新型セレナ 車中泊アイテム!

PFA02

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型セレナの車中泊の快適さが注目されています。

こちらでは2017年の新型セレナの車中泊の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。


スポンサーリンク

2017年の新型セレナって?

708_dl0000610582-2

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/708_dl0000610582.jpg

日産自動車の人気車種、セレナ。

2016年の8月にフルモデルチェンジをしてから、再び注目を集めています。

「RJCカーオブザイヤー」という、自動車ジャーナリストらが1年間に国内で発売されたクルマの中から最も優れたクルマを投票をご存知の方も多いかと思いますが、2016年のカーオブザーイヤーに、この日産セレナが選ばれました。

最新型のフルモデルチェンジ、新型「セレナ」は、室内の広さや使い勝手、快適性、更に今回初搭載となる同一車線自動運転技術「プロパイロット」が特徴。

発売してから5ヶ月ほど経ちますが、非常に好調のようです。


スポンサーリンク

新型セレナの「プロパイロット」とは?

65_dl0000618142

引用:http://www.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/65_dl0000618142.jpg

新型セレナ=「プロパイロット」と言う印象も強いはず。

しかし、このプロパイロットとは一体どのようなものなのでしょうか?

有名自動車サイト情報によると、

“プロパイロットは、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術である。

渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカー初の技術。”

また日産公式情報によると

“高速道路の渋滞走行や長時間の巡航走行時に感じていたストレスを大幅に低減し、今まで以上に家族全員でロングドライブを楽しめるミニバンを実現した。”

とのこと。

つまり、ハンドル、ブレーキ、アクセルを自動操縦してくれる機能を搭載し、渋滞時でもより快適にドライビングが楽しめるようになったようです。

これはとても頼もしいですね。


スポンサーリンク

日産セレナは車中泊に向いている?

708_dl0000610579

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/708_dl0000610579.jpg

車内がとてもゆったりのセレナ。

もちろん、車中泊にはぴったりです。

それもそのはず、広々空間が売りのミニバンであるセレナ。

専用の車中泊グッズもたくさん登場しています。

車中泊をする際におすすめのグッズや、あると便利なオプションなどをご紹介します。

専用のアイテムを揃えて快適に車中泊を楽しみましょう!

オススメの車中泊グッズ1

82_dl0000618724

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000618724.jpg

○ロールサンシェード

82_dl0000618984

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000618984.jpg

日差しが眩しい時などにサッとお手軽にシャットアウトできる便利グッズ。

完全に視線や日光を遮るわけではありませんが、ちょっとした休憩時などにはお手軽に引き出せます。

こちらは標準装備ですので、車中泊の際に是非とも役立てたいですね。

○マルチシェード

ms_thumb3

引用:https://www.aizu-rv.co.jp/img/store/ms_thumb3.jpg

オールシーズン活躍する高断熱シェードです。

寒さや暑さを防ぐだけでなく、気になる視線からも車内をしっかりガードしてくれます。

車中泊の防寒・防熱対策はもちろん、車内での着替えやPAでの仮眠、車上荒らし対策としても有用なので、是非装備しましょう。

○防水シート

lp-c26serena03

引用:http://image.rakuten.co.jp/felice-vita/cabinet/sc/lp-c26serena03.jpg

こちらはセレナのオプションになります。

クロスギアパッケージを選べば、シートが防水のものになると言うもの。

マリンスポーツやウインタースポーツで濡れたまま車に乗っても安心!

アウトドア利用を考えている方は装備を検討してみてください。

メーカーオプション価格は86,400円です。(日産公式サイトより)

○インナーグリーン

airakon_1

引用:http://車のトラブル原因対策.biz/wp-content/uploads/2015/10/airakon_1.jpg

※画像はイメージです。

こちらもセレナのオプションで、プラズマクラスター搭載オートエアコンを装備できます。

菌の抑制やにおいの低減などに効果があり、さらにビタミンCを放出する事により肌や髪のうるおいを保ってくれる嬉しい効果も!

車中泊をする際も清潔さは気になります。

特にお子さんがいる家庭ならば是非とも備えておきたい装備なのではないでしょうか。

オプション価格は97,200円~162,000円です。(日産公式サイトより)

LEDヘッドランプなどがセットのものは価格が高くなっているので、実際に日産のサイトで確認してみてくださいね。

○パノラミックルーフ

017_o

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/637699/017_o.jpg

こちらもセレナのオプションで選択可能。

車中泊の際に星空を眺めることができます。

このオプションが付くことで、セレナでの車中泊がより楽しめること間違いなし。

開放感のある車中泊を楽しみたいならオススメです。

メーカーオプション価格は86,400円です。(日産公式サイトより)


スポンサーリンク

車中泊の際に注意したいこと

Exif_JPEG_PICTURE

引用:http://dubairider.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/06/09/bed.jpg

以上、日産セレナの車中泊オススメグッズのご紹介でした。

車中泊をする際、注意点したい点がいくつかあります。

駐車場所は、夏場特に注意が必要!

エアコンを常時つけたいところですが、エンジンを付け続けると騒音や排気ガスの問題があり、これは車中泊する上でのマナー違反になってしまいます。

極力、風通しの良い涼しい日陰に駐車するようにしましょう。

また車中泊は、時期や季節によらず常に防犯上の問題があります。

まずは車内を外から見えないようにするのは何よりの対策。

今回ご紹介したマルチシェードもオススメです。

そして、体調管理。

直射日光は絶対に避けるようにし、こまめに換気すること。

夏場は特に危険で、脱水症状や熱中症を引き起こす可能性があります。

こまめに水分補給をしましょう。

車中泊の際は服装も注意です。

特に夏の車中泊の際は、通気性がよくあまり密着しない服装を。

横になる際に寝汗をかいても、通気性の良い服であればすぐに汗が乾き、夜を快適に過ごせます。

もしも冬に車中泊をする場合、注意すべきなのは、やはり寒さ。

寒さ対策を怠ってしまうと、快適に車中泊を過ごせないだけではなく、その後に風邪をひいたりなど、体調を崩してしまう恐れがあります。

これらのことに気をつけると、車中泊がうんと快適で楽しくなりますよ。

まとめ

日産セレナの代名詞といっても過言ではない車中泊。

日産セレナ購入をご検討の方は、是非車中泊も視野に入れてみてください。

きっと、車の新しい楽しみ方が見えてくるはずです。

ますます購入意欲は高まっていくと思いますが、勢いだけで購入すると後悔が残るかもしれません。

新型セレナの値引きの方法については、

「新型セレナ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしていただき、落ち着いてお得に新型セレナを購入しましょう。

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/708_dl0000610578.jpg


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう