新型タント カスタム 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

タント カスタム

新型タント カスタムの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型タント カスタムの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。







タントカスタムのスタイルは

タントの派生スタイルのタントカスタム。

タントはファミリー向けのイメージが強いですが、カスタムはどんなイメージなのでしょう。

見た目はこちらの通りです。

normal
引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/normal.jpeg

タントよりもいくらか顔付きが引き締まった印象があります。

ちなみにタントはこちら

DA_S006_F003_M001_1_L

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/DA_S006_F003_M001_1_L-e1473236774646.jpg

そう思わせるのはクルマの目とも言えるヘッドライトの形状が違うためです。

タントにあった丸いイメージが、タントカスタムにはありません。

フロントグリル周辺のパーツもシルバーが多用されており、ボディーカラーがブラックでは映える一方で、ホワイトではやや落ち着いた印象となります。

組み合わせるボディーカラーによっても印象はガラリと変わります。

タントカスタムにはどんなグレードがあるのか

タントカスタムでは基本的グレードとして、ベーシックな「X」と、スポーティな「RS」の2種類が用意されています。

ここから更に「SA II」と、内外装に特別装備を施した「トップエディション SA II」へと派生していき、計6タイプになります。

 

○「X」の魅力

03_grade03

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/03_grade03-e1473237663712.png

Xの口コミには、

「インテリア・エクステリアともに高級感があり、装備が充実している」

「値段は決して安くはないのですが、それに見合うだけの装備内容です」

と、装備やエクステリア・インテリアに魅力を感じているものが多いです。

確かに、下のグレードにしては装備が充実しているといえます。

標準装備の数も多く、そもそもタントカスタム自体がタントを基準に様々なものを付け足した車種であるということも理由になっているように感じます。

価格については軽自動車としては決して安くはありません。

しかし、最大5の満足度で4を下回るような口コミがなかなか無く、納得できる範囲であることがわかります。

ちなみに、Xはターボ車はありません。

○「RS」の魅力

0080000500201410.05

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/0080000500201410.05-e1473237430279.jpeg

RSの口コミには

「ターボなので走行のストレスが無く、坂道・高速道路でもスムーズ」

「力強くなめらかな加速性能で満足している」といったものが多くありました。

RSではターボエンジンについて言及する口コミが多く、その口コミが軒並み高い評価になっています。

満足度もエンジン性能や走行性能に関しては満点を出している人が多いです。

RSの魅力は、基本的にはXと変わらないですが、高級感のあるインテリアにエクステリアと充実した装備内容が魅力です。

そこにターボエンジンが加わったことにより、ストレスフリーとなり、元々備わっていたタントカスタムの魅力が引き立てられる形になっています。

○SAⅡの魅力

03_grade02

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/03_grade02-e1473238547522.png

SAⅡとそれぞれの基本グレードとで変わっているところと言えば、スマートアシストⅡのみになります。

スマートアシストⅡの口コミにには、

「スマートアシストの止まる制動スピードをもう少し上げて欲しい、今ではまだ不十分」と不満を述べる口コミが見つかりました。

SAⅡを買っている人は多いのですが、実際に口コミを見ていると、SAⅡについて言及している人は少ないです。

それは何故かというと、この機能が作動するということが滅多に無いからです。

万が一のための安全装備なので、身をもって体感した人が少ないのです。

基本的にはあまり必要なものではありませんが、実際はタントカスタムの口コミの中で、SAⅡの口コミが特に多いです。

プラスアルファの安全性能と考え購入しているようです。

○トップエディションSAⅡの魅力

03_grade01

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/03_grade01-e1473238608530.png

トップエディションSAⅡに関しては、スマートアシストⅡが付けられただけでなく、エクステリアに様々な変更が加えられています。

そのためか、エクステリアについて満足しているという人が多いです。

口コミを見てみると、

「フロントから見た感じかっこいい」「高級感がある」と、かなり評価が高くなっています。

そもそもエクステリアやインテリアに魅力を感じた人が購入しているので、当たり前ですね。

おすすめのグレード、売れているグレードは?

14_01_03

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/14_01_03-e1473213252512.png

オススメのグレードは、RSです。

大きくて重い車ということで、ターボが無ければパワーに不安が残ります。

ターボ無しでも市街地で普段使いとして使うなら十分かもしれませんが、色々な路面状況で走りたいという人はターボ無しではキツイと感じます。

よって、RSがおすすめなのです。

スマートアシストⅡやトップエディションについては、各々の好みで付けるか付けないかを判断してみてください。


ダイハツ タントカスタムのグレード別 価格

60bc7

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/60bc7.jpeg

では、グレード別にタントカスタムの価格を見ていきましょう。

グレード 燃料消費率 価格(税込)

○RS”トップエディションSAⅡ”  1,749,600円

○RS”SAⅡ”          1,706,400円

○RS              1,641,600円

○X”トップエディションSAⅡ”  1,652,400円

○X”SAⅡ”            1,593,000円

○X               1,528,200円

4WD(CVT)

グレード 燃料消費率 価格(税込)

○RS”トップエディションSAⅡ”   1,873,800円

○RS”SAⅡ”          1,830,600円

○RS               1,765,800円

○X”トップエディションSAⅡ”    1,776,600円

○X”SAⅡ”            1,717,200円

○X               1,652,400円

tanto_custom_m

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/tanto_custom_m-e1473156634100.jpg


まとめ

室内の広さはもちろんですが、何と言ってもタントカスタムの魅力は助手席側ドアの間にあるBピラーのない、大開口にあります。

ボディ剛性や重量などのデメリットもありますが、ドアを開放した際の解放感はタントならではの魅力です。

女性の主婦ユーザーも多いコンパクトカー&ファミリーカーでは、男性が好むスポーティーな内外装は取り入れづらいもの。

しかしタントではファミリー層向けのノーマルタントとタントカスタムをしっかりと差別化して作られているので魅力的ですね。

マイナーチェンジの実施により、タントカスタムはフロントフェイスをリニューアル。さらに精悍さと高級感を増しました。

この機会にぜひタントカスタムの購入を検討してみてはいかがですか?

201310tanto_custom_161-618x425

引用:https://automove.jp/wp-content/uploads/2016/08/201310tanto_custom_161-618×425-1-e1473168692879.jpg

タント・タントカスタム共通の、大きな助手席側。そして広く、運転も楽。

普通のタントよりもかっこいい方に振ったタントカスタムですが、安全装備のあるグレードはどうしても高くなります。

そんな時は、値引きでしっかりとカバーしていきましょう。

新型タントカスタムの値引きの方法については、

「新型タントカスタム 値引き術!」で詳しく解説しています。

自分の好きなグレードのタントカスタムに乗れるといいですね。