新型スイフトスポーツ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

swiftsport_1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型スイフトスポーツの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型スイフトスポーツの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

スズキ車が最も売れている地域は、インド。2017年の4月〜9月ではインドで82.6万台を販売。日本では32万台、欧州では13.9万台…とやはりインドでの販売台数の多さが目立ちます。

インドでもスイフトスポーツについて関心が高いようですが、不満が高いポイントがひとつ、それが”発売の遅れ”です。早く発売して欲しい……という声が高いのです!


スポンサーリンク

MTモデル 価格

MTモデルは3グレード。

■ベースモデル
■+セーフティパッケージモデル
■+セーフティパッケージ +全方位モニター用カメラパッケージ

に分かれています。

ベースモデルとの価格差は、
+86,400円 → セーフティP
+144,720円 → セーフティP、全方位モニター用カメラP

となります。

FotoFlexer_Photo

引用:https://cdn.images.express.co.uk/img/dynamic/24/590x/Suzuki-Swift-Sport-2017-832379.jpg

MT:1,836,000円

ベースモデル

MT:1,922,400円

□セーフティパッケージ
・デュアルセンサーブレーキサポート
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール
・リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

MT:1,980,720円

□セーフティパッケージ
□全方位モニター用カメラパッケージ
・フロントカメラ
・サイドカメラ(左右)
・バックカメラ
・フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー
・ステアリングハンズフリースイッチ

FotoFlexer_Photo

引用:https://response.jp/article/img/2017/09/13/299711/1222533.fullscreen.html


スポンサーリンク

ATモデル 価格

ATモデルも3グレード。

■ベースモデル
■+セーフティパッケージモデル
(ただし、誤発進抑制機能が追加)
■+セーフティパッケージ +全方位モニター用カメラパッケージ

に分かれています。

ベースモデルとの価格差は、
+86,400円 → セーフティP
+144,720円 → セーフティP、全方位モニター用カメラP

となっており、MT車と同じ価格差に設定されています。

FotoFlexer_Photo

引用:https://www.autoevolution.com/news/2018-suzuki-swift-sport-previewed-ahead-of-frankfurt-motor-show-debut-119634.html#agal_4

AT:1,906,200円

ベースモデル

AT:1,992,600円

□セーフティパッケージ
・デュアルセンサーブレーキサポート
・車線逸脱抑制機能
誤発進抑制機能 → AT車専用機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト機能
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール
・リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

AT:2,050,920円

□セーフティパッケージ
□全方位モニター用カメラパッケージ
・フロントカメラ
・サイドカメラ(左右)
・バックカメラ
・フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー
・ステアリングハンズフリースイッチ


スポンサーリンク

セーフティパッケージのキモは?

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.inautonews.com/2017-frankfurt-motor-show-suzuki-swift-sport/suzuky-swift-sport-iaa-frankfurt-2017-08

安全性能はカメラアイ+レーザーレーダー

スポーツシフトでも、安全性能が高い……これは当たり前のこと。スイフトスポーツは、ノーマルスイフト同様のシステム搭載で、単眼カメラ+レーザーレーダーを装備しています。

デュアルセンサーブレーキサポート
……近距離、夜間の検知に優れたレーザーレーダー&中・長距離に強く歩行者も認識する単眼カメラによるシステム。大まかには以下の通りです。

・前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能(自車 約15〜80km/hで作動)
・自動ブレーキ機能(約5〜100km/hで作動)
・車線逸脱警報機能(約60〜100km/hで作動)
・ハイビームアシスト機能(30km/以上で作動)
・車線逸脱抑制機能(約65〜100km/hで作動)

これらは、対自動車と対歩行者では作動時速が変わります。ただ、この機能はぜひ付けておいて損はない装備といえます。街乗りがメインの場合はなおさらあると良いでしょう。

asv-1

引用:http://sp-suzukicar.jp/car/swiftsport/safety/img/asv.gif


スポンサーリンク

エアバッグシステムは、カーテンエアバッグと胸部エアバッグのセット

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.inautonews.com/2017-frankfurt-motor-show-suzuki-swift-sport/suzuky-swift-sport-iaa-frankfurt-2017-07

標準装備されている、運転席・助手席SRSエアバッグ以外に、側面衝突時に頭部衝撃を和らげる SRSカーテンエアバッグ と胸部の圧迫を軽減する フロントシートSRSサイドエアバッグ が設定されています。

FotoFlexer_Photo

引用:https://response.jp/article/img/2017/09/13/299711/1222536.fullscreen.html

全方位モニター用カメラパッケージとは

もうひとつのパッケージ、全方位モニター用カメラパッケージは駐車時のバックや幅寄せに便利な機能。ナビシステムを搭載することが条件です。

FotoFlexer_Photo

引用:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/garage.production.assets/materials/news_contents/2017/07/28/19/DSC_6087.jpg

カメラは、フロントグリル・ドアミラー左右・バックドアの計4カ所に設置、上空から見ているような俯瞰画面も画像として見ることが可能です。

マンションなどの駐車場や、付近に子供やお年寄りがいないかどうかも確認でき、便利な機能です。モニターは7インチか8インチが標準形となっています。

高速走行でのクルーズコントロールは?

アダプティブクルーズコントロール(ACC)=セーフティパッケージ

高速走行での車間の詰まりや開きはドライバーのストレスを増大させます。そこで、アダプティブクルーズコントロールで自動加速・自動減速が 約40km/h~約100km/h で設定できます。

ミリ波レーダーによって、あらかじめ車間距離を3段階(短・中・長)に設定し、ステアリングのスイッチで作動が可能となります。

img15

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/comfort/

新型スイフトスポーツはパッケージを2つ付けても200万円ほど。走りはベースモデルもパッケージ装着車も変わりありません。走りは実車で試してみて、あとは気に入ったオプションを付け加えていきましょう!

新型スイフトスポーツの値引きの方法については、

「新型スイフトスポーツ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にスイフトスポーツを購入して下さい。

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.carblogindia.com/new-maruti-swift-sport-india/new-maruti-swift-sport-images-front-angle-top-view-1-min/


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう