輸入車(外車)のクーペの速さを比較!おすすめ人気ランキング【2018年度版】

クーペ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



輸入車クーペで速いクルマは?注目の”時速300キロオーバー”を集めました。やはりフェラーリやポルシェといった超有名なメーカー以外に、イギリスの名門もしっかり入っています。

そういえばあの”マクラーレン”がない?実は、2017年の年間販売台数が3,340台と少なく、限定販売数が少ないので敢えてカット。アストンマーチンは同5,117台と、車両のシリーズ化が長いので掲載しています。

この記事に書かれている内容は...


スポンサーリンク

10位

アストンマーチン V8 ヴァンテージ

引用:https://www.webcg.net/articles/-/37702

引用:https://www.motortrend.com/2019-aston-martin-vantage-side-view-against-wall/

引用:https://response.jp/article/2018/07/28/312458.html

最高時速:314km/h

価格:2,011万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,465×1,942×1,273
車両重量(kg):1,530
駆動方式:FR
エンジン種類:V8ツインターボ  3,982cc
最高出力(kW[PS]/rpm):375[510]/6,000
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):685[69.9]/2,000


スポンサーリンク

9位

メルセデス・ベンツ AMG GT R

引用:https://www.webcg.net/articles/-/36911

引用:https://www.autocar.jp/firstdrives/2016/12/16/198866/

引用:https://www.mbusa.com/mercedes/vehicles/build/class-GT/model-GTR#tab=tab-exterior

最高時速:318km/h

価格:2,330万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,550×1,995×1,285
車両重量(kg):1,660
駆動方式:FR
エンジン種類:V8ツインターボ  3,982cc
最高出力(kW[PS]/rpm):430[585]/6,250
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):700[71.4]/1,900


スポンサーリンク

8位

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

引用:https://gqjapan.jp/car/review/20170614/lamborghini-huracan-performante-yoshida

引用:https://www.webcg.net/articles/-/37909

引用:https://www.cornesmotors.com/lamborghini/detail/huracan_performante

最高時速:328km/h

価格:3,416万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,506×1,924×1,165
車両重量(kg):1,382
駆動方式:4WD
エンジン種類:V10  5,204cc
最高出力(kW[PS]/rpm):470[639]/8,000
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):600[61.2]/6,500

試乗レビュー

エンジン性能は…V8でもV12とも違う独特のV10振動。走り出すとアクセルONの即応性も高く、かといって神経質なところも皆無。

かつてのカウンタックなどでの足の指先に神経を集中してエンジンと対話しながら踏み込んでいたのとは隔世であり、軽やかではないが力強く、どの回転域からでもパワフルに回る。かなり低速でのノッキングもほぼ皆無。

走行性能は…四駆の恩恵なのか暴力的なほどの加速中でも安定。ハンドル部にあるスイッチでレースモードにすると、さらに暴力的な加速に。制御をOFFにするとパワースライドだって簡単。

乗り心地は…設定で足回りのセッティングを変えることも可能、レースモードでも硬過ぎる事はなし。ランボルギーニはカウンタックの時代から不思議と乗り心地は良い。


スポンサーリンク

7位

引用:https://response.jp/article/2016/02/23/270347.html

引用:https://gqjapan.jp/car/review/20170719/porsche-911-turbo-s-exclusive-series

ポルシェ 911ターボS エクスクルーシブ

最高時速:330km/h

価格:3,334万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,507×1,880×1,297
車両重量(kg):1,675
駆動方式:4WD
エンジン種類:水平対向6気筒ターボ  3,800cc
最高出力(kW[PS]/rpm):446[607]/6,750
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):750[76.5]/2,250

5位

アウディ R8 V10

↓画像はFSI クワトロ

引用:https://www.webcg.net/articles/-/34849

引用:https://autoc-one.jp/news/2744686/photo/0011.html

引用:https://autoc-one.jp/news/2744686/photo/0025.html

最高時速:333km/h

価格:2,915万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,425×1,940×1,280
車両重量(kg):1,670
駆動方式:4WD
エンジン種類:直噴V10  5,204cc
最高出力(kW[PS]/rpm):449[610]/8,250
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):560[57.1]/6,500

◆欧州での価格は19万〜21.8万ユーロ(約2,444万~2,800万円)。

試乗口コミ(価格com.より)

どの角度から観ても素敵な車だと思います。内装はもう少しラグジュアリーな雰囲気を個人的には出して欲しかったです。

エンジンをかけた瞬間、車体から5~10センチ辺りから滑らかに空気の流れが変わるのが解ります。車体を空気の流れという膜でおおわれているような印象を受けました。

シートはアウディらしい乗り心地をイメージしてましたが、私的にはソフトな印象を受けました。

走りは登り坂を2速で100キロ近く出ます。気候や路面状況等でクワトロシステムが安定した走りをもたらせてくれます。日常でも過度なスピードに気をつかえば日常からプライベートまで楽しめる車だと思います。

ベントレー コンチネンタルGT SPEED

引用:https://www.autocar.jp/photo/firstdrives/313292/#photo1

引用:https://www.autocar.jp/photo/firstdrives/313292/#photo3

引用:https://www.jct600.co.uk/brands/bentley/new-cars/continental-gt/

引用:https://www.evo.co.uk/bentley/continental-gt/20413/bentley-continental-gt-prototype-pictures#4

最高時速:333km/h

価格:2,568万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,850×2,187×1,405
車両重量(kg):2,240
駆動方式:4WD
エンジン種類:W12ツインターボ 5,950cc
最高出力(kW[PS]/rpm):467[635]/6,000
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):900[91.8]/1,350

◆ベントレーは、2019年に100周年を迎える老舗メーカー。一時ロールスロイス傘下となり、1998年にフォルクスワーゲンに買収。現在はVWグループの最高級スポーツカーブランドとしてポルシェと並んで君臨しています。

試乗レビュー(AUTO CAR JAPAN より)

よりスポーティになったという外観の印象は、走りだした瞬間にまさに期待どおりだったと知れるのだ。なにより感心するのは、地面に吸いつくように走る操縦安定性だ。

アクセルペダルと12気筒エンジンが直接くっついたような、ダイレクトな加速感と、背中がシートに張り付いてしまったようなトルク感に加え、ステアリングホイールを切ったときの車体の動きは俊敏だ。

車体のロールをほとんど感じさせないで小さなコーナーが連続する道でも気持ちよくこなしていける。

これは「ベントレーダイナミックライド」と名づけられたロール制御システムの恩恵が大きいようだ。実際のシステムは48Vのバッテリーを使う電子アクチュエーター付きアンチロールバーの働きによるものだという。

働きは、車体のロールを抑え、タイヤの接地性を最大限確保するところにある。ねじれ抵抗を変化させることで、乗り心地を犠牲にしないで最大限の効果を確保しようとしている。

なるほどと思うのは、実際に乗り心地がいいのだ。路面の起伏にはほぼ影響されずにフラットライドを実現している。凹凸はよく吸収され直線ではロングツーリングをこなすGTカーとしての資質の高さを垣間見せてくれる。

4位

フェラーリ 488GTB

引用:https://www.tflcar.com/2016/06/2016-ferrari-488-gtb-test-drive-review/

引用:https://www.tflcar.com/2016/06/2016-ferrari-488-gtb-test-drive-review/

引用:https://response.jp/article/img/2015/02/04/243362/832399.html

最高時速:335km/h

価格:3,070万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,568×1,952×1,213
車両重量(kg):1,370
駆動方式:MR
エンジン種類:V8ツインターボ 3,902cc
最高出力(kW[PS]/rpm):492[670]/8,000
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):760[77.5]/3,000

試乗レビュー(webCG より)

高速道路に入る。運転支援システムを試さなきゃ、なんてことを考えなくていいのがうれしい。3.9リッターV8ツインターボの最高出力は670ps。458よりも100ps増えた。

最大トルクは540Nmから一気に760Nmへアップ。しかしダウンサイジングターボ化で、CO2排出量は307g/kmから260g/kmに減っている。驚くべき技術力と情熱だ。

デュアルクラッチ自動MTの2ペダルだから、重いクラッチペダルを踏み、シフトゲートのガイドプレートにレバーをガチガチぶつけながら加速した昔と違って、右足ひとつでその高性能を引き出すことができる。

カーボンパドルで扱うDCTは7段だが、レブリミットの8,000rpm手前まで回すと、2速で103km/hまで伸びる。電光石火のDCTが1回変速するだけでゼロヒャクは完了する。

2位

アストンマーチン DBSスーパーレジェーラ

引用:https://www.autoguide.com/auto-news/2018/06/build-aston-martin-dbs-superleggera-try-not-drool.html

引用:https://www.autoguide.com/auto-news/2018/06/build-aston-martin-dbs-superleggera-try-not-drool.html

最高時速:340km/h

価格:3,434万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,705× – ×1,280
車両重量(kg):1,693
駆動方式:FR
エンジン種類:V12  5,204cc
最高出力(kW[PS]/rpm):533[725]/6,500
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):900[91.8]/1,800

アストンマーチンと言えば…映画”007”のボンドカーとして超有名なメーカー。イギリスで最もブランド力のあるスポーツカーとして知られています。

以前は民族系メーカーとして孤高の存在でしたが、最近はダイムラーの関連会社”AMG”からエンジン供給を受けるなど、アストンマーチンのグローバル化は進んでいます。

一度購入すれば、部品は必ず手に入り、レストアもメーカーが行うなど投機材料にもなる、価値のあるクルマばかり生産しています。

ポルシェ 911GT2(RS)

引用:https://www.autobild.de/bilder/porsche-911-gt2-rs-2017-test-infos-und-bilder-10696109.html#bild1

引用:https://www.autobild.de/bilder/porsche-911-gt2-rs-2017-test-infos-und-bilder-10696109.html#bild16

最高時速:340km/h

価格:3,656万円

主な諸元

全長×全幅×全高(mm):4,549×1,880×1,297
車両重量(kg):1,545
駆動方式:RR
エンジン種類:水平対向 6気筒ツインターボ  3,800cc
最高出力(kW[PS]/rpm):515[700]/7,000
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):750[76.5]/2,500

GT3は310km/h。価格は2,115万円〜と1,000万円も違ってきます。このほかに、カブリオレやタルガ、カレラなどがラインナップ。ターボ系は4WDに集約されており、RRが欲しい場合はノンターボを選ぶことになります。

1位

ランボルギーニ アヴェンタドール

引用:https://www.webcg.net/articles/-/39508

↑リアウイングが付いているのがSVJ

引用:https://www.lamborghininorthscottsdale.com/detail-2018-lamborghini-aventador-s_coupe-new-16805712.html

↑↓モデルは”S”(4,490万円)

引用:https://www.carmagazine.co.uk/car-reviews/lamborghini/lamborghini-aventador-s-2017-review/

最高時速:354km/h

価格:4,490~5,154万円

主な諸元(SVJ)

全長×全幅×全高(mm):4,943×2,098×1,136
車両重量(kg):1,525
駆動方式:4WD
エンジン種類:V12 6,498cc
最高出力(kW[PS]/rpm):566[770]/8,500
最大トルク(Nm[kgf]/rpm):720[73.4]/6,750

V12の自然吸気エンジンモデル。おそらく最後のV12となる可能性が高い、と言われています。V8 4LターボのSUV”ウルス”が305km/hなため、次期型はターボか電気モーターが搭載されるのは間違いないでしょう。

SVJは限定963台発売のクーペ。ただ、追加モデルが出ることになるのは、過去の例からもまちがいありません。

まとめ

時速300kmオーバーで走るクーペ、実はまだまだあります。エンジンもV12、W12、V10などさまざま。NAありターボあり、ツインターボあり…とメカ好きの人も、興味津々ではないでしょうか?

掲載価格は”素”の状態。3,000万円とあって、オプションですぐに300万円、500万円とアップしてしまうので”仕様”をよく見ておいた方がいいでしょう!

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク