外車のミニバンを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

外車

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



みんなで共有出来る時間や空間が持てることからも、新型ミニバンは高い人気があります。それは外車でも同じことが言えるようで、外国車のミニバンの情報もたくさんありました。

そこで今日は、外車のミニバンを比較していきながら人気ランキング形式でおすすめ車種をご紹介していきます。


スポンサーリンク

外車の新型ミニバンおすすめ人気ランキング2017

cq5dam.resized.img.890.medium.time1447944994899

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/

日本での新型ミニバンが大活躍をしている一方で、外車のミニバンも注目を浴びています。日本より家族愛をダイナミックに表現する外国では、どんなミニバンがあるか楽しみですね。

また、外車の新型ミニバンは、高級なイメージを持っている人も多いでしょうけど、タイプによってはアノ有名なメーカーのミニバンに乗れることもあるんです。ちょっと興味がありますよね。


スポンサーリンク

第5位 フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン

トゥーラン①

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golftouran.html

第5位にはフォルクスワーゲン社のゴルフ トゥーランが入ってきました。ゴルフは憧れた人も多いのではないでしょうか?独身でゴルフに乗っていた人が家族が増えたのを機にミニバンへ変えたという人もいました。

TSI R-Lineの場合

  • 価格 ➡ 3,899,000円
  • 全長 ➡ 4,540mm
  • 全幅 ➡ 1,830mm
  • 全高 ➡ 1,670mm

特徴としては、次のようなことがあります。

  • シートアレンジが多彩にあり空間が広がる
  • 自動でテールゲートが開く
  • シートスライドもあるのでゆとりある座り心地
  • 3ゾーンフルオートエアコンデショナーがあり快適な室内
  • 低燃費な走りが出来る

等々とたくさんあります。その中でも、自動でテールゲートが開くシステムは、キーを持った人がリヤバンパーの下に足をおいて動かすだけで開くというものです。

interior02_161206

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golftouran.html

日本のミニバンにも見られるシステムではありますが、センサーが付いてるので、イージーオープン機能が反応してドアを開けてくれるというのは有難いことですね。

子どもをすごく大切にする外国らしいシステムなので、両手が荷物で空いていない場合や赤ちゃんが眠っている場合には、助かりますね。

  • 総排気量 ➡ 1,394cc
  • ホイールベース ➡ 2,785mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,560/1,590mm
  • 車両重量 ➡ 1,560㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 18.5km/L
  • 乗員数 ➡ 7人

このゴルフ トゥーランが選ばれる理由としては、子育て世代に人気があり低価格なことから購入しやすいことが挙げられます。そして、決して派手さがあるわけではないのに、上質感が漂うインパネには定評があります。

色は、元気いっぱいのハバネロオレンジメタリックを始めとして、全6カラーパターンが用意されています。

そんな高剛性が高く安全なボディを持つゴルフ トゥーランは、2,847,000円より購入が可能となっています。


スポンサーリンク

第4位 メルセデスベンツ Vクラス

slide_image_01

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/v-class/

第4位には、世界的な有名メーカーでもあるメルセデスベンツ社のVクラスが登場です。このシリーズには、いろんなタイプが用意されていますが、ミニバンと言えばVクラスですね。

先ほどのゴルフ トゥーランとは異なる外観とシルエットですが、ベンツらしく大きさが伝わってきて迫力があります。ロングだと全長が5,380mmにもなり、家族をみんな乗せるには安心感があるので、さすがはベンツです。

家族でメルセデスベンツに乗るとしたら、このVクラスがおすすめです。また、一般の車両だと、乗れてもせいぜい5人ですし、乗れたとしても圧迫感があるというのが正直な感想ですよね。

アバンギャルド エクストラロングの場合

  • 価格 ➡ 7,490,000円
  • 全長 ➡ 5.380mmmm
  • 全幅 ➡ 1,930mm
  • 全高 ➡ 1,880mm
  • 最低地上高 ➡ 105mm
  • 室内長 ➡ 2,840mm
  •   幅 ➡ 1,660mm
  •  高さ ➡ 1,330mm

乗った時の圧迫感は、距離があればあるほど疲労してしまいます。しかし、このVクラスには、スライディングドアがあり乗降がしやすく、7人も乗れるのですね。大きな開口部は、電動で開閉が可能となっています。

img_v220d_trend

引用:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/v-class/

家庭も仕事も大切にするといった「出来る大人の車」のような厳格な雰囲気があります。また、パッと見た感じでは、昔のステップワゴンみたいな角がないボディラインと大きさを感じますね。

  • 総排気量 ➡ 2.142cc
  • ホイールベース ➡ 3,430mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,665/1,645mm
  • 車両重量 ➡ 2,490㎏
  • 小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 15.3km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ スライディングドア

ナビゲーションに関しては、先進技術のVICS対応のHDDナビゲーションシステムを搭載しています。これがあるとインターネット接続機能と合わせて快適なドライブを約束されたようなものですね。

衝突のリスクを低減するレーダー型衝突警告システムCPAなどがそろって安全装備が充実しているメルセデスベンツVクラスは、5,500,000円より購入が可能となっています


スポンサーリンク

第3位 フォルクスワーゲン シャラン

sha_gal_05_170720

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html

外車のミニバンで第3位に入ってきたのは、フォルクスワーゲン社のシャランです。情報を見ていくと、シャランに対する人気が高いことが分かりました。

主な装備を少しご紹介すると、プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティエマージェンシーブレーキ機能付)での予防安全性能を高めています。

TSI Highlineの場合

  • 価格 ➡ 4,679,000円
  • 全長 ➡ 4,855mm
  • 全幅 ➡ 1,910mm
  • 全高 ➡ 1,750mm
  • 最低地上高 ➡ 140mm
  • 総排気量 ➡ 1,394cc
  • ホイールベース ➡ 2,920mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,570/1,615mm

もちろん万が一の時には、ポストコリジョンブレーキシステムなどで衝突被害を軽減してくれるシステムがあるので安心して乗車することが出来ます。

sha_gal_03_170720

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/sharan.html

特に、このシャランは平均すると子育て世代に信頼があるのですね。もしかしたらスライドドアがあることも影響しているのではないでしょうか。

なぜならば、どうしても小さな子どもを持つ人たちにとっては、乗降させる時が一番大変だと知っているからです。

また、日本を代表するエルグランドのようなミニバンとは力強さでは勝てそうにないですが、使い勝手が本当に良いということを誰もが試乗などで体感しているようです。

  • 車両重量 ➡ 1,820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.8M
  • 燃費消費率 ➡ 15.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

ミニバンは輸入車からでも選べるようになってきたので、クルマ選びの楽しみが増えましたね。

色は、先ほどのトゥーランと同様に、6つのカラーパターンが用意されています。エコカー減税対象車でもあるシャランは、3,600,000円より購入が可能となっています。

第2位 BMW 2シリーズ グランツアラー

cq5dam.resized.img.1185.large.time1447945430663

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/

続いて第2位には、BMWのグランツアラーが登場しました。グランツアラーは男性を中心に人気が高い車ですね。BMWの独特な特徴でもあるダイナミックなスタイリングが人気の秘密でしょうか。

220i グランツアラーM Sport の場合

  • 価格 ➡ 4,940,000円
  • 全長 ➡ 4,565mm
  • 全幅 ➡ 1,800mm
  • 全高 ➡ 1,645mm

スポーティーな運動性能と7人までを包み込む室内は、乗った人を虜にしそうですね。こうした高機能で快適性のあるMPVとして、オールマイティーな活躍をしています。

MPVとは、アメリカでいうと「日本にとってのミニバン」のような存在です。もしかしたら、多目的乗用車といった方が分かりやすいかもしれませんね。

cq5dam.resized.img.1185.large.time1496994195969

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/

このグランツアラーは、男性の中でも若年層に人気があるのですが、スタイルをみると国産車に似たような雰囲気がありますね。ルーフが高いので男性が友人たちとワイワイ乗っても圧迫感がないこともメリットの1つとして選ばれているようです。

  • 総排気量 ➡ 1,998cc
  • ホイールベース ➡ 2,780mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.7M
  • 燃費消費率 ➡ 15.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

BMWグループにある新世代2リッター直列4気筒クリーン・ディーゼル・エンジンにインテリジェント4輪駆動システムを組み合わせたタイプもあり、力強さと走行の安定性が話題となって人気が高くなっています。

アルビン・ホワイトや専用色のインペリアル・ブルーなど全部で9カラーパターンが用意されているグランツアラーは、3,930,000円より購入が可能となっています。

第1位 シトロエン グランド C4 ピカソ

citroenc4picasso

引用:http://web.citroen.jp/c4-picasso-dune-beige/

しなやかなフォルムに7シーターで登場したシトロエンのC4ピカソが輝く人気第1位になりました。シトロエンも若年層に人気がある車種です。

また、グランドC4ピカソには限定車も登場していますね。

SHINE BlueHDi Leather Package場合

  • 価格 ➡ 4,375,000円
  • 全長 ➡ 4,605mm
  • 全幅 ➡ 1,825mm
  • 全高 ➡ 1,670mm
  • 最低地上高 ➡ 135mm

最新の2.0L BlueHDi ターボディーゼル EAT6を搭載しているので、ミニバンの常識をはるかに超える「強力なトルクでの爽快な加速性能」がダイナミックな存在を醸し出しているのですね。

.256103.171

引用:http://web.citroen.jp/c4-picasso-dune-beige/

誰にも愛される柔らかさがあるボディのシルエットには、子どもを乗せる時の安全性も搭載しています。それは、最新のドライバーアシスタンスやセーフティーシステムを搭載していることからも家族を守ろうとする備えを感じますね、

  • 総排気量 ➡ 1,598cc
  • ホイールベース ➡ 2,840mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,575/1,585mm
  • 車両重量 ➡ 1,997㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 14.6km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ なし

もしも、お出かけのときに雨が降ったり、荷物がいっぱいで両手がふさがっていても大丈夫です。シトロエンのC4ピカソには、リアバンパーの下に片足を差し出すとテールゲートが自動で開く仕組みになっているのです。

また、ラゲッジスペースはシートアレンジによって大容量の2,181ℓもあるのでキャンプや旅行やショッピングでも思いっきり楽しむことが出来ますね。

色は、ラズーリ ブルーなど3カラーパターンが用意されています。シートのファブリックの色との組み合わせでお洒落に決めることも出来そうです。

ハンズフリー電動テールゲートなど機能が、パパやママのアシストをしてくれるシトロエン グランドC4ピカソは、3,550,000円より購入が可能となっています。

外車の新型ミニバンおすすめ人気ランキング2017まとめ

.227435

引用:http://web.citroen.jp/c4-picasso-dune-beige/

では、今日の人気ランキング新型ミニバン外車まとめです。

  • 日本のミ二バンよりは燃費が良くないけど高級感と安全性が高い
  • ベンツの重量は他の車両と比べると重いが歴史ある技術開発のおかげで衰えない人気がある
  • ミニバンを輸入車の中から選ぶことが出来るようになるほど外車のミニバンが増えてきた
  • 外車のミニバンは、国内車よりはカラーバリエーションが少ない分しっかりとしたボディを作っている
  • 国内で販売されている外車のミニバンは右ハンドルなので女性でも運転がしやすい

国内車の特徴と、外車のミニバンでは異なる価値観があるため、何を優先したのかで若干違和感を覚える人もいるかもしれないですね。

ただ、外車のミニバンは使い勝手が良いことや、衝突の時を考えてもボディ自体が大きいので万が一の時には被害を最小限に抑えることが出来そうです。

外車とはいえミニバンの場合には、国産車と変わりない負担額なので手が届きそうです。もし、好きなブランドの車に乗るなら負担がすくない外車のミニバンを選択するのも良いですよね。

自分の好きな外車ミニバンは見つかったでしょうか?お伝えが出来ないことも多いですが、これだけ見ても興味が湧いてくるので試乗をしてから検討するのもよさそうです。今日も元気に安全なドライブを楽しんでくださいね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう