ボルボ 新型V40 納車ブログまとめ!

V40

2016年のボルボ 新型V40の納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは2016年のボルボ 新型V40の納車に関するブログのデータをまとめています。

2016年7月、プレミアム・スポーツコンパクトボルボ「V40」が、フロントマスクやインテリアなどの一部改良を行いました。

その新型ボルボ「V40」の魅力と納車感想などをお伝えします。







2016年 ボルボV40、マイナーチェンジ実施

inno011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボV40は、2013年日本市場に導入されtからこれまで2.7万台を販売し、今なおボルボの中では一番売れている車種となっています。

そんなプレミアム・スポーティコンパクト「V40」が、今回マイナーチェンジを行いました。

今回の改良でまず目立つのは、各部分が先ごろフルモデルチェンジを行った「XC90」様に統一されてきていることです。

グレードは、新型「XC90」に倣い、T3とD4に「キネティック」「モメンタム」「インスクリプション」、T5は「Rデザイン」という新グレードになりました。

これに合わせてフロントマスクが各グレードごとに用意され、インテリアも、シート表面の素材やセンターパネルがグレードごとに異なったデザインが用意されました。

センターパネルは、一部については希望により上級の仕立てをオプションで選ぶことが出来るようになっています。

また、インテリアは、シンプルかつプレーンなエクステリアと、チェックのテキスタイルをメインとした明るいグレーのインテリア「CITY WEAVE(シティ・ウィーブ」が新たに採用され、いかにもスカンジナビアンという雰囲気を演出しているのが印象的です。

exterior011 exterior021 interior011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

それ以外のアップデートとしては、ヘッドランプが北欧の神話に由来する「トールハンマー」をモチーフにした横T字型に光るLEDとなり、VOLVOのエンブレムが従来の青から黒ベースに変更され、グレードを示すマークが角型となりました。

さらに、ボディカラーには新色5色が加わり全15色となりました。

その中でも、「アマゾンブルー」と呼ばれるソリッドの水色は、往年の「アマゾン」の愛称で親しまれた120シリーズに設定されていた色に由来すると言われ、いかにも北欧・スウェーデンを連想させるカラーとなっています。

日本仕様のV40は、当初はハードなダイナミックシャシーを装着していましたが、2014年にやや穏やかなツーリングシャシーとなり、乗り心地が向上しました。

同時にT5の2リッターエンジンは直列5気筒から新世代エンジンとなる「Drive-E(ドライブ・イー)」直列4気筒に切り替わり、翌年にはクリーンディーゼルエンジンD4の投入に続き、ベースエンジンとして1.5リッター4気筒ガソリンターボエンジンを搭載するT3が加わっています。

この変更で特に感じるのは扱いのしやすさです。

ターボ経験の長いボルボらしく、いつターボが立ち上がったのか分からないくらいの自然さに加え、6速のトランスミッションがアイシン製トルコンATの加速のスムースさに、また一つ驚きを隠すことができせんでした。

安全面では、V40に市販車世界採用された「歩行者エアバッグ」が、今回全車標準装備となるなど、ボルボ自慢の安全性能もアップデートし、新型V40は熟成の極みに到達しています。

t3_momentum1

http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

グレードと車両価格、主要スペックは次の通りです。

t31

【ガソリンエンジン】

hyou701

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

車両価格(消費税込)

T3 キネティック

3,390,000円

T3 モメンタム

3,840,000円

T3 インスクリプション

4,140,000円

d41

【ディーゼルエンジン】

hyou702

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

車両価格(消費税込)

D4 キネティック

3,640,000円

D4 モメンタム

4,090,000円

D4 インスクリプション

4,390,000円

t51

【ガソリンエンジン】

hyou703

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

T5 R-DESIGN

車両価格(消費税込)

4,550,000円

t5_r-design_my171

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

2016年、V40、納期情報まとめ

v40t5r_gallery051

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボV40」納期に関する口コミを集めてみました。

納期は2~3か月くらいとなっているようです。

◆Iさん

【契約日】3月18日

【納期】6月末

【車種】T4SE

【OP】セーフティ、ナビ、PCC、メタリック塗装

◆Oさん

【契約日】3月16日

【納期】6月末

【車種」Cross Country

【OP】セーフティ、レザー、ナビ、メタリック塗装、パークアシスト、リアビューカメラ

◆Nさん

【契約日】3月3日

【納期】6月

【車種】T4SE

【OP】セーフティ、ナビ、レザー、プレミアムサウンド・オーディオシステム、PCC、リアビューカメラ、ETC車載器、メタリック塗装

◆Sさん

【契約日】3月4日

【納期】6月

【車種】T4

【OP 】セーフティ、パークアシスト(リア)、キーレス、ガードシステム

◆Aさん

【契約日】2月16日

【納期】3月9日

【車種】T4

【OP】メタリック、ETC、ポータブルナビ、ルーフBOX、ドックガードなど

2016年、ボルボV40、納車ブログまとめ

gallery013

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ここでは、ボルボ「V40」、納車された方の感想を集めてみました。

■V40 納車三日間の印象

v40t5r_gallery071

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

V40  R-Design

今日でV40、納車から3日が経ちました。

これまでの走行距離482km、平均燃費11.7km/L。

ドライビングポジションがなかなか決まらず運転で肩が凝っていましたが、ここにきてようやく落ち着いてきました。

ここまでで気が付いた点を挙げておきます。

スタート/ストップ(いわゆるアイドリングストップ)の際は、いきなりアクセルを踏むのではなく、前もって少し早めにブレーキから足を離しておくのがいいようです。

そうするとエンジンが始動し、軽くクリープ状態になってからの発進になるのであまりギクシャクしないようです。

ちなみに上り坂でブレーキを踏まずにクリープで位置を保つには厳禁です。ミッションが過熱します。

そっと丁寧にアクセル操作しないと、簡単にエンジン回転数が4000rpm位になってしまうので、慣らしの間は特に丁寧な運転を心掛けましょう。

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)はとても便利です。

ただし、高速の出口では注意が必要です。

前車がいるときはいいのですが、前が空いているいると車線変更したとたんに急加速してびっくりすることになります。

AHB(アクティブ・ハイビーム)は、20km/h以上でステアリング左のレバーを手前にしばらく引いておくとアクティブになります。

(ディスプレイに表示が出ます)そうしないとローのままになります。

低速走行の時や高速でも荒い路面だと、足の硬さが気になります。

その代り、コーナーでは全然ロールせず楽に曲がってくれます。

びっくりするくらいで、その代わり楽しいです。

V40は運転していて楽しいのは確かです。

■V40CC納車になりました

spec_my17_ef21-2

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40-cross-country/

V40 クロスカントリー

ピアリッツブルーのV40クロスカントリーがようやく納車の運びとなりました。

結局、納期は3か月弱でした。

受注生産しては意外と早いような気がします。

初代V40から乗り継いできましたので、ある程度説明を受けなくても大丈夫でしたが、VOLVOセンサス類の部分だけは初めてでしたので、丁寧に説明していただきました。

しかし、エアコンやラジオの調整など、メーターパネルの照度ダイヤルのように独立している方が、直感的に操作ができて良いと思いますが。

ディーラーからの帰りとスーパーマーケットへドライブした程度でしたが、乗り心地は今まで乗り継いできたボルボ車とは違い、適度な硬さとマイルドさを持ち合わせていて、自分好みで気に入っています。

まだ高速道路などは走っていませんので、道路継ぎ目の突き上げなどはどうでしょうか。

エンジンに関しては、まだ回していませんのでわかりませんが、前車V70も5気筒(2.4T)でしたから、それほど大きな違いはなさそうです。

また、タイヤがなじんできたころに、コーナーが続く山道にでも行ってみたいと思ています。

まとめ

v40t5r_gallery061

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボのラインナップの中でも、ベストセラーカーとなっている「V40」は、今回のマイナーチェンジでによりその魅了にはますます磨きがかけられました。

コンパクトなボディとパワフルなパワートレイン、ボルボらしい先進の安全装備など、日本の道路事情にもマッチした新型「V40」は、その快進撃は止まりません。

ぜひ、一度体感してみてください。

欧州車の良さがあふれる新型ボルボV40の値引きの方法については、

「新型ボルボV40 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、日本車とは違う魅力を持つボルボV40をお得に購入して下さい。