新型カングー 納車ブログまとめ!

kangoo_07

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型カングーの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは新型カングーの納車に関するブログのデータをまとめています。

nosya_01

引用:http://openers.jp/gallery/317114


スポンサーリンク

新型カングー 納車時期

カングーの納車時期はグレードとボディカラーによって違います。

それもその時々の納期はフランスからやってくる船に希望のカングーが乗っているかどうかで決まるのです。

ルノー・ジャポンが在庫分として発注した中に自分の希望と合うものがあるか、または在庫車があれば早くて1ヶ月、本国に発注となれば4ヶ月から半年といったところでしょう。

早い納車を望むのであれば、あらかじめ在庫車を問い合わせて、その中から選ぶというのもありかも知れません。

nosya_02

引用:http://openers.jp/gallery/317114/7


スポンサーリンク

新型カングー 納車ブログ

待ちに待った納車。

こんなにうれしいことはないですね。

納車にはいろいろなドラマがあり、様々な事情があります。

それぞれの納車にまつわるエピソードがブログから読み取れたらと思います。

nosya_03

引用:http://kami-goya.jp/blog/

本日、11時30分

無事、納車されました!!!!

My カングーです。はい。

お弁当を3分で食べて、さっそくプチカスタム。

少し前に作ったマグネットシートをベタベタと。

フランスの国旗エンブレムも貼りました。

パパパッと貼ったのでバランスは、ちょっとづつ調整する予定ですねん。

走りは、良いとは言えません(笑)

キビキビ走らず、もっさりしてます。

後ろの窓が観音開き仕様のため、中央が全く見えないので

慣れるまで、後方が見づらいですね。ええ。

nosya_04

引用・出展:http://kami-goya.jp/blog

かわいいプチカスタムですね。

マグネットステッカーを貼るというのはいいアイディアで、中々、いい感じです。

「グリ・メタン」この色もステキですね。

nosya_05

引用:http://kami-goya.jp/blog

後ろが見えにくいというのは口コミでもちょくちょく寄せられていますが、実際に走行中の写真を見ることができるとイメージがわかりやすいですね。

思った以上に視界が遮られています。

nosya_06

引用:http://kami-goya.jp/blog/

カングーZEN 6MTを選択した理由は、、、ライフスタイルをすっかり変えるため!
アウディ・チャリやGIANT・ESCAPE AIRを載せて、週末はサイクリング三昧でダイエットに励んだり、クルマでは見過ごしてしまいがちな景色を求める私生活を楽しみたいのです。
もちろん、クルマ自体を楽しむ生活も、、、カングーとともに生活していく所存です。

カングーはまさしくライフスタイルを変えることができるクルマだといえるでしょうね。

自転車が楽々載せられることでレジャーの幅が広がるし、何より「出かける」気分を高めてくれるクルマです。

そんなクルマはありそうでありません。

nosya_07

引用・出展:http://chiketas.exblog.jp/25042557/

ステアリングは本革巻き。
握り心地は上々。
ダッシュの質感は・・・。
ドイツ車の豪華さ、イタリア車の粋と比べちゃいけません。
ルーツは商用車ですから。

リアシート周りに遮光カーテンを付けました。
フロントシート周りのマルチサンシェードと合わせれば、車中泊OK!
あとは社外のベッドキットがあれば・・・。

噂通り足回りはしなやかで、道路の凹凸でバタバタすることは少ないように思います。
ブレーキはすごく効くので、慣れないと同乗者がむち打ちになるかも(笑)。
乗りこむ際の動作は、エスティマのようによじ登ったり、逆にザ・ビートルのように沈み込むのではなく、腰の位置を変えることなくごく自然に行えます。
これって、中年オヤジには重要です。

nosya_08

引用・出展:http://blog.goo.ne.jp/vw-square/e/ece33c6b138f6b805a1421fce4c0829c

せっかくカングーに乗るのだから、車中泊の前提でいろいろ揃えていきたいですね。

何しろ180cmの人でも楽に足をのばして寝ることができるのですから、使わない手はありません。

内装がチープだとの声はとっても多いですが、むき出しのボディのイエローはなんとも雰囲気があっていいです。

シートの位置が自然に乗り降りできるようになっているのは、フランスで郵便配達員が1日に何度も乗り降りしても疲れないようにという理由もあるのでしょう。

サイドブレーキの形状も何度もサイドブレーキをひいても苦にならないような配慮で作られています。

フランスでは労働環境が悪いとすぐにストライキになってしまうので、労働者への心配りが日本とは違うのです。

nosya_09

引用:http://www.renault.jp/car_lineup/kangoo/features/safety.html

今年から始まった、9月のシルバーウィークの真っ只中、限定車のカングー ラ・ポストを契約して、今日、10月4日に納車となりました!

開店と同時に納車の儀式(笑 を執り行うため、朝は8時に家を出発し(子供が小さいと大変…。)、お迎え先の本厚木駅まで、はるばる電車に揺られて向かいます。
家族全員参加なので、チャイルドシートを持っていかなければならず、ベビーカーに、チャイルドシートをくくりつけて運ぶという、何とも滑稽な光景でした(^^;

ディーラーからのお迎えも、そんな大荷物を積むために必然的にカングーで。試乗車の黄色の(ジョン アグリュム)ATでした。

とても早い納車だったようですね。

限定車のラ・ポストはもっともフランス色が濃いのではないでしょうか。

それにしても、ディーラーまでベビーカーにチャイルドシートをくくりつけて運ぶという光景はなかなか見れるものではありませんね。

こちらのオーナーは納車された後、IKEAに向かったそうですが、奇遇にも同じラ・ポストが駐車場に止まっていたそうです。

納車日そうそうの微笑ましい光景です。

nosya_10

引用・出展:https://kangoolapostejp.wordpress.com/2015/10/04/%E7%B4%8D%E8%BB%8A%EF%BC%81/

MTや受注色ということもあって約4か月待ちの末カングーが納車されました!

乗り心地は最高で週末が待ち遠しい日々を送っています。

ただ納車時から気になっていることがあります。

それは新車なのに納車時の走行距離が70㌔もあったことです。

担当の営業マンに確認した所、ルノー車は全般的に走行距離が多いとのこと…。

MTの場合は納期がやや遅くなるようですね。

4ヶ月というのは、さぞかし待ち遠しかったでしょう。

納車時の走行距離が70kmというのは気になりますね。

どこのクルマでも何台かに一台はテスト走行のため、走行距離がけっこうあるそうです。

とくにフェラーリなどの高級な車では100kmくらいはテストコースで走っているそうですね。

ベンツでは数十km~50kmが納車時の走行距離です。

納車の際には走行距離もかならずチェックして、あまりにも走行距離数が長いようなら、その場で受け取りを拒否しなくては、あとからではクレームに対応してもらえません。

nosya_11

引用:http://openers.jp/gallery/317114/3

出展:http://bbs.kakaku.com/bbs/70101810276/SortID=4454141/


スポンサーリンク

新型カングー 納車ブログまとめ

納車ブログというのは、どこかしらウキウキ感が伝わってきて読んでいて楽しいものです。

それにカングーの場合は特にライフスタイルが広がるようで喜びが大きいような気がします。

納車されたらキャンプにスキーにサーフィンへと夢が広がることでしょう。

忘れてはいけないのが納車時に必ず、ボディのキズ、塗装のハゲのチェック、内装の立て付け、走行距離を確認しておきましょう。

そして納車が終わって走り出して不具合を感じたら、すぐにディーラーへと戻ってその旨を報告して見てもらうようにしてください。

ボディのキズなど納車の日にしか対応してもらえないこともあるので気を付けましょう。

新型カングーの値引きの方法については、

「新型カングー 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にカングーを購入して下さい。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう