新型シエンタ 色・カラー紹介!人気カラーは?

965074

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型シエンタの色・カラー情報が公開されています。こちらでは2016年の新型シエンタの色・カラー、そして人気なのはどれかについて紹介しています。

主に、ママさんたちに愛されていた車トヨタ・シエンタが、12年ぶりにフルモデルチェンジをして、人気を博しています。

用意されたカラーは全部で13色とたくさんあって、マイカーを選ぶ心をくすぐります。さあ、好みの色をゲットして、颯爽と街へ繰り出しましょう!


スポンサーリンク

シエンタ全13色紹介

http://toyota.jp/sienta/ トヨタ公式サイト

系統 ボディカラー
原色系 yellow エアーイエロー
green グリーンマイカメタリック
red レッドマイカメタリック
blue ブルーメタリック
ベーシックカラー white ホワイトパールクリスタルシャイン
silver シルバーメタリック
black ブラックマイカ
brown ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
フレックストーン black&blue ブラックマイカ & ブルーメタリック
white&brown ホワイトパールクリスタルシャイン & ブラウンパール
yellow&blue エアーイエロー & ブルーメタリック
green&brown グリーンマイカメタリック & ブラウンパール
silver&blue シルバーメタリック & ブルーメタリック

 

さすがはワイドバリエーションのトヨタ。“これはシエンタじゃない!”と12年前の初代シエンタのユーザーから言われてしまうほどそのデザインを斬新なものに変えました。

カラーバリエーションも、落ち着いたオーソドックスなものから街で目を引くような鮮やかなカラーまでたくさん用意されています。

モノトーンカラーは全部で8色

アイキャッチカラーと呼ばれる原色系が、エアーイエロー、グリーンマイカメタリック、レッドマイカメタリック、ブルーメタリックの4色。

ベーシックカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカ、ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインの4色。

ホワイトパールクリスタルシャインと、ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインはメーカーオプションなので、32,400円(消費税込み)となります。

上記に加えて、車いす仕様車専用色として、スーパーホワイトⅡもあります。

フレックストーン(FKEX TONE)は5色

シエンタのデザインの特徴であるヒゲの部分や、サイドミラーのカラーを変えられるのがフレックストーンです。

カラーは、ブラックマイカ×ブルーメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパール、エアーイエロー×ブルーメタリック、グリーンマイカメタリック×ブラウンパール、シルバーメタリック×ブルーメタリックの5色となります。

このフレックストーンは、残念ながら標準装備ではなく、すべてメーカーオプションで54,000円(消費税込み)となっています。

ホワイトパールクリスタルシャインのフレックストーンは、もともとオプションカラーですので、さらに32,400円が足されて86,400円(消費税込み)となります。


スポンサーリンク

イメージカラーのエアーイエロー

<カラー>エアーイエロー

http://toyota.jp/sienta/style/style/ トヨタ公式サイト
TVコマーシャルでも見るイメージカラーのエアーイエローは、この車のために作った新色で、蛍光色のようなグリーンがちょっと入ったイエローだそうです。

とても発色がよく、イメージカラーにふさわしい人の目を引く色です。ちょっと派手すぎる?と思った人も、実際に見るとそうでもなく良い色なので、直接ディーラーに行って見てみましょう。

これからの季節、春夏には映えるカラーでしょう。

売れ行きは全体の1割程度で、やはりCMの効果でしょうか、意外と人気で売れているカラーです。

<カラー>エアーイエロー×ブルーメタリック

https://gazoo.com/car/topics/keyperson_interview/Pages/sienta_1507.aspx GAZOO公式サイト
フレックストーンのエアーイエロー×ブルーメタリックは、好みが分かれるのか、やはり売れ行きはそれほどでもないようです。

フレックストーンはメーカーオプション価格(54,000円消費税込み)になってしまうこともあるでしょうが、なかなかビビッドで印象的なデザインカラーですので、街で見かければ思わず目で追ってしまうでしょう。

ひげの部分とミラーのブルーがアクセントとして光っています。


スポンサーリンク

1番人気はホワイトパールクリスタルシャイン

<カラー>ホワイトパールクリスタルシャイン

http://toyota.jp/sienta/style/style/ トヨタ公式サイト
やはりどんな車でも人気があるのがホワイト。

無難な色で老若男女に受け入れやすいというイメージで定番ですが、このシエンタのホワイトは、パールとクリアが入ってとても豪華で輝きのあるきれいなホワイトです。

ホワイトは膨張色ですが、シエンタの特徴であるフロント、リヤ、サイドのラインが引き締まった印象を醸し出してくれます。

ホワイトパールクリスタルシャインは、メーカーオプションで32,400円(消費税込み)が別途必要です。というのも、車の塗装のうち一番層がある手間のかかる塗装だからです。

ホワイトはキズや汚れが目立ちやすいので、洗車やワックスなどの手入れはきちんとやる必要があります。

<カラー>ホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパール

http://toyota.jp/sienta/style/style/ トヨタ公式サイト
フレックストーンのホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールは、ラインとバンパーガーニッシュとミラー部分にブラウンパールが施してあります。

オシャレで落ち着いた感じになりますね。

前述した通り、フレックストーン自体がメーカーオプションですので、54,000円(消費税込み)と、ホワイトパールクリスタルシャインのオプション価格32,400円で、合計86,400円となってしまします。正直ちょっと高いですね。値引きでがんばりましょう。

2番人気はブラックマイカ

<カラー>ブラックマイカ

http://toyota.jp/sienta/style/style/ トヨタ公式サイト
こちらも、定番のブラックです。やはり精悍な引き締まった感じになりますので、若い男性に人気です。

さらに、シエンタの特徴であるデザインが分かりにくくなるので、シエンタは好きだけどデザインが奇抜すぎてちょっといただけない、という人はブラックを選んだらいかがでしょうか?

ホワイトと同じくキズや汚れが目立ちやすいので、洗車やワックスなどのお手入れは頻繁に行う必要があります。

<カラー>ブラックマイカ×ブルーメタリック

http://toyota.jp/sienta/style/style/ トヨタ公式サイト
こちらは、定番のブラックマイカにブルーメタリックを加えたフレックストーンです。ブラックに遊び心を加えたいのなら、オススメです。

実車を見れば分かると思いますが、ブルーメタリックはそんなに主張していない馴染んだ感じでいいと思います。

3番人気はシルバーメタリック

<カラー>シルバーメタリック

http://toyota.jp/sienta/style/style/ トヨタ公式サイト
3位はシルバーメタリックで、カラー豊富なシエンタであっても、結局定番色に収まった感じです。メタリックが入っていますので、明るい感じのシルバーです。

シルバーは、キズや汚れが目立ちにくいので、洗車やワックスがけを頻繁に行えない方にオススメです。シエンタの特徴であるデザインが、意外と際立って見えます。

渋いと言って、購入したユーザーもいます。

<カラー>シルバーメタリック×ブルーメタリック

さすがトヨタ、定番色ですのでしっかりシルバーにもフレックストーンをしつらえてきました。この組み合わせはどうでしょう。

悪くはないとは思いますが、好みが分かれるところではないでしょうか。実車を見てから決めたいところです。

女性に人気のレッドマイカメタリック

<カラー>レッドマイカメタリック

http://toyota.jp/sienta/gallery/ トヨタ公式サイト
 

奥様が主に運転する車には、ぴったりのカラーです。実際に奥様のために購入したと言うユーザーもいます。

ビビッドな赤ではないのですが、それが逆にスタイリッシュで、男性が運転していても違和感のないカラーでもあります。

一方で、イエローやグリーン、ブルーに比べておとなしい感じなので、もっと派手な赤でもいいのに、と言う感想も聞かれます。

<カラー>ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインも落ち着いたブラウンで、シエンタ特有のデザインは目立ちはしませんが、パールとクリアが入って豪華な高級感あるブラウンになっています。

大人な女性に人気のカラーです。メーカーオプションで32,400円(消費税込み)になります。

カジュアルで楽しいカラー

<カラー>グリーンマイカメタリック×ブラウンパール

https://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015/10/RES_262878.aspx?MAKER_CD=A&CARTYPE_CD=699&GENERATION=07 GAZOO公式サイト
モノトーンのグリーンマイカメタリックもありますが、フレックストーンのグリーンマイカメタリック×ブラウンパールもなかなかお洒落です。

フレックストーンなので、メーカーオプションとなります。(54,000円消費税込み)

<カラー>ブルーメタリック

https://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2015/10/RES_262878.aspx?MAKER_CD=A&CARTYPE_CD=699&GENERATION=07 GAZOO公式サイト

ブルーメタリックは、都会でも映えるきれいなブルーです。

インテリアカラーも選べる

フロマージュ×フロマージュ

http://toyota.jp/sienta/interior/seat/ トヨタ公式サイト
インパネ下部のトリムも、シートもフロマージュ。ホワイトで統一されていますので、室内が明るく清潔感が感じられます。

使っているうちに汚れが気になるかもしれません。掃除の仕方を考えておいたほうがよさそうです。

フロマージュ×ダークブラウン

http://toyota.jp/sienta/interior/seat/ トヨタ公式サイト
インパネ下部のトリムはフロマージュで、シートはダークブラウンです。シックで落ち着いた感じに仕上がっており、トリムのホワイトの部分がアクセントになってオシャレです。

ブラック×ブルーブラック

http://toyota.jp/sienta/interior/seat/ トヨタ公式サイト
トリムはブラック、シートはブルーブラックになっています。オーソドックスなイメージですが、よく見るとインパネのあたりにはところどころオレンジのラインが入っていて新鮮な感じです。

旧シエンタのオーナーが、格段にインテリアの質感が上がっているといいます。グレードによって選べるインテリアカラーが違ってきますので、ボディカラーと合わせて色選びを楽しみましょう。

シエンタ・カラーまとめ

2015年7月、12年ぶりにフルモデルチェンジを遂げた新型シエンタが爆発的な人気です。

そのデザインは、“Active & Fun”のコンセプトの元、トレッキングシューズをイメージして作られたといいます。まさに、今日はどの色のシューズをはいて出かけようか!と思わせるような、カラー設定の豊富さです。

スペック的にも走りを試す車ではないですが、ファッション性にはとても優れている車です。

ボディカラーもインテリアカラーもヨーロッパ的、と感じる人も多いようです。カラー選びにはじっくり時間をかけて、できれば実車をディーラーで見ながら決めていきましょう。

実車を見て、色を決めたら次は値段交渉です。

もちろんお得に買いたいですし、好きな色がオプションでその分の費用で予算オーバーしてしまった、となっても嫌ですので、値引き交渉はしっかりと行いましょう。

新型シエンタの値引きの方法については、

「新型シエンタ 値引き術!」で詳しく解説しています。

素敵な色のシエンタを、賢く安く購入する参考にしてください。

色の細かい違いを知りたいなら!

こちらの動画の後半では、各カラーのスライドショーがご覧になれます。

新型シエンタのおススメ動画

新型シエンタはモノトーンのボディカラーが8色、フレックストーンのボディカラーが5色、それ以外に車椅子仕様車用に1色用意されています。

いざ色を選ぶとなると本当に迷ってしまうくらいの豊富なバリエーションが魅力ですね。

普段はモノトーンの車に慣れているので、遊び心でフレックストーン選ぶのもありかと思います。

ベースカラーとアクセントカラーのマッチングは、意外性があって面白い試みですね。

ホワイトパールクリスタルシャインやブラックマイカが人気としては高いと考えられますが、
フレックストーンのホワイトパールクリスタルシャイン×アクセントカラー:ブラウンパールの組み合わせもシックな感じで女性受けも良さそうですね。

→ 新型シエンタを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

→ 新型シエンタ の記事をまとめてチェック!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう