2000cc以上の新型ステーションワゴンを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

ステーションワゴン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ステーションワゴン、荷物を積むことも多いし余裕をもって乗りたいとなると、やはりおすすめは2000ccクラスです。

2000ccのワゴンのおすすめをこちらではご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

 3位:スバルインプレッサスポーツ

 

over2000_07

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

インプレッサスポーツは5ドアハッチバックともとれますが、スバルではステーションワゴンとしての使い道を盛り込み「スポーツワゴン」と定義しています。

レガシィの弟的立場でヨーロッパのCセグメント市場におけるスバルの世界戦略車です。

2.0リッターモデルにはフォレスターのエンジンが採用されていて中速領域のトルクが強く、2.5リッター車並みの加速性能を持ちます。

over2000_08

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

2017年9月の改良では「アイサイトVer.3」に後退時自動ブレーキシステムを追加、また夜間走行時の歩行者認識性能を向上、サイドビューモニター機能も追加されました。

歩行者エアバッグを備えるなど安全性能の高いクルマとして高く評価されています。

over2000_09

引用:http://newcar-news.com/?p=24155

<スバルインプレッサスポーツ基本情報>
◆価格
ガソリン……1,944,000円~2,613,600円
◆全長×全幅×全高……4460×1775×1480mm
◆室内長×室内幅×室内高……2085×1520×1200mm
◆ホイールベース……2670mm
◆車両重量……1300kg~1350kg
◆エンジン……水平対向4気筒
1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴
◆総排気量
ガソリン……1599・1995cc
◆最高出力
1.6L……85kw(115ps)/6200rpm
2.0L……113kw(154ps)/6000rpm
◆最大トルク
1.6L……148Nm(15.1kgfm)/3600rpm
2.0L……196Nm(20.0kgfm)/4000rpm
◆トランスミッション……リニアトロニック(マニュアルモード付)
◆駆動方式……2WD[AWD(常時全輪駆動)]
◆燃費
1.6L……18.2km/L
2.0L……16.0・17.0km/L
◆荷室……385L


スポンサーリンク

 2位:トヨタアベンシス

over2000_04

引用:http://toyota.jp/avensis/

イギリスのトヨタ工場で作られる輸入車ともいえるアベンシス。

欧州仕様車にはセダンやディーゼルがあるものの、日本に導入されているのは2.0リッターバルブマチックエンジン+Super CVT-i搭載のワゴンのみです。

アウトバーン走行を想定してつくられた足回りの確かさ、安全性能の高さで高い評価を受けているクルマです。

over2000_05

引用:http://toyota.jp/avensis/

アルカンターラと本革でできた専用シートを設定、運転席電動ランバーサポート、クルーズコントロールと高級感と快適性を備えます。

2015年2月には日本向けステーションワゴンがマイナーチェンジ。

Bi-Beam LEDヘッドランプへの変更、エクステリアはよりダイナミックとなりました。

CVTの改良も加えられ燃費は14.6km/Lへ。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備しました。

over2000_05.png6

引用:http://toyota.jp/avensis/

<アベンシス基本情報>
◆価格……2,749,091円~2,983,745円
◆全長×全幅×全高……4820×1810×1500mm
◆室内長×室内幅×室内高……1980×1495×1185mm
◆ホイールベース……2700mm
◆車両重量……1470kg~1480kg
◆エンジン……直列4気筒DOHC
◆総排気量……1986cc
◆最高出力L……112kw(152ps)/6200rpm
◆最大トルク……196Nm(20.0kgfm)/3800rpm
◆トランスミッション……Super CVT-i(自動無段変速機)7速スポーツシーケンシャルシフトマチック
◆駆動方式……前輪駆動
◆燃費……14.6km/L
◆荷室……545L・1609L(後席格納時)


スポンサーリンク

 1位:マツダアテンザワゴン

over2000_01

引用:https://navikuru-car.com/atenza-wagon-9291

アテンザワゴンは「i-ELOOP(アイ・イーループ)」という減速エネルギー回生システムを搭載する、いわばマイルドハイブリッド車です。

マイルドハイブリッドとはスズキのソリオなどで初めて聞いたことのある人もいるでしょうが、蓄電気にキャパシタを採用するなど電気を蓄え、各種電装品で消費することで燃費の向上を図るものです。

アテンザワゴンにはガソリンとディーゼルがあり、ガソリンが2.0リッターと2.5リッター、ディーゼルは2.2リッターです。

アテンザワゴンの魅力は燃費の良さと加速の爽快さで、ディーゼルエンジンの2.2リッターでは400Nm/2000rpmというガソリン車V6・4.0リッター並みのトルクを持っています。

over2000_02

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/interior/?link_id=sbnv

安全面では、認知支援及び衝突回避や被害軽減を図る先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ アクティブセンス)」

「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」

「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」を採用し、「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」

「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を全車に採用とマツダのフラッグシップにふさわしい充実ぶりです。

over2000_03

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/design/?link_id=sbnv

<アテンザワゴン基本情報>
◆価格
ガソリン……2,797,200円~3,364,200円
ディーゼル……3,207,600円~4,001,400円
◆全長×全幅×全高……4805×1840×1480mm
◆室内長×室内幅×室内高……1930×1550×1170mm
◆ホイールベース……2750mm
◆車両重量……1470kg~1630kg
◆エンジン
ガソリン……水冷直列4気筒DOHC16バルブ
ディーゼル……水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
◆総排気量
ガソリン……1997・2488cc
ディーゼル……2188cc
◆最高出力
ガソリン2.0L……114kw(155ps)/6000rpm
ガソリン2.5L……138kw(188ps)/5700rpm
ディーゼル2.2L……129kw(175ps)/4500rpm
◆最大トルク
ガソリン2.0L……196Nm(20.0kgfm)/4000rpm
ガソリン2.5L……250Nm(25.5kgfm)/3250rpm
ディーゼル2.2L……420Nm(42.8kgfm)/2000rpm
◆トランスミッション
AT……3要素1段2相形(ロックアップ機構付)
MT……乾式単板ダイヤフラム式
◆駆動方式
ガソリン……前輪駆動
ディーゼル……前輪駆動・四輪駆動
◆燃費
ガソリン……16.0~17.4km/L
ディーゼル……18.2~22.2km/L
◆荷室……506L

over2000_10

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/


スポンサーリンク

 2000cc以上の新型ステーションワゴンを比較!まとめ

最近では残価クレジットなどのクルマの買い方を選ぶ人が増えてきて、クルマの乗り換えの周期が短くなる傾向にあります。

特に若い人にとってはクルマは「ツール」といった感覚が強くなっています。

ですが40代、50代ではまだ「愛車」感覚を持つ人が多く、クルマを乗りつぶすほどに長く所有するケースがあります。

そういった40代、50代に2000ccクラスはとても魅力的なようです。

そして傾向としてCVTを嫌う人がたくさんいるのが実情です。

そうなってくると外車を選択肢にいれるしかなくなる・・・。

いかがでしょうか。

もし、当てはまる知り合いがおられたら、CVTも随分とよくなっていますので、一度先入観を捨てて国産の2000ccを見直してとお伝えください。

試乗してみれば、意外にしっくりくるかもしれませんよ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク