新型ムーヴキャンバス スペックまとめ!

ダイハツ

2016年の新型ムーヴキャンバスのスペックが公開されています。

こちらでは新型ムーヴキャンバスのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。







新型ムーヴキャンバス、スペック

nenpi_11

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/05_driving.htm

◆全長×全幅×全高mm

3395×1475×1655

◆車両重量kg

920

◆燃費km/L(JC08モード)

2WD:28.6

4WD:27.4

spec_01

◆総排気量cc

658

◆最高出力kW[PS]/rpm

38[52]/6,800

◆最大トルクN・m[kg・m]/rpm

60[6.1]/5,200

以上がムーヴキャンバスのスペックになりますが、ごく一般的な軽自動車とほぼ同じだと思っていいでしょう。

ミラココア、タント、ラパン、ハスラーなどと同じ馬力です。


ムーヴキャンバス、特徴

【Bi-Angle LEDヘッドランプ】

ステアリングの動きに連動して、カーブの行く先を照らしてくれるライトです。

AFS機能(Adaptive Front-lighting System)

ライトの光軸が左右に動いて進行方向に向くというハリアーやクラウンなどに装備されている機能で軽自動車ではムーヴキャンバスが初の採用です。

spec_02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/06_safety.htm

G “メイクアップSAⅡ”、G “SAⅡ”に標準装備されています。

【両側パワースライドドア】

(ワンタッチオープン予約ロック機能付き)

spec_03

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm

ワンタッチオープンですら、オプションのクルマが多いところ、ムーヴキャンバスでは予約ロック機能がついているというのは驚きです。

アルファードやヴェルファイアなどに採用されてまだ間もない予約ロックです。

通常はゆっくりとスライドドアが閉まるのを待った後で、ロックをかけないといけません。

要するにクルマから離れられないわけです。

これが非常に面倒なことが多いです。

雨が降っていてもさっと軒下に入ることもできず、スライドドアが閉まるのを待つしかなく、その時のスライドドアの動きの遅く感じることといえばイライラするくらいです。

G “SAⅡ”、X “リミテッドSAⅡ”には予約ロックが標準装備されていますので、スライドドアが閉まりだしたら、すぐにクルマから立ち去ることが出来るのです。

spec_04

引用:http://promotion.yahoo.co.jp/carview/daihatsu_move_canbus/photo_01/index.php

【置きラクボックス】

収納の新アイディア。

フロアに直接荷物をおいても汚れないように後席下からトレイが出てくる女性にありがたい収納です。

使わないときはブランケットなどを積んで収納しておいたりと便利です。

中敷きのバスケットを立ち上げれば、倒れそうなトートバッグもすっぽりと収まります。

nosya_02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm

【大容量深底ラゲージアンダーボックス】

(デッキボード固定フック付)

深底のスペースがアンダーボックスにあるので、背の高い荷物を積むことができます。

これはウェイクと同じシステムですね。

ボードをフックで固定できるので邪魔になりません。

spec_05

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm

ここまで、基本スペックを紹介してきました。

どんどん、ダイハツのムーヴキャンバスに惹かれてきているあなたがいるのではないですか?

ここからは、おすすめのオプションを紹介したいと思います。

もちろん、基本性能はわかったからすぐに購入だ!という方もいることでしょう。

ちょっと待った!一旦落ち着いてください。

是非、ムーヴキャンバスを安く買える方法があるので見てみることをオススメいたします。

新型ムーヴキャンバスの値引きの方法については、

「新型ムーヴキャンバス 値引き術!」で詳しく解説しています。


ムーヴキャンバス、おすすめオプション

【簡単脱着&洗えるシートクロス】

ヘッドレストを外すだけですぐに取りはずせて、つけるときはマジックテープで張り合わせるだけです。

手洗いすることで、いつも清潔にすることができます。

◆ストライプ32,400円

spec_06

◆チェック32,400円

spec_07

◆ブラウンディズニー48,600円

spec_08

◆シンデレラ48,600円

spec_09

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm

シートクロスをつけておけばいつも清潔なだけでなく、もともとのシートが乗り降りによって痛むことがないので、リセールの際にも高評価となるでしょう。

また、メイクアップグレードでなくても、シートの質感が上がるというメリットがありますね。

【コーナーセンサー】64,282円

障害物が運転席からの死角に入っても、ブザーで教えてくれるセンサーです。

フロントに2か所、リアに2か所のセンサーが50cm以内に障害物が近づくとブザーと表示ランプが点滅始め20cm以内になると連続音と表示ランプの点灯しっぱなしになりお知らせします。

縦列駐車の助けになり、縁石などへのぶつかりを防いでくれます。

spec_10

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/move_canbus/accessory/book.html#

【レインクリアリングミラー】14,386円

雨水がドアミラーに粒にならずになじむことで見やすくする親水処理がしてあります。

雨天時は、後方車両が見にくく車線変更などワンテンポ遅れがちになることがありますが、レインクリアリングミラーを装着していれば、クリアーに安全確認ができます。

親水処理は日光に当たるたびに効果が回復します。

安全のためにもほしい装備です。

spec_13

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/move_canbus/accessory/book.html#

【コーナーコントロール】13,284円、グレードGのみ

左前方をつい、ガリっとキズつけてしまわないためにランプ付きコーナーコントロールは役だちます。

どこまで行けばぶつかるかをポールが目印となって視認できるので安心です。

手動式ですが伸縮させることができます。

キズをつけて修理をすることになるより、安いのでぜひつけておきましょう。

spec_14

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/move_canbus/accessory/book.html#

【IRカットフィルムセット】28,145円

(クリアタイプ・スモークタイプ)

spec_11

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/move_canbus/accessory/book.html#

リアドア左右バックドアの6枚セットです。

フロントドアには装備されていますが、リア側には標準装備されていませんので、オプションで装着することをおすすめします。

紫外線約99%、赤外線約74%カットで夏場のエアコンの効きを良くする効果があるだけでなく、日焼けや、小さい子供やペットの脱水症状の予防にもなります。

【AC100V電源】27,086円

spec_12

引用:https://www.daihatsu.co.jp/accessory/webcatalog/move_canbus/accessory/book.html#

携帯電話やゲーム機器の充電が素早くできます。

いざという時も便利ですね。


新型ムーヴキャンバス スペックまとめ

今回の発売ではターボスペックが投入されず残念でしたが機能面、収納性、快適性能でムーヴキャンバスは、かなりスペックの高いクルマであることがわかりました。

軽自動車の進化が止まらないといった感じです。

ムーヴキャンバスは間違いなく先進の軽自動車だといえるでしょう。

しっかりと、オプションまで読んでいただけたあなたなら、きっとオプションも予算に入れてのご購入をお考えのことでしょう。

もちろん自分で決めた車だし、金額に糸目はつけないとおっしゃられる方もいるでしょう。

しかし!できるだけ安く買える方法があるのをご存知ですか?是非、一度覗いてみることをおすすめします。

新型ムーヴキャンバスの値引きの方法については、

「新型ムーヴキャンバス 値引き術!」で詳しく解説しています。