ボルボ 新型XC60 試乗レポートまとめ!

XC60

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ボルボ 新型XC60は試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらではボルボ 新型XC60の試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

2017年7月5日、スウェーデンのボルボ・カーズが発表した”衝撃的な内容”が世界を駆け巡りました。なんと”2019年以降は発売するボルボ全モデルを電動化”と宣伝したのです。

え!となると2019年以降のボルボ車は全てEV?と勘違いする人が続出。実際にはそんなことはありません。現に日本発売の車種は全部で10。これが一気にEVになることは不可能。

実は、現在の10車種に全てHV、PHV、EV車などのラインナップが登場する…というのは事の真相です。ディーゼルやガソリンエンジン車も残る、といいますので愛好者の方はご安心を!

maxresdefault

↑左が2009年モデル、右が新型。顔つきがシャープになったことで”ボルボらしさが戻って来た”と感じられるかもしれない。

引用:https://i.ytimg.com/vi/5pWzVwixmGI/maxresdefault.jpg


スポンサーリンク

ハイブリッド車には矛盾した面もある

日本での試乗会がまだ行われていないため、海外試乗会の記事をまとめていきます。

new-generation-volvo-xc60_827x510_61488887178

引用:https://i.ndtvimg.com/i/2017-03/new-generation-volvo-xc60_827x510_61488887178.jpgAUTOCAR JAPAN(2017.07.24)

《AUTOCAR JAPAN(2017年7月24日)より》

○最上位の「インスクリプション・プロ」か「Rデザイン」では、クルマの作りはレンジローバー・スポーツに比肩するレベルと言える。ほぼ無音の加速が、素材の高級感(インテリアのこと)にマッチした雰囲気をもたらしてくれる。

速さも確かにある。公称5.3秒の0-100km/h加速を実現するには、ドライブモードを「パワー」に入れる必要があるだろうが、モーターとエンジンをバランスよく使う「ハイブリッド」モードであっても、SUVとしてはトップクラスの速さを見せる。

○静かで速く、高級感があるが問題点もある。

ハンドリングは良い。が、基本的には前輪駆動のクルマで、ジャガーF-PACEやポルシェ・マカンとは違う。

○不安定なホイールコントロール、コミュニケーションに欠けるステアリング(=路上状況が伝わってこない、という意味だろう)。

車重が増加し、ブレーキの効きも唐突、”クルマに”強要されるような感覚を感じてしまう。

FotoFlexer_Photo

引用:https://i.ndtvimg.com/i/2017-05/new-volvo-xc60-dashboard_827x510_41496087796.jpg


スポンサーリンク

87psのモーターでは、心もとない

○問題は、87psのモーターでは、車重2トンのクルマを支えてくれないこと。

○「ハイブリッド」モードでは、パワーソースの移行はスムース。ところが、エンジン介入の瞬間に時にわずかな断絶がある。

スムースさは、”バッテリー残量のあるうち、もしくはエンジンがバッテリーを充電しているとき”だけだ。

○しかも、充電が尽きた状態での燃費は”8.8km/ℓ”まで落ち込む。これは、ポルシェ マカン・ターボの都市部燃費である”8.7km/ℓ”と大差ない。

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.tflcar.com/wp-content/uploads/2017/03/205035_The_new_Volvo_XC60-e1488904710318.jpg


スポンサーリンク

サスペンションが若干柔らかめになり、街乗りしやすい

Response (2017年7月4日)より

スタート直後から、その乗り味の滑らかさと静粛性の高さに圧倒。ミドルクラスSUVらしい操作を感じる事ができる。

オプション設定のエアサスのせいか、道路からの振動を感じる事は皆無。『XC90』は、エアサス仕様でも比較的硬いスポーティーな乗り味だったが、ユーザーの大多数はその硬さに飽きている。

「峠だけを走行するよりも、快適な街乗りを」と、なっているようだ。

ダイナミックのステアリングの重さは丁度いいのだが、アクセルレスポンスは過敏過ぎる。


スポンサーリンク

ディーゼルの完成度は高い

FotoFlexer_Photo

引用:https://whatcar.media/images/uploads/news/c025cbeba2cea50d403fc15038cf59bc2ca7eb74.jpg?width=810&resizeStyle=aspectfit&quality=90

特筆すべくは、乗り味だけにあらず。エンジンの世界一静粛性とおぼしきBMW、プジョーのディーゼルを完全に追い越している。
ディーゼル最強の「D5」。アイドリング音は完全にシャットアウトされている。

5,000rpmまで回る高回転ディーゼルエンジンだが、上限いっぱいまで引っ張ると、ディーゼル特有の”燃焼音の類”は全くなし。まるでガソリンエンジンのような滑らかな音色なのだ。

加速は良いが、音が大きなガソリンエンジン

FotoFlexer_Photo

引用:https://images.cdn.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/images/car-reviews/first-drives/legacy/xc60-111.jpg?itok=sdsM99HM

ガソリン仕様の最強版「T6」に乗車。ディーゼルエンジンよりもガソリンエンジンの方が音量が大きい。6,500rpmまで使える「回転域の広いエンジン特性が関係するのだろう」とエンジン担当者から伝えられたが…

超スムーズなトルコン式8速ATは、各ギヤでリミットまで加速は引っ張ってくれる。「T6」こそスポーツユニットそのものではないだろうか。

0-100km/h加速と最高速は「D5」が7.2秒、220km/h。「T6」は5.9秒、230km/h。

インテリアはやはり北欧デザインのよさ

2018_volvo_xc60_53

引用:http://s3.caradvice.com.au/thumb/770/382/wp-content/uploads/2017/03/2018_volvo_xc60_53.jpg

新型XC60はXC90と明らかな違いがあるのが解る。XC60の場合は、ボディ面に抑揚があり、角が滑らか。曲面にエッジが差し込まれており、新しいデザイン手法が感じられる。

お洒落な感覚が高いモデルと言え、若いユーザー層を狙っていることが一目瞭然だ。

インテリアは、完全にスカンジナビア家具。ドイツともフランス、イタリア、イギリスとも異なる色彩、形や素材の香り。

十分な広さを持つ足元空間は、前席と後席両方に広がる。

FotoFlexer_Photo

引用:https://i.ndtvimg.com/i/2017-05/new-volvo-xc60-front-seats_827x510_71496087863.jpg

いかがでしょうか?インプレッションではボルボの新しい”T8”についての評価(熟成の必要性あり)と、ディーゼル・ガソリンエンジンへの満足度の高さがレポートされています。

ハイブリッドに関しては、やはり日本勢の”歴史と実績”にはまだまだ追いついていないことが判明。その一方で、走りの楽しさでいえばポルシェやジャガー(F-PACE)に比べ劣るものの、価格相応と評価されています。

ともかく、日本上陸後まずは試乗して確かめておきたいですね。

ボルボ 新型XC60の値引きの方法については、

「ボルボ 新型XC60 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にボルボ 新型XC60を購入して下さい。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク