ボルボ 新型V40 口コミ評価 評判まとめ

V40

2016年のボルボ 新型V40にはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは2016年のボルボ 新型V40の口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

2013年日本市場に導入以来、2万7千台という販売実績を上げた、ボルボV40がこのたび内外装や安全装備の改良を行いました。

北欧生まれのプレミアム・コンパクトはどのような評価を受けているのか、口コミ・評判などをご紹介します。







北欧生まれのプレミアム・コンパクト新型「V40」とは

v40t5r_gallery051

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

2016年7月、ボルボはプレミアム・スポーツコンパクト「V40」の内外装のデザインや安全装備の一部改良を行い、これまで以上にモダンで洗練された内外装や、世界初の安全技術として導入された「歩行者エアバッグ」を全車標準装備しました。

2013年に日本市場に導入された新型V40シリーズは、ボルボの哲学とテクノロジーを凝縮したプレミアム・スポーツコンパクトワゴンで、そのデザイン、走行性能、先進の安全技術において、世界各国で高い評価を得て、日本では、2016年6月末までに累計で26,974台を販売し、日本におけるボルボの最量販車種で、ボルボブランドを代表するモデルの一つとなっています。

exterior011exterior021

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

今回の改良の特長としては、エクステリアではフロントフェイスを一新し、先ごろ発表された新型「XC90」を思い起こさせるデザインのグリルや北欧神話由来の「トールハンマー」をモチーフにしたT字型のLEDヘッドライトを全グレードに標準装備しました。

新世代ボルボのデザインアイコンを導入し、新型「XC90」より導入を開始したLEDヘッドライトは、北欧神話に登場するトール神(雷神)が持つハンマーをモチーフに横T字型のポジションライトは印象的となっています。

新デザインを採用し、リニューアルされたアイアンマークを中央に配置したエレガントなフロントグリルも、最新のボルボデザインのアイデンティティを継承しています。

t3_momentum1

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボディカラーには、往年の120シリーズを彷彿とさせる新色「アマゾンブルー」やデニムブルーを含む5色が追加されました。

「アマゾンブルー」や「デニムブルーメタリック」のほかには、ルミナスサンドメタリック、マッセルブルーメタリック、R-DESIGN専用色のバースティングメタリックが新たに採用され、豊富なカラーバリエーションとなっています。

interior011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

インテリアでは、2014年ジュネーブショーにてコンセプトカー・オブ・ザ・ショーを受賞したコンセプト・エステートのエッセンスを受け継いだ「シティ・ウィーブ」という、モダンでカジュアルなテキスタイルシートが新たに採用され、インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルが用意されました。

「シティ・ウィーブ」テキスタイルシートをはじめ、本革シートもアンバーをはじめとする新色が採用され、インテリアパネルは、ミドルアルミニウムパネル、ブラックグリッドアルミニウムパネル、R-DESIGN専用アルミニウムパネルの3種類のデザインの異なるアルミパネルが新たに採用され、クリーンでモダンなスカンジナビアンデザインを表現しています。

safety01_21

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

また、ボルボのコアバリューである安全装備については、2014年に歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10アイテムを超える先進安全装備を全車に標準装備しており、このセグメントでは他に類にない最高レベルの先進安全技術を採用しています。

今回、新たに「歩行者エアバッグ」を全車に標準装備し、より高い安全性を実現しています。

ボルボが世界に先駆けて実用化した画期的なエアバッグシステムである「歩行者エアバッグ」は、車両が歩行者との衝突を感知すると、エアバッグが緩衝材としてアルミニウム製のボンネットを持ち上げ、フロントウィンドウに向かてエアバッグが展開し。

歩行者がフロントガラスの下部やAピラーの付け根といった硬い部分と接触して負傷しないように保護するもので、世界初の採用となります。

優れた環境性能と走行性能を両立する新世代パワーユニットである”Drive-E”パワートレインを採用したV40シリーズは、高効率直噴ターボシステムやエンジンスタート/ストップ機能。

先進のオートマチックトランスミッション等の採用により、T3及びT5パワートレイン搭載車は「平成27年度燃費基準+10%」を達成し、自動車取得税および自動車重量税が減税となり、D 4 パワートレイン搭載車は「平成32年度燃費基準+10%」を達成。

自動車取得税、自動車重量税が免税、翌年度分の自動車税が減税となる「エコカー減税」の優遇措置を受けることができます。

exterior041

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボの哲学とテクノロジーを凝縮したプレミアム。スポーツコンパクト「V40」は、そのデザイン、高い走行性能、先進の安全技術において、世界各国で高い評価を得てきました。

V40及びV40Cross Countryは、世界累計388,522台、日本では26,974台を達成し、ヨーロッパはいうに及ばず日本においても、ボルボのブランドを代表するモデルとなっています。


ボルボ新型V40のグレードと車両価格

■グレード体系と主要スペック

◆T3【ガソリンエンジン】

t31

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

hyou1001

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

車両本体価格(消費税込)

◆T3 キネティック

3,390,000円

◆T3 モメンタム

3,840,000円

◆T3 インスクリプション

4,140,000円

d41

【ディーゼルエンジン】

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

hyou1002

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

車両本体価格(消費税込)

◆D4 キネティック

3,640,000円

◆D4 モメンタム

4,090,000円

◆D4 インスクリプション

4,390,000円

t51

【ガソリンエンジン】

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

hyou1003

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

車両本体価格(消費税込)

4,550,000円


新型ボルボV40、評価を集めました

gallery011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

皆さんの様々な評価を集めてみました。

v40t5r_gallery071

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■思った通り、良い車です

買って大満足です。美しいし、野って楽しいので、家族ででっ蹴ることが多くなりました。

変に外車っぽくない、普通さが好印象です。

ボルボはシートに定評がありますが、長距離の疲れが残らず、いい仕事しているという印象です。

キビキビは知る感覚は好印象です。

とくにオートクルーズ機能はとても便利で、高速を多用される方は、一度経験すると手放せなくなると思いました。

このパフォーマンスでこの価格は驚きです。

d4_kinetic1

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■D4、とても残念

待望のD4エンジンでしたが、ペダルまで振動が伝わっていて、この振動を我慢してまで買おうとは思いませんでした。

もう少し洗練されているのかと思っていたので、とても残念です。

t3_kinetic1

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■D4、良い車です。ぜひ試乗をおすすめします

エンジンの気持ちよさとシートの出来、安全装備で選びました。とても満足しています。

パワーとトルクはさすがです。アクセルをほとんど踏まなくても、とても軽快に走ります。

音は若干大きめですが、ディーゼルエンジンですからこんなものでしょう。気になりません。

シャシーのセッティングが異なるクロスカントリーよりも、滑らかで乗り心地は良くなっていると思います。

ぜひ試乗で乗り比べてみてください。

hd1

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■最高です

V40 T4を一年乗りました。買った当時よりディーゼルが欲しかったので、買い換えました。

前車と同じ色でないとまわりの眼を気にして、いろいろわがままを言ってディーラーを困らせましたが、買い換えてよかったです。

ゴルフ7、アウディA3、BMW1、ベンツCクラスを比べましたが、ドイツ車はハンドルを握るとどれも同じレイアウト感、硬さ、乗っていてつまらない、余裕が感じられないのでドイツ車はすべて却下でした。

夫婦で長距離ドライブを楽しむには燃費も良く、助手席の乗り心地も良いので最高です。

ただし、後ろの席は、狭い、乗り心地が良くないといろいろ言われます。後部座席にエアコンの吹き出し口がないのもマイナスです。

v40t5r_gallery061

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■ハイパワー車からの乗り換え

比較的パワーのある車ばかり乗ってきました。

V40 D4を選んだ理由は、

・前車のアイサイトから違和感なく移行できる

・パワーが候補の中でも比較的高かった

・メーターが液晶で先進的

・8ATで高速道路では回転数が低く、静か、一般道では低い回転数でトルクが出るため、非常に快適でした

・内装が良くなっている

ただし、前車との比較で気になった点は、

・全開加速では、タイヤの滑りが発生します

・前車よりアンダーステアが大きい

・輸入車でウィンカーレバーの位置が逆なこと

・サイドブレーキが電動から手動になり、助手席側にあること

燃費と走行性能には満足しています。

全体的に良い車です。


まとめ

spec_my17_ef21

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

いかがでしたか。

満足している方もいれば不満に感じる方もいます。

総じて、他にはない安心感、快適さに魅力を感じられているようです。

こんなところが、国内累計販売2万7千台という実績に現れているようです。

ダイナミックでスタイリッシュ、安心の安全装備の充実など、挙げればきりがないほどの仕上がりの良いスポーティコンパクト、それが新型ボルボV40です。

一度お試しください。

好評な口コミの新型ボルボV40の値引きの方法については、

「新型ボルボV40 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてください。