新型ミライ―ス (2017年) 色・カラー紹介!人気カラーは?

5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ミライ―ス (2017年) の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型ミライ―ス (2017年) の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

低価格・低燃費で好評博す「ダイハツ・ミライース」がモデルチェンジを行いました。

優れた燃費性能はそのままに、エクステリアデザインの変更、最新の安全装備搭載など、話題が多いモデルチェンジとなっています。

ここでは、そのモデルチェンジのあらましと、カラーバリエーションなどについてご紹介します。

軽自動車をご検討中の方、参考にどうぞ。


スポンサーリンク

新型「ミライース」、カラーバリエーションは?

01_05[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」ではボディカラーも豊富に用意されています。

先代型でイメージカラーとなっていた「スカイブルー」はメタリック塗装となり、新色となっています。

この他、「マゼンタベリー」「レモンスカッシュ」「スプラッシュブルー」など新色をそろえ全9色となっています。

さらに、従来型「ミライース」で一時期見られたようなルーフをブラックとした2トーンパックは、今のところは用意されておりません。

◆(新色)スカイブルーメタリック

14_01_01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆(新色)レモンスカッシュクリスタルメタリック

・G”SAⅢ”、X”SAⅢ”のみの設定となります。

14_01_02[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆(新色)マゼンタベリーマイカメタリック

・B”SAⅢ”/Bには設定されておりません。

14_01_03[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆(新色)スプラッシュブルーメタリック

・G”SAⅢ”、X”SAⅢ”のみの設定となります。

14_01_04[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆プラムブラウンクリスタルマイカ

メーカーオプション、21,600円高となります。

・B”SAⅢ”/Bには設定されておりません。

14_01_05[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆ブラックマイカメタリック

・B”SAⅢ”/Bには設定されておりません。

14_01_06[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆パールホワイトⅢ

・メーカーオプション、21,600円高となります。

・B”SAⅢ”/Bには設定されておりません。

14_01_07[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆ブライトシルバーメタリック

14_01_08[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

◆ホワイト

・L”SAⅢ”/L、B”SAⅢ/Bのみの設定となります。

14_01_09[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

eco01[1]

モデルチェンジからおよそ2か月が過ぎ、街中で新型「ミライース」をよく見かけるようになりました。

ボディカラーは「スカイブルーメタリック」が多く見かけます。

また、ダイハツ公式HPでも”イメージカラー”として、「スカイブルーメタリック」が採用されています。


スポンサーリンク

新型「ダイハツ・ミライース」、モデルチェンジ!!

01_03[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ダイハツ・ミライースは、2011年、燃費性能を追求したセダンタイプの軽自動車として登場し、今回、2代目へとモデルチェンジしました。

新型の開発にあたっては、従来モデルが備えていた高い経済性の加え、軽ユーザーが重要視する「こだわり・安心・品質」について配慮され、優れた燃費性能を保ちつつ、動力性能や快適性を改善したり、各グレードに運転支援システム「スマートアシスト」の最新バージョンを設定するなど、低燃費、低価格にとどまらない「プラスアルファの魅力」が付け加えられました。

design_tmb_paragraphImg01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」は車両構造から一新しており、現行型「ムーヴ」から導入が進められている、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用し、車体への入力をボディ全体で受け止める構造とすることで、部品点数の削減と軽量化、衝突安全性の向上、ボディ剛性の強化を実現しています。

さらに、タイヤメーカーと共同開発した、”国内最軽量”の13インチタイヤの採用や、ブレーキ、サスペンション、ステアリング機構の軽量化、フロントフェンダーやバックドアへの樹脂パーツの採用、ないそうぶひんのごうりかなどにより、車両全体で従来モデルより80kgの軽量化を実現しています。

さらに、空力性能を向上させたボディ形状や、KF型の3気筒エンジンでは、メカニカルロスの低減を追求することで、クルマ全体を通して燃費抑制の工夫がなされています。

一方で、動力性能や快適性についても重視し、パワープラントについては、アクセル開度に対してリニアに駆動力が発生し、加速性能を高めるためにエンジンとCVT制御などが変更されていまた。

また、足回りでは快適な乗り心地と高速走行時の操縦安定性を考慮して、アーム形状やブッシュ、ダンパー、スプリングの特性などを最適化し、上級グレードの「G」「X」には、KYBと共同開発した超飽和バルブ採用の専用ダンパーが装備されています。

さらに、ボディ各部への級遮音材の最適配置などにより、走行時の騒音も低減しています。

注目の燃費は、JC08モードでFF車が34.2~35.2km/L、4WD車で32.2km/Lを実現し、運動性能や快適性を高めつつ、従来モデルとほぼ同等の燃費性能を実現しています。

01_06[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新しい車両構造の採用は、パーッケージングの改善にも貢献し、室内長及び前後席距離の拡大によって、大人4人がしっかり乗れる空間が確保されたほか、アクセルペダルやステアリングホイールの位置を見直すことで、自然なドライビングポジションを実現したほか、新開発のシートは乗り心地やホールド性に優れるだけでなく、着座位置の最適化により前方上方視界の改善と、ゆとりある頭上空間を確保しています。

safety_img02[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

装備については、最新バージョンのステレオカメラ&ソナー方式の運転支援システム「スマートアシストⅢ」が採用され、従来モデルに搭載されていた「スマートアシスト」から飛躍的に機能が向上しました。

衝突警報や自動緊急ブレーキが車両だけでなく歩行者の感知が可能となったほか、その作動速度域が大きく拡大し、誤発進抑制制御機能については、前進時だけではなく後進時にも作動するようになりました。さらに、新機能として、車線逸脱警報、オートハイビームなどが追加されています。

この他、軽自動車としては初めてフロント2個、リア2個のセンサーからなるコーナーセンサーを「スマートアシストⅢ搭載車」に標準装備するとともに、こちらも軽自動車初という電気式バックドアオープナーや、上級グレードに装備される新開発のLEDヘッドランプ、TFTマルチインフォメーションディスプレイなどが用意されています。

ラインナップと車両価格は次の通りです。

13_01_01_photo[1]

・B

2WD

842,400円

4WD

972,000円

・B”SAⅢ”

2WD

907,200円

4WD

1,036,800円

・L

2WD

874,800円

4WD

1,004,400円

・L”SAⅢ”

2WD

939,600円

4WD

1,069,200円

・X”SAⅢ”

2WD

1,080,000円

4WD

1,209,600円

・G”SAⅢ”

2WD

1,209,600円

4WD

1,339,200円


スポンサーリンク

まとめ

main01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

色彩豊かな9色がラインナップされている新型「ミライース」、お好きな色はありましたか?

優れた燃費性能はそのままに、よりスタイリッシュに変身した新型「ミライース」は、最新バージョンの「スマートアシストⅢ」を装備して、好調な売れ行きを示しています。

街乗りで、長距離ドライブで、さまざまなシーンで活躍する「ミライース」、これからの動向に目が離せません。

カラーに関しては、一番個性が出せる場所なのではないでしょうか?そこに、こだわりを持ってしまうとオプションカラーを欲しくなったり、インテリアにもおしゃれを求めたりしたくなります。

そんな時に気になるのが、オプション価格です!そのオプション価格、値引きでカバーしてみませんか?

是非、こちらをご覧になってお得に、おしゃれなあなたが求めたミライースを手に入れてみてはいかがですか?

新型ミライースの値引きの方法については、

「新型ミライース 値引き術!」で詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう