フリード と ソリオ を比較!大きさ・燃費・価格・カラーなどの違いは?

新車情報

2016年末にトヨタからタンク、ルーミー、スバルからジャスティ、ダイハツからトールというコンパクトトールワゴン4車種が一気にリリースされ大きな話題を集めました。

タンク、ルーミー、ジャスティはトールのOEMなのでこの4車種は実質的に同一車種ですが、スズキソリオの独壇場であったコンパクトトールワゴンというカテゴリーが今後激化していく可能性があります。

そこで今回はコンパクトトールワゴンのパイオニアであるソリオと、ホンダの人気コンパクトミニバン、フリードの2車種を比較してみたいと思います。







フリード・ソリオの価格・値段を比較

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

まず最初にフリードとソリオの価格を比較してみましょう。

■フリード

ハイブリッド車

フリード HYBRID G(2WD):2,256,000円

フリード HYBRID G(4WD):2,472,000円

フリード HYBRID G・Honda SENSING(2WD・6人乗り):2,496,000円

フリード HYBRID G・Honda SENSING(2WD・7人乗り):2,517,600円

フリード HYBRID G・Honda SENSING(4WD・6人乗り):2,728,200円

フリード HYBRID EX(2WD):2,656,000円

フリード+ HYBRID B(2WD):2,276,000円

フリード+ HYBRID G・Honda SENSING(2WD):2,516,000円

フリード+ HYBRID G・Honda SENSING(4WD):2,748,200円

フリード+ HYBRID EX(2WD):2,676,000円

ガソリン車

フリード B(2WD):1,880,000円

フリード B(4WD):2,096,000円

フリード G(2WD・6人乗り):1,980,000円

フリード G(2WD・7人乗り):2,001,600円

フリード G(4WD・6人乗り):2,212,200円

フリード G・Honda SENSING(2WD・6人乗り):2,100,000円

フリード G・Honda SENSING(2WD・7人乗り):2,121,600円

フリード G・Honda SENSING(4WD・6人乗り):2,332,200円

フリード+ B(2WD):1,900,000円

フリード+ G(2WD):2,000,000円

フリード+ G(4WD):2,232,200円

フリード+ G・Honda SENSING(2WD):2,120,000円

フリード+ G・Honda SENSING(4WD):2,352,200円

■ソリオ

1.2L(ハイブリッド)

HYBRID SZ(2WD):2,062,800円

HYBRID SZ(2WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車):2,122,200円

HYBRID SX(2WD):1,917,000円

HYBRID SX(2WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車):1,976,400円

1.2L(マイルドハイブリッド)

HYBRID MZ(2WD):1,841,400円

HYBRID MZ(4WD):1,967,760円

HYBRID MZ(2WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車):1,900,800円

HYBRID MZ(4WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車):2,027,160円

HYBRID MX(2WD):1,695,600円

HYBRID MX(4WD):1,821,960円

HYBRID MX(2WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車):1,755,000円

HYBRID MX(4WD・デュアルカメラブレーキサポート装着車):1,881,360円

1.2L(ガソリン)

G(2WD):1,454,760円

G(4WD):1,581,120円

フリードはガソリン仕様とハイブリッド仕様に分かれますが、エンジンは両方とも1.5L、価格帯はガソリン仕様が1,880,000円~2,352,200円、ハイブリッド仕様が2,256,000円~2,748,200円となっています。

乗車定員はフリードが6人乗りと7人乗り、フリード+が5人乗りとなります。

ソリオはガソリン仕様とマイルドハイブリッド仕様、ハイブリッド仕様と3つに分かれますが、エンジンは全て1.2L、価格帯はガソリン仕様が1,454,760円~1,581,120円、マイルドハイブリッド仕様が1,695,600円~2,027,160円、ハイブリッド仕様が1,917,000円~2,122,200円となっています。

乗車定員は全てのグレードで5人乗りです。

搭載されているエンジンに1.2Lと1.5Lという違いがあることもあって、価格帯は完全にソリオの方がフリードよりも下になっています。

フリード・ソリオの性能・スペック・大きさを比較

img_1e098dcbd15d947c1c5efba15fa954d2141496

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/35306

次に比較するのはフリードとソリオの性能・スペック・大きさです。

まずはエンジン性能から見てみましょう。

■フリード

1.5L(ハイブリッド)

最高出力:110ps/6000rpm

最大トルク:13.7kgfm/5000rpm

車両重量:1400kg~1490kg

1.5L(ガソリン)

最高出力:131ps/6600rpm

最大トルク:15.8kgfm/4600rpm

車両重量:1340kg~1420kg

■ソリオ

1.2L(ハイブリッド)

最高出力:91ps/6000rpm

最大トルク:12.0kgfm/4400rpm

車両重量:990kg

1.2L(マイルドハイブリッド)

最高出力:91ps/6000rpm

最大トルク:12.0kgfm/4400rpm

車両重量:950kg~990kg

1.2L(ガソリン)

最高出力:91ps/6000rpm

最大トルク:12.0kgfm/4400rpm

車両重量:930kg~970kg

エンジン性能だけを比較すると排気量が300cc上回るフリードの方が有利です。

ただしソリオはどのグレードも車重が1000kgを切っているので、数字以上に軽快な走りを見せてくれます。

次にボディサイズ(全長×全幅×全高)の比較です。

■フリード

4265mm~4295mm×1695mm×1710mm~1735mm

■ソリオ

3710mm×1625mm×1745mm

ボディサイズは全長と全幅はフリードがソリオを大幅に上回りますが、全高だけはソリオの方がフリードよりも上になっています。

ボディサイズをみるとフリードはあくまでもミニバンに留まっているのに対して、ソリオはミニバンよりも背が高いトールワゴンであることがわかります。

フリード・ソリオの燃費を比較

img05

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

次にフリードとソリオの燃費を比較してみましょう。

メーカーが公表するフリードとソリオの燃費は以下の通りです。

■フリード

1.5L(ハイブリッド)

25.2km/l~27.2km/l

1.5L(ガソリン)

17.6km/l~19.0km/l

■ソリオ

1.2L(ハイブリッド)

32.0km/l

1.2L(マイルドハイブリッド)

23.8km/l~27.8km/l

1.2L(ガソリン)

22.0km/l~24.8km/l

ソリオとフィットの燃費を比較すると、ソリオの方が300cc排気量が小さい分燃費は良くなっています。

特にソリオのハイブリッド仕様は30km/lの大台を突破している点は燃費にこだわる方には見逃せません。

→ 人気車種、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

フリード・ソリオの色・カラーを比較

次にフリードとソリオの色・カラーを比べてみたいと思います。

■フリード

・ブルーホライゾン・メタリック

bc_01

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・シトロンドロップ

bc_02

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・コバルトブルー・パール

bc_03

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・プレミアムディープロッソ・パール

bc_04

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・マンダリンゴールド・メタリック

bc_05

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・ホワイトオーキッド・パール

bc_06

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・ルナシルバー・メタリック

bc_07

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・モダンスティール・メタリック

bc_08

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

・クリスタルブラック・パール

bc_09

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

■ソリオ

・ブーストブルーパールメタリック

sz_ZRZ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・ファーベントレッド

sz_ZNB

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・クリアライムメタリック

sz_ZVU

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・ピュアホワイトパール

sz_ZVR

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・クォーツピンクメタリック

sz_ZVT

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・クラッシーブラウンメタリック

sz_ZVS

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・スターシルバーメタリック

sz_ZMU

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

・スーパーブラックパール

sz_ZMV

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/detail/index.html

フリードのボディカラーは全9色、ソリオは全8色が用意されています。

色の数はほぼ互角で、どちらもオーソドックスなものから個性的なものまでバリエーションに富んでおり、どちらが優れているかは甲乙がつけ難いといえます。

フリード・ソリオのオプションを比較

131_o

引用:http://autoc-one.jp/news/2910620/photo/0077.html

最後にフリードとソリオのオプションを比較してみましょう。

フリードで注目のオプションは何といっても先進安全装備の「Honda SENSING」です。

WS000004

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/performance/active-safety/

「HYBRID G・Honda SENSING」「G・Honda SENSING」には標準装備され、「G」ではメーカーオプション扱いとなります(「HYBRID B」「B」にはオプションでも用意されません)。

もし「G」を買う場合はぜひとも装備したいオプションです。

ソリオのオプションでぜひ装備したいものは「デュアルカメラブレーキサポート」「誤発進抑制機能」「車線逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」「先行車発進お知らせ機能」「エマージェンシーストップシグナル」「クルーズコントロールシステム」のセットオプションです。

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/safety/

ソリオでは全てのグレードでこれらがメーカーオプション扱いとなっています。

フリード・ソリオの比較まとめ

img_9f6175d6749524a18aeeacb0a8a622f2112991

引用:http://www.webcg.net/articles/-/35579

以上、フリードとソリオを比較してみました。

どちらもコンセプトは非常に近いものがありますが、フリードはミニバン、ソリオはトールワゴンとカテゴリーは微妙にズレていますし、クラスも1.2Lクラスと1.5Lクラスと1つ違います。

そのため同じ土俵で比較するのはちょっと無理があると言えます。

フリードは3列シートで6人乗り、7人乗りがありますので、5人乗りのソリオよりも多くの人を乗せられます。

3列目シートを畳めば大きなラゲッジスペースが出現しますし、フリード+は最初から3列目シート自体がついていません。

つまり大勢人を乗せること、たくさん荷物を積むことを優先するのであればフリードを選んだ方が良いです。

ソリオはフリードほど人を乗せられませんし荷物も積めませんが、ボディサイズがよりコンパクトで燃費も良い、という長所があります。

ワゴンRやスペーシアといった軽トールワゴンはちょっと小さすぎるし非力だ、もう少しだけ大きな車が欲しい、軽は安全性に不安がある、といった方にソリオはおすすめです。