ボルボ 新型V40 色・カラー紹介!人気カラーは?

V40

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年のボルボ 新型V40の色・カラー情報が公開されています。

こちらでは2016年のボルボ 新型V40の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

2016年7月、ボルボの中で最も小さなモデル、プレミアム・コンパクト「V40」がマイナーチェンジを行いました。

フロントフェイスやインテリアを一新したボルボ新型「V40」の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

新型ボルボ「V40」登場

gallery011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

exterior011interior011

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

ボルボのラインナップの中で、最も小さなモデルとなるプレミアム・スポーツ「V40」は、2016年7月、フロントフェイスを一新、インテリのデザイン変更などの一部改良を行いました。

「V40」は、「ボルボの大型モデルの特長や機能を小型車のパッケージに取り入れる」というコンセプトのもと、ダイナミックでスタイリッシュ、そしてスポーティにデザインされた5ドアモデルで、日本市場はもちろん世界中で大好評を博しています。

よりスポーティで洗練されたスタイリングを実現した新型「V40」は、同時に新しいグレード体系を採用し、ラインナップが刷新されました。

エクステリアは、フロントフェイスが一新し、先ごろ発表された新型「XC90」を思い起こさせる新デザインのグリルや北欧神話に由来する「トールハンマー」をイメージした横T字型のLEDヘッドライトを全車に標準することで、よりモダンで洗練された印象となっています。

インテリアは、2014年ジュネーブショーにてコンセプトカー・オブ・ザ・ショーを受賞したコンセプト・エステートからエッセンスを受け継いだ「シティ・ウィーブ」という、モダンでカジュアルなテキスタイルシートを新たに採用し、インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルが新たに採用されました。

安全面では、歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10種類の先進安全機能を全車に標準化することを実施し、さらに「歩行者エアバッグ」を全グレードに標準装備しました。

ボディカラーも、往年の「アマゾン」をイメージした新色「アマゾンブルー」などを含む全15色が用意されています。

パワートレーンは、軽快で滑らかな走りを満喫できるDrive-E1.5リッター4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載する「T3」、革新技術「iーART」を採用したDrive-E2.0リッター4気筒ディーゼルターボエンジンの「D4」。

傑出したパワーと燃費性能を両立するDrive-E2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボを搭載する「T5」がラインナップしています。

グレード体系は、洗練された北欧のデザインを身にまといながら、高い快適性と安全性を充実したベーシックモデル「キネティック」、ひとクラス上の洗練と快適性を追求し、上質なスカンジナビアンデザインが楽しめる「モメンタム」。

北欧が生んだデザインとクラフトマンシップの最高峰で、ラグジュアリーなドライビングを体感できるハイエンドモデル「インスクリプション」、磨き上げられたスタイリングとレスポンス、スポーツドライビングを存分に楽しむことのできるパフォーマンスカーで、R-Design専用のパーツを装備した「R-Design」となっています。

spec_my17_ef22

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40-cross-country/

また、扱いやすいサイズと流麗なデザインが魅力となっている「V40」をベースに、樹脂製のパーツやルーフレールでアクティブなスタイルの「クロスカントリー」には、4輪駆動モデルもあり、降雪地域の安心感が高く評価されています。

安全装備は、ボルボらしい充実ぶりで、全車に歩行者や自転車も検知する自動ブレーキ、クルーズコントロール、各種警告機能やリアビューカメラなどが装備されています。

ガソリンモデルに加えてクリーンディーゼルモデルもラインナップしています。

スポンサーリンク

新型ボルボ「V40」、ボディカラーラインナップ

img_color1

http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/v40-t5-r-design

ボルボ新型V40のボディカラーは全15色が用意されていますが、このうち新しいボディカラーとして、1960年代に人気を集めたP120系の「AMAZON」にも採用されていた「アマゾンブルー」の現代版(新色)をはじめ。

「ルミナスサンドメタリック」、「マッセルブルーメタリック」、新色「デニムブルーメタリック」、「バースティングブルーメタリック(T5 R-Design専用色)」となっています。

とくに「アマゾンブルー」は、メタリックではなくソリッドカラーですが印象的な色合いを実現しています。

■ソリッド

・ブラック

hd2

・アイスホワイト

hd1

・パッションレッド

hd2

 

・アマゾンブルー

hd8

■メタリック

・エレクトリックシルバーメタリック

別途、メタリック・ペイント代83,000円(税込)がかかります。

hd3

・フラメンコレッドメタリック

別途、メタリック・ペイント代83,000円がかかります。

hdkqmiz5qi

・クリスタルホワイトパール

別途、パールペイント代103,000円がかかります。

hd5

・ロウカッパ―メタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd9

・ブライトシルバーメタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd4

・オスミウムグレーメタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd6

・オキニスブラックメタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd7

・デニムブルーメタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd1

・マッセルブルーメタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd1

・ルミナスサンドメタリック

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd1

・バースティングブルーメタリック

T5 R-Dsign専用色

別途、メタリックペイント代83,000円がかかります。

hd3

引用:http://www.volvocars.com/jp/、ボディカラー画像

スポンサーリンク

2016、ボルボ新型V40、人気カラーは

v40t5r_gallery011v40t5r_gallery042

引用:http://www.volvocars.com/jp/

先代モデルの人気のカラーは

・クリスタルホワイトパール

・オニキスブラックメタリック

・パワーブルーメタリック

となっています。

さて、新型となった今回はどうなるでしょうか。

gallery101

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

また、ボルボ新型V40は、グレードによって、ボディカラーとシート、インテリアの色が組み合わされます。

たとえば、

ボディカラー:

アマゾンブルー

を選んだ場合は、

■「キネティック」

シート素材:テキスタイル

シートカラー:チャコール

インテリアカラー:チャコール/チャコール

■「モメンタム」

シート素材:T-TEC/テキスタイル

シートカラー:シティウィーブ

インテリアカラー:チャコール/ブロンド

■「インスクリプション」

シート素材:本革

シートカラー:ブロンド

インテリアカラー:チャコール/ブロンド

■「T5 R-DESIGN」については、ボディカラーにかかわらず。

シート素材:本革

シートカラー:チャコール

インテリアカラー:チャコール/チャコール

となります。

詳しくは、ボルボディーラーにお問い合わせください。

新型ボルボV40は、コンパクトながら存在感のある、美しく、おしゃれで、優雅なシティカーとなっています。

あなたの好みのカラーは?

スポンサーリンク

まとめ

spec_my17_ef21

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

新たに設定された新色「アマゾンブルー」は、他ブランドではありそうでない、北欧の車らしいカラーだと思います。

そして、このカラーでは、シートが「シティウィーブ」という、モダンでカジュアルなデザインのシートと組み合わされます。

この色へのこだわりは、さすがスカンジナビアンデザインと思わせるコーディネートとなっています。

また、「クリスタルホワイトパール」と名付けられた、ホワイトパールは、きめが細かくしっとりと光るのが特徴です。

ちなみに、「メタリックは」金属の粒子を塗料に練り込んだものとなっていますが、「パール」は雲母(鉱物)が入っているとのことで、この独特の輝きが生まれました。

このようにボルボ新型V40では、ベーシックカラーから個性のあるカラーまで、幅広くそろっています。

スペックや装備ももちろん重要な要素ではありますが、内外装のカラーを選ぶことも、楽しみの一つです。

新型ボルボV40の値引きの方法については、

「新型ボルボV40 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひオプションカラーの追加料金は値引きでカバーし、自分好みの色のV40を選んでください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク