外車のハイブリッドを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

ハイブリッド

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ハイブリッド車を購入する人が年々増えてきていますので、輸入車でもハイブリッドにすれば、維持費が安くなりエコカー減税の対象になります。

そこで輸入車のハイブリッド車について売れ筋、おすすめなどをご紹介していきたいと思います。

yunyusya_01

引用:http://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_1695/_21324.html


スポンサーリンク

外車ハイブリッドはお得

輸入車にはあまりハイブリッドのイメージがありませんが、電気自動車化へのつなぎとしてハイブリッド車が増えてきています。

おもにプラグインハイブリッド方式が採用され各社、開発を進めています。

そして輸入車でハイブリッドを選んだ場合、エコカー減税の優遇額が大きいのが特徴です。

それは購入価格と車両重量の重さによります。

プラグインハイブリッドの場合は自動車取得税と自動車重量税が100%免税となるため購入価格が高く、車両重量の重いクルマ程お得なのです。

そのため、国産車で10万円ほどの優遇しか受けられないことが多いのにくらべて、輸入車では30万円を超えるエコカー減税となることもめずらしくありません。


スポンサーリンク

外車ハイブリッドおすすめランキング

ではおすすめの輸入車のハイブリッドをランキング形式で見ていきたいと思います。

【1位:フォルクスワーゲンゴルフGTE】

yunyusya_02

引用:http://golf.volkswagen.co.jp/

ゴルフGTEはプラグインハイブリッド車ですがGTIと同じくスポーツモデルでもあります。

エンジン出力は110kw(150ps)/5,000-6,000rpm、最大トルク250Nm/1,500-3,500rpm。

これに80kw(109ps)/330Nmのモーターが組み合わされ、システム出力は、150kw(204PS)/350Nmを発揮します。

バッテリーは8.7kWhの容量を持ち、EV走行のみで53kmの航行が可能。

EV走行では130km/hまでエンジンの干渉が入らない設定となっています。

出力の大きさにより1580kgの車重を感じさせないリニアスタートはGTIよりもスポーティかも知れません。


■JC08モード燃費……23.8km/L

■価格……4,690,000円

■エコカー減税……約379,600円優遇

■全長×全幅×全高……4265×1800×1480mm

■車両重量……1580kg

■駆動方式……FF

■エンジン……1.4リッター直4 DOHC 4バルブ ターボ

■トランスミッション……6AT

yunyusya_03

引用:http://edrive.volkswagen.co.jp/golfgte/

【2位:BMW225xeアクティブツアラー】

yunyusya_04

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/activetourer/2014/edrive.html

BMW2シリーズアクティブツアラーにラインナップされたプラグインハイブリッド。

モーター走行のみで42.4kmの走行が可能となっています。

225xeアクティブツアラーは最高出力100kW(136ps)の直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンと、最高出力65kW(88ps)の電気モーターを組み合わせ、システム・トータル最高出力は165kW(224ps)となりBMWらしい走行性能を味わうことができます。

yunyusya_05

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/activetourer/2014/edrive.html

■JC08モード燃費……17.6~42.4km/L

■価格……5,060,000円

■エコカー減税……約386,200円優遇

■全長×全幅×全高……4350×1800×1550mm

■車両重量……1740kg

■駆動方式……4WD

■エンジン……1.5リッター直3 DOHC ガソリン

■トランスミッション……6AT


【3位:メルセデスベンツC350e】

yunyusya_06

引用:https://www.mercedes-benz.co.jp/

1モーター2クラッチ式プラグインハイブリッドに7速ATを採用したC350e。

211psを出力するエンジンに最高出力81.5psのモーターが加わることになるので、2Lでありながら3.5Lものパワーを持ちます。

一方リチウムイオンバッテリーの容量は6.28kWhとゴルフや225xeアクティブツアラーより小さく充電が満タンの状態でも25.4kmのEV走行となります。

yunyusya_07

引用:http://www.mercedes-benz.jp/special/plugin_hybrid/

■JC08モード燃費……記載なし

■価格……7,260,000円

■エコカー減税……約241,000円優遇

■全長×全幅×全高……4690×1810×1430mm

■車両重量……1830kg

■駆動方式……FR

■エンジン……2.0リッター直4 DOHC ターボチャージャー

■トランスミッション……7AT


【4位:アウディA3スポーツバック e-tron】

yunyusya_08

引用:http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/a3_etron/exterior.html#jslayer=renderingLayer.closeup_wheels

1.4Lターボに8.7kWhの容量の大きなバッテリーが組み合わさったことで高い環境性能と満足いく走行性能を実現したモデルです。

モーターでは52.8kmの走行が可能となっています。

速度は130km/hまでEV走行だけで運転できるため、基本的にはガソリンをほとんど使用せずに走ることも可能です。

デメリットとしては「CHAdeMO」の急速充電器に対応していないこと。

200V充電では約3時間でフル充電できます。

yunyusya_09

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20151020-20102642-carview/photo/4/

■JC08モード燃費……23.3km/L

■価格……5,640,000円

■エコカー減税……約396,500円優遇

■全長×全幅×全高……4330×1785×1465mm

■車両重量……1600kg

■駆動方式……FF

■エンジン……1.4リッター直4 DOHC ターボチャージャー

■トランスミッション……6速Sトロニック


【5位:フォルクスワーゲンパサートGTE】

yunyusya_10

引用:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1003679.html

電気モーターはゴルフGTEと同じでシステム出力は218ps。

ゴルフとの価格差は50万円ですが、それなりにパサートの方が性能がよくなっています。

ゴルフより車重も重いのですが、EV走行距離は同じ50kmです。

yunyusya_11

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/34722

■JC08モード燃費……20.9km/L

■価格……5,229,000円

■エコカー減税……約379,600円優遇

■全長×全幅×全高……4785×1830×1470mm

■車両重量……1720kg

■駆動方式……FF

■エンジン……1.4リッター直4 DOHC 4バルブ ターボ

■トランスミッション……6AT



スポンサーリンク

外車のハイブリッドを比較 まとめ

海外の自動車メーカーが作るハイブリッド車は走りのダイナミックさをまったく犠牲にしていません。

またドライビングモードにもメリハリがあって、その変化をしっかりと感じられる仕様を意識しているようです。

プラグインハイブリッドを選ぶうえで一番気になるのは電池容量ではないでしょうか。

電気が無くなればガソリンで走ればいいとはいいますが、やはりEV走行可能距離はカタログ燃費と同じで50km走れるといっても、30kmくらいに考えている方がいいですね。

100%電気自動車に乗る人は航続可能距離が残り30kmになるころには、次の充電設備の検討をつけておくといいます。

40kWhの容量を持ち400kmを走れるという日産リーフでもまだまだ旅行などの長距離移動には向いていないといいますから、電気自動車のデメリットを解消したプラグインハイブリッドは国産車、輸入車に限らずどんどん増えていくことでしょう。

ちなみに国産車のプラグインハイブリッドの電力容量は次の通りです。


・トヨタ・プリウスPHV:4.4kWh

・ホンダ・アコード プラグインハイブリッド:6.7kWh

・三菱アウトランダーPHEV:12kWh


↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク