新型エスクァイア 納車ブログまとめ!

エスクァイア

新型エスクァイアの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型エスクァイアの納車に関するブログのデータをまとめています。購入の際の参考にしてくださいね。

d19965-1-580284-5

引用:http://prtimes.jp/i/19965/1/resize/d19965-1-580284-5.jpg







納車ブログ1  男性

megane_man

引用:http://2.bp.blogspot.com/-lpJ_Sd6O4pA/U2ssJDuF2sI/AAAAAAAAf_8/Bu9GOZGgzSg/s800/megane_man.png

先週の水曜日にエスクァイアが納車され、一週間経ちました。

土曜日には実家まで高速で往復し、350kmほど走りましたので、その印象をご紹介します。

まずは期待を外れたところですが、

・高速道路では静かでは無かった。
試乗で一般道をゆっくり走った時は、その静かさに驚きましたが、高速道路では「高遮音性ガラス」の効果が全く無いなというくらい普通に煩いです。

・急な坂は割と苦手
ガソリンエンジンとしては1800ccで99psしかありません。そのせいか、かなりガバってアクセルを踏まないと坂道登りません。

・意外に燃費が伸びない
車の燃費計で14km/lくらいです。。

良かったところでは、
・違和感なく乗れる
セレナを運転した時のような、体に馴染まない感じは全くありません。

・一般道では、本当に快適
静かですし、ハンドルも良く切れ、とても運転しやすいです。

・Bレンジの操作感が良い
微妙にスピードをコントロールしたい時、60ノアではSDボタンを使っていました。

エスクァイアにはSDボタンがありませんが、Bレンジを使うと、程よくスピードが落ちて、良い感じです。

まだ使っていない機能なんかもありますので、また印象が変わるかもしれません。

納車ブログ2 女性

hair_short_woman

引用:http://3.bp.blogspot.com/-IjSfYtEWuf0/VixB5uVEUyI/AAAAAAAA0GY/8rLnYX4Yk5s/s800/hair_short_woman.png

2月吉日やっと来ました。

契約して約3ヶ月して、待ちに待ったエスクァイアがやってきました。

イケメーンエアロもバッチリ。

LEDラインライトも付けた。

燃費もかなりいいさすがハイブリッド。

街乗りでもℓ18くらいのびる。乗り心地もバッチリ。

お気に入りは10インチのナビ!

ALPINEを付けました!

本当に妥協しなくて良かったぁ。

シートもレザーで高級感抜群。

しかも温熱シートであったかい。

週末はピッカピカにしてお出かけするぞ。

あと、ホイールとライトを変える予定です。

納車ブログ3 男性

sensya_man-2

引用:http://3.bp.blogspot.com/-JxFu2l7P4rw/UnIESMbs7oI/AAAAAAAAaBs/QuGwXDgV9cw/s800/sensya_man.png

昨年暮れ、帰省の二日前と言うタイミングでくだんのエスクァイアが納車と相成りました。

違和感ありまくりなのがプリウス譲りの「あのシフトノブ」操作感はどこまでも頼りなく、どうかするとDレンジとRレンジを間違えそう(このクルマ、DとRのポジションが向かい合わせになっています)

おまけに停車後は「このままエンジンを切って大丈夫だろうか?」とか毎回悩みます。

img_cockpit_2_l

引用:https://gazoo.com/car/newcar/special/esquire/PublishingImages/cockpit/img_cockpit_2_l.png

メータ類が見やすくなっているのは好いとして、エアコンの操作ボタンの多さにも唖然としました。

「HV車なのにACコンセントもUSB端子もない」のには驚きました。

前の震災以来確かトヨタは今後出るすべてのHV車にACコンセントをつけると言っていたのでエスクァイアも当然そうなっていると思っていたのです。

そのくせ原則一部の携帯にしか使えない「置くだけ充電」とやらはしっかり標準装備。

また、同じGiグレードでありながら、特にAVシステムを中心に「ガソリン車の方がHVより充実装備」なのはどうかと思いました。

何しろHVには最近はやりの「全周囲モニタ」が選べなかったり「ステアリングスイッチが音量しか操作できない」とかこちらもかなりちぐはぐです。

しかしエンジン音はエスティマに比べてかなり耳障りさが軽減されましたし、モータもアシスト量が増えているのか発進時からのスムーズさはなかなか重厚です。

carlineup_esquire_performance_engine_2_01_pc

引用:http://toyota.jp/pages/contents/esquire/001_p_002/image/performance/engine/carlineup_esquire_performance_engine_2_01_pc.png

ここだけ取ればカタログでいう「高級車」ぽい処は確かに感じました。

一方でそのせいか回生ブレーキは「いかにもエレキで停めてます」的なフィールでここはエスティマより違和感を感じました。

ここはクルマというよりも電車的でインバータノイズなのか最近の京急並みに歌でも歌いかねない音を微かながら出します。

このクルマはHV用のバッテリを運転席の下にマウントする形式に改めています。

初代エスティマHVのラゲッジルーム下、現行エスティマのフロアコンソール内に比べると実用性を犠牲にせずにバッテリが搭載できただけでも大変な進歩です。

車体感覚は完全に5ナンバーサイズな上に相当にスクエアなボディ形状なのでかなり見切りは良い方です。

最もここに関する限り、このカテゴリはセレナを選んでもステップワゴンを選んでも似たようなものなのですが。

それでもカッコ優先で絞り込みが強いエスティマよりも確実に広々感はあります。

特にフロントの三角窓の面積はかなり広く、低い位置なので見た目以上に視界が広い印象です。

シートアレンジはもっともこの車の進化しているところで、2列目のキャプテンシートは80センチ以上のロングスライド、通常位置なら横方向にもスライドする芸達者ぶり。

081_o

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/081_o-1-e1468317658761.jpg

シートの造りはエスティマのそれよりもやや貧乏くさいですが許容範囲です。

ただ、床が前方に向かって傾いた形状なのでディーラーOPのオットマンがないと落ち着かないかもしれません。

インテリアについては・・・「覚悟はしていました」としか言いようがありません。

合成皮革のシートはとにかくつるつるし過ぎで落ち着かず、これがインパネやドアトリムにまで使われているのですからその趣味性は推して知るべしです。

インパネのメッキパーツ加飾についてもご同様。

「好きな人にはたまらないでしょう」としか言いようがありません。

ただ、標準装備のシートヒータの威力はこの季節には絶大なものがありました。

これなら一人乗車時にはエアコンはいらないのではないかと思えるほどです。

納車ブログ4 女性

car_woman01_smile

引用:http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=女性%E3%80%80車+イラスト&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D78%26st%3D2372

ついにエスクァイアがやってまいりました!

はじめての新車購入です。

エスクァイア ハイブリッドGi 特別仕様車 ブラックテーラードの白!

なんかすごく大きく感じるけど実際ティアナよりは車幅も狭いし長さも短いよね。

ちょっと母さんも試しに運転したけどとにかくハンドルが軽い!

あとは小回りが意外にきく!

見晴らしがかなりいい!

とにかく走り出しが静かでスムーズ!

ティアナとの違いが山盛りです。

ハイブリッドやっぱ違うね。

carlineup_esquire_grade_grade1_2_01_pc

引用:http://toyota.jp/pages/contents/esquire/001_p_002/image/grade/grade1/carlineup_esquire_grade_grade1_2_01_pc.png

まとめ

実際に納車した人の感想をまとめてみると、良かった点としては、一般道での快適さ、発進時のスムーズさ、Bレンジの操作感の良さ、女性でも運転しやすい小回りの効きなどがありました。

またイマイチだった点としては、高速道路を走る際のうるささ、急な坂の走りが大変さ、インテリアのチートさなどがありました。

燃費や走っているときの音については賛否両論ありました。納車前に一回自分の目でしっかり確認してみるのが良さそうです。

オプションをつけてでも、納車を心待ちにしていてくれる家族に何かしてあげたいですよね?

そこで、オプション代をカバーできるほどの値引きを頑張ってみてはいかがですか?

ぜひこちらをご覧頂き、家族円満のエスクァイアを勝ち取ってみてはどうでしょうか?

新型エスクァイアの値引きの方法については、

「新型エスクァイア 値引き術!」で詳しく解説しています。

エスクァイア右前

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/07/82ce40ef4f8ca429c06ab37504e56ef5-e1468317818197.png