新型ムーヴカスタム 納車ブログまとめ!

ムーヴカスタム

新型ムーヴカスタムの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型ムーヴカスタムの納車に関するブログのデータをまとめています。

常に人気ランキングでは上位にある新型ムーヴカスタムですが、納期は意外と早く、グレードと車体色にもよるものの、ほぼ一か月程度のようです。

ここでは購入する車種も決まり、購入するタイミングや購入時・納車後に知っておいたことをまとめてみました。

825276http://img.response.jp/imgs/zoom/825276.jpg







購入時期

一般的な話ですが、年度末となる1~3月頃の決算期、6月~7月のボーナス時期、8月のお盆明けから9月末の中間決算期、そして12月のボーナス・年末商戦時期が、値引きが大きくなる時期と言われています。

クルマの販売を担当するセールスマンにとっても実績の四半期ともなるこの時期は販売成績を区切る時期にもなりますし、売る側にとっても買う側にとっても、お互いの勝負時でもあります。

この中でも特に3月末の決算期に値引きが大きくなる傾向があるようですから、まさに今がチャンス!です。

販売店もこのタイミングに合わせて特別キャンペーンを行って、いつもよりも値引きを引き出しやすい時期になります。

この時期に新型ムーヴカスタムを買うタイミングが当たるのであれば、是非大幅な値引きを狙うべきと思いますし、急いでいない場合でもこの時期に合わせることも悪くないでしょう。

要は相手があっての価格交渉ですから、こうした背景を知っておくことは重要です。

新型ムーヴカスタムの値引きの方法については、

「新型ムーヴカスタム 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得に賢くムーヴカスタムを購入しましょう。


購入時の注意点は?

IMG_0885http://hakodate.ju-janaito.com/img/IMG_0885.JPG

さて新車を購入しようと、はやった気持ちでディーラーから見積書をもらってみると、車両価格以外にも「別途支払い費用」として様々な金額が記されています。

描いていた購入費用の予想が狂ってしまうことも起こりえるので、予め計算に入れておきましょう。

まずは税金と保険料。

自動車取得税、購入後3年間分の重量税と自賠責保険料が含まれており、法定費用として予め定められた費用になっています。

新型ムーヴカスタムの自然吸気エンジン車(2WD)では自動車取得税と重量税が免税扱いとなりますが、ターボエンジン車ではそれぞれ80%、75%が軽減された税額となります。

また4WD車でも非ターボ車とそうでない場合とは税率が異なり、それぞれ80%、75%の減税、あるいは60%、50%の減税と異なりますから注意が必要です。

main01http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/05_driving.htm

次に登録諸費用には、車両登録費用、車庫証明費用、納車費用などが含まれています。

車両登録費用

購入した車を自分の名義にするため、販売店に登録を代行してもらう費用です。販売ディーラーによって金額は変わりますが、大体のところは代行料として10,000~20,000円程度です。

登録に伴う印紙代として国に治める法定費用もこれに含まれますが、値切ってみても断られる場合がほとんどでしょう。

車庫証明費用

車両を登録する際に必要となる車の保管場所の証明の申請(車庫証明)を代行してもらうための費用で、印紙代として収める法定費用もこれに含まれます。

販売ディーラーによって金額は変わりますが、通常は代行料として大体10,000円程度、印紙代として2,500円前後になります。

ただこの手続き自体は簡単に行えますので、自分で行う旨を言えば、法定費用の支払いだけですませることも可能です。

Exif_JPEG_PICTUREhttp://www.heiwa-toda.co.jp/images/parking/0010.jpg

納車費用

購入した車を販売ディーラーから自宅まで届けてもらうための費用で、自分で取りに行けば無料になりますから、見積もりからは外してもらいましょう。

見積書の中では明細が書かれていないことの多い「登録諸費用」ですが、内訳の詳細を見せてもらい、詳しく説明を聞いてみれば金額を低く済ませることも可能になります。

面倒がらず、出来ることは自分で行ってしまいましょう。

車庫証明の取得法も意外と簡単ですし、ネットで詳しく知ることができます。

リサイクル費用

d76df539fc31565c8b8dc6609660121chttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4f/e1/d76df539fc31565c8b8dc6609660121c.jpg

自動車リサイクル法に基づき、自動車購入時に支払うリサイクルに係る費用です。

料金は車種や車体ごとに異なり、詳細な金額については各自動車メーカーのホームページなどで確認できます。

エアバッグやエアコンの有無によっても金額が変わってきますが、値切りの対象外となります。

下取り費用

新車購入時に下取り車がある場合、請求されることがあります。

車の名義を販売店に変更するための手続き費用、または廃車になる場合の廃車費用です。

もし、リサイクル料金の預託を済ませていなかった場合は、使用済み自動車として引き取り業者に引き渡す際、リサイクル料金を預託する必要があります。

消費税

言わずと知れた消費税。

車両本体価格を始めとして、オプション品や付属品、登録手数料など、殆どのものに課税されます。

ただ車両本体については金額が大きく、後で誤解を受けないようにするために消費税込みで表示されている場合が多いようです。

課税されないのは法定費用だけになります。


クルマの維持にも結構な費用が…

車を所有すると色々な出費が伴います。

しかも決して少ない金額ではありませんから、年間での総費用も意識しながら節約にも努めましょう。

ちなみに次のような様々な出費があげられます。

駐車料

BzI7mHdCEAAJG9ghttps://pbs.twimg.com/media/BzI7mHdCEAAJG9g.jpg:medium

駐車代については個人差があるので一概には言えませんが、個人の駐車場はともかく、街中の駐車場も払っているユーザーにとってはガソリン代と同様に日々の出費を負担に感じるものの一つです。

ガソリン代

5246884054_22762a68af_bhttp://carlifefan.com/archives/wp-content/uploads/2010/02/5246884054_22762a68af_b.jpg

一時よりは随分安くなったとはいうものの、車にかかる費用の中では日々発生し、また高額になってしまう費用です。

最近はセルフのガソリンスタンドも多くなってきましたので、価格の変動には日々気をかけてチェックし、出来るだけ安いスタンドを使うようにしましょう。

タイヤ代やパーツ代

crsm0000000000http://221616.com/corism/articles/0000075032/crsm0000000000.jpg

以前は車用品専門店でしか手に入らなかったパーツが多数ありましたが、今の時代はネットがどこでも誰でも使えるようになったおかげで、入手の仕方も大きく変わってきました。

車の後付けパーツはその格好の対象となります。

自分で取り付け可能なものから、専門店やディーラー、修理工場でないと無理なものまで色々ですが、これらはネットで注文して手に入れてから持ち込めば、ほとんどのことは可能になります。

面倒がらずに情報収集に努めてみましょう。

高速料金

Unicode

Unicode

http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/070429055.jpg

ドライブ好きのユーザーによっては馬鹿にならない費用になってしまいます。

今ではETCを搭載して各種の割引を受けるのは当然のことですし、遠くに出かける時にはルートによって、高速料金が大きく変わってくる場合もあります。

ネットでルートと料金を検索できるサイトがいくつかありますから、積極的に利用しましょう。

意外と気づかなかった安いルートが見つかったりします。

自動車保険

自賠責保険だけでは死亡後遺障害で最高3,000万円までの補償しか受けられません。

また対物補償はされないので、事故によって車にぶつけたとかガードレールにぶつけて壊したというような場合は補償がありません。

ですから任意ではあるものの自動車保険に加入するのは常識です。

最近ではユーザーの用途や補償内容、使用者を限定するなど色々の条件での自動車保険が簡単にネットで調べられるようになりました。

またネットで手続きすれば割引になるケースも多いようですから、ぜひ調べてみましょう。

なおウエブ上で、無料で一括見積もりを取ることもできますが、その場合は車の車検証、運転免許証、自動車保険証書(現在自動車保険に加入していて、それと比較する場合)が必要になります。

予め用意しておきましょう。

車検料金

新車購入時には3年後、以降は2年ごとに行わなければならないのが、日本独自の制度である車検です。

安全であるには越したことは無いのですが、最近の生産技術の進歩により、実際には消耗品の交換が行われるだけの場合が多いように思います。

自分が購入したディーラーでやってもらうのが一般的ですが、最近ではそれ以外での民間の整備工場、フランチャイズ店、自動車用品専門店、ガソリンスタンド、ユーザー車検代行業者など色々と選択肢があり、実際ディーラーよりも安価で行える場合が多いようです。

これもネットで「車検」をキーワードに、近隣で相当する業者を調べ、見積もりを出してもらいましょう。

場所によって見積金額に結構な差があるものです。

なおディーラーや整備工場に車検を依頼する場合は、以下の書類が必要になります。

1. その車の車検証

2. 自動車税の納税証明書

3. 自賠責保険の証明書

自動車税

これを安くあげる手はありません。

逆に支払っていないと、交通違反した時や検問の時、車検の時などに大きな問題となりますから、遅れることなく指定期日までに払いましょう。


日常的なクルマの手入れにも気をかけて

日常的な車の点検はユーザーにとっては重要であり、事故や問題を未然に防ぐためにも効果的です。

以前は義務付けられていた日常点検も、車両法の改正により、自家用車ではユーザー自らが自車の走行距離、運転前の状態などから判断して適切な時期に点検し、必要に応じて整備を行えばよくなりました。

ただ安全のためには重要な項目ばかりですから、面倒がらずに運転する前にはチェックすることを心がけましょう。

o0800056812597164063http://stat.ameba.jp/user_images/20130703/16/benkan-japan/78/aa/j/o0800056812597164063.jpg

日常の点検項目
22232

まとめ

015_ohttp://fsv-image.autoc-one.jp/images/2029163/015_o.jpg

人生の中では家の購入に次いで高額な出費を伴うといわれる車の経費。

日々の金額はさほど多いと感じなくても年間での総費用を調べてみれば、意外な金額を出費しているのが分かるでしょう。

上に記されたような日々の細々した心がけによって無駄な出費を抑え、新型ムーヴカスタムでの楽しいドライビングライフを楽しみましょう。

→ 新型ムーヴカスタムを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新型ムーヴカスタムのおススメ動画