新型メルセデスベンツ GLA 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型メルセデスベンツ GLAの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型メルセデスベンツ GLAの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

2016年、日本国内で年間販売された乗用車(新車、軽を除く)の数は3,244,798台。そのうち、輸入乗用車は294,060台にも及びます。

実は、これはダイムラーやVW、BMWといった海外メーカーの乗用車の台数です。これに加え、33,547台もの”日本メーカーの海外生産車”が加わると、327,607台の輸入車が2016年に売れたことになります。

日本で売れる新車は、10台のうち1台が輸入車。その中で最も台数を伸ばすメルセデス・ベンツ。67,378台とは、なんと三菱自動車(30,887台)の2倍以上なのです!


スポンサーリンク

GLA 180:398万円。ドイツで買うといくらになる?

img_gla180

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/price/

メルセデス・ベンツを”高く買う”国、と言えば中国、シンガポール。特に中国では輸入車に対しての関税(25%)、付加価値税(17%)、消費税(排気量で異なる)、認証制度料などを加えると、車両価格の70%近くも費用がかかります。

これにディーラーの手数料が発生し、1,000万円のクルマが3,000万円近くになることもあるのです。

ドイツ本国での GLA180 の価格は:28,940.80ユーロ。日本円では約380万円となります(1ユーロ=132円換算)。ここには4,620ユーロの付加価値税(VAT)も含まれており、計算すると16%の税金(付加価値税)が掛けられていることがわかります。

高い付加価値税を外したGLAのドイツ金額は、321万円。これに日本の消費税8%を加えれば347万円。これを398万円で販売しているわけですから、51万円もの”+アルファ”が生じています。

FotoFlexer_Photo

引用:https://response.jp/article/2015/04/13/248858.html

これが運送代や人件費、諸経費、ディーラーの取り分(の一部?)などになるのです。つまり、ざっくりと言えば、GLA180は347万円相当のクルマ…と考えればよいわけです。

ちなみに、中国のメルセデス・ベンツサイトでは271,800元、日本円では456万円(1元=17円換算)の表示。そんなに高くない?と思われるかもしれませんが、それもそのはずGLAは2015年から中国生産。輸入関税はかからないのです。それでもオプション付きで、すぐに500万円以上の価格となります。

iris

↑ドイツ車と言えば、やはりVWゴルフはナンバーワンの販売台数。コンフォートラインはベーシックモデルの次に位置している。

引用:https://www.volkswagen.de/app/konfigurator/vw-de/de/der-golf/30315?page=trim

比較対象として、VWゴルフのコンフォートライン(1.2L)を出しましょう。日本では279万円ですが、ドイツ本国では税抜きで230万円台。日本車ではトヨタ・オーリスが262万円でハイブリッド仕様が購入できる価格です。

となると…メルセデス・ベンツはやはり日本車やVWに比べても乗り出し価格で既に70万円ほどは高い(ざっくりですが…)ことになります。そのため、ドイツ本国でもベンツはシェアが10%に行くかどうか…というのが実態です。

GLAを買う、それも180を買う…ということは、メルセデス・ベンツの歴史、技術、価値観、価格設定の意味などを全て飲み込んで買う必要があります。オプションが50万、70万となっているのは、そもそも398万円だけではこのクルマは”買えない”ということなのです。


スポンサーリンク

GLA 220 4MATIC:449万円

img_gla220_4matic

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/price/

GLA180が398万円から、このプライス設定で”300万円台から買える”と思わせるマーケティングに「やられた」方も少なくないでしょう。400万円ジャスト、と398万円ではかなりイメージが違います。

400万円程度の予算でクルマを考えていた方が、ディーラーに行く。クルマを試乗して気に入ったがオプション云々を付けると450万円以上…

「それなら、最初からベーシックパッケージの付いている200はいかがでしょうか?」とディーラーに勧められるGLA200は2.0L。

mercedes-benz-gla-2017-interior

引用:http://www.automobiledimension.com/photos/interior/mercedes-benz-gla-2017-interior.jpg

1.6Lの180がFFであるのに対し、200は4WD。その他には、31万円分のベーシックパッケージが標準装備…GLA200が売れる理由はそこにあるようです。

■ベーシックパッケージARTICOシート
-クライメートコントロール(左右独立調整)
-バナジウムシルバーペイント18インチ5スポークホイール
-シルバールーフレール
-シルバーバンパー
-レザーARTICOドアパネル
-ブロックデザインアルミニウムトリム

クルマを買う際の大きなポイントは、見た目のかっこよさもありますが、ドライビングポイントやシート。特にベンツ購入者の多くが出来のよいシートに満足されています。

ネット口コミでも、クルマの剛性や走りのよさは個人差があっても、シートの質だけはまず本音が語られています。200は本革シートですが、ファブリックでも座面・背面の反発力やカラダの包み込みは変わりません。ただ、革のにおいが苦手…という方は180にしておく方が無難でしょう。


スポンサーリンク

GLA 250 4MATIC:513万円(受注生産)

img_gla250_4matic

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/price/

パノラミックスライディングルーフ、メモリー付フルパワーシート[前席]、電動ランバーサポート[前席]、トランクスルー機能…この4つ(以外にも注目点はありますが)が大きなアドバンテージとなっている、250。

もちろん、エクステリアではアルミホイールが”18インチ・ブラックペイント5ツインスポーク”であることも良し。メルセデス・ベンツらしい…といえば、やはりこの250とみてよいのではないでしょうか?

500万円台となると、諸経費込みで550万円?と思われるかもしれません。でも、長距離ドライブではランバーサポートがあると、肩こりや腰の疲れが解消されやすく、後席はアームレストもあって4人掛けなら皆満足。

コンパクトサイズながら、大人4人がしっかり乗れてクルマもがっちり、シートもよしとなればミニバンにお金を掛けなくともよい!そういう方にはおすすめのグレードでしょう。


スポンサーリンク

Mercedes-AMG  GLA 45 4MATIC:792万円

img_gla45amg_4matic

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/price/

先進性と安全性で、メルセデス・ベンツを選ぶ方は多いでしょう。自動運転技術や安全面の技術はやはりドイツがいい…そういったネットでの口コミも少なくありません。

ですが、ここで敢えて言いたいのは”ブレーキ技術”。これはドイツ車全般に言えることですが、ブレーキ性能が優れているのは運転環境に依るところが大きいのです。

FotoFlexer_Photo

↑環境にやさしい、エコ走りで燃費競争…そればかりではつまらない、そんなエンスージアストには、AMGは”アドレナリン逆流”のモデルだ。サーキットを走ると思えば、この価格は安いのかも?

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/amg/

ドイツ車は、メルセデス・ベンツからVW、BMW、そしてオペルに至るまで”急ブレーキ回避”が優れています。ブレーキは単に制動力の善し悪しが議論されがちですが、200km/hからいきなりストップすると同時に、車間距離の狭い街中ドライブでのブレーキングはもっと大事でしょう。

ブレーキペダルの急踏は、追突事故の原因にもなります。が、踏み込みは強いものの、穏やかに止まる技術は素晴らしいものがあります。昨今の日本車もかなりそこに力を入れているのです。

FotoFlexer_Photo

↑AMG強化ブレーキシステム&レッドブレーキキャリパー。制動力だけではない安心さが魅力。

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/amg/

●日本はクルマの価格が高い、諸税が多すぎる…そういった声がよくあります。が、よくよく考えると欧州は付加価値税が高く、クルマの盗難も多い。

アメリカほどではありませんが、日本でのベンツ購入費用もだんだんと低くなっているのは事実。中国でかなり儲けている世界のメーカーは、諸外国で価格ダウンさせている傾向なのです。

とはいえ、お得な買い方はやはりタイミング。試乗車狙いも含めて、ディーラーに通うのがよいでしょう!

新型メルセデスベンツGLAの値引きの方法については、

「新型メルセデスベンツGLA 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にメルセデスベンツGLAを購入して下さい。

FotoFlexer_Photo

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/32c86ade3aef65823bfa4d1c4c15a500/204815153/2018-mercedes-benz-gla250-3-1.jpg


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう