フォレスター VS レガシィアウトバック 徹底比較!大きさ・燃費・価格・カラーなどの違いは?

新車情報

日本が誇るスバル、そのスバルが世界で躍進し続けるのがフォレスターとレガシィアウトバック。

スバルほど、この10年で最もブランド力をアップさせたメーカーはありません。

世界中に熱狂的なスバリストがいる中、この2車の対決は非常に見ものです!







価格・値段を比較

zdfy8

引用:http://d3lp4xedbqa8a5.cloudfront.net/s3/digital-cougar-assets/whichcar/2016/03/15/2423/Subaru-Forester-2.5i-S-2016-static-main.jpg

フォレスター

■2.0XT EyeSight ……………………  3,128,760円
■S-Limited 2.0-L Eyesight 特別仕様車
………………………………………………     2,894,400円
■2.0i-L Eyesight……………………… 2,689,200円
■X‐BREAK 2.0i-L Eyesight 特別仕様車
………………………………………………… 2,754,000円
■2.0i-L …………………………………… 2,581,200円
■2.0i………………………………………   2,149,200円

レガシィアウトバック

■アウトバック Limited……………………3,477,600円
■アウトバック……………………………………3,207,600円

性能・スペック・大きさを比較

fdfd77

引用:http://d1arsn5g9mfrlq.cloudfront.net/sites/default/files/resize/remote/1b55f67b125bbf6d90274038d3fc14e6-720×540.jpg

引用:http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/672/934/001_s.png

フォレスター vs アウトバック ボディ採寸

数字は左がフォレスター、右の青字アウトバックです。
■全長(mm)…… 4,610、4595 / 4,815
■全幅(mm)…… 1,795 / 1,840 
■全高(mm)…… 1,715、1,735 / 1,605
■ホイールベース(mm)…… 2,640 / 2,745
■車重(㎏)…… 1,450~1,610 / 1,570、1,580
■最小回転半径(m)…… 5.3 / 5.5
■最低地上高(mm)………220/ 200
■室内長(mm)…… 2,095 / 2,030
■室内幅(mm)…… 1,540 / 1,545
■室内高(mm)…… 1,280 / 1,240

●フォレスターはSUV性能を存分に味わえるサイズ、見切りの良さが特徴。コックピットでの視界は非常によい。

アウトバックは高級感のある内装(Aピラーの起毛処理など)、特にソフトパッドがインテリアの全面に採用されている。

エンジン比較

■総排気量(cc)
・フォレスター…………………………… 1,995
・フォレスター2.0XT EyeSight……1,998
・アウトバック……………………………2,498

dfd22

引用:http://i.ytimg.com/vi/j3F_vzM8eRM/maxresdefault.jpg

■内径×行程(mm)
・フォレスター…………………………84.0×90.0
・フォレスター2.0XT EyeSight…86.0×86.0
・アウトバック…………………………94.0×90.0

●エンジンに関しては、大変面白いデータがある。エンジンのシリンダー採寸ではフォレスターベースモデルが「ロングストローク」。

つまり、高速域での加速の伸びが楽しめるクルマになっている。

2.0XT EyeSightは内径と行程が同じ、非常にバランスの良い形状。

ちなみに、2.0XT EyeSightは馬力が280、完全なスポーツモデルだ。

これは低重心のクルマにとって、特に運転しやすいもの。

初速の伸びと高速域での小気味良い走り(サクサク感?)の両方が楽しめるが、渋滞が多い都市部や長距離ドライブ、ヒルクライムなどの多様な扱いの方には適しているだろう。

実は、スポーツモデルこそビギナーに乗ってもらいたいクルマ、このモデルはこうした設定になっているのだ。

アウトバックは……ショートストローク。北米でベストセラーとなっているのはこの辺りに訳がありそうだ。

そもそも、アメリカ車は3速ATが基本であって、長距離ドライブをゆっくりと楽しむことに適している。

体重の重いドライバーを乗せ、まずはがっつりと初速感の良さで満足、そして低重心と安定性でゆったりと走る…そういうタイプの方には、アウトバックは最高のクルマなのだ。(体重が重い、軽いは関係ありません)

9kjjgf

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2007108/091_o.jpg

■圧縮比
・フォレスター…………………………  10.5
・フォレスター2.0XT EyeSight…  10.5
・アウトバック…………………………  10.3
■最高出力《kW(PS)/rpm》
・フォレスター…………………………  109(148)/6,200
・フォレスター2.0XT EyeSight…  206(280)/5,700
・アウトバック…………………………   129(175)/5,800

■最大トルク《Nm(kgf・m)/rpm》
・フォレスター…………………………  206(21.0)/4,400~4,800
・フォレスター2.0XT EyeSight
…………………………………………………   350(35.7)/2,000~5,600
・アウトバック………………………… 235(24.0)/4,000

■燃料タンク(ℓ)
・フォレスター……60
・アウトバック……60

→ 人気車種、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

燃費を比較

fj

引用:http://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/cat/SB/S011/SB_S011_F004_M005_1_L.jpg

フォレスター vs アウトバック 燃費対決

フォレスター

16.0㎞/L
・S-Limited
・X‐BREAK
・2.0i-L Eyesight
・2.0i-L リニアトロニック
・2.0i リニアトロニック
13.4㎞/L
・2.0i-L 6MT
・2.0i 6MT
13.2㎞/L
・2.0XT EyeSight

アウトバック

14.6㎞/L

●燃費に関してとやかく言うユーザーはいないだろう。無鉛レギュラーガソリンの経済性よりも、エンジンオイルに気を遣うのがスバルユーザーの基本のようだ。

色・カラーを比較

フォレスター、8色

vyil99

引用:http://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

・クリスタルホワイト・パール(32,400円)
・アイスシルバー・メタリック
・ダークグレー・メタリック
・クリスタルブラック・シリカ
・セピアブロンズ・メタリック
・ジャスミングリーン・メタリック
・ヴェネチアンレッド・パール(32,400円)
・ダークブルー・パール

アウトバック、10色

hihi

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/design/exterior.html

・オークブラウン・パール
・タングステン・メタリック
・プラチナムグレー・メタリック
・クリスタルホワイト・パール(32,400円)
・アイスシルバー・メタリック
・ダークグレー・メタリック
・クリスタルブラック・シリカ
・ヴェネチアンレッド・パール(32,400円)
・ラピスブルー・パール
・ダークブルー・パール

●10色のラインナップは国内販売台数を考えるととてつもなく多い。

完全に北米シフトであることが分かる。

西海岸では雨が少なく、さわやかなブルーのワゴンが結構見られるようだ。

オプションを比較

フォレスター編

■大型サンルーフ(電動スライド式)

vul77

引用:http://www.subaru.jp/forester/forester/utility/package.html

■パワーリヤゲート……3つのスイッチ(車内、運転席とリヤゲートインナー・ワイヤレススイッチ)とリヤゲートの開度を任意で設定できるメモリースイッチ機能を搭載しています。

天井の低い駐車場や、後方にスペースが無い(壁が近い場所など)場所などで、リヤゲートが外部に接触しないようにすることが可能。

cgj,0

引用:http://www.subaru.jp/forester/forester/utility/package.html

■ルーフレール

■ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション……ハーマンカードンと言えば、コンパクトなBluetoothスピーカーなどで有名。グループ会社には《JBL》や《マークレビンソン(アンプなど)》があります。

fdfd12

引用:http://www.subaru.jp/forester/forester/utility/navigation.html

アウトバック編

■パワーリヤゲート……Limitedに標準装備、ベースグレードにオプション設定。

リヤゲートの開閉は非常に静かで、驚かれる方も(全開まで5.5秒)!

またフォレスター同様開閉の角度を設定してメモリーさせることもできます。

duho0

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/utility/utility.html

■サンルーフ

■「ハーマンカードンオーディオ」システム………ロードノイズ、風切り音、エンジン音などにも配慮した緻密なチューニングが施されていることから、人気のあるサウンドシステムとなっています。

dsds5

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/utility/navigation.html

引用:http://www.mh-friends.com/cgibin/img/HarmanSoundsticksIII409890_2.jpg

wdw22

引用:http://www.subaru-finance.jp/estimate/legacy/img/outback_top.png

まとめ

フォレスターとアウトバック、この2台はビギナーからプロドライバーまで楽しませる駆動系を備えています。

価格が安い方が楽しい…というフランス車とは違い、ラインナップ全域で個性の強いクルマに出会うことができます。

国内では車幅が広く思われがちのアウトバックですが、1,840mm、実はトヨタ・ランクルプラドが1,885mmもあることを考えると、決して乗りにくいサイズではありません。

フォレスターは国内で乗るにはベストなサイズのSUV。

クロカン度が強いことのありますが、インテリアはスバル共通のわかりやすい操作性ですので、あらゆる世代にぴったりでしょう。