人気ミニバンの乗り心地比較! おすすめ車種紹介【2017年度版】

乗り心地

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年も人気の高さが気になってしまう新型ミニバンですが、室内が広くても「実際に乗り心地ってどうなの?」って思う人も多いことでしょう。

そこで今日は、たくさんの情報の中でも、おすすめの人気車種を「乗り心地が良い人気の新型ミニバン」をテーマにしてランキング形式でご紹介していきます。


スポンサーリンク

2017年人気ミニバンの乗り心地おすすめランキング

ヴェルファイア 室内1

引用:http://toyota.jp/vellfire/

どんなカッコいい乗用車でも、乗り心地が良くないと乗っていても疲れてしまったり、体が痛くなってしまうなど色々な不都合が起きてしまいます。

乗用車という字のごとく、「乗るため」の車なわけですので、乗り心地が良いミニバンを選びたいですよね。

さて、どんなミニバンが乗り心地が良い車として選ばれたのでしょうか?大切や家族や友人などを乗せるための参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

第10位 トヨタ プリウスα

トヨタ ギャラリー3

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

プリウスαは、第10位に選ばれました。プリウスとは名前が付いていますが、福山雅治さんがCMしていたプリウスとは異なり、かなり試行錯誤して生まれたミニバンなのですね。

S“ツーリングセレクション”の場合

  • 価格 ➡ 3,136,909円
  • 全長 ➡ 4,645mm
  • 全幅 ➡ 1,775mm
  • 全高 ➡ 1,575mm
  • 室内長 ➡ 2,690mm
  • 幅 ➡ 1,520mm
  • 高さ ➡ 1,220mm

通常のプリウスは、5人乗りですが、プリウスαは7人が乗車できるのでミニバンとして区別されています。

プリウスαの乗り心地を決定する要素としては、運転席8ウェイパワーシート(運転席電動ランバーサポート付)前後スライドやリクライニングがあるので自然な姿勢でくつろぐことが出来るのですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,780mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,530/1,535mm
  • 車両重量 ➡ 1,470㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.8M
  • 燃費消費率 ➡ 26.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ なし

シートでくつろげるかどうかは大きな問題ですよね。また、特徴としては後席に行くほどに、シートでのヒップポイントが高くなるので、同じ景色で感動をすることも出来るのです。

家族や友人と同じ感動が出来るって素晴らしいですよね。そういう点が乗り心地にも影響を与えます。そんな賢くスタイリッシュなプリウスαは、2,479,091円より購入が可能となっております。


スポンサーリンク

第9位 ホンダ ステップワゴン

オブシダンブルー

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ホンダのステップワゴンが第9位に選ばれました。ホンダのステップワゴンでは、本革シートを選ぶことも可能なので雰囲気だけでなく実際の乗り心地を自分で決められる点も嬉しいものですね。

SPADA HYBRID G・EX Honda SENSINGの場合

  • 価格 ➡ 3,559,680円
  • 全長 ➡ 4,760mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,840mm
  • 室内長 ➡ 3,220mm
  • 幅 ➡ 1,500mm
  • 高さ ➡ 1,405mm

また、乗り心地のよさには快適性も含まれてきます。大画面で好きなDVDを走行しながら観ることが出来たり、プラズマクラスターで空気にまで気を配ってくれると乗り心地は最高のはずですよね。

  • 総排気量 ➡ 1.993cc
  • ホイールベース ➡ 2,890mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,470/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.4M
  • 燃費消費率 ➡ 25.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり、リア両側パワースライドドア

それからワクワクゲートでは、乗員が誰かを待つことがなく同時に各ドアから乗降が出来るので、とても便利です。

それにホンダSENSINGが搭載されていると考えると、乗り心地が良いのは当然ですよね。みんなで楽しくワイワイするのが得意なステップワゴンは、2,455,920円から購入が可能となります。


スポンサーリンク

第8位 トヨタ シエンタ

シエンタ家族と室内

引用:http://toyota.jp/sienta/

2017年の前半で販売台数がトップだったトヨタが第8位に登場してきました。では、そのシエンタの乗り心地はどうでしょうか?

HYBRID G“Cuero”〈特別仕様車〉の場合

  • 価格 ➡ 2,465,855円
  • 全長 ➡ 4,235mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,675mm
  • 室内長 ➡ 2,535mm
  • 幅 ➡ 1,470mm
  • 高さ ➡ 1,280mm

走行性能では、変速ショックをなくしているので、それが乗り心地にも影響しています。安心して快適に乗れるのは、振動やショックが体に伝わらないことでもあります。

そこを改良した辺りが、さすがトヨタですね。また、レーザーレーダーと単眼カメラのおかげで衝突回避支援パッケージも出来て安全の確保が出来ました。安全に走行が出来ると、ドライブでの疲労も軽減されるので、乗り心地が良くなりますね。

  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,750mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,380㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 27.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ワンタッチスイッチ付きスライドドア

最低地上高も、14.5㎝と低いので高齢者や小さな子どもにも優しい構造なのです。そんな遊び心がいっぱいのトヨタシエンタは、1,689,709円から購入が可能となっています。

第7位 ホンダ フリード

pic_driving_car

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

第7位に入ってきた乗り心地の良い車としてホンダのフリードは、ホンダ独自のホンダSENSINGがありますよね。そんなフリードの安全面は間違いないという「心のゆとり」も、乗り心地に直接ではなくても関係してきますね。

HYBRID G・Honda SENSING 7人乗りの場合

  • 価格 ➡ 2,517,600円
  • 全長 ➡ 4,265mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,710mm
  • 室内長 ➡ 3,045mm
  • 幅 ➡ 1,455mm
  • 高さ ➡ 1,275mm

また、メカスペースを最小限に抑えたこと、1~3列目のシート間にある距離をこれまでより、90mm拡大するといった改良もされています。室内での90mmは、意外と大きな差に繋がっていきますからね。

シート間が広く使うことが出来ると、当然乗り心地は良くなります。圧迫感がないのですから、特に女性より体格が良い男性などには嬉しい話ですよね。

  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,740mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,360㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 19.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ 両側スライドドアがメーカーオプションであり

また、シートだけでなく、室内の空気にまでこだわってくれるところがフリードですね。プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナーがあるため、美容にも良いし、空気感染が心配な季節では快適な空気に包まれてのドライブをすることが出来ます。

そんな親近感があるフリードは、1,880,000円より購入が可能となっています。

第6位 トヨタ ノア

carlineup_noah_interior_space_pic_16

引用:http://toyota.jp/noah/

第6位には、トヨタのノアが登場してきました。ノアは「もっとも身近なファーストクラス」としてトヨタの販売台数に貢献している車種です。

確かに、アルファードなど高級車を扱うトヨタが出している5ナンバーミニバンなので少し小さめとはいえ、アルファードにも負けない良さがたくさんあります。

Si“GR SPORT” の場合

  • 価格 ➡ 3,257,280円
  • 全長 ➡ 4.795mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,810mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  • 幅 ➡ 1,540mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

超ロングスライドシートでは、乗員がたくさんいない場合にシートを後ろへ下げることによって、助手席のシートが大きく後ろにスライドします。

足を思いっきり延ばして座れるなんて、そのゆとりがもう高級感ですよね。乗り心地には、そういったシートのゆとりや室内環境が大きく影響してきますので、参考にしていきたいところです。

  • 総排気量 ➡ 1,986cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

また、8人乗りのセカンドシートは、580mmの超ロングスライドシートだったのですね。3列目に乗車する時には、簡単にその超ロングシートが前方へスライドするので乗降がしやすいことも、乗員すべての乗り心地を配慮した車種と言えそうです。

そんな愛らしいノアは 2,466,720円から購入が可能となっています。

第5位 トヨタ ヴォクシー

carlineup_voxy_performance_top_pic_01

引用:http://toyota.jp/voxy/

第5位のヴォクシーは、パワースライドドア予約ロック機能付きですので、乗降のときに、施錠を忘れる心配がありません。また、室内高が高いということは、頭上が高いので圧迫感がないのが魅力ですね。

ZS”GR SPORT”の場合

  • 価格 ➡ 3,257,280円
  • 全長 ➡ 4,710mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  • 幅 ➡ 1,540mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

乗り心地としては、先ほどのトヨタのノアと兄弟的な存在のため、心地よさが似ています。長所を共有している2台といったところでしょうか。

また、ハイブリッド車については、ウィンドガラスに高遮音性ガラスを採用しているので静粛性にも優れているのですね。

シートが良くても、うるさい車や前席との会話が聞こえにくいと、乗り心地さえ悪くなってしまいますから、静粛性に優れている車は貴重な存在です。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。パワースライドドア予約ロック機能付

セカンドシートでは、サイドリフトアップチルトシート(パワーシート[前後スライド+リクライニング+昇降+チルト]+フットレスト+両側アームレスト付)を付けることが出来るので、ご両親や妊婦さんなどを優しく乗降させてくれるところも、乗り心地が良い証明ですね。

そんな男らしいヴォクシーは、2,466,720円から購入が可能となっています。

第4位 トヨタ エスクァイア

エスクァイア ギャラリー2

引用:http://toyota.jp/esquire/

第4位に登場してきたエスクァイアは、7人で乗車するときに3列目のシートへ手軽にアクセスすることが可能なんです。

たくさんの人でワイワイと楽しいドライブをしたい時に、横スライドできたり、その間を通り抜けたりと楽しい使い方が出来るのも特徴ですね。

1列目から3列目までのアクセスが悪いと同じ感動を逃してしまうこともありますから、そういう意味でもエスクァイアは優等生です。

HYBRID Gi“Premium Package” の場合

  • 価格 ➡ 3,358,800円
  • 全長 ➡ 4,965mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  • 幅 ➡ 1,540mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

7人乗りの2列目シートにキャプテンシートを採用しているので、移動も使い方も自由に行えるようになりました。

また、薄型化したワンタッチスペースベースアップサードシートの組み合わせにより最大で810mmもの超ロングスライドシートが使えます。

1列目だけなど、人数が少ない時には、ぜひ超ロングシートで足を延ばせるところまで伸ばして、1度は下がってみたいですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 車両重量 ➡ 1,620㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

そして先ほどの3列目のシートを格納することでスッキリと広い荷室幅と荷室フロアを使えるので、乗り心地だけでなく使い勝手も良いとなると、もうこれはおすすめです。

特に、高齢者や小さな子供なども乗降しやすいので、検討中の人は試乗に出かけたりして検討してみてくださいね。そんな優しいエスクァイアは、2,675,160円より購入が可能となっています。

第3位 日産 セレナ

ブリリアントホワイトパール×ダイヤモンドブラック

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

第3位に選ばれたのは、日産のセレナです。家族を大切にしている世代をターゲットにして展開中のセレナは、ミニバンクラスで№1の広さを誇っているようです。(※2017年上半期において)

ハイウェイスターGの場合

  • 価格 ➡ 3,011,040円
  • 全長 ➡ 4,770mm
  • 全幅 ➡ 1,740mm
  • 全高 ➡ 1,865mm
  • 室内長 ➡ 3,240mm
  • 幅 ➡ 1,545mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

広さは大切ですが、乗り心地といえば初めに浮かぶのが助手席ですよね。基本的に運転席はもともと主役なので配慮があって普通といったところですが、助手席を大切にしているところがポイントです。

SERENA_05_005.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

家族をテーマにした車と考えると、助手席は多くの場合、ママやお母さんが乗ることになります。

その場所をあえて超ロングスライドシートになるように、改良したということは本気で家族のコミュニケーションとなるべくドライブを考えていることになりますよね。

  • 総排気量 ➡ 1.977cc
  • ホイールベース ➡ 2,865mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,700㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.7M
  • 燃費消費率 ➡ 16.6km/L
  • 乗員数 ➡ 8人
  • スライドドアの有無 ➡ あり ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉 (挟み込み防止機構付)

室内の快適さを見ると、本気度が分かる車選びは手が抜けないようですね。また、3列目シートにもテーブルを使えるようにしているので、ピクニックや長距離など、軽食を摂ったりするのもみんなで出来ますね。

それからママが運転しているときに、ベビーモードではチャイルドシートに乗った小さな子どもを近くに接近させることが出来るので、お世話がしやすいし、異変に気付くのも早くなりそうです。

そんな家族思いの日産のセレナは、2,435,400円より購入が可能となっています。

第2位 トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイア

引用:http://toyota.jp/vellfire/

乗り心地の部門で、第2位になったのはヴェルファイアです。アルファードとほぼ同じサイズですので、空間の広さは同じくらいです。ヴェルファイアの場合には、スライドレールが「助手席スーパーロングスライドシート」として活躍しています。

ロングスライドレールを採用したので、最大でなんと1,160mmの助手席スーパーロングスライドを可能にしました。乗り心地が良いのは、そういったシートの快適さが初めにあります。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]の場合

  • 価格 ➡ 7,036,691円
  • 全長 ➡ 4,930mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  • 幅 ➡ 1,590mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

個人的に気に入っているので、ご紹介したいと思うのは、運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシートです。これは、乗車する人の体格に合わせたシートポジションを最適な位置へと簡単にスイッチ一つで調整することが出来るのです。

ヴェル室内引用:http://toyota.jp/vellfire/

この画像を見ても分かるように、助手席にはパワーオットマンがあるのです。足のむくみに悩んでいる女性の味方ですね。オットマンの角度をスイッチ一つで調整が可能なので気軽に脚を伸ばしてくつろぐことが出来るのです。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

せっかくの景色が良い場所を通りかかっても、最高の乗り心地を味わうと、うっかり眠ってしまう人も出て来そうですね。最高の乗り心地は、少し罪な感じです。

そんな至れり尽くせりのヴェルファイアは、3,197,782円より購入が可能となっています。

第1位 トヨタ アルファード

アルファード4

引用:http://toyota.jp/alphard/

ミニバンの王さまクラスに見えるトヨタのアルファードが第1位に輝きました。そのゆったりとした外観だけで、シートや乗り心地の良さが伝わってくるようです。

機能的には、ヴェルファイアと同じですが、どちらかというとヴェルファイアより存在感は、ソフトな印象がありますね。

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアがデュアルイージークローザーと一緒に付いています。また、挟み込み防止付きもあり、小さな子どもがいても安心して快適に出発も到着も迎えられそうです。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge 3.5Lの場合

  • 価格 ➡ 7,036,691円
  • 全長 ➡ 4,915mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  • 幅 ➡ 1,590mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

パワースライドドアやパワーバックドアの自動クローズの途中で、フロントドアハンドルのセンサーに触れるだけでクローズ後の施錠を予約することも可能なんです。

助手席スーパーロングスライドシート

引用:http://toyota.jp/alphard/

乗り心地という分野では、やはりアルファードは質が良いという意味でもナンバー1となって当然かもしれませんね。乗降も走行中も、安定して乗れると疲労感も少なく、ドライバーもこのようなシートだと疲れにくいと想像できます。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

このようにセンサーで触れるだけで、予約をする技術は世界で初となる快挙だそうです。日本を代表する自動車会社だと思うと嬉しい感じもしますね。

そんなドレスを着たままパーティーへも行けるアルファードは、3,197,782円より購入が可能となっています。

2017年人気ミニバンの乗り心地おすすめランキングまとめ

carlineup_esquire_interior_top_pic_02_01_pc

引用:http://toyota.jp/esquire/

では、今日の新型ミニバン乗り心地ランキングのまとめです。

乗り心地には、次のポイントを抑えているミニバンが良いということが分かります。

  • 広さがあること ➡ スライドシートなど足が伸ばせる
  • シートが体に優しいこと ➡ 振動が体に直接伝わらない工夫がある
  • 走行性能が良いこと ➡ 力強さとなめらかな走りが体に負荷を与えない
  • 高さがあること ➡ 室内高がある方が圧迫感がない
  • 前後の移動が楽なこと ➡ 会話が楽しめたり乗降が楽になる
  • 空調環境が整っていること ➡ 乗せている人たちの後席も快適性がある

このように、配慮をすればするほどキリがないのですが、最低でもシートが体に優しいことが必要ですよね。振動って想像以上に疲労感をため込んでしまいます。

せっかく楽しいドライブをしても、後で体が痛くなったりすると辛いですからね。また、直接は関係ないように見える走行性能も大切です。

走行性能が悪いと、乗っている人が無意識に体に力を入れてしまうことが多いので、腰痛などのトラブルを招くことも多いからです。

  • 徹底的に乗り心地を追求する ➡ アルファードクラスを選ぶのがおすすめ
  • 価格を抑えたい場合 ➡ ホンダのフリードクラスを選ぶのがおすすめ

比較してみると、やはりアルファードが他の車よりも乗り心地が良く、室内も完成された快適性があるのは納得ですね。

また、フリードのように軽自動車並みに価格も抑えられる車種もあるので、ミニバンの購入を検討されている人は、グレードなど最低限必要な事柄だけを選ぶというのもアリだと思います。

ミニバンの乗り心地は、広さや高さで圧迫感がないこと、安定したなめらかな走りが出来ることが、求められる時代ですね。良い意味で各メーカーが競い合って、愛されるミニバンを作ってくれることに期待をしたいものです。

今日も、自分の愛車などで楽しいドライブをしてくださいね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう