3ナンバーの新型セダンを徹底比較! おすすめ人気ランキング【2017年版】

3ナンバー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



セダンの魅力は走行安定性と後席のゆとり、そして運転のしやすさです。

今どんな3ナンバーセダンが売れているのかランキングで見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

 5位:トヨタSAI

◆価格:3,303,818円~4,339,637円

3number_01

引用:http://car-moby.jp/200349

2009年から発売されるSAIは、レクサスHS250hの兄弟車です。

「小さな高級車」をコンセプトにつくられましたので3ナンバーでありながら、取り回ししやすくなっています。

3number_04

引用:http://toyota.jp/sai/interior/seat/

<SAI基本情報>

◆全長×全幅×全高……4695×1770×1485mm

◆ホイールベース……2700mm

◆車両重量……1570kg~1590kg

◆エンジン……水冷直列4気筒DOHC

◆総排気量……2362cc

◆最高出力……110kw(150ps)/6000rpm +モーター105kw(143ps)

◆最大トルク……187Nm(19.1kgfm)/4400rpm +モーター270Nm(27.5kgfm)

◆燃費……22.4km/L


スポンサーリンク

 4位:トヨタカムリ

◆価格:3,294,000円~4,195,800円

3number_02

引用:http://toyota.jp/camry/

機敏な走りのマークX、後席居住性のカムリといった客層の違いから分かる通り、より大きく設計されています。

2017年10月のフルモデルチェンジを受け、「トヨタセーフティセンスP」、電動式パーキングブレーキが採用されました。

また新開発マクファーソンストラット式サスペンションを搭載、エンジンにおいても新開発の「ダイナミックフォース」の2.5L・A25A-FXS型が採用と新しくなっています。

3number_03

引用:http://toyota.jp/camry/interior/?padid=ag341_from_camry_navi_interior 

<カムリ基本情報>

◆全長×全幅×全高……4885×1840×1445mm

◆ホイールベース……2825mm

◆車両重量……1540kg~1600kg

◆エンジン……水冷直列4気筒DOHC

◆総排気量……2487cc

◆最高出力……131kw(178ps)/5700rpm +モーター88kw(120ps)

◆最大トルク……221Nm(22.5kgfm)/3600rpm +モーター202Nm(20.6kgfm)

◆燃費……28.4~33.4km/L


スポンサーリンク

 3位:日産ティアナ

◆価格:2,563,920円~3,513,240円

3number_05

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/teana/exterior_interior.html

ローレルの後継車種で日産の世界戦略車、120ヵ国以上で販売されています。

2015年2月の改良でエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)、踏み間違い衝突防止アシストを新たに標準装備しました。

ティアナはガソリン車だけでハイブリッドの設定はありません。

3number_06

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/teana/exterior_interior.html

<ティアナ基本情報>

◆全長×全幅×全高……4880×1830×1445mm

◆ホイールベース……2775mm

◆車両重量……1460kg~1480kg

◆エンジン……DOHC・直列4気筒

◆総排気量……2488cc

◆最高出力……127kw(178ps)/6000rpm

◆最大トルク……234Nm(23.9kgfm)/4000rpm

◆燃費……14.4km/L


スポンサーリンク

 2位:トヨタマークX

◆価格:2,656,800円~4,428,000円

3number_07

引用:http://toyota.jp/markx/exterior/?padid=ag341_from_markx_navi_exterior

マークⅡの後継車として2004年に登場しました。

2016年にはマイナーチェンジがあり、現在のシャープなデザインに刷新。

ボディ剛性の強化、サスペンション設定の変更と最新のFAD(振動数感応)ショックアブソーバーを採用しました。

「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備したことにより高い安全性を実現しています。

ティアナ同様にハイブリッドの設定はありませんでした。

3number_08

引用:http://toyota.jp/markx/interior/?padid=ag341_from_markx_navi_interior

<マークX基本情報>

◆全長×全幅×全高……4770×1795×1436~1445mm

◆ホイールベース……2850mm

◆車両重量……1510kg~1570kg

◆エンジン……V型6気筒DOHC

◆総排気量……2499cc

◆最高出力……149kw(203ps)/6400rpm

◆最大トルク……243Nm(24.8kgfm)/4800rpm

◆燃費……10.6~11.8km/L

 1位:トヨタクラウン

3number_09

引用:http://toyokeizai.net/articles/-/103881

クラウンにはアスリート、ロイヤル、マジェスタがあります。

◆価格

・クラウンアスリート……3,963,600円~6,183,000円

・クラウンロイヤル……3,812,400円~5,988,600円

・クラウンマジェスタ……6,426,000円~7,149,600円

2016年の一部改良で、歩行者検知機能付衝突回避支援型「プリクラッシュセーフティ」や「レーダークルーズコントロール」、「オートマチックハイビーム」、「レーンディパーチャーアラート」で構成された衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備しました。

※ロイヤルサルーンG及びアスリートG/G-Tはアダプティブハイビームシステム

2017年にはアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減システム「インテリジェントクリアランスソナー」を追加しました。

3number_10

引用:http://toyota.jp/crownathlete/interior/?padid=ag341_from_crownathlete_navi_interior

<クラウンアスリートハイブリッド基本情報>

◆全長×全幅×全高……4895×1800×1450~1465mm

◆ホイールベース……2850mm

◆車両重量……1640kg~1760kg

◆エンジン……直列4気筒DOHC

◆総排気量……2493cc

◆最高出力……131kw(178ps)/6000rpm +モーター105kw(143ps)

◆最大トルク……221Nm(22.5kgfm)/4200-4800rpm +モーター300Nm(30.6kgfm)

◆燃費……21.0~23.2km/L

3number_11

引用:http://autoc-one.jp/catalog/toyota/crown_royal/

 3ナンバーの新型セダンを徹底比較! まとめ

ランキング5車種のうち、4車種がトヨタという結果でしたが、いかがでしょうか。

ブレずに日本の車を作り続けてきた、さすがはトヨタです。

とはいえトヨタのメイン市場は世界であって、日本での売り上げはごく一部でしかないようです。

トヨタは世界の自動車時価総額トップです。

2016年にはフォルクスワーゲンに4年連続の1位をゆずったものの2017年ではまたトップに返り咲くようです。

主力車種はプリウス。

アメリカではカムリとカローラが売れているといいます。

そしてホンダも5位と侮れない動きを見せています。

日本ではフィットやN-BOXが売れていますが、海外ではシビックやアコードが好調です。

ちなみに日産は9位、時価総額はルノーを1.5倍上回っているというから意外ですね。

日本メーカーのセダンは海外ではとても人気があるようです。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう