ルーミー/タンク/ジャスティ/トール 口コミ評価 評判まとめ

トヨタ

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらではルーミー/タンク/ジャスティ/トールの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。







ルーミー/タンク/ジャスティ/トールのエクステリアに関する口コミ

085_o

引用:http://autoc-one.jp/toyota/roomy/special-3056541/photo/0084.html

私的にはソリオよりルーミーの方が見た目がすきです。ソリオは横幅に対して高さがあるので細く見えます。モデリスタエアロで僅かな違いが選べるのが良かったです。

タントやNボックスのような縦長な感じはなく、意外とどっしりとしたフォルムです。リア周りのデザインがムーヴに似ているので、少し軽自動車っぽい雰囲気があります。ボディサイズの割にタイヤが小さめに感じます。

かわいいの一言。背が高いので大きく感じる。正面から見るとコンパクトカーとは思えないが、横から見るとかなり短い。おじさんが一人で乗るには、ちょっと可愛過ぎるかも。

トヨタ流のキーンルックで外観はまずまずだと感じますが、なぜか?競合他社の軽のイメージが強く残っています。

エクステリアに対してはまずまずの高評価といえそうです。

ちらほらと散見されたのが「前から見た時に意外とどっしりとしている」という声でした。

ws000014

引用:http://toyota.jp/roomy/exterior/?padid=ag341_from_roomy_navi_exterior

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールはどうしても「スーパーハイトワゴン」というイメージがあるらしく、正面から見た時に縦長な感じだと思われがちです。

しかし前から見るとこのようにきちんと台形型になっており、それなりにどっしり感があります。

ちなみに全幅が1670mmに対して全高が1735mmとなっています。

ライバルのソリオはこのような感じです。

p1030259

引用:http://www.suzuki-arena-tc.com/index.php?page_id=15&page_no%20=%204

全幅が1625mm、全高が1745mmとなっています。

つまりルーミー/タンク/ジャスティ/トールの方が45mm幅広で10mm背が低い、というわけです。

ソリオに比べるとどっしり感があるのは当たり前、ということになります。

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールのインテリアに関する口コミ

ws000004

引用:http://toyota.jp/roomy/interior/?padid=ag341_from_roomy_navi_interior

ノーマルとカスタム、どちらも内見し、試乗しました。カスタムの方が当然高級感はありますが、使い勝手は変わらないので、拘らなければノーマルでも問題無いと思います。運転席、助手席のドリンクホルダーは、良い工夫がされています。シートのフルフラットに関しては、車中泊など、使い所は多く無いかとは思いますが、後部座席だけでも、単純な荷物運びとして十分な広さが確保出来るでしょう。

値段の割にちょっと安っぽいと感じますが、こんなもんと言えばこんなもんかも。

全体的にプラスチッキーな感じですが、ステッチ風のシボを入れる等して工夫されています。ドアトリムが分厚くデザインされているので思っていた程横方向の広さ感がありません。ダッシュボード上のディスプレイは見易い位置にあるのですが、取って付けたようなデザインでお世辞にも見た目がいいとは言えないと思います。フロントシートの座面は柔らかめでもう少しコシが欲しいです。個人的には長距離は座りたくないシートです。リアシートの座り心地は平板でフロントと同じく長距離には向かないと思います。また、右側に座ると中央のヘッドレストが肩に触れるのが気になりました。このシートの幅で大人3人乗車は無理だと思います。

収納スペースも多く、使いかっては良さそう。視界がかなり広いので見やすいです。安っぽさも高級感も感じないインパネ周りはいたって普通ですね。

値段相応ですがハンドルのシルバー塗装部分の安っぽさとインパネのステッチもどきがカッコ悪いです。助手席に座ったら何故か膝がダッシュボードにぶつかるという謎の形状。

とにかく広い。圧迫感は皆無。インパネやメーター類、ステッチが入った内装など、高級感を醸し出す工夫が良い。やわらかいプラスティックだったら☆5つだったが、このクラスなので仕方ないかな。運転席には肘掛も付いているが、細くて頼りない。

インテリアに関する口コミをまとめると「質感はそれなり」「収納は多い」「室内は広い」という3点に集約されると思います。

まず質感ですが、これは車格や価格帯を考えれば致し方のないところだと思います。

これ以上の質感を求めれば当然価格が上がるわけですが、質感と価格のどちらを取るか、と聞かれればこのクラスの車をご検討されている方は「価格が安い方が良い」と答える方の方が多いでしょう。

決して質感が低いというわけではありませんし、ましてや立てつけが粗悪ということでもないのでここはある意味での妥協が必要といえます。

収納についてはさすがにコンパクトカーを作ることに長けているダイハツが主導で開発を行ったこともあって、非常に工夫されているという印象です。

ws000007

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

上記の画像でアルファベットを振られている箇所全てに収納スペースが設けられています。

ws000006

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/04_interior.htm

その数はメーカーオプションを含めると14ヶ所にも及び、少なくともデイリーユースにおいては収納に困ることはほぼありませんし、ドライブ旅行や車中泊でも十分対応可能だと思われます。

そして室内は「このクラスにしては」という前提つきにはなりますが、非常に広いです。

ws000008

引用:http://toyota.jp/roomy/interior/?padid=ag341_from_roomy_navi_interior

同じ5ナンバーとはいえノアやヴォクシーのような広さはありませんが、大人4人が十分な余裕を持って移動することが出来ます。

これはやはり高さに余裕があるということが奏功していて、例えば同じトヨタのヴィッツの室内高が1250mmなのに対してルーミー/タンク/ジャスティ/トールの室内高は1355mmと105mm、つまり10.5cm高くなっています。

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールの走行性能に関する口コミ

003_o

引用:http://autoc-one.jp/toyota/roomy/special-3056541/photo/0003.html

1リッターエンジンにターボがついているのでそこまでストレスはありません。大人5人で乗ったら少しきついのかもしれませんが。(ターボ)

1Lとはいえターボエンジンなので2000回転辺りでも十分なトルクがあり登り坂も苦になりませんでした。昔のターボ車のようなタービンの音はしません。CVTも違和感が無くセッティングは上手く出来ていると思います。回転数を上げると3気筒独特の音はしますが、不快な音質では無く振動も全く気になりませんでした。(ターボ)

ヴィッツの1000ccに乗ったことがあるが、動力性能は雲泥の差。1500ccクラスのエンジンと遜色はない。ただし、アクセル踏み込んで1500cc並みのフル加速をすると、エンジンは頑張っているので当然うるさい。でも、普通に走れば静か。(ターボ)

よく言われている走行音、エンジン音に関してはこのクラスでは普通です。静かさを求めるのならアルヴェルクラスかレクサスにしましょう。ルーフにあたる雨音はミニバンでも煩いですし、エンジン音は普通に走れば気にするほどではないです。踏み込めばノアでも煩いです。困るのは、ビュンビュン、みんなが飛ばしまくってるバイパス道路の合流とかでしょうか。合流にちょっとしくじって、停止状態からの加速&合流になったときなんか、追突されないか決死の覚悟でアクセルベタ踏みが必要です。

まずNAですが、私は普段軽自動車乗りなので試乗でのストレスは特にありませんでした。感動こそありませんでしたが笑。坂道なども走行しましたが、私の軽よりかは登って行ける。そんな感じです。エンジン音が少し気になるかな?とは思いましたが、あくまで試乗で神経質にはなっていますので、日常的になれば、全く気にならなくなるでしょう。これで気になるなら、ハイブリッドに乗る以外選択肢は無いかと。次にターボですが、加速反応の良さ、坂道の登り、先のNAでストレスを感じなかった分、少し感動しました。エンジン音に関してはNAと同様と言った感じです。私的には、軽からの移行であればNAでもさして問題は無く思います。同じ1000ccやそれ以上の車からの乗り換えは、ストレスを感じる事があるかもしれません。用途に合わせて、ターボにするかを決めれば良いかと思います。

パッソと同じエンジンで150kgくらい車両重量があるため、9.4kg/mと高くない最大トルクを4400回転と高回転域で発生する、低速トルクの弱いエンジンは踏み込んでも大人二名乗車程度でも非力です。ノンターボのワンボックスタイプ以外からの乗り換えならば、ターボは必須です。

発進・中間加速を重視していますが、踏んでも煩いだけでちっとも前に進まない印象。(軽自動車のターボよりはマシ程度。)すべての場面で力強さや軽快さは感じられない。

ターボ車のものと明確にわかる口コミには文末にその旨を表記しておきました。

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールのエンジンは全て1.0Lで、ターボエンジン搭載車とノンターボエンジン搭載車があります。

エンジンパワーの感じ方は正直なところ人それぞれな部分が大きいです。

軽自動車からの乗り換えであればパワフルさを感じるでしょうし、逆に2000ccクラスの車からの乗り換えだと物足りなさを感じることになるでしょう。

それでもあえて走行性能に対する口コミの傾向をまとめると、「ターボ車はそこそこ満足出来る」「ノンターボ車はちょっと厳しさを感じることもある」といった感じかと思います。

ターボ車に関しては、例えターボを搭載しているとはいえ元が1.0Lのエンジンなので「パワーもりもりで力強い」という感じはなではなく、あくまでも大人複数人の乗車でも普通の街乗りは差し支えなく出来る、というのが率直なところです。

これがノンターボ車になると、大人複数人の乗車でもフラットな道を走っている時は問題ありませんが、きつい上り坂での発進加速や高速道路やバイパスでの合流加速などの「ここ一番」というところでのパワー不足を感じてしまいます。

この辺りは多少燃費が悪くなることを覚悟でターボ車にするか、あくまでも経済性重視でノンターボ車でいくか、といった割り切りは必要になるでしょう。

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールの乗り心地に関する口コミ

124_o

引用:http://autoc-one.jp/special/3056541/photo/0122.html

ゴツゴツしていてお世辞にも良いとは言えない。おろしたての試乗車なので距離が延びれば改善するのかもしれませんが・・・。静粛性に関しても「ひどい」(主にタイヤノイズ)という感想しかありません。

トヨタらしいフワフワ感、軽自動車のようなロードノイズを直接受ける感じとあまりいい印象はありませんでした。

平坦な道は問題ありません。ハンドルがかなり軽いので、慣れるまで違和感があるかもしれません。ウインカーもカチッとしている物に慣れてるので違和感を感じました。また凹凸の多い場所は走っていないのでクッション性はわからないです。音についても1000ccってことでもっとうるさいかなと思ってましたが気にならなかったですね。

このクラスでは平均的と言うか軽よりはマシというレベルでしょうか。結構揺れるので家内は酔いそうと言っていました。

運転している分には全く問題なし。乗車位置が高くないので、天井が非常に高く窓も広い。背が高い車なのに、アイポイントが低いのはちょっと残念。また、後部座席が硬いのが気になった。足元も広いし、リクライニングも可能なのでポジショニングでカバー出来れば良いが。

「ゴツゴツ」と「ふわふわ」という相反する口コミが並びましたが、様々な口コミを見る限りでは「ゴツゴツ」が乗り心地の印象、「ふわふわ」はハンドリングの印象だと思います。

小さな車はどうしても乗り心地はそれなりになってしまいますし、コストや価格を考えると乗り心地を補うためにサスペンション等にあまりお金を掛けるわけにはいかないし、となると、乗り心地については多少広い心を持つことが必要かもしれません。

たびたび引き合いに出して恐縮ですが、ノアやヴォクシーのような乗り心地を期待してはいけません。

あくまでも1.0Lクラスのコンパクトカーであることを念頭において乗ると、少なくとも軽ワゴンに比べると多少乗り心地は良い、ということは感じられるはずです。

静粛性に関しても厳しい声がいくつか聞かれたのも気になるところです。

車内に入ってくるノイズはエンジンノイズ、ロードノイズなど様々なものが考えられますが、ロードノイズはタイヤを静粛性の高いものに交換することである程度改善出来ます。

ルーミー/タンク/ジャスティ/トールの口コミ、評価、評判のまとめ

ws000009

引用:http://toyota.jp/roomy/interior/?padid=ag341_from_roomy_navi_interior

以上、ルーミー/タンク/ジャスティ/トールの口コミ、評価、評判をご紹介しました。

本稿執筆時点で登場からまだ1ヶ月程度しか経過していないこともあり、口コミはまだ出揃っているとは言い難く、評価もまだ固まっていないと思います。

そのため、ここでご紹介した口コミや評判でルーミー/タンク/ジャスティ/トールの評価を決めることなく、もう少し状況が落ち着くのを待った方がいいでしょう。

いずれにしても車に乗った印象の感じ方は人それぞれなので、購入を考えている場合は口コミに振り回されることなく、実際に試乗してみるようにして下さい。

全てが競合車となる新型ルーミー/タンク/ジャスティ/トールの値引きの方法については、

「新型ルーミー/タンク/ジャスティ/トール 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてください。