新型ステーションワゴンの大きさを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

大きさ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ステーションワゴンの大きさの違いがどうなっているのか比較をしてみたいと思います。

使いやすいサイズはどれなのでしょうか。

large_01

引用:http://www.fledermaus.jp/prius_a-coll.html


スポンサーリンク

 室内幅の大きなステーションワゴン

10位:日産ウィングロード…………1955×1395×1210mm

9位:トヨタカローラフィールダー…………1945×1430×1200mm

8位:ホンダシャトル…………1925×1450×1290mm

7位:スバルレヴォーグ…………2005×1490×1205mm

6位:トヨタアベンシス…………1980×1495×1185mm

4位:ホンダジェイド…………2850×1505×1230mm

4位:マツダアクセラスポーツ…………1845×1505×1170mm

3位:スバルインプレッサスポーツ…………2085×1520×1200mm

2位:トヨタプリウスα…………1910×1520×1220mm

1位:マツダアテンザワゴン…………1930×1550×1170mm

large_02

引用:http://car-me.jp/articles/5530?gawtm=jie8OhPh&utm_expid=89705594-3

室内の幅が一番大きいのはマツダアテンザワゴンという結果になりました。

国産車ではアテンザワゴンに次いでレガシィの1545mmが大きいのですが、今回は売れ筋ステーションワゴンでの比較ですので、レガシィは入れていません。

それにしてもマツダの世界戦略車だけあって大きいですね。

アテンザワゴンの口コミなど見てみたいと思います。

<アテンザワゴンの口コミ>

まず一番感じたのが「疲れが少ない」事です。
前のアウトランダーですと300km超えのドライブの場合、肩こりから来る頭痛に悩まされる事が多くありました。

しかし今回その倍以上の距離を走っても肩こり一つなく、まだまだドライブを続けられる程の余裕がありました。

スタイリングを中心に、あらゆる面で完成された車であることは間違いありません。

車体が大きいため、取り回しに苦労することもありますが、運転に慣れるためにも頑張っていきます!

large_03

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/1475890/car/2108724/profile.aspx

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000442049/

高速道路を長距離走るにはとてもいいクルマのようですね。

でも狭い道を走るのはちょっと苦労するかもしれません。

アテンザワゴンには「スカイアクティブ」テクノロジーがふんだんに搭載されていて、さすがにフラッグシップというだけあります。

2017年8月の改良では「i-ACTIVSENCE」が全車標準装備となり、ハイ・ビーム・コントロールシステムを20SとXDに、車線逸脱警報システムは全車標準装備となりました。

large_04

引用:https://www.carchs.com/inventory/162801683

<アテンザワゴン基本情報>
◆価格
ガソリン……2,797,200円~3,364,200円
ディーゼル……3,207,600円~4,001,400円
◆全長×全幅×全高……4805×1840×1480mm
◆室内長×室内幅×室内高……1930×1550×1170mm
◆ホイールベース……2750mm
◆車両重量……1470kg~1630kg
◆エンジン
ガソリン……水冷直列4気筒DOHC16バルブ
ディーゼル……水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
◆総排気量
ガソリン……1997・2488cc
ディーゼル……2188cc
◆最高出力
ガソリン2.0L……114kw(155ps)/6000rpm
ガソリン2.5L……138kw(188ps)/5700rpm
ディーゼル2.2L……129kw(175ps)/4500rpm
◆最大トルク
ガソリン1.5L……196Nm(20.0kgfm)/4000rpm
ガソリン1.8L……250Nm(25.5kgfm)/3250rpm
ディーゼル1.5L……420Nm(42.8kgfm)/2000rpm
◆トランスミッション
AT……3要素1段2相形(ロックアップ機構付)
MT……乾式単板ダイヤフラム式
◆駆動方式
ガソリン……前輪駆動
ディーゼル……前輪駆動・四輪駆動
◆燃費
ガソリン……16.0~17.4km/L

large_05

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/


スポンサーリンク

 ホイールベースの長いステーションワゴン

ホイールベースが長いということは、後席の足元もゆっくりしていて、高速での直進安定性が高い安全性の高いクルマということになります。

売れ筋ステーションワゴンのホイールベースをくらべてみましょう。

10位:ホンダシャトル…………2530mm

8位:トヨタカローラフィールダー…………2600mm

8位:日産ウィングロード…………2600mm

7位:スバルレヴォーグ…………2650mm

6位:スバルインプレッサスポーツ…………2670mm

4位:アクセラスポーツ……2700mm

4位:トヨタアベンシス…………2700mm

3位:マツダアテンザワゴン…………2750mm

2位:ホンダジェイド…………2760mm

1位:トヨタプリウスα…………2780mm

large_06

引用:http://car-moby.jp/202780

意外な結果でした。

プリウスαの安定感はホイールベースにあったのですね。

プリウスαツーリングセレクションの最小回転半径は5.8mといいますからアルファードハイブリッドより大きいのです。

因みにクラウンアスリートでは5.2mですね。

ではプリウスαの口コミを見てみたいと思います。

large_10

引用:http://toyota.jp/priusalpha/interior/indoor_space/

<プリウスαの口コミ>

トヨタハイブリッド技術の真髄ですね。CPUが優秀で、とにかく回転を制御して、美味しいところのみを使うといった感じ。
燃費重視ですが、パワーモードでは中々の力強さ。1800ccですが、2400cc並みのフィーリングです。

子供達を乗せるので7人乗りを買ったけどやはり狭く感じる。
5人乗りならいいんだろうけど7人乗せるなら、やはり1BOXのほうがいい。

large_07

引用:http://toyota.jp/priusalpha/interior/indoor_space/

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000250934/

large_09

引用:https://matome.response.jp/articles/616

<プリウスα 基本情報>
◆価格
ハイブリッド……2,479,091円~3,178,145円
◆全長×全幅×全高……4645×1775×1575mm
◆室内長×室内幅×室内高……1910×1520×1220mm
◆ホイールベース……2780mm
◆車両重量……1450kg~1470kg
◆エンジン……水冷直列4気筒DOHC
◆総排気量……1797cc
◆最高出力L……73kw(99ps)/5200rpm +モーター60kw(82ps)
◆最大トルク……142Nm(14.5kgfm)/4000rpm +モーター207Nm(21.1kgfm)
◆トランスミッション
ガソリン……電気式無段変速機
◆駆動方式……前輪駆動
◆燃費……26.2km/L
◆荷室……505L・1070L(後席格納時)

large_08

引用:http://kei-luv.com/?p=2895


スポンサーリンク

新型ステーションワゴンの大きさを比較!まとめ

あらためて数字でくらべてみると意外なことが浮き彫りになるものですね。

プリウスαのホイールベースが長いことにも驚きましたが、2位のジェイドもとても意外でした。

ジェイドは小さく見えて全長4650mmとレヴォーグよりも大きいのです。

クルマとはデザインによってどうにでも見え方が変わることがよくわかりました。

購入前には数値的なチェックを忘れずしなくてはならないですね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう