新型レガシィアウトバック 燃費まとめ!

レガシィアウトバック

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型レガシィ・アウトバックの燃費情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型レガシィ・アウトバックの燃費に関するデータをご紹介します。

スバル・新型レガシィ・アウトバックには、日本国内ではハイブリッドやクリーンディーゼルがそろっていません。

しかし、2008年ごろから欧州では「スバル・ボクサー・ディーゼル」として売り出されています。

マツダのディーゼルエンジンが日本国内で成功してきたことで、BMW・ベンツなどが発売してきており、スバルもクリーンディーゼルの発売が近いものと見えます。

その点を含めて現行のガソリン車の燃費性能を見ていきましょう。

アウトバック赤

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback_ltd.html

アウトバックシャーシ口コミ

スバル・新型レガシィ・アウトバック・シャーシ

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/driving.html


スポンサーリンク

エンジンの工夫

■ガソリンエンジン

昔は、吸排気系のチューニングは最高出力を出すために磨かれました。

吸排気ポートは徹底的に研磨され鏡のようにするのが当然でした。

しかし現在では燃費を上げるために磨かれます。

吸気系統を冷やして効率を上げるなどチューニングエンジンのような作業をしてきます。

さらにアイドリングストップは当然として、直接噴射つまり燃料噴射をシリンダーに直接行う方式など幾多の精密な工夫で性能を上げています。

アウトバックエンジン口コミ

アウトバック・エンジン

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/efficiency.html

ボクサー形式の良いところで左右のシリンダーで爆発の衝撃を打ち消しあうので、バランサーシャフトを必要とせず、小型軽量化に最適な形式です。

実際のエンジンを積んだ車両では、低回転時の振動など、BMW直列6気筒・4気筒エンジンに比べて、さほど静かであるとは思えません。

それは部品精度の問題や防振エンジンマウント、防音材の配置などで印象が大きく左右されるからです。

このようなチューニングともいえる数々の工夫で、JC08モード14.6kmをSUVとしてみたときには、ガソリンエンジンではまずまずの数値でも、今となってはハイブリッドなどと比べて物足りない数値です。

スバル・リニアトロニック

新リニアトロニック

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/driving.html

アウトバック重心

ボクサーエンジンのメリット「重心の低さのメリット」

引用:http://www.subaru.jp/about/technology/spirit/driving/ultralow02.html

■ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジンの泣き所である振動を抑えるには、ボクサー型は最適で、高回転域でこの特徴が生かされて、200km/hを超える速度での静粛性に強みを発揮しているとのこと。

EURO6に対応することができたら、日本国内でも発売するかもしれないと見られており、期待したいところです。

スバルの世界戦略では、主力エンジンとなっていくでしょう。

レガシー2.0D 「EE20」 2Lターボディーゼル

最高出力

110kW(150PS)/3,600rpm

最大トルク

350N·m(35.7kgf·m)/1,800 – 2,400rpm

燃費(欧州複合)

17.6km/L(レガシー・セダン)

SUBARU_BOXER_DIESEL_(EE20)_02

スバル・EE20(スバル・ボクサー・ディーゼル)

欧州適合ですので、日本のJC08モード適合よりEURO6の高速巡行に適しているのでしょうが、日本でも高速巡行は日常的に入っており、JC08モードから実走行での数値のダウンは少ないものとみています。


スポンサーリンク

競合車を含めた主要諸元

 マツダCX5

マツダCX-5

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/#cx-5

 主要諸元・燃費
※D:ディーゼル燃料(軽油)        84円/L  2016/3現在

※G::ガソリン レギュラー(R) 103円/L  2016/3現在

※ハイオク  (H) 114円/L  2016/3現在

実用スペック・燃費マツダ・アテンザワゴン

マツダ・アテンザワゴン

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/atenza/grade/#atenza-wagon

スバル・レガシーB4

スバル・レガシーB4

引用:http://www.subaru.jp/legacy/b4/


スポンサーリンク

アウトバックの実燃費

■口コミの実燃費情報(主に価格.comより)

  • 高速のみ15km/L
  • 街乗り10km/L
  • 平均11~12km/L
  • 10km/Lいかない。
  • 永福→永福(高速のみ、往復)が 19.2Km
  • 名古屋~鳥羽水族館まで東名阪道・伊勢道で往復約300kmしてきました。

満タンで、リッターあたり約14km

  • 街中や郊外の幹線道路を50km程走りました。

約11km/Lでした。

  • まだ1000キロに満たず慣らしは完全に終わっていませんが、先週末に高速区間のみで燃費を出しました。(メーターの燃費計です)

片道約60kmの往復で、往15.1km/L、復19.6km/Lでした。

中央道で往きは登り多めで、アイサイトで基本100kmでセット。

90km位で追従あり。

復路は下り多めで、90kmにセット。

途中80km位で追従ありでした。

アップダウンあっても平均17.35km/Lとなりました。

スレ主さんの報告にもありますが、平坦な道で80km平均なら相当燃費が伸びると思います。

  • ちなみに、通勤では10越えてますが、やはり暖気、渋滞などあるとなかなか燃費は伸びません。
  • 月~金の通勤使用にて、約140キロ走り、10.7でした。
  • 最近の燃費、相変わらず通勤と日常の買い物程度ですが、12±0.4位です。

スタッドレスからノーマルに履き替えましたが、変わらない感じです。

  • 私も20km出ました。神戸~東京間の山あり谷ありの総合平均です。

85~95キロで走りました。

高速の平坦路ばかりなら20は越えるので、この数字は決して最高値ではないですよ。

まだ伸びます。

■実燃費情報のまとめ

以上のように、実燃費に関しては走行状態でかなりの隔たりがあり、7km/Lから20km/Lまでありますので、この記事では常識的な運転の範囲を考えて8km~12km/Lと記します。


スポンサーリンク

10km/L時のアウトバックの運転状況

アウトバックブルー

スバル・レガシィ・アウトバック

引用:http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback_ltd.html

アウトバックを運転してみると、オフロードの経験は日本国内ではあまりできないもので、「こんなところを走れるの!」とオフロードに慣れない我々には感じます。

冬の雪道では、通常の街中・田舎道では全く不安を感じないで済みます。

この条件では、燃費は5~8km/Lぐらいです。

強い雨の日では、タイヤのチョイスが良ければ、視界さえ確保できると不安を感じないで、かなりのスピードで走ることができます。

ワイパーの性能が良いので、高速道路で大雨に遭遇して、トラックの谷間に挟まれたような場面でも、前後のワイパーをフルに使えば不安なく走れます。

視界次第です。ハイドロプレーニング現象の発生はタイヤ次第のようで、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

そして意外なのは、高速巡行時の安定性です。

水平対向エンジンのレイアウトは、外観からは想像ができないのでしょうか、重心の低さを思い知らされます。

4~6cm最低地上高はセダンに比べれば高いのですが、全く不安を感じません。

60%扁平率でも、アウトランダーのようにある程度のラフロードを走破できる仕様のタイヤをはけば、高速道路でのハンドリングもしっかりしてきます。

セダン用、ミニバン用のタイヤにするとハンドリングは柔らかくなりますが、乗用車の乗り心地となります。

燃費は、通常タイヤ、スタッドレスタイヤなどタイヤの差ではほとんど変わらず、運転の仕方に大きく左右されます。

特に、アクセルを発進時に大きく開けると、見る間に燃費は悪くなります。

高速道路100km/h巡行8割、街乗り2割で平均10km/Lはきついようです。

それでもSUV4輪駆動、車重などを考えるとガソリン車でこの数値は立派でありましょう。

スバル・ボクサー・ターボ・ディーゼルエンジンの登場を期待しています。

もちろん、現行機ですら高い実用性を持つレガシィアウトバックです。

新型レガシィアウトバックの値引きの方法については、

「新型レガシィアウトバック 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしていただき、お得な価格でレガシィアウトバックを購入して下さい。

 新型レガシィアウトバックのおススメ動画

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク