新型ミニバンの大きさを比較! おすすめ人気ランキング【2018年度版】

ミニバン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



車を選ぶ基準は、使用用途やその人の好みなど複合的になってくるので人それぞれ異なりますが、特にミニバンを選ぶときには広さや大きさといったことを重視する人が多いようです。

今日は、新型ミニバンたちを大きさで比較していき、人気ランキング形式でおすすめ車種をご紹介をしていきます。


スポンサーリンク

売れている!全長4.2m〜(5ナンバー)

7人乗りミニバンのミニマムクラス。普段は2列にして3列目を収納できるなど、使い勝手を優先させたモデルです。いざというときに7人まで乗れますが、荷物が載らない…ということも。

トヨタ シエンタ:4,260mm

引用:https://toyota.jp/

サイズ(mm):全長4,260 × 全幅1,695 × 全高1,675
ホイールベース(mm):2,750
最小回転半径(m):5.2
車両重量(kg):1,320〜1,380
燃料タンク(L):42
JC08燃費(km/L):ガソリン→20.2 / ハイブリッド→28.6

引用:https://toyota.jp/sienta/

ホンダ フリード:4,265mm

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

サイズ(mm):全長4,265 × 全幅1,695 × 全高1,710
ホイールベース(mm):2,740
最小回転半径(m):5.2
車両重量(kg):1,360〜1,430
燃料タンク(L):36
JC08燃費(km/L):ガソリン→19 / ハイブリッド→26.6

↓7人乗りでは、3列目シートにしっかり2名乗車できるフリード。ただ、荷物を置くスペースが厳しいですね!

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

トヨタ プリウスα:4,645mm

プリウスのボディを拡大した、ワゴンタイプの7人乗り。タクシーにも採用されているだけあって、静粛性としっかりした足回りに定評あり。ただ、全幅が1,775mmとワイドで、ドアもスライドドアではありません。

引用:https://toyota.jp/

引用:https://toyota.jp/

サイズ(mm):全長4,630~45 × 全幅1,775 × 全高1,575
ホイールベース(mm):2,780
最小回転半径(m):5.5~8
車両重量(kg):1,460〜1,480
燃料タンク(L):45
JC08燃費(km/L):26.2

↓3列目でもそれなりに乗車可能ですが、ヘッドクリアランスが厳しい。

引用:https://toyota.jp/

トヨタ エスクァイア:4,695mm

トヨタのミニバンの中で、一番売れているボックスタイプ。ヴォクシーやノアには5/3ナンバーサイズがありますが、エクスクァイアは5ナンバーのみの設定です。

オシャレなフロントマスクと、ヌバックを使ったシックなインテリアなど、ヴォクシー&ノアよりも高めの価格設定ですが、大変な人気です。

引用:https://toyota.jp/esquire/

サイズ(mm):全長4,695 × 全幅1,695 × 全高1,825~65
ホイールベース(mm):2,850
最小回転半径(m):5.5
車両重量(kg):1,560〜1,730
燃料タンク(L):ガソリン→55 / ハイブリッド→50
JC08燃費(km/L):ガソリン→14.8~16 / ハイブリッド→23.8

↓ボックス型だけあって、7人乗車は余裕。社用車にも使われるなど、時と場所を選ばないミニバンですね!

引用:https://toyota.jp/


スポンサーリンク

大人気、広さも十分!4.7m・4.7m超(5/3ナンバー)

全長4.7m/全幅1.7mの5ナンバー車と、枠外の3ナンバー車の2グレードを採用している”ステップワゴン”、”ヴォクシー”と”ノア”がこのクラスです。

セレナにも5ナンバーサイズがあり、ミニバンでは最も売れているサイズ。競争が激しいこともあり、内装の豪華さやシートアレンジ、クルマの乗りやすさ、ドアの工夫や先進性など比較項目は盛りだくさんです。

ホンダ ステップワゴン:4,710mm

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

サイズ(mm):全長4,695/4,710 × 全幅1,695/1,735× 全高1,825~75
ホイールベース(mm):2,850
最小回転半径(m):5.4/5.7
車両重量(kg):1,660〜1,820
燃料タンク(L):52
JC08燃費(km/L):ガソリン→15.4~17 / ハイブリッド→25

↓サードシートを使っても、荷物室が確保。全高が高いため、使い道が多いミニバンです。

B(左右):1115、C(左/中央/右):995/1010/960

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

トヨタ ヴォクシー/ノア:4,710mm

↓画像はヴォクシー

引用:https://toyota.jp/

↓画像はノア

引用:https://toyota.jp/noah/

サイズ(mm):全長4,695/4,710 × 全幅1,695/1,735× 全高1,825~70
ホイールベース(mm):2,850
最小回転半径(m):5.5
車両重量(kg):1,560〜1,730
燃料タンク(L):ガソリン→55 / ハイブリッド→50
JC08燃費(km/L):ガソリン→14.8~16 / ハイブリッド→23.8

とくにブラック系内装が人気のヴォクシー&ノア。7人乗りはサードシートが3人掛け。リクライニング機能は使えませんが、足元は余裕があります。

引用:https://toyota.jp/


スポンサーリンク

個性派ぞろい!4.7m〜(3ナンバー)

三菱 デリカD:5:4,790mm

ミニバンの中では唯一のSUV。頑丈なフレームと一体化しているボディで、国際ラリーにも出場しているデリカ。根強い人気車両です。

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

サイズ(mm):全長4,790 × 全幅1,795 × 全高1,850~70
ホイールベース(mm):2,850
最小回転半径(m):5.6~5.7
車両重量(kg):1,680〜1,910
燃料タンク(L):64(軽油)/66(ガソリン)
JC08燃費(km/L):10.6~13

↓サードシートへの乗り降りでは、最低地上高が高い(210mm)ため”飛び乗り、飛び降り”という体勢に。ただ、シートは厚みも十分で、想像以上に広いでしょう!

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

↓シンプルさと清潔感そのもの、デリカのシート。3列目もかなり幅広なのが分かる。

引用:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

日産 セレナ:4,810mm

5ナンバー車両と3ナンバー車両があるセレナ。ただ、4,810mmとヴォクシーやステップワゴンよりも拡大した全長をもつシリーズを登場させています。

トヨタ3兄弟を抑えて、現在日本で最も売れているミニバンです。プロパイロットやオートスライドドア、ウォークスルー可能なシートアレンジが人気の理由。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

サイズ(mm):全長4,690~4,810 × 全幅1,695~1,740 × 全高1,850~75
ホイールベース(mm):
最小回転半径(m):5.5
車両重量(kg):1,560〜1,730
燃料タンク(L):55
JC08燃費(km/L):ガソリン、HV→15~17.2 / e-POWER→26.2

↓3列目への乗車、下車が一番楽なのがセレナ。2列目シートの超スライドや、横スライド、3列目の前後スライドなど、自由自在なシートの動きで、便利です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

トヨタ エスティマ:4,820mm

つるんとしたデザインで、固定ファンの多いエスティマ。ボディ設計は古いものの、ゆったりした走りのユーザーにはたまらない所有感があります。

引用:https://toyota.jp/estima/

サイズ(mm):全長4,820 × 全幅1,810 × 全高1,825~65
ホイールベース(mm):2,950
最小回転半径(m):5.7
車両重量(kg):1,730〜1,760
燃料タンク(L):65
JC08燃費(km/L):ガソリン→11.2~11.6 / ハイブリッド→17~18

↓3列目の広さでは、LLクラスを凌ぐゆとり!

引用:https://toyota.jp/

7人乗るなら、エスティマのシートアレンジが一押し!

↓ミニバン最大の広さ?3列目は6:4分割のベンチシート、足元の広さも十分。

引用:https://toyota.jp/estima/

↓2列目シートがこれだけ動く!3列目シートは電動床下収納付なため、乗り降りの非常に楽。侮れないエスティマ!

引用:https://toyota.jp/estima/

ホンダ オデッセイ:4,840mm

エスティマとは真逆な、先進的なイメージのオデッセイ。ボックス型のミニバンではつまらないという人、あるいは力のある走りを求める人に向いています。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

サイズ(mm):全長4,840 × 全幅1,820 × 全高1,635~85
ホイールベース(mm):2,900
最小回転半径(m):5.4
車両重量(kg):1,750〜1,880
燃料タンク(L):55
JC08燃費(km/L):ガソリン→12.6~14 / ハイブリッド→24.4~26

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイの3列目は、3席とも別々にリクライニング機能がある!これは凄い!

↓低床ミニバンのオデッセイは、全高1,685mmながら、ヘッドクリアランスは余裕。3列目の床下収納と3席分割のリクライニング…ここまで気を使うなら、ぜひ乗ってみたい!

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

↓3人が肩を触れずに座れる体勢、分割リクライニングはいい!

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/


スポンサーリンク

憧れのLLサイズ!4.9m〜(3ナンバー)

アル・ヴェルとエルグランド…日本のトップブランドになっているミニバンですが、エルグランドは2.5Lと3.5Lのガソリンエンジンのみ。

一方のアル・ヴェルは2.5L/3.5Lと2.5Lハイブリッドのラインナップで、LLクラス市場で圧倒的な販売台数です。

全高で10cm以上も差があることから、”エルグランドは走り”、”アル・ヴェルは圧倒的な外観と総合力”の勝負。ぜひ乗り比べてみたいLLクラスです。

トヨタ アルファード/ヴェルファイア:4,950mm

↓画像はアルファード

引用:https://toyota.jp/

↓画像はヴェルファイア

引用:https://toyota.jp/vellfire/

サイズ(mm):全長4,935 × 全幅1,850 × 全高1,935~50
ホイールベース(mm):3,000
最小回転半径(m):5.6
車両重量(kg):1,940〜2,240
燃料タンク(L):ガソリン→75 / ハイブリッド→65
JC08燃費(km/L):ガソリン→10.6~12.8/ハイブリッド→18.4~19.4

引用:https://toyota.jp/

↓アルファード HYBRID Executive Lounge(7人乗り E-Four)、内装はフラクセン。ゆったりしたシートは3列目まで手を抜いていない。


引用:https://toyota.jp/

日産 エルグランド:4,975mm

引用:https://www3.nissan.co.jp

サイズ(mm):全長4,915~75 × 全幅1,850 × 全高1,805~15
ホイールベース(mm):3,000
最小回転半径(m):5.7
車両重量(kg):1,910〜2,160
燃料タンク(L):73
JC08燃費(km/L):9.2~10.8

引用:https://www3.nissan.co.jp/

↓250Highway STAR S Jet Black Urban CHROME(2WD)。タンカラーとブラックの内装が非常に美しい。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

まとめ

合計12車種が揃った、ミニバンサイズ比べ!コンパクトサイズからLLサイズまで7人乗りがこれだけ選べるとなれば、まずはディーラーに行って試乗してみたいですね。

ボックス型とワゴン型に分かれるミニバンですが、最近はSUVにまで7人乗りが出現。ただ、価格ではミニバンの方が圧倒的にお得です。ぜひ乗り比べてみましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク