価格の安い新型ステーションワゴンを徹底比較! おすすめ人気ランキング【2018年度版】

ステーションワゴン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ステーションワゴンは高い?安い?
SUVやミニバンに比べて、車高が低く走りもスムーズ…とくに1.2L程度〜の排気量でも余裕の走りをするワゴンがあります。

ただ、価格相応の質感があるのか?ライバル車も絡めて比較して行きます。


スポンサーリンク

10位 329万円〜:スバル レガシィアウトバック

引用:https://www.subaru.com/vehicles/outback/index.html

引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/

価格帯

329〜356万円(2.5L)

ラインナップ

OUTBACK:329万円
X-BREAK:340万円
Limited:356万円

●ベースグレード(Bg)とLimitedの主な違いは次の通り:
・タイヤサイズ(Bg→17、Limited→18インチ)
・パワーリヤゲート(Bg→Op、Limited→標準)
・シート(Bg→ファブリック、Limited→本革)
・加飾パネル(Bg→木目調+シルバー、Limited→ピアノブラック+シルバー)

ライバル車は”トヨタ ハリアー”

引用:https://toyota.jp/harrier/

レガシィアウトバックはワゴンタイプのSUV。悪路走破性も高く、安全性能はアイサイト(ver3.)とアイサイトセイフティプラス。室内や荷室の広さ、剛性感に特徴があります。

ライバル車としては、トヨタ ハリアー(294〜498万円)。高級SUV、スタイリッシュなボディと豪華な内装が特徴。2Lと2.5Lハイブリッドがあり、2.5Lのアウトバックと競合。

クルマの性格は違いますが、存在感と所有感は大きく、後席の乗客も満足できるスペースは共通項でしょう。


スポンサーリンク

9位 325万円〜:日産 リーフ

引用:https://www3.nissan.co.jp/

引用:https://www.webcg.net/articles/-/37941

 

価格帯

315〜403万円(EV)

ラインナップ

S:315万円
X:351万円
G:399万円
X 10万台記念車:370万円
NISMO:403万円

●S、X、Gの違いは次の通り:
・プロパイロット
・バックビューモニター
・本革巻ステアリング(ヒーター付)
・ステアリングスイッチなど

標準設定 か Op. か 設定無し…とグレードで変わります。

ライバル車は”トヨタ プリウスPHV”

引用:https://toyota.jp/priusphv/

リーフの航続距離は公称400km。80%とすれば、満電320km走ることになります。一方でプリウスPHVは1.8Lエンジン+モーターで、燃費は37.2km/L。EV後続距離は68.2kmです。

プリウスPHVは326万円〜ですが、リーフとの大きな違いはボディーデザインと、EVかPHVの違い、そしてリーフの”e-Pedal”=ワンペダルドライブ走行でしょう。

実際に、無音走行とガソリンスタンドが不要の満足度は慣れてしまうと感動は薄れてしまいますが、ワンペダルドライブやプロパイロットには”このクルマを選んで正解!”という口コミが多くあります。

内装が安っぽい…という評もありますが、350、400万円の道具を買う!と考えて乗るべきでしょう。


スポンサーリンク

8位 286万円〜:スバル レヴォーグ

引用:https://www.subaru.jp/

引用:https://www.subaru.jp/

価格帯

286〜405万円(1.6L/2.0L)

ラインナップ

1.6GT EyeSight:286万円
1.6GT EyeSight S-Style:292万円
1.6GT EyeSight Smart Edition:294万円
1.6GT-S EyeSight:307万円
1.6STI Sport EyeSight:356万円
2.0GT-S EyeSight:361万円
2.0STI Sport EyeSight:405万円

引用:https://www.subaru.com.au/levorg/performance

オートックワンより《1.6Lと2.0Lの違い》

レヴォーグは今回のマイナーチェンジで乗り心地が改善されたが、それでも走行安定性が高く、スポーティな運転感覚を味わえる。

そうなると1.6リッターターボは動力性能が大人しく感じられ、2リッターターボの方が本領を発揮できるように思える

特にレヴォーグはすべてのグレードがAWD(4WD)を搭載しており、1.6リッターターボは油圧多板クラッチを使うアクティブトルクスプリットだが、2リッターターボはセンターデフ式のVTDだ。

後者の駆動力配分は前輪が45%、後輪が55%とされ、アクセルペダルを踏み込みながら曲がる場面では、動力性能が高いこともあって1.6リッターターボよりも車両を内側へ向けやすい。

従ってスポーティ走行の楽しさは、さまざまな意味において2リッターターボが強い。

レヴォーグは、ライバル車が見当たらないスポーツワゴン。それだけ、走りに振っているクルマであって、足回りの強化と回頭性の高さは唯一無二でしょう!


スポンサーリンク

7位 282万円〜:マツダ アテンザワゴン

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp/series/newcar/2017/02/26/133_split_split/

価格帯

282〜419万円(2.0L/2.5L/2.2Lディーゼル)

ラインナップ

20S:282万円
20S PROACTIVE:295万円
25S L-Package:354万円
XD:324万円
XD PROACTIVE:336万円
XD 4WD:347万円
XD PROACTIVE 4WD:360万円
XD L-Package:395万円
XD L-Package 4WD:419万円

価格差の違いは?

アテンザワゴンのグレードは《S》《PROACTIVE》《L-Package》の3段階。排気量別ではありません。

10way パワーシート、助手席6way パワーシート、運転席助手席のシートヒーター、リヤ左右のシートヒーターは《Lパケ》にのみ採用されています。

引用:https://matome.response.jp/articles/1014

またセーフティに関して《Lパケ》にしかない”スマートシティブレーキサポート”、”マツダレーダークルーズコントロール”などにも注意。

この2つはPROACTIVEではOp扱いとなっています。

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/38307

ライバル車はやはり欧州車。ボルボV60は499万円〜ですが、全長は4,760mmとアテンザより小型。実質上の価格差は100万円ですが、ぜひ比較してみたいクルマです。

6位 256万円〜:トヨタ プリウスα

引用:https://jp.autoblog.com/2014/10/11/toyota-prius-alpha-hv-uk/

価格帯

256〜355万円(1.8Lハイブリッド)

ラインナップ(5人乗りのみ掲載)

S Lセレクション:256万円
S:270万円
S tune BLACK II:278万円
S ツーリングセレクション:301万円
S ツーリングセレクション GR SPORT:335万円

G:305万円
G ツーリングセレクション:325万円

価格差の違いは?

プリウスαは1.8Lエンジン+モーターのワングレードパワートレーン。グレードによって走りの違いはありません。GR SPORTだけはサスペンションやブレーキパッド、スタビライザーなど専用パーツに変えており、スポーツシートがおごられています。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

SとGの一番大きな違いは、シート。運転席が”8Wayパワーシート&助手席が4Way手動シート”の《G》。《S》は運転席が”6Wayパワーシート&助手席が4Way手動シート”です。もうひとつ、Gは”ランバーサポート付”。

静粛性が際立つプリウスαですから、パワーシートとランバーサポートの有無はぜひ考慮して、クルマを選びましょう。

↓GR SPORTのスポーツシート。バケットシートタイプは、ドライビングも”その気”にさせてくれる!

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

5位 239万円〜:ホンダ ジェイド

引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/39154#image-7

引用:https://www.honda.co.jp/JADE/

価格帯

239〜355万円(1.5L/1.5Lハイブリッド)

ラインナップ

G Honda SENSING:239万円
RS Honda SENSING:255万円
X Honda SENSING:274万円(6人乗り)
HYBRID RS Honda SENSING:289万円
HYBRID X Honda SENSING:308万円(6人乗り)

価格差の違いは?

ワゴン的に見れば、2列シートと荷物が詰める”G”と”RS”が該当。Gはベースグレードで、RSはエンジンに専用セッティングをしています。

高回転域の加速をスムーズにした「全開加速アップシフト制御」と、「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を採用。ハイブリッドでは、発進から加速時のアクセルONからのレスポンスを極力高めています。

またRSは18インチタイヤ、Gは16インチタイヤを採用しています。ジェイドにはライバル車が皆無…ですが、ワゴン(5人乗り)はスタイリッシュ+走りの良さでRSはとくにお勧め。コストパフォーマンスはかなり高いはずです!

4位 194万円〜:スバル インプレッサスポーツ

引用:https://www.subaru.jp/

価格帯

194〜261万円(1.6L/2.0L)

ラインナップ

1.6i-L EyeSight:194万円
1.6i-L EyeSight S-style:210万円
1.6i-L EyeSight 4WD:216万円
1.6i-L EyeSight S-style 4WD:232万円
2.0i-L EyeSight:218万円
2.0i-L EyeSight 4WD:239万円
2.0i-S EyeSight:239万円
2.0i-S EyeSight 4WD:261万円

ライバル車との徹底比較!vs カローラスポーツ

引用:https://autoc-one.jp/hikaku/5002836/

■トヨタカローラS:4,375×1,790×1,460mm
価格:210〜268万円
エンジン:1.2L/1.8Lハイブリッド

□インプレッサ S:4,460×1,775×1,480mm
価格:194〜261万円
エンジン:1.6L/2L

↓カローラスポーツのコックピット、操作系がすっきりした印象

引用:https://car-guide01.com/corollasport-naisou/

↓インプレッサスポーツのコックピッド、メーターとナビ・マルチディスプレイが同じ高さ上にあるのが特徴

引用:https://autoc-one.jp/subaru/impreza_sports/newmodel-2889797/photo/0018.html

シート比較

インプレッサ:
・標準 運転席&助手席8ウェイパワーシート、2L車
・Op 運転席&助手席8ウェイパワーシート、1.6L車
(…ブラックレザーセットOp)

ブラックレザーセレクションは、以下の通り

カローラ:
・標準 運転席6ウェイマニュアル
・標準 助手席4ウェイマニュアル
・Op 電動ランバーサポート(運転席、Op)
・Op シートヒーター(運転席・助手席、Op)

※ランバーサポート込のセットは175,500円。グレードはG”Z”のみ。(ハイブリッドは268万円、ガソリンは238万円)

シートオプションを付けると、インプレッサは240万円〜カローラは価格はガソリンで260万円台、ハイブリッドで280万円程度に。カローラスポーツの方が価格は高いようです!

後席のゆとりは?

↓左、カローラスポーツ。右、インプレッサスポーツ

引用:https://autoc-one.jp/hikaku/5002836/

オートックワンによる比較テストでは、後席に座った男性の足もと(ひざ前)の広さで、こんな結果が。

■カローラスポーツ、握りこぶし1個半
□インプレッサスポーツ、2個半

広さでは、インプレッサスポーツに軍配。ファミリーで使うなら、とくにお勧めです。インプレッサスポーツは、足回りは硬めながら幅広い年齢層が楽しめるクルマ。カローラスポーツは2+2の趣味性の高いクルマと言えます!

3位 182万円〜:マツダ アクセラスポーツ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/

価格帯

195〜331万円(1.5L/1.5L/2.2Lディーゼル)

ラインナップ

15S:195万円
15S PROACTIVE:214万円
15S 4WD:217万円
15S PROACTIVE 4WD:237万円
15S L-Package:239万円
15S L-Package 4WD:261万円
15XD:233万円
15XD PROACTIVE:244万円
15XD L-Package:268万円
22XD PROACTIVE:279万円
22XD PROACTIVE 4WD:301万円
22XD L-Package:308万円
22XD L-Package 4WD:331万円

1.5L、1.5Lディーゼルと2.2Lディーゼルの3グレードがあり、MTも選べます。これだけのパワートレーンとトランスミッションを揃えるのは、コストもかかる!クルマでは、他のメーカーでは考えられないラインナップです。

マツダのやる気が感じられるモデルのひとつでしょう。

アクセラとカローラを比較する

引用:http://carsharing-guide.net/oyakudachi/orixcarshare-aplan-or-bplan/

・カローラスポーツ:39,607台(アクシオ、フィールダー含む)
・アクセラスポーツ:10,632台(セダン含む)、
(いずれも2018年1~6月分の販売台数)

■カローラスポーツ:4,375×1,790×1,460mm
価格:210〜268万円
エンジン:1.2L/1.8Lハイブリッド

□アクセラスポーツ:4,470×1,795×1,480mm
価格:282〜419万円
エンジン:1.5L/1.5Lディーゼル/2.2Lディーゼル

引用:https://toyota.jp/corollasport/

引用:http://www.mazda.co.jp/

内装比較

↓カローラスポーツ、”G”の内装。本革(赤)とウルトラスエード(人工皮革)の組み合わせ。

引用:https://toyota.jp/corollasport/

口コミ:飽きのこないデザインで、ソフトパッドも手の当たる場所に配してあり、また赤いステッチがその気にさせます。

スイッチ類が通常運転席から見渡せて、姿勢を変えず操作できるのは、私的には非常に良いです。

↓アクセラスポーツの室内”Lパケ”にはパフォーレーションレザーのシートが標準仕様。通気性のいいシートで、細かい穴が無数に開いているもの。

引用:https://autoc-one.jp/news/1499304/photo/0011.html

口コミ:2,200と1,500でセンターコンソールの造形が異なります。2,200は電子パーキングブレーキ、スライドシャッター付カップフォルダー。サイドはソフトパッドで覆われ、1クラス上の高級感があります。

総評比較

カローラスポーツ:ボディ剛性が高く感じました。締まった感じも私好みですが、ハンドルが柔らかいですね。(女性にはよいですね。)
セーフティ機能でのハンドル操作サポート、クルーズコントロール機能、高速での走行には頻繁に使用しそうです。

最初は怖かったのですが慣れてくるとこれは便利。これは良い。これからの時代、これが当たり前になるでしょうか。

■■■■■

アクセラスポーツ:すっきりしたな内外装、実用燃費の良さ、運転支援/安全性能の充実の3つが特徴。

少ないキャラクターラインで個性を出し、ハリボテ感がないシンプルな外装デザインは奇をてらったモノがなく飽きが来にくくて良いです。

内装ではインパネにはスイッチ類が少なく、やはりシンプルに見せています。ディスプレイのサイズなどユーティリティを求めるならちょっと物足りないと感じるかもしれませんが、1~2人乗りがメインならこの程度で十分でしょう。

クルマの比較では、やはり2018年デビューのカローラスポーツと、2013年デビューのアクセラでは、剛性感や爽快感などはかなり違うようです。

ただ、足回りを”いじる”といった楽しみがあるのは、アクセラ。シンプルな内装と価格にピンときたら、買い!かもしれませんね。

2位 169万円〜:ホンダ シャトル

引用:https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

引用:https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

第2位のホンダ シャトルと1位のトヨタ カローラフィルダー。クルマの大きさはほぼ同じですが、プライベートユースのために設計されたシャトルと、ビジネスユースの耐久性が中心のカローラ、クルマの性格はまるで違います。

シャトルはビジネスカーには見えないエクステリアも人気。フルフラットの荷室が広く、アウトドアでも使える一台です。

スペック

全長(mm):4,400
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,545~70

価格帯

169〜263万円(1.5L/1.5Lハイブリッド)

ラインナップ

G:169万円
G Honda SENSING:177万円
G 4WD:189万円
G Honda SENSING 4WD:196万円
HYBRID:200万円
HYBRID 4WD:220万円
HYBRID Honda SENSING:208万円
HYBRID Honda SENSING 4WD:227万円
HYBRID X Honda SENSING:231万円
HYBRID Z Honda SENSING:246万円
HYBRID X Honda SENSING 4WD:250万円
HYBRID Z Honda SENSING 4WD:263万円

(ほかに、Honda SENSINGなしのXとZ)

内装

フィットがベースだけに、ロングドライブにも適したシート。コンビシートの質感も200万円代としては満足できるもの。

↓ブラックだけでなく、リゾータブラウン、人工皮革(HYBRID Z)も。250万円程度の車両価格なら、こうなる

↓HYBRID Xのアイボリー。人口皮革”プライムスムース”を使用

引用:http://kakaku.com/item/K0000770924/images/page=ka_7/

↓走りはカローラフィールダーよりも俊敏。ハイブリッドX/Zは、振幅感応型ダンパーを採用。滑らかに走るので、カローラよりも走りはいい。

引用:https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

カローラフィールダーとの比較、サイドビュー

シャトルはファミリーユース。とくに後席のゆとりは、カローラよりもこぶし半分程度広さの差があります。また、リヤオーバーハングが長く、積み荷は570L。カローラフィールダーは407L(ともにハイブリッド)。

引用:https://autoc-one.jp/hikaku/2227814/photo/0014.html

引用:https://autoc-one.jp/hikaku/2227814/photo/0093.html

デザインでは、フィットベースのシャトルの方が後方視界が悪く、カローラフィールダーの方が前方後方とも見切りはいいでしょう。

1位 164万円〜:トヨタ カローラ フィールダー

引用:hakaku.com/item/K0000554152/images/page=ka_5/

ホンダシャトルとは違い、カローラフィールダー《ビジネス》と《プライベート》のグレードを用意しています。長年カローラワゴンとしてビジネスで使っているユーザーのために、MT車を用意。

耐久性が良く、ガソリンエンジンながら10万キロをはるかに超える距離を走るケースも多く、シートやインパネもクラスを超えた質感を持っています。

また、20代から30代のユーザーに向けて、サーフボードやスノーボードなどを載せるためのアイテムが揃っています。

スペック

全長(mm):4,400~10
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,475~1,535

価格帯

164〜263万円(1.5L/1.8L/1.5Lハイブリッド)

ラインナップ

1.5X ビジネスパケージ(MT):164万円、CVTは175万円
1.5X(MT):165万円、CVTは177万円
1.5G(MT):181万円、CVTは193万円
1.5G 4WD:207万円
1.5G W×B:217万円
1.8S:222万円
1.5G W×B 4WD:229万円
1.5S W×B:234万円
HYBRID:222万円
HYBRID G:235万円
HYBRID G W×B:253万円

●164万円は、MT車。MT車で楽しみたい人には、1.5Lのボトムモデルをいじり回すのが吉です!

引用:https://toyota.jp/catalog/

引用:https://toyota.jp/catalog/corollafielder_acc/book/#target/page_no=11

↓マフラーカッターにローダウンスプリングも!メーカーオプションに入っているのがいい

引用:https://toyota.jp/catalog/corollafielder_acc/book/#target/page_no=13

内装

W×B(ダブルバイビー)のインテリアはブラックとホワイト基調。ブラックとホワイトの合皮は強固な防汚処理を施しているため、普段使いで”使い倒しても”良し!

引用:https://toyota.jp/corollafielder/

シャトルに比べて”ビジネスユース”に強く、ワイルド感に満ちたワゴンが、フィールダー。基本設計がしっかりしているクルマなので、荒っぽく使っても様になります。

ブラック塗装のアルミでキメル、W×B

引用:https://toyota.jp/catalog/

センシュアルレッドマイカと16インチのブラックアルミ。2WDなら、220万円で買える(32,400円のオプションカラー込)。これなら、ミニバンを無理して買うよりも、安く楽しい買い物になるかも!

まとめ

シャトルは、出来合いでエンジョイ。カローラフィールダーは買ってから楽しむ!

新型ワゴンを並べてみましたが、1位と2位の決定的な差はなんでしょうか?それはクルマの楽しみ方でしょう。

シャトルの場合は、乗り心地やホンダセンシング、ハイブリッド走行や室内のクリアランスなど、設計し尽くされてデビューしています。

反面、カローラフィールダーは1982年のカローラワゴンからの歴史があり、現行モデルも2012年デビューとロングライフです。とにかく壊れない、故障しない、取り回しも楽…そこが1位の理由なのです。

引用:http://blog.bookpeople.jp/atlas/naoki_aoyama/post_407.html

コストパフォーマンスが高いのは、圧倒的にカローラ。ドンガラを買って、あとはどういじり、どう楽しむのか?本来のワゴンとはそういうもの。ぜひ、この1位、2位の素晴らしいワゴンを見に、ディーラーに出かけてみませんか??

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク