国産クーペの速さを比較!おすすめ人気ランキング【2017年度版】

クーペ_GTR

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



国産クーペで最も販売台数の多いクルマは、トヨタ86。2016年は年間6,500台、ひと月に500台以上売れるベストセラーカーとなっています。

ですが、2016年に日本で最も売れたトヨタプリウスは、248,000台で、ひと月に20,000台以上の販売台数でした。

クーペに乗りたい人は多いのに、様々な制約があって売れていない…つまり、憧れのクルマになっています。


スポンサーリンク

日産 GT-R:315km/h

FotoFlexer_Photo

引用:https://amd.c.yimg.jp/amd/20160531-20102854-carview-004-2-view.jpg

国産車でダントツに速いクルマは、日産GT-R。世界でも最速の量産車と言われており、最高速度はなんと315km/h

最高出力は [570PS]/6,800rpm、V型6気筒エンジンで排気量は3.8L。さらに、NISMO仕様が600PSにチューニングされています。

エンジンのボア&ストロークは 95.5mm×88.4mm。6本の気筒は内径が大きくストロークが短い独特のサイズ。ショートストロークの強みは、全てのシリンダーの出力が爆発的に続いて行くことですが、GT-Rはまさにスタートダッシュと高速走行の持続が優れているクルマ、ということでしょう。

ちなみに、新幹線E-5系(東北新幹線)は最高速度が320km/h。走行区間は宇都宮−福島、仙台ー盛岡間。もし、GT-Rと同じ速度を体感したい場合は、この区間に乗りましょう!

FotoFlexer_Photo

引用:http://news.mynavi.jp/series/trivia/124/images/001.jpg

FotoFlexer_Photo

↑日産で「匠」と認められた社員だけが手組みで組み立てる、専用エンジン。VR38DETT型は600馬力に増強されている。

引用:https://www.gtnet.co.jp/car_info/impression/11_GT-R_impression/img/p1-06.jpg


スポンサーリンク

GT-Rをレンタルする方法

996万円〜1,870万円の車両価格で販売されているGT-R。なかなかおいそれとは購入できない方には、レンタカーでドライビングを楽しむ…という方法があります。

日産レンタカー

cc_img_nissan

引用:http://www.kkr.or.jp/hotel/share/images/img_memberscard/cc_img_nissan.gif

■税込35,000(日帰り9:00~19:00)

「サーキット走行は×…」とスタッフに念押しされますが、高速道や一般道なら10時間乗り放題!これはお試しの価値があるでしょう。

【貸渡条件】
年齢35歳以上、23ボーナスクラブ会員及び新規ご入会の方、日本国の運転免許証の所有者
(注:23ボーナスクラブは、日産レンタカー会員サービスのこと)

【対象店舗】
六本木ヒルズ店、秋葉原駅前UDX店、新宿パークタワー店、広小路栄店、名古屋駅桜通口店、なんばOCAT店、淀屋橋店、梅田センタービル店

【予約方法】
対象店舗または予約センターにて電話のみ対応


スポンサーリンク

レクサスRC F:275km/h

FotoFlexer_Photo

引用:https://lexus.jp/models/rcf/images/gallery/photo/m/img_gallery_12.jpg

V8-5Lというダイナミックなエンジンを搭載したFは、RCのボディをまとったスポーツマシンです。RCはISとほぼ同じサイズ…ということで、全長が4,695mmですが、RCFは4,705mmと若干大きくなり、剛性感が増しています。

最高出力:351kW (477PS)/7,100rpm
最大トルク:530Nm (54kgf·m)/4,800rpm
車両重量(kg):1,780-1,790

日産 フェアレディZ:250km/h

FotoFlexer_Photo

引用:http://nissannews.com/en-US/nissan/usa/releases/2018-nissan-370z-heritage-edition-previewed-at-new-york-international-auto-show

トップ2も日産。日本名フェアレディZは世界では日産Z、あるいは370Zとコード名が車名となっています。

V6-3.7Lエンジンは、スポーツカーらしい加速の良さが味わえますが、やはり6速MTはシンクロの楽しさが売り。ただ、コンピューター制御の、シンクロレブコントロールが付いており、ギヤチェンジの”タメ”がなくなり、コントロール感が気持ちよいほどです。

もちろん、この機能はOFFできます。古典的な味付けもあるエンスー向けの良質スポーツマシンと言えるでしょう。

最高出力:247kW (336PS)/7,000rpm
最大トルク:365Nm (37.2kgf·m)/5,200rpm
車両重量(kg):1,500-1,550

レクサス RC 350:250km/h

FotoFlexer_Photo

引用:http://1.bp.blogspot.com/-mikVWVMDQnY/Ux1sHrpvlrI/AAAAAAAAIng/dony6kj1Ivk/s1600/Lexus-RC_F_Sport_3.jpg

トヨタ86 / SUBARU BRZ:226km/h

トヨタ86とSUBARU BRZは兄弟車、同一エンジンということで、ここでは両車を同じ数値にしています。

日本国内モデルでは、当然可能な最高速度の発表はありませんが、アメリカでは両車とも226kph(=226km/h)とされています。

86/BRZはMT車が207馬力、AT車が200馬力。2L水平対抗4気筒エンジンで、トヨタの直噴システム(D-4S)を組み合わせる、という荒技を駆使しています。

FotoFlexer_Photo

引用:https://icdn-5.motor1.com/images/mgl/PvZ38/s3/2017-subaru-brz.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:https://i2.wp.com/practicalmotoring.com.au/wp-content/uploads/2017/07/097A4160.jpg?ssl=1

86を借りてみよう

トヨタレンタカーでは 10,260円から

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.kkr.or.jp/hotel/share/images/img_memberscard/cc_img_toyota.jpg

86を試したい、という方にお勧めなのがトヨタレンタカーの「SP1」クラス予約。平常時期の料金は以下の通りです。なお、8月1日から20日まではハイシーズン料金で、20%程度UPになります。

□6時間:10,260円
□12時間:12,420円
□24時間:16,200円
□48時間:28,620円

富士スピードウェイでレンタル!86RACERSカーレンタルシステム

FotoFlexer_Photo

引用:http://www.fsw.tv/driving/86racers.html

86を借りて、公道を走らせるのも良し。ただ、スピードMAXで楽しみたいなら、やはりレース場での走り。

F1で有名な、富士スピードウェイでは86をレンタルして楽しむサービスが毎月行われています。

■参加条件:レーシングコースFISCOライセンス会員
■募集台数:1日5台まで(MT3台、AT2台)
■料金:20分46,100円 30分66,400円 など(メンテパック込)
■走行料金:20分4,400円 30分6,500円 など

 体験走行86レンタル・86サーキットタクシー

FotoFlexer_Photo

 引用:http://www.fsw.tv/guide/facility/racing.html

86でサーキットを走らせたいけど、FISCOライセンスがない…そういう方には、体験走行86レンタルもあります。

■5,200円コース……先導車の後を走るコース3周

■6,200円コース……86RACER’S車両にて2周の同乗走行

○国産スポーツクーペで走りを楽しみたい!という方には、やはりツーリングやサーキット走行がお勧め。日本全国でミニサーキットもかなりありますので、レンタカーで借りてから楽しむのもアリ。

ATスポーツもパドルシフトでクイックなギヤシフトが味わえるので、ご夫婦で楽しむのもいいのではないでしょうか?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう