2000cc未満の新型ステーションワゴンを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

2000以下

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2000cc未満のステーションワゴンなら、取り回しも楽で燃費もいいですね。

また自動車税も安くなります。

今年選ぶならどんなコンパクトステーションワゴンがいいのでしょうか。

こちらでは、特に排気量の小さいコンパクトステーションワゴンの情報をお届けしたいと思います。


スポンサーリンク

 おすすめ第3位 ウィングロード

under2000_08

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/wingroad/exterior_interior.html

日産が生産する唯一のステーションワゴンであるウィングロード。

3代目となってから10年以上が経っていることもあり、新しいクルマではありませんが、ステーションワゴンとしては熟成度の高いモデルです。

おすすめの理由は価格です。

バイキセノンヘッドランプ、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどを標準装備した「15M V Limited」が207万円とお値打ち感が上々です。

under2000_09

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/wingroad/exterior_interior.html

<ウィングロードの試乗レポート>

走りは、CVTの「ブーン」という加速音が最初は気になったものの、
1.5lにしてはトルクもそこそこあり、高速走行での加速も楽々です。

出展:http://review.kakaku.com/review/70100310095/#tab

リアはハッチバックとなっていますので、大きな開口部となり荷物も乗せやすく設計されています。

ラゲッジルームは広々と設計されていて、ラゲッジルーム内に格納されている背もたれを引き上げると二人がけのベンチが現れるというユニークな設計になっています。

under2000_10

引用・出展:https://matome.response.jp/articles/493

<ウィングロード基本情報>
◆価格
ガソリン……1,782,000円~2,376,000円
◆全長×全幅×全高……4440×1695×1505mm
◆室内長×室内幅×室内高……1955×1395×1210mm
◆ホイールベース……2600mm
◆車両重量……1200kg~1220kg
◆エンジン……DOHC・V型4気筒
◆総排気量……1498cc
◆最高出力……80kw(109ps)/6000rpm
◆最大トルク……148Nm(15.1kgfm)/4400rpm
◆トランスミッション……エクストロニックCVT〈無段変速機〉
◆駆動方式……前輪駆動
◆燃費……17.2km/L
◆荷室……412L


スポンサーリンク

 おすすめ第2位 ホンダシャトル

under2000_01

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/styling/design/

2017年9月のマイナーチェンジで全グレードに「ホンダセンシング」が標準装備されたシャトル。

広い室内空間に、上質な素材からなるインテリアはコンパクトステーションワゴンのワンランク行く出来栄えです。

それに加えて燃費34.4km/Lのハイブリッドはパワーも経済性も両立させています。

またハイブリッドに装備されている振幅感応型のダンパーが足回りの快適さを実現しています。

シャトルは570Lのラゲッジスペースを持ちゴルフバッグ4つを簡単に積むことができ、後席を倒せば1141Lと3ナンバーステーションワゴンを抑えて第1位の広さです。

under2000_02

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/interior/cabin/

<シャトルの試乗レポート>

街中では角が取れた滑らかな乗り心地が堪能できた。

また、高いスピード領域を試すべく首都高速に乗り入れてもフラットな姿勢が絶えずキープされ、フロントウインドーに採用された遮音ガラスや吸音タイプのフロアアンダーカバーによる高い静粛性も確認することができた。

出展:https://www.jiji.com/jc/car?id=honda-shuttlehv04

ハイブリッド車と比べると、コンベンショナルな1.5Lユニットを積むGの走り味はやや粗さがめにつく。

荒れた路面でのタイヤのバタつきや大きめのロードノイズが気になるところだ。

とはいえ、137馬力の直噴1.5L+CVTのもたらす動力性能は活発。

under2000_03

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/interior/utility/

出展:http://www.goo-net.com/magazine/4426.html

<シャトル基本情報>
◆価格
ガソリン……1,770,120円~1,964,520円
ハイブリッド……2,080,080円~2,631,960円
◆全長×全幅×全高……4400×1695×1545mm
◆室内長×室内幅×室内高……1925×1450×1290mm
◆ホイールベース……2530mm
◆車両重量……1130kg~1300kg
◆エンジン……水冷直列4気筒横置
◆総排気量
ガソリン……1496
ハイブリッド……1496cc
◆最高出力
ガソリン1.5L……97kw(132ps)/6600rpm
ハイブリッド1.5L……81kw(110ps)/6000rpm +モーター22kw(29.5ps)
◆最大トルク
ガソリン1.5L……155Nm(15.8kgfm)/4600rpm
ハイブリッド1.5L……134Nm(13.7kgfm)/5000rpm  +モーター160Nm(16.3kgfm)
◆トランスミッション
ガソリン……無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
ハイブリッド……7速オートマチック+パドルシフト
◆駆動方式
ガソリン……前輪駆動・四輪駆動
ハイブリッド……前輪駆動・四輪駆動
◆燃費
ガソリン……19.6~22.0km/L
ハイブリッド……26.0~34.4km/L
◆荷室……570L・1141L(後席格納時)

under2000_04

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/weekend/


スポンサーリンク

 おすすめ第1位 カローラフィールダー

under2000_05

引用:https://toyota.jp/corollafielder/exterior/?padid=ag341_from_corollafielder_navi_exterior

2017年10月2度目のマイナーチェンジを行いました。

「トヨタセーフティセンスC」に加えてインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が5MT車を除く全グレードにオプション設定されました。

カローラフィールダーは室内長が長いので車中泊でも便利に使用することができます。

under2000_06

引用:https://toyota.jp/corollafielder/interior/space/?padid=ag341_from_corollafielder_in_topnavi_space

<カローラフィールダー試乗レポート>

この時点で結構スピードが出ていたのに、エンジン音はあまりしなくて、車内で邪魔なノイズを感じない。
しゃべるのにも困らない!
「新しい車って遮音性がいいんですネ!」
と営業マンに言ったら、
「エンジンがいいから音がしないんですよ。」
と返されました。

意外と広い。運転席も助手席も、そして後部座席も広く感じて、乗り心地、座り心地は良かったです。

旧モデルのカローラフィールダーよりボディサイズは少し大きくなったという話でしたが、小回りは十分に利くと感じました。

under2000_07

引用:https://toyota.jp/corollafielder/interior/space/?padid=ag341_from_corollafielder_in_topnavi_space

出展:https://www.car-review.net/corollafielder_0001_01.html

<カローラフィールダー基本情報>
◆価格
ガソリン……1,656,720円~2,341,440円
ハイブリッド……2,229,120円~2,536,920円
◆全長×全幅×全高……4400×1695×1475mm
◆室内長×室内幅×室内高……1945×1430×1200mm
◆ホイールベース……2600mm
◆車両重量……1110kg~1170kg
◆エンジン……DOHC・V型4気筒
◆総排気量
ガソリン……1496・1797cc
ハイブリッド……1496cc
◆最高出力
ガソリン1.5L……80kw(109ps)/6000rpm
ガソリン1.8L……103kw(140ps)/6200rpm
ハイブリッド1.5L……54kw(74ps)/4800rpm +モーター45kw(61ps)
◆最大トルク
ガソリン1.5L……136Nm(13.9kgfm)/4400rpm
ガソリン1.8L……172Nm(17.5kgfm)/4000rpm
ハイブリッド1.5L……111Nm(11.3kgfm)/3600-4400rpm +モーター169Nm(17.2kgfm)
◆トランスミッション
ガソリン……Super CVT-i
ハイブリッド……電気式無段変速機
◆駆動方式
ガソリン……前輪駆動・四輪駆動
ハイブリッド……前輪駆動
◆燃費
ガソリン……16.6~23.0km/L
ハイブリッド……34.4km/L
◆荷室……407L・872L(後席格納時)


スポンサーリンク

2000cc未満の新型ステーションワゴンを比較!まとめ

セダンやステーションワゴンは海外を主な市場にしているため、大型化する一方ですが、まだまだコンパクトなステーションワゴンがあります。

経済的で荷物も積める、何といってもベースがセダンですので高速安定性も高い、改めて見てみるとクルマとしてはかなりバランスがいいのが2000cc以下のステーションワゴンだといえるでしょう。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう