新型N-VAN 色・価格・スペック・オプション・エコカー減税の情報!

N-VAN

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



この記事では、新型N-VANの色、価格、スペック、オプション、エコカー減税などの情報をまとめています。


スポンサーリンク

新型N-VANの色・カラー紹介!

こちらでは新型N-VANの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

カラーはG/L→2色、+STYLE FUN と +STYLE COOLの8色、合計10色用意されています。

いままでの商用車では見られなかったイエロー、ピンク、パープル、グリーンといったカラーが印象的です。

タフタホワイトⅡ
:G/L専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

ルナシルバー・メタリック
:G/L専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

プレミアムイエロー・パールⅡ(32,400円)
:+STYLE FUN専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

プレミアムホワイト・パールⅡ(32,400円)
:+STYLE FUN / +STYLE COOL専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

シャイニンググレー・メタリック
:+STYLE FUN / +STYLE COOL専用色

※人気色。事業用でも広く使われています。商用バンはホワイトが主流なため、敢えてこのグレーにしているケースがあります。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

クリスタルブラック・パール
:+STYLE FUN / +STYLE COOL専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

ブリリアントスポーティブルー・メタリック
:+STYLE FUN / +STYLE COOL専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

プレミアムピンク・パール(32,400円)
:+STYLE FUN / +STYLE COOL専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

ガーデングリーン・メタリック
:+STYLE FUN / +STYLE COOL専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

プレミアムベルベットパープル・パール(32,400円)
:+STYLE COOL専用色

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

シートアレンジによっては、運転席以外を完全なフルフラットにできる、使えるN-VAN。

酒屋さん、お花屋さん、ロードバイクを運ぶ専用車に…と用途とボディーカラーをオシャレに合わせるのもいいですね!


スポンサーリンク

新型N-VANの価格・値段はいくら?

こちらでは新型N-VANの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

※Honda SENSINGなしのグレードも用意されています。

G・Honda SENSING

■FF/CVT:1,267,920円
FF/6MT:1,267,920円
4WD/CVT:1,377,000円
4WD/6MT:1,377,000円

L・Honda SENSING

■FF/CVT:1,341,360
FF/6MT:1,341,360
4WD/CVT:1,450,440
4WD/6MT:1,450,440

+STYLE FUN・Honda SENSING

+STYLE FUNの特徴は、ハイルーフと丸目LEDランプ。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

■FF/CVT:1,560,600
FF/6MT:1,560,600
4WD/CVT:1,691,280
4WD/6MT:1,691,280

+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING

FF/CVT:1,668,600
4WD/CVT:1,799,280

+STYLE COOL・Honda SENSING

+STYLE COOLは、全高が1,850〜1,865mmと”FUN”よりも95mm落としたタイプ。ロールーフとスタイリッシュなテールゲートスポイラーが特徴。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

■FF/CVT:1,560,600
FF/6MT:1,560,600
4WD/CVT:1,691,280
4WD/6MT:1,691,280

+STYLE COOL・ターボ Honda SENSING

FF/CVT:1,668,600
4WD/CVT:1,799,280

N-VANはライバル車よりも価格が高い

126〜179万円というプライスレンジは、ライバル車と比べるとどうでしょうか?

同じ軽バンのスズキ エブリイの場合は、95〜132万円。エンジンはNAとターボの両方がラインナップされています。↓

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/every/styling/

ダイハツは、ハイゼットカーゴが96〜149万、ハイゼットキャディーが112〜147万円(画像はキャディ)↓

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/caddie/index.htm

サイドピラーレスと助手席を含めたフルフラットが強み、ですが、その分スズキ車・ダイハツ車よりも30万から40万円ほど高くなる車両価格……ここも注目しておきましょう。


スポンサーリンク

新型N-VANのスペック紹介!

こちらでは新型N-VANのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

ボディスペック

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/common/pdf/nvan_spec_list.pdf

■全長×全幅(mm):3,395×1,475
■全高(mm)
G/L/+STYLE FUN:FF→1,945
G/L/+STYLE FUN:4WD→1,960
G/L/+STYLE COOL:FF→1,850
G/L/+STYLE COOL:FF→1,865

■ホイールベース(mm):2,520
■トレッド(前/後 mm):1,310
■最低地上高(mm):150/155
■車両重量(kg):930〜1,020
■最大積載量(kg):300〜350(2名乗車時)

荷室スペック

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/

■荷室内側寸法(mm)
:長さ→1,510(左側座席)
:幅→1,235
:高さ→1,365

●N-VAN最大の得意技…それが、この荷室空間の出現。助手席を倒すと完全なフルフラット荷台が現れます。

助手席側はセンターピラーレス(Bピラーがない構造)なため、大きな荷物の搬入搬出ができます。

エンジン関係

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/performance/driving/

■エンジン種類:直列3気筒DOHC
■総排気量(cc):658
■内径×行程(mm):60.0×77.6
■圧縮比 12.0(自然吸気)/9.8(ターボ)
■燃料タンク容量(L):FF→27 / 4WD→25

■最高出力(kW[PS]/rpm)
:自然吸気→39[53]/6,800
:ターボ→47[64]/6,000

軽バンで、ターボは必要?……乗員2名に300kg程度の荷物ともなれば、やはりターボがあった方が断然走ります!とくに上り坂では効果アリ

■最大トルク(Nm[kgf]/rpm)
:自然吸気→64[6.5]/4,800
:ターボ→104[10.6]/2,600

■燃費 JC08モード(km/L):17.6〜23.8
■主要燃費向上対策
:アイドリングストップ装置/可変バルブタイミング/CVT/電動パワーステアリング
■最小回転半径(m):4.6〜4.7
■タイヤサイズ:145/80R12 80/78N LT


スポンサーリンク

新型N-VAN オプションまとめ!

こちらでは新型N-VANにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

N-VANは4ナンバー仕様(商用車)。乗用と違って、細かなオプションは「使用用途別」に分かれています。ここでは主なものをご紹介します。

仕事に使う

N-VANは「運送」「建築」「修理」「水産・農業」「クリーニング業」など、幅広く仕事に使えるオプションを設定しています。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

■マルチボード:66,960円

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

■ルーフコンソール:17,820円

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

■スチールインテリアパネル:5,400円
……マグネットがくっつく金属製。メモを挟むのに便利

■バックブザー(ON/OFFスイッチ付):13,932円
■バックブザー(ON/OFFスイッチ無):7,020円

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

■ラゲッジマット:10,620円
……マットは用途に応じて他にもあります。

■簡易テーブル:14,040円

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

■ハンガーパイプ:25,920円
…左右パイプ1本あたり7.5kgまで荷重可能。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

■ラゲッジトレイ:43,200円
……深さ155mmのトレイ。濡れたもの、汚れたものを置くことができ、トレイはそのまま洗うことが可能。

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

趣味で使う

N-VANは商用車。でも、趣味で使う場合もアリ。「車中泊」や「釣り」、「自転車」などのホビーユースのためのアイテムがぎっしり用意されています。

ロードサイクルを運ぶケース

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

車中泊専用車として

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

フィッシングカーにもイケル

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

●このほかには、エクステリアやインテリアをオシャレにするアイテムも。ディーラーでアクセサリーカタログを入手、好みのN-VANに変身させましょう!

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/pdf/n-van_accessories_catalog_1807.pdf

新型N-VANのエコカー減税他自動車税まとめ!

こちらでは新型N-VANのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

引用:https://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/n-van/

N-VANのエコカー減税グレードは、2つ。いずれもCVT車で、6MT車は対象外です。

■G・Honda SENSING
《FF CVT》
→ 取得税 100%免税
→ 重量税 100%免税
→ 自動車税 25%免税

《4WD CVT》
→ 取得税 40%免税
→ 重量税 25%免税

■L・Honda SENSING
《FF CVT》
→ 取得税 100%免税
→ 重量税 100%免税
→ 自動車税 25%免税

《4WD CVT》
→ 取得税 40%免税
→ 重量税 25%免税

エコカー減税試算例

実際にエコカー減税の額を計算してみます。

引用:https://www.honda.co.jp/green-tax/lineup/n-van/

■G・Honda SENSING《FF CVT》の場合……

車両価格  :1,267,920円
自動車取得税:21,100円 → 0円
自動車重量税:  7,500円 → 0円

合計で29,800円もの減税が確保。これは大きいですね!

N-VANは4ナンバーです!

引用:https://kurumahoken30.com/kei/

軽4ナンバーは 2年ごとの車検自動車税は年間5,000円。軽5ナンバーは10,800円なので、半額以下です!

下の図では、登録月の関係で0円になっていますが、通常は5月に納付請求が発生します。

登録翌年度は1,200円割引されます。

引用:https://slf.honda.co.jp/SELFEST/PC/n_van/RESULT/[email protected]

自賠責保険は25ヶ月分、上記の他には任意保険料が発生。これは個人用ではなく事業用車両なため、個人用車両よりも割高です。

2年に1度の車検では、自動車税納付済みが前提。重量税の7,500円がかかります。

4ナンバー軽バンは、仕事で活躍するために作られています。そのため、距離が20万キロ以上走ることも普通。

引用:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/interior/design/

5ナンバーとの違いは「セカンドシートが動かせない」ということ。これは、荷室面積を常時確保しなければならず、セカンドシートは固定式になっているからです。

4人で旅行する…ということを前提にN-VANを買うのは避けた方が良し。個人用なら2人までの車として購入しましょう!

ただ、軽4バンは頑丈に作られており、長く乗りたい人にもお勧めです!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク