ボルボ 新型V40 エコカー減税他自動車税まとめ!

V40

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年のボルボ 新型V40のエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは2016年のボルボ 新型V40のエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

2016年7月、ボルボの主力車種、プレミアム・コンパクトV40は、フロントフェイスの一新、インテリアの刷新などのマイナーチェンジを実施しました。

この変更を契機として、グレード体系の見直しも行われ、1.5L4気筒直噴ターボエンジンを搭載する「T3」、2.0L4気筒直噴ターボディーゼルエンジン搭載の「D4」、よりスポーティな2.0L4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載する「T5」がラインナップされました。

「T3」と「T5」は平成27年燃費基準+10%、「D4」は平成27年燃費基準+20%、平成32年燃費基準+10%を達成し、いわゆる「エコカー減是」の対象車種となっています。

ここでは、新型V40の「エコカー減税」の詳細情報や「エコカー減税」に豆知識などをご紹介します。

スポンサーリンク

2016年7月ボルボV40、一部改良実施

img_color1v40t5r_gallery05

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボのラインナップにおいて、最も小さなモデルとなるプレミアム・スポーツコンパクト「V40」は、「ボルボの大型モデルの特長や機能を小型車のパッケージに取り入れる」というコンセプトの元、ダイナミックでスタイリッシュ、そしてスポーティにデザインされたクーペスタイルの5ドアモデルです。

2016年7月、エクステリアのデザインを一新し、さらにスポーティなスタイリングとインテリアを刷新するマイナーチェンジが実施されました。

エクステリアでは、フロントフェイスに新型XC90を想起させる新デザインのフロントグリルや北欧神話に由来する「トールハンマー」を模した横T字型のLEDヘッドライトが全グレードに装備され、よりモダンで洗練された印象となっています。

インテリアでは、2014年ジュネーブショーにてコンセプトカー・オブ・ザ・ショーを受賞したコンセプト・エステートのエッセンスを受け継いだ「シティ・ウィーブ」という、モダンでカジュアルなテキスタイルシートを新たに採用し、インテリアパネルも新たに3種類のデザインの異なるアルミパネルが採用されました。

安全面では、歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10種の先進安全機能を全車に標準装備とし、さらに「歩行者エアバッグ」を全グレードに標準装備しました。

ボディカラーには往年の「アマゾン」をイメージした新色「アマゾンブルー」を含む全15色が用意されています。

ラインナップは、今回のマイナーチェンジを契機に新しいグレード体系が採用され、”Drive-E”1.5L4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「T3キネティック」、「T3モメンタム」、「T3インスクリプション」2.0L4気筒直噴ターボディーゼルエンジン搭載の「D4キネティック」。

「D4モメンタム」、「D4インスクリプション」、”Drive-E”2.0L4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載し、スポーツ性能にフォーカスした「T5Rデザイン」を新たに設定しています。

なお日本仕様は右ハンドルのみの設定となっています。

スポンサーリンク

新型ボルボV40、エコカー減税はどうなる

gallery01

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

洗練されたデザインと力強い走行性能で人気を破棄しているボルボでは、「Drive-E(ドライブ・イー」と名付けられた、環境性能と滑らかな走りを両立した新たなパワートレーンが搭載されています。

とくに、「D4」はクリーンディーゼル技術が採用され、エコカー減税の対象車種となっていて、自動車取得税と自動車重量税が免税となっています。

また、「T3」、「T5」については、平成27年度燃費基準+10%をクリアしていることからエコカー減税対象車種となり、自動車取得税40%、自動車重量税25%減税の優遇措置を受けることができます。

それぞれのパワートレーンについて見ていきましょう。

t3_kinetic1t31

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

”Drive-E”1.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンで、高出力ながら爽快な走りを実現し、ボルボならではの走りを満喫できます。

組み合わされるギアトロニック付6速ATには、よりスポーティな走りを堪能できるスポーツモードが搭載されています。

◆最高出力

112kw(152ps)/5,000rpm[ECE]

◆最大トルク

250Nm(25.5kgm)/1,700~4,000rpm[ECE]

◆燃料消費率(JC08モード)

16.5km/L

平成27年度燃費基準+10%達成しています。

エコカー減税【自動車取得税40%+自動車重量税25%】

hyou401

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/s

※エコカー減税は、自動車取得税、自動車税、自動車重量税が優遇される制度となっています。

※本モデルは自動車税の減税の対象外です。

※自動取得税は都道府県によって減税額が異なる場合があります。

※エコカー減税に関する詳細は、ボルボディーラーにお問い合わせください。

d4_momentum1d41

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

正確なタイミングで燃料噴射ができるように自動調整する革新技術「iーART」を採用した”Drive-E”2.0リッター直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンで、優れた燃費性能と環境負荷の低減を実現したクリーンディーゼルで、低回転域からの瞬発力のある力強いパフォーマンスを発揮します。

トランスミッションはギアトロニック付8速ATが組み合わされています。

◆最高出力

140kw(190ps)/4,250rpm[ECE]

◆最大トルク

400Nm(40.8kgm)/1,750~2,500rpm

◆燃料消費率(JC08モード)

20.0km/L

平成27年度燃費基準+20%、平成32年度燃費基準+10%をそれぞれ達成しています。

エコカー減税【自動車取得税40%+自動車重量税25%+自動車グリーン税制【概ね75%】

hyou

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

※エコカー減税は、自動車取得税、自動車税、自動車重量税が優遇される制度となっています。

※自動車税の減税は、翌年度分に適用されます。

ご購入時は登録の翌月から翌3月分までの納税額を月割りでお支払いください。

※自動取得税は都道府県によって減税額が異なる場合があります。

※エコカー減税に関する詳細は、ボルボディーラーにお問い合わせください。

t5_r-design_my171t51

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

高回転域での優れたレスポンスと伸びやかなフィーリンが特徴の”Drive-E”2.0リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンで、ギアトロニック付8速ATにはパドルシフトが装備され、パワフルでかつ思い通りの走りを実現しています。

◆最高出力

180KW(245ps)/5,500rpm[ECE]

◆最大トルク

350Nm(35.7kgm)/1,500~4,800rpm

◆燃料消費率(JC08モード)

15.9km/L

平成27年度燃費基準+10%を達成しています。

エコカー減税【自動車取得税40%+自動車重量税25%】

hyou403

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

※エコカー減税は、自動車取得税、自動車税、自動車重量税が優遇される制度となっています。

※本モデルは自動車税の減税の対象外です。

※自動取得税は都道府県によって減税額が異なる場合があります。

※エコカー減税に関する詳細は、ボルボディーラーにお問い合わせください。

それぞれ搭載されるエンジンによって、エコカー減税の減税額が異なっていますので注意する必要があります。

車種選定の際の参考にしてください。

やはりオススメは走行性能、環境性能に優れたD4です。

価格が上昇する分は、値引き交渉でカバーしましょう。

新型ボルボV40の値引きの方法については、

「新型ボルボV40 値引き術!」で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

エコカー減税の豆知識

v40t5r_gallery09

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■エコカー減税とは

プラグインハイブリッド自動車、電気自動車などの次世代自動車や国土交通省の定める排出ガスと燃費の基準値をクリアした環境性能に優れたクルマに対する自動車税、自動車重量税、自動車取得税の優遇措置となります。

平成27年度税制改正で対象となる燃費基準及び軽減措置が見直しがなされたうえで、その適用期間が2年間延長されることとなりました。

自動車取得税・自動車重量税について、新たに2020(平成32)年度燃費基準への切り替えがなされたとともに、2015(平成27)年度燃費基準によるエコカー減税対象車の一部も引き続き減税対象とされ、新たな減税枠を設ける拡充措置となりました。

■自動車取得税の減税について

hyou412

引用:http://www.yanase.co.jp/information/ecocar/

2015年4月1日以降に取得する自家用自動車(新車に限る)の取得税について、自動車取得税の特例措置(いわゆる【自動車取得税のエコカー減税】)において減税率が拡充され、適用期間が2年間延長されました。

適用期間:2015(平成27)年4月1日~2017(平成29)年3月31日

■自動車重量税の減税について

2015年5月1日以降に取得する自家用自動車(新車に限る)の重量税について、自動車重量税の免税等の特例措置(いわゆる【自動車重量税のエコカー減税】)について、見直しが行われ、その適用期間が2年間延長されました。

適用期間:2015(平成27)年5月1日~2017(平成29)年4月30日

hyou411

引用:http://www.yanase.co.jp/information/ecocar/

■自動車税について

排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は税率を軽減し、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税率を重くする特例措置(いわゆる【自動車税のグリーン化】)について、2016年4月に燃費基準が厳格化され運用されています。

本制度の軽課は、2016年4月1日~2017年3月31日までに新車を新規登録した場合に限り、当該年度の自動車税が軽減されるものです。

hyou410

引用:http://www.yanase.co.jp/information/ecocar/

スポンサーリンク

まとめ

v40t5r_gallery02

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボの中で最も小さいモデル、プレミアム・コンパクト「V40」は、そのクーペのようなスタイルと確かな走りで好評を博しています。

フロントフェイスやインテリアの刷新が実施され、これからもますます人気度がアップしてくるでしょう。

そして、新型ボルボ「V40」は、日本市場でもいわゆる「エコカー減税」の対象車種となり、とくにクリーンディーゼルを搭載する「V40 D4」は、大きな特典を受けることができます。

パワフルで環境性能はもちろんのこと、先進の安全装備を充実している新型ボルボ「V40」は、日本の道路にはうってつけとなっています。

おススメの一台です。

→ 新型ボルボV40を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク