新型セレナ エコカー減税他自動車税まとめ!

セレナ

新型セレナのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型セレナのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。







セレナは、e-POWERとハイブリッドで減税割合が違う

引用:https://kakakumag.com/car/?id=11627

ミニバンの中でも、人気が高い日産セレナ。

その理由のひとつが”燃費のよさ”です。ミニバンにはEVやPHVがないため、もっとも燃費のいいパワートレーンが”ハイブリッド”です。

なかでも”e-POWER”はエンジンとモーターがあるハイブリッドであるだけでなく、タイヤを回している動力源はモーターであることから”EV”という言い方もできます。

e-POWERは減税が100%!

e-POWER ならエコカー減税度は高く、新車購入時の《自動車取得税》と《自動車重量税》は全くかかりません。

また、新車購入翌年度に支払う一回分の《自動車税》は75%減税(減免以外の最高減税率)となります。

ハイブリッドは《自動車取得税 20%減税》、《自動車重量税 25%減税》となり、自動車税は減税がありません。セレナの場合、”スマートシンプルハイブリッド”のため、減税率は高くありません。

ここでは、本来支払うはずの優遇総額を提示していますので、参考にしてみましょう。


e-POWER(2WD)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/simulation.html#configure/BABPr/Am882jB8A/exterior-colour

取得税減税額重量税減税額自動車税減額優遇総額
e-POWER X73,500円30,000円25,500円129,000円
2,943,000円合計 103,500円
e-POWER XV79,100円30,000円134,600円
3,167,640円合計 109,100円
e-POWER G85,200円30,000円140,700円
3,410,640円合計 115,200円

e-POWERはフロントグリルに”ブルーライン”のVモーションが入るのが特徴。MC前に比べて存在感の強いマスクに変わりました。


e-POWER ハイウェイスター(2WD)

↓軽自動車で売れ行き好調の《デイズ ハイウェイスター》。このVモーショングリルが好評なら、セレナでもやっちゃえ!となった?

引用:https://kakaku.com/item/K0000517927/

引用:https://bestcarweb.jp/news/scoop/80639

取得税減税額重量税減税額自動車税減額優遇総額
ハイウェイスター80,800円30,000円25,500円136,300円
3,233,520円合計 110,800円
ハイウェイスターV85,800円30,000円141,300円
3,435,480円合計 115,800円
ハイウェイスターG91,400円30,000円146,900円
3,657,960円合計 121,400円

ハイブリッド(2WD)

引用:https://autoc-one.jp/nissan/serena/report-1164183/photo/0016.html

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance_safety/performance.html

セレナのハイブリッドはいわゆる”フルハイブリッド”ではありません。スマートシンプルハイブリッドと呼ぶシステムで、ドライビングでの燃費向上よりも、アイドリング時の電送系をまかなう程度のバッテリーを搭載しています。

取得税減税額重量税減税額自動車税減額優遇総額
 X12,700円7,500円0円20,200円
2,529,360円合計 20,200円
XV13,400円7,500円20,900円
2,687,040円合計 20,900円
G15,100円7,500円22,600円
3,005,640円合計 22,600円

ハイブリッド(4WD)

取得税減税額重量税減税額自動車税減額優遇総額
 X13,900円7,500円0円21,400円
2,773,400円合計 21,400円
XV14,600円7,500円22,100円
2,931,120円合計 22,100円
G16,500円7,500円24,000円
3,292,920円合計 24,000円

ハイブリッド車の場合、エコカー減税部分は取得税と重量税のみ。優遇総額も2万円少々と少ないのが残念。

燃費に関してもガソリン車とあまり変わらない程度ですが、夏の猛暑などで渋滞した場合に、エンジン音が止まって静かな室内が維持できるのはうれしいですね!

ハイブリッド ハイウェイスター(2WD)

取得税減税額重量税減税額自動車税減額優遇総額
 ハイウェイスター13,600円7,500円0円21,100円
2,708,640円合計21,100円
ハイウェイスターV14,600円7,500円22,100円
2,932,200円合計 22,100円
ハイウェイスターG15,900円7,500円23,400円
3,168,720円合計 23,400円

ハイブリッド ハイウェイスター(4WD)

取得税減税額重量税減税額自動車税減額優遇総額
ハイウェイスター13,900円7,500円0円21,400円
2,773,400円合計 21,400円
ハイウェイスターV14,600円7,500円22,100円
2,931,120円合計 22,100円

e-POWERをセレクトする理由

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/interior/interior.html



フロントマスクが気に入って買うケース

ハイウェイスターのフロントマスク形状の変化が、今回の一番のMCとも言えます。

グリルの格子形状、面積を下に拡充したことで”ラギッド感”を厚くしているほか、フォグランプ周りの形状もしっかりと凹凸を付けています。

トヨタ ヴォクシーに見られる《迫力系》マスクに加え、最近は三菱デリカが《サイボーグ系》で登場。

存在感では無難なファミリーユース顔のセレナですが、今回はかなり大胆な変化のハイウェイスター登場となって注目の的です!



加速感の良さが気に入って買うケース

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance_safety/performance.html

上の図は、セレナの加速感を大まかに示した日産の公開HPのもの。注目点は、2.0Lミニバンとの加速比較です。この2.0Lとはセレナハイブリッドなのか、トヨタ3兄弟のことかははっきりさせないのがミソ。

この加速が滑らかな曲線であることと、一度最高加速に落ち着くとモーター稼動が一定に落ち着くのも特徴です。この走りはまさにEVで、ワンペダルによるブレーキングのタイミングが気に入れば、ぜひ積極的に買うべきと言えるでしょう。



減税部分を考慮して、買うケース

引用:https://www.unilad.co.uk/technology/guys-are-using-an-insane-calculator-trick-to-get-girls-numbers/

価格比較をした場合(2WD)

e-POWER XV:3,167,640円
XV:2,687,040円

その差:480,600円です。

減税税額比較では

e-POWER XV:134,600円
XV:20,900円

その差は113,700円。

減税部分を足した総合比較では

366,900円の差となります。

つまり、48万円の車両価格差が、実際には37万円になるわけです。この額をどう見るか?3年間で割ってみると月1万円超の価格差となります。

ガソリン代を計算しても元が取れないから、ハイブリッドでいい…という人もいるでしょう。ただ、試乗でのe-POWERで、評価が変わってくる人が多いのも事実。

ワンペダルドライブとブレーキングのストレス軽減も、e-POWERの魅力のひとつなので、ぜひ何度も試乗したいですね!

まとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

新型セレナのエコカー減税をまとめました。2019年10月からは、消費税が10%となり、自動車取得税も変わります。クルマを買う場合の税金は決して少なくなることはありませんので、3年、5年を見据えていい買い物をして行きましょう!