価格の安い輸入車(外車)のクーペを比較!おすすめ人気ランキング【2018年度版】

クーペ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



輸入クーペが欲しい!そう思ったら、この比較記事は絶対にお勧め。なんと200万円台から欧米の素晴らしいクーペ車が発売されています。

ただし、注意も必要です。とくにドイツ車のベーシックプライスは”注文生産”がほとんど。オプションで+100万円ということもザラです。ですが、新車ではなく”試乗車”や”展示車”ならお得に買えるものもあります。

クーペは”注文したけど、やっぱりキャンセル”というケースが少なくありません。勢いで買ってはみたけど、自分には似合わない…という人や家族の反対に…という場合もあります。

走行距離のごくわずかな中古車が出回るのも、実はクーペが多いのです!


スポンサーリンク

10位

メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

700〜1,086万円

引用:https://www.gooworld.jp/magazine/impression/12771.html

引用:https://autoc-one.jp/mercedes-benz/e-class_coupe/report-3271340/photo/0022.html

引用:http://syachiraku.com/archives/20161214/mercedes-benz-e-class-coupe-overview.html

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,430/55×1,860×1,430
最小回転半径(m):5.3/5.4
車両重量(kg):1,730~1,910
総排気量(cc):1,991/2,996
駆動方式:FR/4WD
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):66


スポンサーリンク

9位

ジャガー Fタイプクーペ

699~1,834万円

引用:https://trend-go.blog.so-net.ne.jp/2016-02-13-1

引用:https://www.midlands-mito.jp/vcsMember/stockdetail/0073_809-1_82.html

引用:https://www.corism.com/review/jaguar/2632.html

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,480×1,925×1,315
最小回転半径(m):5.2/5.5
車両重量(kg):1,660~1,860
総排気量(cc):1,997/2,994/4,999
駆動方式:FR/4WD
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):63/70


スポンサーリンク

8位

アウディ A5

686万円

引用:https://autoc-one.jp/catalog/audi/a5/photo/#photo

引用:https://autoc-one.jp/catalog/audi/a5/photo/#photo

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,845×1,365
最小回転半径(m):5.4
車両重量(kg):1,570
総排気量(cc):1,984
駆動方式:4WD
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):58


スポンサーリンク

7位

ポルシェ 718ケイマン

673〜1,053万円

引用:https://www.webcg.net/articles/-/35615

引用:https://gqjapan.jp/car/review/20160729/porsche-718-cayman-kawamura/gallery/3

引用:https://www.webcg.net/articles/-/37955

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,385×1,800~25×1,286~95
最小回転半径(m):5.2/5.5
車両重量(kg):1,360~1,430
総排気量(cc):1,987/2,497
駆動方式:MR
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):54/64

6位

BMW 4シリーズクーペ

570〜872万円

引用:https://response.jp/article/2014/06/18/225703.html

引用:http://openers.jp/gallery/320398/34

引用:http://openers.jp/gallery/320398/25

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,640~70×1,825×1,375
最小回転半径(m):5.4
車両重量(kg):1,590~1,680
総排気量(cc):1,998/2,997
駆動方式:FR
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):60

ドイツ御三家で最も美しいクーペと言われている、4シリーズクーペ。その理由は、サイドビューの直線上にウインドウ、A-B-Cピラーが立っていること、そしてB-Cピラー内の三角窓がわずかに”台形”を成していることにあります。

美しいプレスラインを所有すると、クルマの細部にも関心が出て来るもの。ドライビングで一番楽しいのは、ショーウインドウに映る自分のクルマを見る時でしょう。

走る楽しみ以上に所有感が満たされる一台、4シリーズの人気はドイツでも高いのです。

5位

シボレー カマロ

516〜645万円

引用:https://www.carsales.com.au/editorial/details/chevrolet-camaro-2018-review-114839/

引用:http://www.rokkey.co.jp/newcar/acar/2016_chevrolet_camaro/camaro.html

引用:https://www.carsales.com.au/editorial/details/chevrolet-camaro-2018-review-114839/

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/37795#image-4

アメ車と言えば、5m超えのボディにV8、5Lエンジン…そのイメージは完全に過去のもの。日本に輸入されているクーペはフォード撤退後、シボレーだけになってしまいました。

コルベットとカマロはアメ車ファンには垂涎の的。とくにカマロは2Lエンジンモデルもあり、全長は4.8mと小柄!ドイツ車のような優雅さはありませんが、誰もが振り返る存在感とクルマが持つポテンシャルの高さは、大らかな気分にさせてくれます。

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,780×1,900×1,340
最小回転半径(m):-
車両重量(kg):1,570~1,710
総排気量(cc):1,998/6,153
駆動方式:FR
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):72

4位

BMW 2シリーズクーペ

515〜698万円

引用:https://autoc-one.jp/bmw/2_series_coupe/report-1750314/

引用:https://autoc-one.jp/bmw/2_series_coupe/report-1750314/photo/0009.html

引用:https://autoprove.net/bmw/2-series/146393/

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/637/175/html/52.jpg.html

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,440~70×1,775×1,410~20
最小回転半径(m):5.1
車両重量(kg):1,490~1,560
総排気量(cc):1,998/2,997
駆動方式:FR
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):52

ユーザー口コミ

【インテリア】
外見と比べ内装は酷い。安っぽさ全開。ドア開閉音、コンソールボックス・ギア周り等に使ったシルバー系カーボン、オプションの薄い皮シート、吐き気を催すくらい品が無いです。

あとオーディオの使い勝手の悪さ。オーディオの形をしたオモチャ。音、操作性とてつもなく悪い。運転中のスマホ操作前提のオーディオシステム。

【エンジン性能】
素晴らしいです。人生初の300馬力超え。前のSLKのMTが馬力無くて軽に煽られてたのとは段違い。地味で小さな車体の割には違和感ありありの動力性能。世界が違います。

【走行性能】
やっぱり頭重いです。曲がりにくい印象だけど、高速ではホイルベース短いせいか絶えずハンドル動かしてます。エンジン性能&スポーツ性とのトレードオフなので仕方ないと思います。

あとモード選択すると音とエンジン性能は体感出来る位変化するけど、足周りは然程変化感じません。高速段差を足先だけでいなす感じが無い。エンジン性能と足周りにはズレを感じます。

あとMT、評判良くないけど私は悪いとは思いません。フライホイル重く回転数下がらないので街乗りでは厳しいけどでもやっぱりMT楽しい。

(価格com.より)

3位

メルセデス・ベンツ Cクラスクーペ

504〜708万円

引用:https://www.webcg.net/articles/-/39550

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/39550#image-12

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/c-class/coupe/exterior/

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/c-class/coupe/interior/

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,690~4,705×1,810×1,405
最小回転半径(m):5.2
車両重量(kg):1,570~90
総排気量(cc):1,595/1,991
駆動方式:FR
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):66

試乗口コミ(Coupe Sport+)

【エンジン性能】
1.6L直4ターボで最大出力は156馬力と控え目ですが、トルクは1,200回転から4,000回転まで最大トルクの25.5kg-mとなっているので運転はし易いです。

ただ、エンジンを引っ張って運転しようとするとあまり面白くはないです。MTがあったても面白くないでしょうね。

【走行性能】
運転モードを選択することによって多少変えることが出来るのはいいと思いました。

個人的にはスポーツとスポーツ+が好みですが、エンジンにも書きましたがもう少し引っ張れるエンジンだと更によかったのですが。
でも総合的にはコンフォートがいいのでしょうけど。

(価格com.より)

2位

アウディ TTクーペ

471〜649万円

引用:https://autoc-one.jp/audi/tt/report-2350027/

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/664583/blog/37147391/

引用:https://response.jp/article/2016/04/28/274402.html

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):4,180~90×1,830×1,380
最小回転半径(m):4.9
車両重量(kg):1,270~1,370
総排気量(cc):1,798~1,984
駆動方式:FF/4WD
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):50/55

1位

スマート フォーツークーペ

スイスの時計メーカー”スウォッチ”が立ち上げたブランド、スマートですが、現在はメルセデスベンツが引き継いでいます。

全長3m以内に収めれば、道路脇に停車可…この道路法が欧州で成立、マイクロカーブームの立役者となります。

226〜409万円

引用:https://autoc-one.jp/smart/fortwo_coupe/report-2445621/

引用:https://www.smart.com/en/en/index/smart-fortwo-453.html

引用:https://www.carmagazine.co.uk/car-news/motor-shows-events/beijing/2016/the-pocket-rockets-back-new-smart-brabus-fortwo-is-here/

引用:https://www.thetruthaboutcars.com/2015/11/2016-smart-fortwo-review-honey-shrunk-mercedes-video/

主なスペック

全長×全幅×全高(mm):2,755~85×1,665×1,545
最小回転半径(m):3.3
車両重量(kg):960~980
総排気量(cc):897
駆動方式:RR
燃料:ハイオク
燃料タンク容量(L):35

スマートフォーツーに影響された、トヨタIQ

2008-16年に生産された、トヨタのマイクロクーペ”IQ”。全長はわずか2,985mmに何と4座!幅は1,680mmと5ナンバーの枠をいっぱいに使っています。

マイクロカー技術は、その後欧州トヨタが生産する”アイゴ”に引き継がれています。

引用:http://www.webmarutaka.com/blog/?p=327

まとめ

200万円台から買えるクーペ。2人乗りで割り切ってしまえば、軽自動車よりも小さな(全長で)輸入車、スマートが手に入ります。

また、アウディも471万円から購入可能。もちろんオプション設定が多いドイツ車の場合は、プラス30万円、50万円はあたりまえなので予算は多めに組んでおきましょう!

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク