最速のコンパクトカーはどれだ?国産・外車を比較!おすすめの人気車種を紹介!【2017年度版】

コンパクト_speed

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ホットハッチ、コンパクトスポーツというとやはり「男のロマン」という一面は否定できません。

ここでは熱くなれるコンパクトカーをご紹介しましょう。

saisokucompact_01

引用:https://response.jp/article/2017/08/22/298816.html


スポンサーリンク

コンパクトスポーツの定義

コンパクトスポーツの定義を最初に整理しておきたいと思います。

ここでは、ファミリーで使えて、買い物などでも小回りがきく、だけど走る楽しみを存分に感じさせてくれる日常使いのクルマをコンパクトスポーツとします。

そして新車で購入できるクルマに絞ります。

スポーツカーでなく、コンパクトスポーツ。

だから、家族にバレることも、責められることもまったくないのです。


スポンサーリンク

アウディRS 3 スポーツバック

saisokucompact_02

引用:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/rs3_sportback.html

改良によって2.5L 5気筒ターボエンジンが搭載されたRS3スポーツバック。

大容量のターボチャージャーを採用し出力、トルク共に向上しました。

クワトロシステムの新しいマッピングにより後輪へのトラクション配分を50~100%可能にしています。

<試乗レポート>

火を吹く様なパフォーマンスばかりに目が向いてしまうが、コンフォート・モードを選択すれば、RS3は、その凄まじいフラット・トルクから、快適なクルージングを約束する。

改良を受けた4WDシステムは、前後の駆動の配分を緻密に管理し、ワインディング・ロードでは、有り余るほどのグリップを予感させる。

saisokucompact_03

引用・出展:https://www.autocar.jp/firstdrives/2017/03/24/212580/4/

<アウディRS 3スポーツバック基本情報>

◆価格……7,560,000円

◆全長×全幅×全高……4335×1800×1411

◆車重……1510kg

◆エンジン……2.5L 直列5気筒DOHC20バルブ

◆最高出力……294kw(400ps)/5800-7800rpm

◆最大トルク……480Nm(48.9kgm)/1700-5800rpm



スポンサーリンク

フォルクスワーゲン ポロGTI

saisokucompact_04

引用:https://response.jp/article/2017/06/19/296271.html

新型ポロGTIではエンジンを1.8Lから2.0Lに引き上げ、さらにパワーアップしました。

直列4気筒ターボ・エンジンは0-100kmが6.7秒、軽快なボディと200馬力の高出力をもつポロGTIには「スポーツセレクト・アダプティブ・サスペンションがオプション設定されます。

ポロでは初めてとなる18インチホイールが採用、リアから見ると増々スポーティに見えます。

日本発売は2018年を予定。

saisokucompact_05

引用:http://jp.autoblog.com/2017/09/15/2018-volkswagen-polo-gti-boosts-up-with-2-0-liter-four-cylinder/

<フォルクスワーゲンポロGTI基本情報>

◆価格……

ドイツでは160万円で発売されていますので、日本では200万円くらいか、現行ポロGTIの328万円くらいとも予想され正確な情報はまだ入ってきていません。。

◆全長×全幅×全高……4053×1751×1446

◆車重……現行1240kg

◆エンジン……2.5L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ

◆最高出力……200ps

◆最大トルク……137kw


他にもベンツAMG A45 4MATIC、フォルクスワーゲンゴルフGTI、アバルト695ビポスト、フォードフィエスタなどホットな輸入車はたくさんありますが、リーズナブルな国産車でもコンパクトスポーツはたくさんあります。



スポンサーリンク

スイフトスポーツ

saisokucompact_06

引用:https://kakakumag.com/car/?id=10989

スイフト初となる1.4L直噴ターボブースタージェットを搭載し、鋭い加速が実現されました。

またCVTから6ATへ、よりダイレクトな変速感が味わえるように大幅な変更を行っています。

軽量で強度の高い「超高張力鋼版」を随所に採用、徹底的に軽量化を見直し、先代より70kgの軽量化に成功しています。

<スイフトスポーツ試乗レポート>

スイフトが搭載する1.2リッターハイブリッドやマイルドハイブリッドに比べると、最高出力は1.5倍、最大トルクは2倍近い。

そのため、加速力は高い。同じエンジンを、スズキのSUV「エスクード 1.4ターボ」も搭載しているが、新型スイフトスポーツはさらなる専用チューニングを受けており、幅広い回転域で高い駆動力を発生させる。

saisokucompact_07

引用・出展:https://kakakumag.com/car/?id=11129

<スイフトスポーツ基本情報>

◆価格……1,836,000円~2,050,920円

◆全長×全幅×全高……3890×1735×1500

◆車重……970kg~990kg

◆エンジン……1.4L 直列4気筒直噴ターボ DOHC16バルブ

◆最高出力……103kw(140ps)/5500rpm

◆最大トルク……230Nm(23.4kgm)/2500-3500rpm


ノートNISMO  S

saisokucompact_08

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.html

NISMOとは日産のメーカーワークスのこと。

GT-Rが実践でつちかったノウハウをすべてノートに注ぎ込みました。

リアスポイラーやリアバンパーの形状を最適化、新たなエアロダイナミクスを開発し低速から高速走行まで安定感あふれる走りを可能としています。

<ノートNISMO S試乗レポート>

久々にワクワクしながら試乗してみた。1速にシフトしてクラッチミートしたら「おおお!」。

1.6リッターは140馬力と地味なスペックながら、低い回転域からトルクを出しており、一昔前なら160馬力くらいのイメージ。

往年の「ホンダ シビックSi」くらいのパフォーマンスを持っている。

エンジン音も勇ましい。全回転域で静かなスズキのスイフトスポーツと違い、高回転まで引っ張るとムカシのような大きな音量でこそないものの、気分盛り上がります。

こういうエンジンに出会うと、最近すっかり忘れていた「マフラー変えようか」という気持ちになるから不思議

saisokucompact_09

引用・出展:http://autoc-one.jp/nissan/note/report-1886510/0002.html

<ノートNISMO S 基本情報>

◆価格……2,328,480円

◆全長×全幅×全高……4165×1695×1515

◆車重……1198kg

◆エンジン……1.6L 直列4気筒直噴

◆最高出力……103kw(140ps)/6400rpm

◆最大トルク……163Nm(16.6kgm)/4800rpm


フィットRS

saisokucompact_10

引用:http://autoc-one.jp/nenpi/3456236/

2017年6月にマイナーチェンジしたフィット。

インラインタイプのLEDの採用などデザインに先進性が加わり、よりスポーティになりました。

RSには専用バンパーや大型テールゲートスポイラー、サイドシルガーニッシュなどがあしらわれ、コンパクトスポーツらしさを主張しています。

<フィットRS試乗レポート>

1970年、初代シビックに設定されたシビックRS。

このRSは“ロード・セーリング”を意味し、足回りを固めパワーアップすることで、スポーツカーをイメージさせつつも、ある程度の快適性を維持し、ロングツーリングを楽しむクルマをイメージしていた。

そのイメージを引き継ぎ、現代風に解釈したのがこのフィットRSだとすれば、それはやんちゃなボーイズレーサーではなく、もっと大人のホットハッチといった趣だ。

saisokucompact_11

引用・出展:http://autoc-one.jp/nenpi/3456236/photo/0009.html

<フィットRS 基本情報>

◆価格……2,050,920円

◆全長×全幅×全高……4045×1695×1525

◆車重……1070kg~1090kg

◆エンジン……1.5L 直列4気筒

◆最高出力……97kw(132ps)/6600rpm

◆最大トルク……155Nm(15.8kgm)/4600rpm

最速のコンパクトカーはどれだ?まとめ

いかがでしたでしょうか。

乗ってみたいクルマがたくさんありましたね。

それにしても、輸入車メーカーのクルマのつくり方はすごいですね。

「アウディRS 3 スポーツバック」の400馬力には恐れ入ったというところです。

コンパクトカーに対しての考え方が違うのかも知れません。

ヨーロッパ人はクルマを楽しむことにもアグレッシブなようです。

さて、最後に何人かのクルマ好きに「最速のコンパクトカーはどれだ?」と聞いてみました。

結果は・・・

saisokucompact_12

引用:https://221616.com/car-topics/20070510-a35180/

1位:コルトラリーアートバージョンR

2位:ダイハツブーンX4

3位:スイフトスポーツ


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう