ボルボ 新型V40 値引き術!

V40

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年のボルボ 新型V40の値引き方法について情報をまとめました。

2016年のボルボ 新型V40はどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

ボルボのラインナップの中で、最も小さなモデルとなるプレミアム・スポーツコンパクト「V40」は、そのダイナミックでスポーティにデザインされたフォルムと北欧生まれの確かな走りで、好調に売り上げを伸ばしています。

そして、2016年7月、フロントフェイスとインテリアの変更などのマイナーチェンジが行われました。

そんな新型ボルボ「V40」の魅力と購入時の値引きについてお伝えします。

スポンサーリンク

新型ボルボV40、その魅力とは

v40t5r_gallery051exterior021exterior011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボ「V40」は、「ボルボの大型モデルの特長や機能を小型車のパッケージに取り入れる」というコンセプトのもと、ダイナミックでスタイリッシュ、そしてスポーティにデザインされた5ドアモデルで、そのデビューは3年前の2013年となります。

その間数多くのバリエーションを展開し、今回マイナーチェンジが行われ、ラグジュアリーモデルへと進化しました。

今回のマイナーチェンジでは、初めて外観に手を加えられました。

大きく変わったフロントマスクでは、従来の横バーグリルが最近の新ボルボデザインの先鞭をつけた新型「XC90」と同じような縦格子グリルとなり、しかも車種グレードによって異なる4種類が用意されました。

そして、中央に付けられたボルボのアイアンマークとそれにつながる斜めのラインにアイアンマークの矢印が一致し、従来”VOLVO”と書かれた車名の背景がブルーから黒へと変更されました。

次に、ヘッドライトにも新型「XC90」を思い起こさせるTシェイプLEDヘッドライトが装備されました。

他メーカーではオプション設定されることの多いLEDヘッドライトですが、ボルボは新型「V40」の全車に標準装備しました。

interior011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

インテリアでは、「シティ・ウィーブ」と名付けられたモダンでカジュアルな印象のテキスタイル地のシートが採用されました。

このクラスのモデルでは本革シートが定番となっていますが、新たにテキスタイル地のシート採用はいかにもスカンジナビアンデザインという印象を強く受けるものでした。

加えて、インテリアパネルには3種類のデザインの異なるアルミパネルは用意され、ひとつ上のパネルを装着することができます。

安全面では、歩行者やサイクリストまで検知することができる自動ブレーキを含む10の先進安全機能を全車に標準化し、さらに「歩行者エアバッグ」を全グレードに標準装備されました。

新型「V40」に限らずボルボでは、ほとんど後付オプションの必要性がないほど標準装備が充実しており、ベース車両価格に諸費用を加えればそのまま乗り出し価格として通用するようになっています、

パワートレインは、

t31

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

Drive-E1.5リッター4気筒ガソリンターボエンジンで、ギアトロニック付6速AT(スポーツモード付)との組み合わせとなっています。

最高出力:

112kw(152ps)/5000rpm(ECE)

最大トルク

250Nm(25.5kgm」)/1700~4000rpm(ECE)

JC08モード燃費:

16.5km/L

d41

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

燃料噴射タイミングを自動調整する革新技術「iーART」を採用したDrive-E2.0リッター4気筒直噴ディーゼルターボエンジンで、クリーンディーゼルとしてはトップクラスの20.0km/L(JC08モード)低燃費と低回転域から力強いパフォーマンスを実現しています。

最高出力:

140kw(190ps)/4250rpm(ECE)

最大トルク:

400Nm(40.8kgm)/1750~2500rpm(ECE)

JC08モード燃費:

20.0km/L

t51

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

Drive-E2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボエンジンで、パドルシフトを装備したギアトロニック付8速ATと組み合わされ、パワフルで思い通りの走りを実現します。

最高出力:

180kw(245ps)/5500rpm(ECE)

最大トルク

350Nm(35.7kgm)/1500~4800rpm(ECE)

JC08モード燃費:

15.9km/L

今回、グレード体系も刷新し、「T3」「D4」では、ベーシックグレード「キネティック」、上位グレードで充実装備の「モメンタム」、最上位グレード「インスクリプション」というラインナップとなり、「T5」にはスポーツ性能にフォーカスし、専用パーツなどを装備する「Rデザイン」が用意されています。

車両本体価格は、

ベーシックモデル「T3キネティック」

t3_kinetic1

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

3,390,000円

最上位モデル「T5 Rデザイン」

t5_r-design_my171

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

4,550,000円

となっています。

スポンサーリンク

新型ボルボ「V40」2016年最新値引き情報

inno011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■値引き獲得は在庫車狙い

ボルボV40の値引きを獲得するためには、在庫車がねらい目です。

在庫車なしの場合は値引きは10万円前後になりますが、販売店に在庫がある場合には40万円~50万円の値引きが出る可能性があります。

さらにナビゲーションシステムやスタッドレスタイヤがサービスされる特典が出ることもあります。

しかし、このような在庫車販売の情報はすぐには手に入りません。

購入したいと思った時が商談開始の合図です。

販売店を訪問して次回のDMが届くように販売店のアンケートに応えましょう。

地域によっては販売店によってはボルボだけでなくほかの欧州車の情報も届きますので役に立ちます。

輸入車の場合は、それぞれ車の個性が強いため競合もなかなかできないのが現状です。

フォルクスワーゲンゴルフやアウディA3などが同じクラスの輸入車ですが、競合によって値引きを獲得するには難しい状況です。

 

■2016、新型ボルボV40、値引き情報

下取り価格での調整などで一概には言えませんが、新型ボルボV40の値引きは車両価格とオプション価格あわせて

25万円~60万円

位です。

ただし、地域やグレードなどによって変動しますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

新型ボルボ「V40」値引き交渉術

spec_my17_ef21

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボ「V40」は、コンパクトながら走行性能の確かさとラグジュアリー感あふれる北欧デザインで、人気車種の一つです。

そのため、

●初回値引きはあまり見込めません

センセーショナルなマイナーチェンジが行われたばかりの新型V40では、初回値引きが0円ということもあるかもしれません。

また、オプション値引きも、たいていの装備が標準となっている新型V40ではあまり見込むことができません。

●ライバル車との比較交渉でも5万程度の値引き

ボルボ「V40」の競合モデルとなるのは、BMW「1シリーズ」、アウディ「A3スポーツバック」など同じく輸入車のコンパクトカーとなります。

これらのモデルと比較交渉を行うことで、多少とも値引きは出る可能性はありますが、しかし、値引き額としては5万円程度で、大きい額な望めないようです。

■さらに大幅な値引きをねらうなら

新車を数十万円安く購入する方法とは、

いま乗っている車を最も高く買い取ってくれる業者に売る

ということになります。

ディーラーで下取り額5万円といわれたクルマが、ある買い取り業者では40万円もの値がついたとします。

そこで、高く買い取ってくれる業者へ売るだけで、35万円も得することになります。

では、その買い取り業者とはどんなところでしょう。

それは、国内にはもちろん海外にも中古車販売のマーケットを持っている業者のことです。

新車購入の際には、まずこれら業者の見積もりを取ってみましょう。

自分の車にどれくらいの値段が付くのか、その価格とディーラーの下取り額を比較してみるのです。

新車購入時の交渉方法として、よく言われるのが

・ライバル車の購入を検討している旨を示唆し、値引き交渉を行う

・系列販売店を回り値引き額を比較して、交渉する

・クルマが売れない時期に購入する

・オプションなどを付けてもらうように交渉する

などがありますが、新型ボルボ「V40」のような大人気車種には通用しないケースが多くあります。

それは、「初めから値引き額の上限が決まっている」からです。

どんなに時間や労力を費やしても、上限以上の値引きを引き出すことはできません。

売れているクルマを値引きまでして売る理由がありませんから。

また、この方法でも、良くても数万円の値引きが限度です。

そこで、数十万円もの値引きを引き出すには、やはり「一括査定」の利用するに限ります。

複数の車買い取り専門業者の査定額が分かりますから、利用しない手はありませんね。

それを絡めて、もう一歩踏み込んだ値引きを求める方は、ぜひこちらを参考に。

→ 新型ボルボV40を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

非常にお得にボルボV40が購入できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

gallery013

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

いかがでしたか。

新型ボルボ「V40」の人気も、今回のマイナーチェンジでうなぎのぼりです。

ダイナミックでスポーティ、スタイリッシュな外観と、スカンジナビアンマインドにあふれるインテリア、そして走りの良さと低燃費が両立した走行性性能の確かさは折り紙つきとなっています。

一度、新型ボルボ「V40」の良さに触れてみてはいかがでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク