新型キューブ エコカー減税他自動車税まとめ!

axis_exterior

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型キューブのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型キューブのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。


スポンサーリンク

新型キューブ、エコカー減税

1998年に発売されたキューブ、現在3代目となるわけですが斬新なファッション性と日常生活での使い勝手の良さで人気を集めてきました。

グレードは7種類。

2WD、HR15DEエンジンに、トランスミッションはエクストロニックCVTで取得税40%、重量税25%のエコカー減税の対象となっています。

残念ながら平成27年度燃費基準+20%には達成しなかったため、グリーン化特例(自動車税減税)の対象車とはなりませんでした。

エコカー減税の基準は年々厳しくなり、基本設計が古いキューブにとっては、どんどん厳しくなっていってしまいます。

ですが、その分キューブは大幅な値引きが期待できます。

新型キューブの値引きの方法については、

「新型キューブ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にキューブを購入しましょう。

cube012

引用:http://www.nissan.co.jp/CONFIGURATOR/MONEY/

ではグレードごとの、おおむねの減税額を見ていきましょう。

◆15XVセレクション:1,782,000円

取得税:17,800円

重量税:5,700円

優遇総額:23,500円

cube001

引用:http://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/CUBE/10066623/

◆15X:1,620,000円

取得税:16,200円

重量税:5,700円

優遇総額:21,900円

cube002

引用:http://www.goo-net.com/car/NISSAN/CUBE/DBA-Z12.html

◆15G:1,987,200円

取得税:19,800円

重量税:5,700円

優遇総額:25,500円

cube003

引用:http://221616.com/car-topics/a_0000092701.html

◆ライダーブラックライン:2,073,600円

取得税:20,700円

重量税:5,700円

優遇総額:26,400円

cube004

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/autech_rider_blackline.html

◆ライダーパフォーマンススペック:2,138,400円

取得税:21,400円

重量税5,700円

優遇総額:27,100円

cube008

引用:http://www.autech.co.jp/sv/cuberiderps/index.html

◆ライダー:1,965,600円

取得税19,700円

重量税:5,700円

優遇総額:25,400円

cube005cube006

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/autech_rider.html

◆アクシス:1,868,400円

取得税:18,700円

重量税:5,700円

優遇総額:24,400円

cube007

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/autech_axis.html

以上が新型キューブの価格、取得税、重量税、優遇総額となっています。


スポンサーリンク

新型キューブ、どのグレードがいい?

新型になって、四角さをコンセプトとしつつも、やや丸みを帯びた新しいキューブは15Xと15Gの2つのグレードにアクシスとライダーシリーズを合わせた7つのグレードが設定されていますが、エンジンとミッションについては全車共通の1.5リッターに直列4気筒のCVTです。

15X(1,620,000円)を最廉価として展開していて、15Xでも十分にキューブの良さを味わうことができるのですが、15X Vセレクション(1,782,000円)にすればフロントフォグランプやオートエアコン、プライバシーガラス(UVカット断熱機能付き)が装備されていることもあり、一番の人気グレードとなっています。

cube009

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/spec_equip.html

人気の順番は

1位:15X Vセレクション

2位:15X

3位:ライダー

最上級グレードは15G(1,987,200円)で他のグレードでは15インチ非アルミホイールなのに比べて、16インチアルミホイールが標準装備となっています。

またアクシスは本革シートになっていて、ライダーはエクステリアが他のグレードにくらべて、鋭く、いかつい感じになっています。

cube010

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/grade_outline.html

燃費はいずれのグレードも19.0kmL、エンジンスペックも同じですので、主に装備の違いでグレード分けされています。

もちろん装備が最も充実しているのは15Gですが、1,987,200円とこのクラスにしては割高な価格にオプションを装備していくとなると、ちょっと手が出しにくい感じがあります。

おすすめは15Xです。

15Gとの価格差は、367,200円ですので、その分、ナビやバックビューモニターなど、いいものが選べるのではないでしょうか。

cube011

引用:http://www2.nissan.co.jp/CUBE/option.html


スポンサーリンク

新型キューブ、購入に必要な費用

◆車両本体価格+オプション価格

◆消費税

◆自動車取得税:24,600円

◆自動車重量税:16,800円

◆自動車税:17,200円

◆車庫証明取得代行費用

◆登録代行費用

◆納車費用

49,299円

◆自動車リサイクル料金:9,590円

◆自動車損害賠償責任保険(自賠責):40,040円

新型キューブ、エコカー減税で購入したとしても、約16万円の税金と諸費用が車両価格以外にかかることになります。

車両本体価格+オプション価格+諸費用をあらかじめ計算しておくようにすると、値引きの希望額が明確になって来るでしょう。


スポンサーリンク

新型キューブ、月別自動車税額

新型キューブ、購入の月によって自動車税額は変わります。

4月:31,600円

5月:28,700円

6月:25,800円

7月:23,000円

8月:20,100円

9月:17,200円

10月:14,300円

11月:11,500円

12月:8,600円

1月:5,700円

2月:2,800円

3月:0円

自動車税は購入の翌月から3月までの額がかかります。

3月に購入する場合は購入時の自動車税は徴収されません。

cube014

引用:http://clicccar.com/2012/10/31/203532/z12-121030-23/

新型キューブの自賠責保険料

12ケ月:16,350円

13か月:17,310円

24か月:27,840円

25か月:28,780円

36か月:39,120円

37か月:40,040円

自賠責保険は、法律で定められた強制保険で、購入時と車検と同時に加入します。
自賠責保険は、対人賠償のみの保険なので充分な保証内容とはいえません。
対物保証のある任意保険の加入をお勧めします。
継続加入の場合は、1ヶ月分余分に支払うことになっています。
上記の金額は、地域によって異なる場合があります。

新型キューブ 2016年 エコカー減税他自動車税まとめ

cube013

引用:http://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/CUBE/

新型キューブの税金などについて、いろいろとわかってきましたが、自動車取得税40%、重量税25%減税というのは、やや物足らない感がありますね。

ライバル車であるトヨタラクティスはエコカー減税額約38,900円、スズキソリオは約49,300円といずれも新型キューブより、減税額が大きいですから、エコカー減税が売り上げにも影響してくるかもしれません。

実際に2008年のフルモデルチェンジ時には月間目標販売台数4,200台で、それを上回る売り上げも記録していたのですが、2016年になってからは、月間500台しか売れない月もあるようです。

ということは、そろそろビッグモデルチェンジが迫ってきているのでしょうか。

cube015

引用:http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/381/300/html/01.jpg.html

ニッサンノートが直列3気筒DOHC1.2L直噴スーパーチャージャーを搭載して、生まれ変わりエコカー減税額が約70,000円になったことから、新型キューブにも当然、期待が高まります。

噂ではVモーショングリルの採用でガラッとエクステリアのデザインを変えてくるとも言われています。

その時期が楽しみですね。

新型キューブの予想スペック

全長×全幅×全高mm

3900×1695×1650

ホイールベース:2,600mm

エンジン:直列3気筒DOHC 1.2 L直噴スーパーチャージャー

最高出力:98PS/5,600rpm

最大トルク:14.5kgm/4,400rpm

燃費JC08モード:23km/L

車両価格:170〜215万円


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう