4WDの新型ステーションワゴンを比較! おすすめ人気ランキング!【2017年度版】

ステーションワゴン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



4WDのステーションワゴンを乗るならパワーもあって、荷物がたくさん乗せられるのがいいですね。

最近では流行りのSUVも2WDで乗る人が多いですが、足回りはしっかりしたいという人へステーションワゴンの4WDをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

 おすすめ第3位:スバルインプレッサスポーツ

4wd_01

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

インプレッサスポーツはハッチバックですが、もともとスバルではステーションワゴンの使い勝手を取り込んだことで「スポーツワゴン」としていました。

先進安全性能の高いクルマとして一歩リードするモデルであり「アイサイトVer.3」を全グレードで標準装備、国産車では初の「歩行者エアバッグ」も全車に標準装備されています。

2017年9月の一部改良では「アイサイトVer.3」に後退時の自動ブレーキ、夜間の歩行者認識性能を向上、サイドビューモニター機能を追加しました。

4wd_02

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

<スバルインプレッサスポーツ基本情報>
◆価格
ガソリン……1,944,000円~2,613,600円
◆全長×全幅×全高……4460×1775×1480mm
◆室内長×室内幅×室内高……2085×1520×1200mm
◆ホイールベース……2670mm
◆車両重量……1300kg~1350kg
◆エンジン……水平対向4気筒
1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS
2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴
◆総排気量
ガソリン……1599・1995cc
◆最高出力
1.6L……85kw(115ps)/6200rpm
2.0L……113kw(154ps)/6000rpm
◆最大トルク
1.6L……148Nm(15.1kgfm)/3600rpm
2.0L……196Nm(20.0kgfm)/4000rpm
◆トランスミッション……リニアトロニック(マニュアルモード付)
◆駆動方式……2WD[AWD(常時全輪駆動)]
◆燃費
1.6L……18.2km/L
2.0L……16.0・17.0km/L
◆荷室……385L

4wd_03

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/design/


スポンサーリンク

 おすすめ第2位:マツダアテンザワゴンディーゼル

4wd_04

引用:https://navikuru-car.com/atenza-wagon-9291

CX-5同様の直噴ターボコモンレールディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載、420Nm/2000rpmの大きなトルクが特徴のアテンザワゴンディーゼル。

低圧縮化によって力強い走行性能と静粛性を実現しました。

静粛性を高めるのはナチュラル・サウンド・スムーザーです。

燃焼タイミングを適切に制御する技術と、周波数コントロールが耳障りなエンジン音を上質なサウンドにします。

さらに減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を全車に標準装備、アクセルオフで発電された電気は電装品やエアコンで使用され、ガソリンを節約することに貢献しています。

4wd_05

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/feature/interior/interior1/

<アテンザワゴン基本情報>
◆価格
ディーゼル……3,207,600円~4,001,400円
◆全長×全幅×全高……4805×1840×1480mm
◆室内長×室内幅×室内高……1930×1550×1170mm
◆ホイールベース……2750mm
◆車両重量……1470kg~1630kg
◆エンジン
ディーゼル……水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
◆総排気量
ディーゼル……2188cc
◆最高出力
ディーゼル2.2L……129kw(175ps)/4500rpm
◆最大トルク
ディーゼル2.2L……420Nm(42.8kgfm)/2000rpm
◆トランスミッション
AT……3要素1段2相形(ロックアップ機構付)
MT……乾式単板ダイヤフラム式
◆駆動方式
ディーゼル……前輪駆動・四輪駆動
◆燃費
ディーゼル……18.2~22.2km/L
◆荷室……506L

4wd_06

引用:https://www.pinterest.jp/pin/166140673724570749/


スポンサーリンク

 おすすめ第1位:スバルレヴォーグ

4wd_07

引用:https://www.subaru.jp/levorg/stisport/design/exterior.html

レガシィツーリングワゴンの後を引き継ぐ形で登場したレヴォーグは4代目インプレッサをベースにして作られました。

2.0リッターではレガシィと同じパワーを持つ「2.0GT DIT」が採用。

400Nm/2000rpmの太いトルクを誇ります。

一方で1.6リッターは出力性能はそこそこに低燃費を重視したグレードとなっています。

全車でシンメトリカルAWDを採用、2.0リッターでは不等&可変トルク配分電子制御方式の「VTD-AWD」、1.6リッターでは「アクティブトルクスプリットAWD」を採用し最適なトルク配分を担い、優れた安定性を実現しました。

パーキングブレーキはヒルホールド機能のついた電子式が採用となっています。

<スバルレヴォーグ基本情報>
◆価格
ガソリン……2,829,600円~4,050,000円
◆全長×全幅×全高……4490×1780×1500mm
◆室内長×室内幅×室内高……2005×1490×1205mm
◆ホイールベース……2650mm
◆車両重量……1540kg~1570kg
◆エンジン……水平対向4気筒
1.6ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS直噴ターボ“DIT”
2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”
◆総排気量
ガソリン……1599・1998cc
◆最高出力
1.6L……125kw(170ps)/4800-5600rpm
2.0L……221kw(300ps)/5600rpm
◆最大トルク
1.6L……250Nm(25.5kgfm)/1800-4800rpm
2.0L……400Nm(40.8kgfm)/2000-4800rpm
◆トランスミッション
1.6L……リニアトロニック(マニュアルモード付)
2.0L……スポーツリニアトロニック
◆駆動方式……AWD(常時全輪駆動)
◆燃費
1.6L……16.0km/L
2.0L……13.2km/L
◆荷室……522L

4wd_08

引用:https://www.subaru.jp/levorg/stisport/design/interior.html


スポンサーリンク

4WDの新型ステーションワゴンを比較!まとめ

スバルレヴォーグ……2,829,600円~4,050,000円

アテンザワゴンディーゼル……3,207,600円~4,001,400円

スバルインプレッサスポーツ……1,944,000円~2,613,600円

これら3車種をおすすめとしましたが、価格的にはインプレッサスポーツが大変、求めやすくなっています。

4wd_09

引用:https://www.subaru.jp/levorg/stisport/design/interior.html

大きさでは

スバルレヴォーグ……4490×1780×1500mm

アテンザワゴンディーゼル……4805×1840×1480mm

スバルインプレッサスポーツ……4460×1775×1480mm

いずれも3ナンバーですがアテンザワゴンの大きさが際立っています。

狭い道や都市部では持て余すかもしれませんね。

レヴォーグとインプレッサの全長が3cmしか違わないこともちょっと意外でした。

4wd_10

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

今回ご紹介した3車種はいずれも、ドライバーのことを考えつくしたいいクルマです。

そして4WDのステーションワゴンという選択も正解なのだといえるでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク