ボルボ 新型V40 オプションまとめ!

V40

2016年のボルボ 新型V40のオプションの情報が公開されています。

こちらでは2016年のボルボ 新型V40にはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

2016年7月、フロントフェイスとインテリアの改良を行ったボルボ新型V40は、充実した装備と北欧生まれの確かな走りで、好評を博しています。

そのような新型ボルボV40の魅力と充実した装備をご紹介します。







2016年、新型V40デビュー

t3_momentum1

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

2016年、ボルボのラインナップの中で最も小さなモデルであるプレミアム・スポーツコンパクト「V40」の一部改良が行われました。

現行型ではおそらく最後のマイナーチェンジとなりそうな今回の改良では、各部の「XC90」化が目立っています。

XC90のバリエーションは、T5が「モメンタム」、その上位に位置するT6には「Rデザイン」と「インスクリプション」、T8は「インスクリプション」のみと、パワートレインとは別に現在では3タイプのグレードが用意されています。

それにに倣って、新型「V40」では、T3とD4に「キネティック」「モメンタム」「インスクリプション」、T5は「Rデザイン」というラインナップとなりました。

これに合わせてフロントマスクは、「キネティック」「モメンタム」「インスクリプション」「Rデザイン」というグレード別に用意されました。

インテリアも、シート表面の素材やセンターパネルがグレードごとに異なり、センターパネルは上級の仕立てをオプションで選ぶことができます。

また、シート表面素材には今回新たに、「シティウィーブ」というチェックのファブリックをメインとした明るいグレーのインテリアが用意され、北欧の良心を感じさせる暖かいものとなっています。

これ以外のアップデートとしては、ヘッドランプが北欧神話に由来する「トールハンマー」をモチーフとした横T字型のLEDとなり、エンブレムも黒ベースとなり、グレードを示すマークが角型となっています。

いずれもXC90と同じ仕立てとなりました。

さらに、ボディカラーには、往年のアマゾンの愛称で親しまれた120シリーズに設定されていた色に由来する「アマゾンブルー」をはじめ5つの新色が加わりました。


新型ボルボV40、北欧生まれの魅力がいっぱい

spec_my17_ef21

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

■新型ボルボV40 試乗

img_2e74dceb0a7122f2ce1028e5a04844e11006181 img_4eb7f9588ddfa5170ace765a9c7d622c1066951

引用:http://www.webcg.net/

2016年、ボルボ「V40」がマイナーチェンジを実施しました。

デビューから3年が経過し、この間数多くのバリエーションを展開してきたは、当初は衝撃的な269万円というCセグメントでも安いモデルとしてデビューしましたが、今やラグジュアリーなプレミアムカーへと進化してきました。

外観に手が加わったのは今回が初めてで、大きく変わったのがフロントマスクでした。

従来の横バーグリルから新ボルボデザインの先鞭をつけた「XC90」と同じ縦格子グリルへと変身しました。

そして中央に着くボルボのアイアンマークとそれにつながる斜めのラインにアイアンマークの矢印が一致したことや、レーダーカバーがグリルになじんでほとんどわからなくなったことなどが挙げられます。

このアイアンマークの変化はホイールやステアリングにも反映され、従来”VOLVO”と社名がかかれている背景がブルーからブラックへと変更されています。

ヘッドライトにもXC90のテイストが盛り込まれ、TシェイプLEDライトが装備されました。他メーカーではオプション設定がされることの多いLEDヘッドライトは、新型V40では全車標準装備となりました。

インテリアでは、「シティウィーブ」と名付けられたテキスタイル地のシートが採用されているのが印象的です。

このクラスのモデルは本革シートとほぼ相場が決まっていましたが、新たにテキスタイル地で登場したことについては、画期的ともいえる変化と思います。

自動車の歴史を遡ると、運転手付でオーナーは後席にという時代、本革シートは運転手用で後席はモケット、べロアといった布地が主流でしたが、いつの間にか逆転して、本革イコール高級となってしまいましたが、安価な本革よりはテキスタイル地の方がバラエティに富んだ展開が可能で、たとえば日本の西陣織が高級の代名詞になる可能性も考えられますからこれからが楽しみです。

また、今回のマイナーチェンジでは、ボンネットの隙間からエアバッグが飛び出す歩行者エアバッグも全車に標準装備されました。

V40に限らないのですがボルボの特長としては、ほとんど後付オプションの必要性がないほど、標準装備が充実していることです。

ベースの車両価格に諸費用を加えれば、そのまま乗り出し価格として通用し、同じセグメントのライバルだとオプションだけで100万円以上というケースもあるようですから、買う側にとってはありがたいことです。

今回のマイナーチェンジでは、グレード名も変更となっています。

ベースグレードから「キネティック」「モメンタム」「インスクリプション」と名付けられ、従来からある「Rデザイン」がトップモデルとなります。そして、これらを識別するのが、4種類のグリルデザインとなります。

今回の試乗には「D4」と「T3」が使用されましたが、メーカー側に発表ではメカニズムは全く変更していないと言われていますが、ヨーロッパメーカーにはありがちな数値を変えないブラッシュアップが施されている感じで、走りのスムーズさが従来にも増して高くなっているように感じました。

■ボルボ新型V40、装備紹介

新型ボルボ「V40」は、オプションを選ぶ必要がないほど、標準装備が充実しています。

その一部をご紹介しましょう。

img_d0fc3558bf9d76850cf84feae4aa1d6c1065051

引用:http://www.webcg.net/

単眼メーターや「フローティングスタック」と呼ばれるセンターラスターの意匠デザインが特徴的な「V40」のインテリアです。

インストルメントパネルまわりは大きな変更はありません。

img_43993e9f99ae354f99876d77b4bb0c781101441

http://www.webcg.net/

「インスクリプション」には本革シートが標準装備されます。

色はボディカラーに応じて「チャコール」と「ブロンド」の2色が用意されています。

img_6b38b81d5293cb1bd19709d533a0bbe91088111

http://www.webcg.net/

今回新たに採用された「シティウィーブ」と呼ばれるテキスタイルシートです。

コンセプトカー「コンセプト・エステート」の内装をモチーフにしたという表皮の模様が特徴で「モメンタム」に設定されています。

safety01_21

http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

img_5237ef9e73e64506ef64f723232151911081901

引用:http://www.webcg.net/

今回から標準装備となった歩行者エアバッグは、歩行者と接触するとボンネットの後方が跳ね上がり、雨どいの切欠き部分からフロントウインドウの方向にエアバッグが飛び出し、歩行者の頭部を保護することとなります。

img_32f72f9727cff49b1dcde8f173bf58871097941

引用:http://www.webcg.net/

メーカーオプションのパノラマガラスルーフは、「キネティック」以外のグレードに選択できます。


先進安全フル装備

sensus_ef21

http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40

2016年、フロントフェイスやインテリアの改良を行ったボルボ新型「V40」は、安全面の装備も充実しています。

2015年モデルにおいて、先進の安全装備をフル装備(インテリセーフ10)し、新開発の「ツーリングシャシー」を採用することで、よりしなやかな走りと使い勝手が格段に進歩しました。

そして、今回では従来「セーフティパッケージ」としてオプション設定となっていた「歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステム」や「全車速追従機能付ACC」をはじめとする安全装備・運転支援機能にリアビューカメラを加え、新たに「インテリセーフ10」として全車に標準装備されました。

また、直感的な操作を可能とするインターフェイス・コンセプト「センサス」もより進化しています。

インターネット接続機能や音声認識を行うボイスコントロール機能を追加し、操作画面を一新しました。

さらに、DSRC対応ETC車載器を標準装備とし、地図データの無償更新にも対応しています。

新たにボイスコントロール機能を追加したことで、ナビの目的地設定やラジオ選局、電話機能など、「センサス」の多くの操作がステアリングから手を離さずに行えるようになっています

また、Haman/Kardonスピーカー採用のプレミアムサウンド・オーディオシステムを各モデルにオプション設定され、すべてのシートでリアルかつ臨場感のあるサウンドが実現されています。

この他、オプション/オプションパッケージには、

・PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)キーレスドライブ

・パークアシスト・パイロット

・パークアシスト・フロント

など、便利な機能が用意されています。


まとめ

v40t5r_gallery051

引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/

ボルボ新型V40には、あえて後付のオプションを選ぶまでもなく、快適装備から安全装備まであらかじめ装備が充実しています。

これがボルボ車の特長でもあり、ボルボ車の美点でもあります。

北欧生まれの日本の道路にも違和感もなく乗り出せるボルボ、その中でもコンパクトながら爽快な走りと使い勝手に優れた一台が新型「V40」です。

新型ボルボV40の値引きの方法については、

「新型ボルボV40 値引き術!」で詳しく解説しています。

一度、試乗などでご体感していただき、値引き交渉に進んでください。