4WD)

色・カラーを比較

ハリアー

bhbh00bhbh0

引用:http://toyota.jp/harrier/style/

特別塗装色は以下の3つです。

■ホワイトパールクリスタルシャイン(32,400円)
■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(32,400円)
■ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(32,400円)

ヴェゼル

fgh4672wsx

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

特別塗装色は以下の5つです。

■プレミアムクリスタルレッド・メタリック(59,400円)
■ホワイトオーキッド・パール(37,800円)
■モルフォブルー・パール(37,800円)
■ミスティグリーン・パール(37,800円)
■ルーセブラック・パール(37,800円)

オプションを比較

ハリアー(主なものを抜粋)

carlineup_harrier_interior_seat_2_01_pc

PREMIUM“Advanced Package”(ハイブリッド車)の≪ディープボルドー≫内装。

フランスワインで有名なボルドーレッドをインテリアに使うことで、多くの女性の心をわしづかみにするのは間違いない!

引用:http://toyota.jp/harrier/interior/seat/

■本革シート……239,760円

■電動ムーンルーフ(チルト&スライド式)

ert97

引用:http://toyota.jp/harrier/interior/equip/

■快適温熱シート

hgjjojo

引用:http://http://toyota.jp/harrier/interior/equip/

・肩や腰、脚部に≪より快適な温熱感が得られるような≫ヒーターを運転席と助手席に配置。

Hi・Mid・Loのモードの3タイプ切り替え。

特に、冷房中でも肩や腰を部分的に温めることができます。

■運転席8ウェイ、助手席4ウェイパワーシート

■運転席電動ランバーサポート4ウェイ……ランバーサポートとは、腰から背中にかけて固定されている姿勢を≪和らげる≫もの。例えてみれば「肩もみ機」のような機能が腰部分にあるものです。

ロングドライブでは、一度使うと病み付きに!

■ドライビングポジションシステム(シート、ステアリング)

■LEDリヤフォグランプ

■レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)……108,000円

■インテリジェントクリアランスソナー

●価格帯の違いはありますが、標準装備が多いのが特徴。

ヴェゼル

■ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器

jhgfd898 - コピー

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/equipment/equipment/

■運転席助手席シートヒーター……グレードによって標準装備、オプション設定、あるいは設定なしに分かれています。

夏場のエアコン冷風で体が冷えないようにヒーターを使用するのも便利です。

■運転席8ウェイパワーシート(スライド/リクライニング/ハイト前・後、メモリー機能付)+助手席4ウェイパワーシート(スライド/リクライニング)………HYBRID Z Honda SENSINGだけのオプション設定。

長距離ドライブや渋滞路が多いドライバーは、このシートは非常にお勧め。

■Honda SENSING(HYBRID、Gのみオプション。そのほかは標準装備)
(衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉、歩行者事故低減ステアリング、ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉、 LKAS〈車線維持支援システム〉、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能)

ホンダセンシングは、0次安全装備のパッケージを指します。

実際に衝突した場合はエアバッグが装備されていますが、お勧めは、ホンダセンシング装備車。

ghb mj765

引用:http://webcg.ismcdn.jp/mwimgs/a/7/-/img_a703b110aa7040510647055090e76e87373375.jpg

まとめ

ハリアーにするか、それともヴェゼルか……やはり価格差150万円は大きいでしょう。

使用燃料は両車ともレギュラーガソリン、それにハイブリッドは両車とも4WD(ハリアーは電子式)をラインナップ。

ただ、ハリアーで460万円に届くグレードの比較対象は、メルセデス・ベンツGLC。

590万円~のプライスですが、ブランド料が高くなりすぎているメルセデスを考えると、ハリアーはお得でしょう。

ヴェゼルでハリアーに対抗するなら、最上級グレードにすべし。パワーシートをぜひ揃えるだけで、クルマががらりと変わります。

シングル、カップル世帯ならヴェゼル扱いやすい。

ただ、ブランドイメージはハリアーよりは低いので、エントリーカーとして購入すべきです。

子供のいるご家庭なら、後席の座り具合で決めるのがよいでしょう。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク