外車の新型コンパクトカーを比較! おすすめ人気ランキング 【2019年度版】

コンパクトカー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



外車の新型コンパクトカーに乗ってみたい!そんな人に注目のクルマをご紹介します。5ナンバー枠にしっかり入るカワイイクルマから、全幅が広めのプレミアムブランドまで、さまざまなクルマが輸入されています。

国産車にはない魅力もありますので、ぜひ確認してみましょう。

スポンサーリンク

7位:VW up!

価格:165〜234万円

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17161258

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17161258

VWでもっともコンパクトなハッチバックが up! です。ドイツ車の宿命なのか、ゴルフに続いてポロまで全幅が1.7m超えの3ナンバー車となり、up!だけが5ナンバー枠のコンパクトハッチとして存在しています。

VWはなんといってもゴルフが有名。その弟分がポロですが、新型が全幅で1,700mmオーバーとなり、5ナンバー枠はこのup!だけになっています。

ポロよりも35mm高い全高、ゴルフよりも5mm全高が高く、見かけは背の高いコンパクトカーそのもので、ドライバーのコックピット狭小感を取り除く設計となっています。

VWの中では価格が安く、インテリアもコストを抑えた意匠となっており、国産の軽自動車にあたるクラスと言ってもいい輸入車です。

エンジンは1L、車重は1トンとライトウェイトで、あまり走っていないVW車が欲しい人には興味のあるクルマでしょう。

主なスペック

全長×全幅×全高(mm)3,610×1,650×1,495
ホイールベース(mm)2,420
車重(kg)930〜950
最小回転半径(m)4.6
タイヤ175/65R14 185/55R15 185/50R16
エンジン種類/排気量直列3気筒/999cc
最高出力(kw[PS]/rpm)55[75]/6,200
最大トルク(Nm[kgf]/rpm)95[9.7]/3,000
スポンサーリンク

6位:ルノー トゥインゴ

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41715#image-2

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41715#image-2

価格:198〜214万円

フランスのコンパクトハッチバックは”ラテン車”と言われています。ラテンとはフランスやスペインといった南国特有の陽気な性格のこと。

クルマの走りも非常にピーキーであったり、少々じゃじゃ馬だったりしますが、個性的で楽しい走りに熱狂的なファンが多いのも事実です。

ただ、ルノーやプジョーといったラテン車の代名詞である小型ハッチバックは次々と大きくワイドになり、5ナンバー車は小粋でより小型のトゥインゴくらいしか見当たらなくなってしまいました。

トゥインゴの駆動はRR。リヤエンジンリヤドライブとは、今では非常に珍しいレイアウトで、後方にエンジンがあるためダイレクトに後輪にパワーが伝わり、前輪付近は広大なスペースがあるのが特徴。

小回りが利くメリットがありますが、直進性能が劣るため市街地をくねくね走る場合は慎重さが必要。一方高速道ではかなり面白い走りが楽しめます。

主なスペック

全長×全幅×全高(mm)3,645×1,650×1,545
ホイールベース(mm)2,490mm
車重(kg)1,020〜30
最小回転半径(m)4.3
タイヤ前:165/65R15 185/50R16

後:185/60R15 205/45R16

エンジン種類/排気量直列3気筒ターボ付/897cc
最高出力(kw[PS]/rpm)68[92]/5,500
最大トルク(Nm[kgf]/rpm)135[13.8]/2,500

 

スポンサーリンク

5位:BMW 1シリーズ

価格:334〜630万円

引用:https://autoc-one.jp/bmw/1_series/report-5004756/

2019年8月にFMCとなった1シリーズ。車幅が1,800mmとなり、コンパクトカー?と思われるほどの堂々たるクルマに成長しています。

注目は、駆動方式がとうとうFFに変更したということ。そのため、ロングノーズだったボディデザインが、よりキャビンを広げた今風のシルエットに生まれ変わりました。

エンジンを横置きにするだけで、ダイレクトな操舵感覚が失われるのではないか?というBMWファンも多く、実際のドライブ感覚は”ごく普通のいいクルマ”になった…という口コミも多くみられます。

ただ、BMWに初めて出会う人にとっては、親しみやすくデジタルメーターやインフォテインメントもあり、荷物の積載性もゆったりしているコンパクトカーとして人気になるでしょう。

主なスペック

全長×全幅×全高(mm)4,335-55×1,800×1,465
ホイールベース(mm)2,670
車重(kg)1,390〜1,600
最小回転半径(m)5.4
タイヤ205/55 R16 225/45 R18
エンジン種類/排気量直列4気筒ターボ付/1,499cc

直列3気筒ターボ付/1,998cc

最高出力(kw[PS]/rpm)直3:103[140]/4,600-6,500

直4:225[306]/5,000-6,250

最大トルク(Nm[kgf]/rpm)直3:220[22.4]/1,480-4,200

直4:450[45.9]/1,750-4,500

 

スポンサーリンク

4位:アウディ A1 Sportback 35

価格:365〜391万円

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41851#image-14

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/41851#image-5

アウディのエントリーモデル、A1が5ドアとしてFMC。サイズは4mをわずかに超えましたが、全幅は1,740mmをキープ。もちろん日本国内でも扱いやすいボディで、Cピラーに特徴があるデザインです。

フロントマスクのLEDランプやリアランプが鋭角化、アウディの新しいデザインはインテリアにも波及しています。

主なスペック

※このほかに25 TFSI(1L 3気筒エンジン)が追加になる予定

全長×全幅×全高(mm)4,040×1,740×1,435
ホイールベース(mm)2,490
車重(kg)1,020〜30
最小回転半径(m)4.3
タイヤ前:165/65R15 185/50R16

後:185/60R15 205/45R16

エンジン種類/排気量68[92]/5,500
最大トルク(Nm[kgf]/rpm)250[25.5]/1,500-3,500

 

3位:VW ポロ

価格:216〜355万円

引用:https://gazoo.com/impression/w0000138662.html

ポロはVWラインナップの中でもっとも小型のボディでしたが、ルポやup!の登場で、ゴルフを小さくしたVWベーシックのクルマとなりました。

999ccと1.5Lのエンジンが用意され、飽きのこないデザインとしっかりしたシート、若々しいコックピットで《長く乗り続ける人》にとって選択肢のひとつとなっています。

コンパクトハッチの一台であったポロも、とうとう全幅が1,750mm。そのため、しっかりと使えるドイツ車で5ナンバー枠がなくなってしまったのは残念ですが、走りやすいエンジンで長く付き合える一台となるでしょう。

主なスペック

全長×全幅×全高(mm)4,060-75×1,750×1,450
ホイールベース(mm)2,550
車重(kg)1,160〜1,210
最小回転半径(m)5.1
タイヤ185/65 R15 195/55 R16 215/45 R17
エンジン種類/排気量直3ターボ付/999cc

直4ターボ付/1,497cc

最高出力(kw[PS]/rpm)直3:70[95]/5,000-5,500

直4:110[150]/5,000-6,000

最大トルク(Nm[kgf]/rpm)直3:175[17.9]/2,500-3,500

直4:250[25.5]/1,500-3,500

 

2位:ベンツ Aクラス

価格:334〜406万円

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1190/361/html/024_o.jpg.html

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1190/361/html/008_o.jpg.html

メルセデス・ベンツのラインナップでは、エントリーモデルとなるのがAクラスです。5ドアハッチバックのほかにセダンもありますが、コンパクトクラスはこのAクラスハッチバックだけ、と言えるでしょう。

ただ、全幅はトヨタ クラウンと同じ1,800mm。フロントマスクを統一するのがベンツの流儀のため、前から見るとクラスレスな趣きです。

ガソリンとディーゼルの2グレードで、ライバル車種はVWゴルフ。ただ、インフォテインメントに傾注しているため、ポップなコックピットには横長の10.25インチワイドディスプレイ (タッチスクリーン)が目立ちます。

MBUXと呼ぶ、クルマとの会話によって目的地までの燃費や経路、天気や温度のほか、目的地そのものを教えてくれるシステム等、先進性が盛りだくさんです。

主なスペック

全長×全幅×全高(mm)4,420×1,800×1,420-40
ホイールベース(mm)2,730
車重(kg)1,360
最小回転半径(m)5.0
タイヤ205/60 R16
エンジン種類/排気量ガソリン:直4ターボ付/1,331cc 

ディーゼル:直4ターボ付/1,949cc

最高出力(kw[PS]/rpm)ガソリン:100[136]/5,500 

ディーゼル:110[149]/3,400-4,400

最大トルク(Nm[kgf]/rpm)ガソリン:200[20.4]/1,460-4,000 

ディーゼル:320[32.6]/1,400-3,200

※ほかにはAMG A35 があります。

1位:BMW MINI

価格:338〜425万円

引用:https://web.motormagazine.co.jp/_ct/17182657

BMW MINIは3ドア、5ドア、クロスオーバー、クラブマン、コンバーチブルと5つのボディタイプがラインナップ、いずれもBMWの純正エンジンを搭載しています。

MINI はもちろん英国生まれのカーブランド。オースチンミニと呼ばれた時代もあり、そのころはまさにミニサイズで軽自動車並みのボディに1Lのエンジンを搭載していた名車でした。

その後、BMWの傘下となりボディは肥大化。安全衝突対策を施し、BMWのエンジンを搭載するために、従来の丸目フロントライトや大きなグリルを残し、5ドア車をあらたにデビュー。

また、バックドアが観音開きのクラブマンも復活させるなど、完全に趣味の世界を突き進んでいるプレミアムブランドです。

そこには、かつてラリー選手権で圧倒的な強さを見せた伝統を受け継ぎ、ジョンクーパーワークスがトップグレードとして君臨、おしゃれで楽しいスポーツカーとして世界で受け入れられています。

MINI COOPER 5DOOR 主なスペック

全長×全幅×全高(mm)4,000-15×1,725×1,445
ホイールベース(mm)2,565
車重(kg)1,260〜1,330
最小回転半径(m)5.4
タイヤ175/65R15 205/45R17 
エンジン種類/排気量直列3気筒/1,498cc(ガソリン)直列3気筒/1,496cc(ディーゼル)、直列4気筒/1,998cc(ディーゼル)、直列4気筒/1,995cc(ガソリン)

グレードによるエンジンスペック

COOPERCOOPER DCOOPER SCOOPER SD
エンジン種類/排気量直3ターボ/1,498cc 直3ターボ/1,496cc直4ターボ/1,998cc直4ターボ/1,995cc
最高出力(kw[PS]/rpm)100[136]4,50085[116]4,000141[192]5,000125[170]4,000
最大トルク(Nm/rpm)220/1,480-4,100270/1,750-2,250280/1,350-4,600360/1,500-2,750

まとめ

コンパクトカーは、排気量1L前後で軽自動車よりも少し大きい程度…そんなイメージをガラッと変えてくれるのが、輸入車の魅力。

価格も200万円程度から600万円程度まで幅広く、趣味で乗っているひとも多いのが特徴です。

あまり見かけない希少性の高さや、インテリアの個性などで気に入ったら即買い!そんなオーナーも多い、コンパクトカー。ぜひディーラーで対面してみてはいかがでしょうか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク