新型シーマ 色・カラー紹介!人気カラーは?

シーマ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型シーマの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型シーマの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

五代目へとモデルチェンジした日産の最高級セダン「シーマ」の魅力いっぱいの姿をご紹介します。

高級車らしいボディカラーのバリエーションは、「シーマ」の風格を余すことなく創り出しています。

クルマ選びの参考にどうぞ。


スポンサーリンク

日産新型「シーマ」とは

199441_l_dl0000600483[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

日産のフラッグシップモデルで、歴代の「シーマ」のDNA「圧倒的な走行性能」を継承し、優れた環境性能を兼ね備え5代目へとモデルチェンジした新型「シーマ」は、全車ハイブリッドモデルとなりました。

3.5Lハイブリッド用「VQ35HR」型V6エンジン(最高出力306馬力)と高性能モーター「HM34」(最高出力68馬力)を搭載した「ハイブリッド(HYBRID)」、「ハイブリッドVIP(HYBRID VIP」、「ハイブリッドVIP G(HYBRID VIP G)」、の3モデルのラインナップとなっています。

199473_l_dl0000440655[1]65_dl0000440563[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

日産独自の1モーター2クラッチ、パラレル方式のハイブリッドシステム「インテリジェント デュアルクラッチ コントロール」を採用し、ダイレクト感のあるレスポンスに優れた走りと低燃費を両立しています。

バッテリーには高効率のリチウムイオン電池が採用され、マニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションとの組み合わせにより、JC08モード燃費16.6km/Lとクラストップレベルの低燃費を実現しています。

vip_g_exterior[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

全長

5,120mm

全幅

1,845mm

全高

1,510mm

ホイールベース

3,050mm

のボディサイズは、全長及び全幅は先代と同等ながら、全高は20mm高く、ホイールベースが180mm延長されたことで、後席の室内空間が拡大しました。

エクステリアでは、立体的なフロントグリルやメッキモールをあしらったフロントバンパーにより存在感を高めるとともに、サイドビューは伸びやかでエレガントさを強調する仕上がりとなっています。

708_dl0000485251708_dl0000485230

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

インテリアでは、セミアニリン本革シートや、「銀粉本木目フィニッシャー」、シートクッションやシートバックから暖気/冷気を吹き出す「エアコンディショニングシート」、後席のパワーリクライニングシートを「ハイブリッドVIP(HYBRID VIP)」、「ハイブリッドVIP G(HYBRID VIP G)」に標準で装備。

後席は3mを超えるロングホイールベースとしたことでクラストップレベルを誇る後席ニ―ルームを実現したほか、後席読書灯、後席パーソナルランプ&照明付きバニティミラー、リア/リアドア電動サンシェード、リアドアオートクロージャー機能などによって、快適性が向上しています。

グレードと車両閣価格は次の通りです。

・シーマ ハイブリッド

7,646,400円

(消費税抜き価格 7,080,000円)

・シーマ ハイブリッド VIP

8,186,400円

(消費税抜き価格 7,580,000円)

・シーマ ハイブリッド VIP G

8,726,400円

(消費税抜き価格 8,080,000円)


スポンサーリンク

新型「シーマ」、ボディカラー紹介

199440_l_dl0000600482[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

新型「シーマ」には、特別塗装色「ガーネットブラック」、「クリスタルホワイトパール」を含む全4色が用意されています。

・ガーネットブラック

708_dl0000600461

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

特別塗装色、54,000円高となります。

・ブリリアントシルバー

708_dl0000600462

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・スーパーブラック

708_dl0000600463

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

・クリスタルホワイトパール

708_dl0000600464

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

特別塗装色、54,000円高となります。

新型「シーマ」は、全数日産自動車栃木工場で生産されています。

さらなる品質向上を図るため、塗装工程においては、「匠」と呼ばれる熟練者が中塗り後に生産ラインから外し、GT-Rと同様に一台一台専用の特別室で塗膜を平滑にする「水研ぎ」と呼ばれる作業を行っています。

また、検査工程においては資格を持つ検査員が全車両に対して品質検査を実施た後、走行試験において検査員が2名体制(通常は1名体制)で走行や操舵フィーリングの評価試験や内装のきしみ音の有無のチェックも行っています。

晴れて、すべてのすべての工程に合格した車両には、栃木工場調の直筆サインが記された「品質検査確認書」が付与されています。

また、新型「シーマ」WEBカタログには”人気ボディカラーランキング”が掲載されています。

第一位

ガーネットブラック

第二位

クリスタルホワイトパール

第三位

ブリリアントシルバー

ちなみに、第一位の「ガーネットブラック」は新型「シーマ」のイメージカラーともなっています。

→ 新型シーマを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

ボディカラーの豆知識

199435_l_dl0000440710[1]

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

皆さんは車を購入する時、何を基準にボディカラーを選んでいますか?

自分の好きな色

傷・汚れが目立ちにくい色

飽きのこない色

など、人によって選び方は様々です。

何年も乗り続けるクルマだから、ボディカラーにもとことんこだわりたいという人も多いと思います。

では、昨今の新型車にはどんなカラーバリエーションがあるのか、調べてみました。

carlineup_sienta_top_2_19_pc[1]

引用:http://toyota.jp/sienta/

国産主要メーカーの新型車では、ほとんどのクルマは選択できるカラーバリエーションは6~8色くらいです。10色以上選べるクルマはまれで、色鉛筆の標準的なセットが12色なので、それと比べると少なくなっています。

どの車にもあると言ってもいい定番色は、ホワイト、ブラック、シルバーの3色です。

実際の販売台数もこの3色で全体の85%を占めています。近頃では、ホワイト系のカラーは光沢のある”パール系”が主流です。

何年たっても飽きがこない定番色が、やはり人気ということになります。

定番以外では、レッド系とブルー系が多く、とくにブルー系は水色や青色、紺色など、車種によってカラーの濃淡は様々です。

クルマのタイプ別では、セダンやミニバンのカラーバリエーションは定番の3色と落ち着きのある濃い色で、派手な印象のスポーツカーは赤・青・黄など原色系が多くなっています。

女性ユーザーの多い軽自動車やコンパクトカーはカラーバリエーションも豊富で、明るめの色や淡い色、個性的な色が多いのが特徴です。

自分の好きな色を見つけやすくなっています。

ベーシックなカラーを選ぶか、人と違う個性的なカラーを選ぶか、結構悩ましいですね。

いつかは車を売ってしまうかも、ということを考えると、ボディカラーを選ぶにあたって、査定額も気になります。

クルマのボディカラーとクルマを売る時の査定額の関係は市場のニーズに影響を受けています。

したがって一般的に人気のあるブラックやシルバーなど、定番色の方が査定金額は高くなります。

ただし、女性に人気のコンパクトカーに限っては、比較的カラフルな色でも定番色との価格差は生まれにくいのでご安心ください。

これは女性が赤やパステル系の色を好む傾向にあるからといわれています。

そのほかには、スポーツタイプや若者向けのクルマもシルバーやブラックが人気という訳でもありません。

また、メーカー純正の限定色はプラス査定になることもありますので、覚えておいて損はないでしょう。

ボディカラーとお手入れについて、一般的に汚れが目立ちにくい色はシルバーといわれています。

反対に汚れが目立つのは、ブラックや深いレッドなどの濃い色のクルマです。「ひっかきキズ」も濃い色のクルマは目立ちやすいので、濃い色のクルマを購入される方は、こまめな洗車をおすすめします。

また、濃い色のクルマは太陽の熱を吸収しやすいと言われています。真夏にボンネットを触ると火傷しそうなくらい熱くなりやすいのでご注意ください。


スポンサーリンク

まとめ

photo_04

引用:http://www2.nissan.co.jp/CIMA/

いかがでしたか。

新型「シーマ」は日産のフラッグシップモデルとなっていますので、ボディカラーもシックでエレガントな色合いとなっています。

カタログやCMに登場するカラーは、その車種のイメージカラーと位置付けられています。

新型「シーマ」では、「ガーネットブラック」がイメージカラーとなっています。

最近では女性でもシックで大人の色合いの「ボルドー」や「ブラウン」が好まれているようです。

まさに、「ガーネットブラック」が最先端のボディカラーといえるのではないでしょうか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク